この記事では電子タバコに興味をお持ちの方へ向けて

  • 電子タバコとは?加熱式タバコとの違いは?
  • 電子タバコのメリットは?
  • 非喫煙者からも人気が高い理由
  • 電子タバコのデメリットや健康被害について
など電子タバコを始める際に気になるポイントを解説しています。

電子タバコは喫煙者がタバコ代わりに吸うアイテムだと思っていませんか?
実はこのところ、シーシャ好きの若者や美意識の高い女性を中心に非喫煙者の利用者が増加しているんです!

今回は電子タバコのメリットを紹介しつつ、非喫煙者が電子タバコを始める理由についても触れていきます。
喫煙者の方はもちろん、トレンドに敏感な非喫煙者の方にもぜひ最後までご覧いただければ幸いです。

電子タバコとは?

電子タバコとは

最近よく耳にする”電子タバコ”という言葉ですが、製品の詳細を正確に把握している方は意外と少ないです。

電子タバコとは、リキッドと呼ばれる香りや味のついた液体を加熱して生じる水蒸気を楽しむアイテムを指します。
日本国内で販売されているリキッドについては(個人輸入を除いて)、薬事法によりタール・ニコチンなしの製品のみとなっています。

そのため、タバコとは名乗っていますが厳密に言えばタバコよりも、アロマディフューザーなどに近いアイテムと言えるでしょう。

 

アイコスなど加熱式タバコとは異なる製品

”電子タバコ”とよく混同されるのがアイコス/グロー/プルームテックなどに代表される”加熱式タバコ”です。

これらの製品はタバコ葉またはタバコの成分が入ったカプセルを、間接的/直接的に加熱して生じた蒸気を楽しむアイテムとなっています。

タバコ葉を用いている以上、当然タールやニコチンといった健康に悪影響を及ぼす成分も含まれているほか、味についてもタバコ葉の味をベースとした製品ばかりとなっています。

電子タバコがアロマに近いアイテムであるのに対して、加熱式タバコは紙巻タバコに近いアイテムと言えるでしょう。

電子タバコのメリット|非喫煙者にもオススメ!

電子タバコのメリット

さてタール・ニコチンなしで楽しめる電子タバコですが、前述の通り喫煙者はもちろん、実は非喫煙者の方にもユーザーが多いアイテムなんです!

ここでは電子タバコの様々なメリットや魅力を紹介しつつ、非喫煙者の方から人気が高い理由についても解説していきたいと思います。

 

メリット①|タールやニコチンなしで健康への害を最小限に楽しめる

前述の通り、国内で販売されている電子タバコリキッドはタール・ニコチンなしの製品となっています。
そのため、タバコと名が付くものの健康への害を最小にして楽しむことが可能です。

またタール・ニコチンなしということは、タバコ特有のイヤな臭いや壁が黄色くなるといった事態も避けることができます。

自分の身体にも、周囲の人にも優しくタバコを楽しむことができるのは電子タバコの最大の魅力と言えるでしょう。

メリット②|禁煙や減煙効果アリ

当然ですが、電子タバコはタバコの代用品として楽しむことが可能です。
普段加熱式タバコや紙巻きタバコを吸っているところを、タール・ニコチンなしの電子タバコに置き換えることで結果的に減煙や禁煙に近い効果を得られます。

ニコチンなしとは言っても、煙を吐く動作を行うだけでも十分口寂しさを紛らわせることができるでしょう。

電子タバコ関連商品の口コミ・レビューを見ると禁煙に成功した!という旨の評価が多く寄せられています。
加えて、電子タバコの場合味が濃いため禁煙パイポなどの水蒸気が出るだけの製品に比べて圧倒的に満足度が高いのも禁煙・減煙効果を高める要因になっています。

 

メリット③|紙巻・加熱式タバコに比べてコスパがいい

電子タバコのリキッドは通常1週間分(15㎜)で1,000円程度。
高額なイメージのある本体についても1,000円台のものから存在しており、5,000円出せば中・上級者向けの電子タバコ本体を購入することが可能です。

比べられることの多い加熱式タバコの場合、1日1箱(500~600円)吸うとしてタバコ代は1週間で3,500~4,200円。
加熱式タバコの代表でもあるアイコスの新作ILUMAは本体価格が8,980円となっており、コスパの差は歴然です。

紙巻きタバコの場合も1日1箱として、1週間で3,500~4,200円。
電子タバコの本体代を計算に入れても、2週間以上の利用で紙巻きタバコよりお得になります。

電子タバコ・加熱式タバコ・紙巻きタバコのランニングコストを1年間で考えるとコスパの差はさらに大きく
同じ本体を使い続けたとして電子タバコは約6万円、加熱式タバコで約19~22万円、紙巻きタバコだと約18~21万円となります。

1年間で10万円以上の差が生まれるのは驚きですよね。

 

個人輸入品であれば合法的にニコチン入りリキッドが購入可能

日本国内で販売されているリキッドはタール・ニコチンなしのモノのみ、と繰り返してきましたが
実は”個人輸入品に限りニコチン入りリキッドの購入が許可”されています。

そのため、減煙・禁煙をお考えでない方にとっても、純粋なタバコの代用品として導入していただくことが可能です。

ニコチン入りリキッドについても紙巻・加熱式タバコより圧倒的にコスパが良く、タバコ代を抑えたいという喫煙者の方にオススメです。

 

メリット④|味が美味しくダイエット目的にも

喫煙者がタバコの代わりとして始めるイメージの強い電子タバコですが、実はシンプルに味が好きで吸っているという非喫煙者も多いです。

電子タバコはタバコ葉の味に制限されることが無いため、そのフレーバーの種類は1万種類以上と言われており、豊富な味が展開されています。
タバコ風味やメンソールの物はもちろん、様々なフルーツのフレーバーやエナジードリンク味、コーヒーにキャラメル、などきいているだけで美味しそうなフレーバーも展開されています。

また香りや味のついた液体をそのまま加熱して吸引するため、紙巻きタバコや加熱式タバコに比べて味が濃く満足感が高いです。
そうした理由から近年は、おやつの代わりとしてダイエット目的に取り入れる非喫煙者の女性も増えてきています。
スイーツ感覚で楽しめるのに、カロリーがほとんどゼロなのはとても魅力的ですね。

 

メリット⑤|CBDリキッドではリラクゼーション効果も期待

電子タバコのリキッドにはCBDと呼ばれる大麻由来の成分を配合したものも多いです。

大麻由来成分と聞くとキケンな香りがしますが、合法的な成分なのでご安心ください。
睡眠の質を高める効果や鬱症状の改善といった効果が期待されており、医療現場で用いられることもしばしばあります。

長年の不眠症が改善されたという方も多いため、そうしたお悩みをお持ちの方はぜひ一度試してみてはいかがでしょう。

CBDの効果や健康への影響については下記記事にて詳しく紹介していますので併せてご覧ください。

 

メリット⑥|シーシャ感覚で楽しむことも可能

シーシャ(水タバコ)は近年、SNS世代を中心に映えるアイテムの1つとして人気が高まっています。
またSNSの映え目的でなく、純粋にシーシャの味や煙を吐く感覚が好きでハマる方も多いです。

リキッドを加熱した水蒸気を楽しむ電子タバコは、そんなシーシャとかなり似た製品となっており、シーシャ同様の映え空間やチル空間を演出してくれます。

爆煙と呼ばれるジャンルに属する電子タバコの場合、手のひらサイズのデバイスでシーシャと同じレベルの煙を吐き出すことも可能です。
シーシャよりも場所を取らず外出先でも楽しめる電子タバコは、シーシャが好きな非喫煙者の方にもオススメできる製品といえるでしょう。

電子タバコにデメリットはある?

電子タバコのデメリット

さてここまで喫煙者・非喫煙者問わず電子タバコがオススメな理由を語ってきましたが、電子タバコの導入にデメリットはあるのでしょうか?

この項では電子タバコを生活に取り入れる際に不安な点について忖度なしでご紹介していきたいと思います。

 

デメリット①|成分に関する研究はまだ途上

電子タバコのリキッドには様々なフレーバーが存在しますが、ほとんどのフレーバーにおいて主成分は植物性グリセリンとプロピレングリコールと呼ばれる物質になります。

医薬品や食品添加物として広く用いられている物質であり、両物質とも人体への害はほとんど無いと言われています。

しかし、この研究結果はあくまでも添加物などとして用いる場合のモノであり、加熱した場合や、肺に入れた場合の影響については現在研究が進んでいるところです。

また、厚生労働省の発表によると一部のリキッドからは微量ながら発がん性物質が検出されたそうです。

ただし、発がん性物質については紙巻・加熱式タバコの方が圧倒的に含有量が多いほか、電子タバコの安全性についてはイギリスの保健省や科学雑誌「ネイチャー」でも保証されており過度に恐れる必要はなさそうです。
あくまでも可能性の1つとして受け取るとよいでしょう。

さらに言えば、健康被害という面から考えれば有害物質を大量に含んだ紙巻・加熱式タバコの方が圧倒的にリスクが高いです。

 

デメリット②|メンテナンスの必要がある

電子タバコには①リキッドを補充するタイプ、②PODと呼ばれるリキッドの入った部品を付け替えるタイプ、③使い捨てタイプの3種類が存在します。

それぞれのタイプの詳しい違いなどは別記事を参照いただきたいのですが、①リキッドを補充するタイプについて定期的なメンテナンスが必要です。
綿棒で汚れをふき取る程度の簡単な手入れではありますが、億劫だと感じる方も一定数いるでしょう。

ただし②PODを付け替えるタイプ、③使い捨てタイプについては手入れといった手入れはほとんど無く、ストレスフリーにお使いいただけます。
特に②PODを付け替えるタイプの代表でもあるJUULという製品は、電子タバコの本場アメリカでシェア7割を超える定番の1本なので、これから電子タバコを始められる方は要チェックです。

はじめての電子タバコは専門店での購入が安心

電子タバコ専門店からの購入

さてここまで電子タバコのメリットやデメリットを紹介してきました。 ここまで記事をご覧いただいた方の中には「電子タバコを始めてみようかな…?」という方もいらっしゃると思います。

そうした方は必ず、初めての電子タバコご購入の際には”信用できる専門ショップから購入する”ということを注意してください。

電子タバコのリキッドは個人から販売されているモノも多く、知らず知らずのうちに危険な成分を摂取していたというケースも十分あり得ます。
またAmazonやメルカリなどで電子タバコ本体を購入した場合、初期不良などへの対応がイマイチなことも…。

肺に入れるものだからこそ、必ず販売実績の豊富な信頼できるサイトから購入するようにしましょう。

 

Beyond VAPE nicなら安心安全なニコチン入りリキッドを販売中!

弊社Beyond VAPE nicは全世界で12店舗の電子タバコショップを持つ大手ブランド、Beyond VAPEが手掛けるショップです。
現地日本人スタッフにより品質管理の徹底された製品を、日本の薬事法に則った方法でお届けしています。

また個人輸入という形での販売となりますので、ニコチン入りリキッドのご購入の可能です。

日本人のお客様向けのカスタマーサポートの体制も整っており、サービス、実績ともに安心して電子タバコ・リキッドをご購入頂けます。

電子タバコのメリットは?|まとめ

今回は電子タバコを利用する際のメリットやデメリットなどを解説しました。

電子タバコはその味の良さやシーシャに似た吸い心地から、喫煙者はもちろん非喫煙者の方からも人気の高いアイテムです。

コスパもよく、導入へのハードルも低いため興味を持たれた方はぜひ気軽にお試しください。

また繰り返しになりますが、購入の際は必ず信頼できるサイトから購入することを心がけましょう。