CBDとは、麻から抽出される成分で、リラックス・不眠などの解消などが期待できます。

麻と聞くと、大麻のような違法のものと思われがちですが、CBDは日本でも認可されている成分で、大手ECサイトでも購入することができます。

ストレス社会で悩む方が、日々の不安や疲れを取るために使用されています。

今回は、CBDについて
・CBDの効果
・CBDの種類
・CBDを日本で購入するにはどのサイトを使用すればいいのか
・CBDの危険性・注意点

などを詳しく解説します。

CBDが気になるけど本当に違法ではないのか、違法薬物との違いは何か、どんな効果があるのかなどの疑問も解決します!

CBDとは?

CBDとは

CBDとは、使用することで心や体がリラックスした状態になり、不安やストレス、不眠などにも効果があると言われています。

本記事の後半でも詳しくご説明致しますが、CBDが使用されている製品はいくつか種類があり、
・オイル
・電子タバコ、VAPEのリキッド
・グミ
・ガム

などがあります。

CBDとはどのような物質?

CBDとは「カンナビジオール」という物質のことを指します。

より具体的に説明すると、「医療大麻」のことです。

ヘンプ(麻)から採取される成分で、大麻といえども使用が認可されている種類の成分です。

医療に使用されるほか、食用としても使用されたり、コスメの成分にも含まれていることがあります。

大麻と聞くと、精神が高ぶり、いわゆる「ハイになる」といった精神活性作用などをイメージするかもしれませんが、CBDには精神活性作用はありません。

CBDと麻薬は違う?

CBD=麻から得られる物質であるため、日本では違法なものなのでは?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

CBDは、違法薬物である成分と違うものとされています。

THC、別名テトラヒドロカンナビノールがマリファナなどの吸引で気持ちがハイになるのは、この成分が高濃度にある影響です。

麻は産業用ヘンプという別名があり、日本国内でも食用の油や、住宅用の資材、工業製品などにも使用されています。

産業用ヘンプは、CBD成分の含有率が20%以上、THC成分が0.3%以下であるもの
違法薬物(マリファナ)は、CBDの含有率が10%以上で、THC成分が20%以上となっております。

所持していても問題ないのか?規定量を超えると捕まるのではないか?という疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

CBD自体は所持していても使用していても問題なく、CBDをいくつ持っていると違反といった法律はありません。

注意するべきは、CBDと思って購入したものが粗悪なもので、THC成分の含有量が規定以上でないかということです。

CBDの効果とは?

CBDの効果

CBDには、麻薬のようなハイになる効果はありません。

効果としては、
・心身のリラックス効果
・不安、心配を取り除く
・ストレス解消
・不眠解消
・慢性痛の解消
・鬱防止

などが挙げられます。

集中力を高める効果も期待できるため、仕事中のカフェインの代わりに使用している方も多いです。

CBDには依存性などの危険性はない?

CBDには依存性はありません。

CBDは精神活性効果がないため、麻薬のように乱用などにいたる心配はないとされています。

また、効果が切れると倦怠感や疲労感が戻ってきてしまうこともないというWHOの発表もあります。

参考:カンナビジオール(CBD) 事前審査報告書

しかし、サプリメントと同様の扱いとなるため、医薬品のような即効性は期待できません。

不眠やストレス解消などの効果は、しばらく服用してから効果が表れます。

CBDに注意点や副作用はある?

CBDは植物から作られる成分であるため、医薬品のような副作用はありません。

しかし、体質などによっては下記のような副作用が起きる場合があります。

・眠気(高濃度のCBBの摂取でまれに発生する)
・食欲の増減
・血圧の降下
・口内の乾燥

また、パーキンソン病を患っている方は震えが出たり、肝臓系の医薬品を服用している方も副作用が出やすいとされています。

CBDが含まれている種類と使い方

CBDの種類と使い方

では、CBDが含まれている製品にはどのような種類があるのでしょうか?

CBDは注射器などを使用せずに、主に経口摂取で使用する製品が多いです。

CBDの使い方と、CBDが含まれている製品について解説します。

使い方①VAPEのリキッドとしてCBDを使用

CBDの使用で一番おすすめなのは、VAPEのリキッドにCBDオイルを使用することです。

普段からVAPEを使用している方は、CBDオイルが入っているリキッドを使用することで、より高いリラックス効果を期待できます。

お仕事の合間に、喫煙所でVAPEを吸うことで気持ちをリフレッシュしているという方にはおすすめの使用方法です。

VAPEのフレーバーも好みのものにすれば、より吸いやすいCBDのVAPEを楽しめますよ!

使い方②CBDオイルをそのまま経口摂取

海外では販売されているCBDオイルをそのまま経口摂取する方法が一般的です。

CBDを使用する際に他に用意するものなどがないため、簡単に誰でも始められる使用方法です。

CBDの含有量を選んだり、フレーバーを合わせた使用しやすい種類など、自分の好みで選ぶことができます。

しかし、オイルをそのまま服用することが苦手という方も多いので、日本ではVAPEなどを経由して使用する方が多いです。

使い方③食品としてCBDを使用する

CBDの成分を含んだガムやグミを使用する方もいらっしゃいます。

スポーツ選手がよく使用しているタイプとされており、口にしやすいフレーバーで作られている物が多く、仕事の間のリフレッシュや、運動の際にも使用できるタイプです。

また、CBDのが含まれたサプリメントが販売されています。

サプリメントならば味を気にせずに簡単に服用できるので、毎日の体調管理のためにサプリメントを使用しているという方も多いです。

使い方③化粧品として使用

リップクリームやクリームなどにCBDが含まれている製品があります。

CBDには肌や髪にも効果があるとされており、皮膚からの吸収も可能となっています。

皮膚トラブルや乾燥などに効果があるとされており、美意識の高い女性の間で話題となっております。

CBDを購入する方法は?

CBDの種類と使い方

CBDを日本で購入するには、主に通販での購入となります。

ごくたまに百貨店などでポップアップショップが開かれていることがありますが、店頭での購入は出来る機会がなかなか少ないです。

定期的に購入したいという場合ならば、CBDに特化したオンラインショップでの購入が簡単でおすすめです。

また、CBDは国内ならば楽天とYahoo!ショッピングも使用出来ますが、初めてCBDを購入するならCBDなどに特化したオンラインショップで購入することをおすすめします。

専門サイトでの購入|CBDはどこで買うべき?

どのような方法でCBDを使用したいかによりますが、出来ればCBDの知識がしっかりとあるオンラインショップで購入することをおすすめします。

CBDを使用するための情報などが詳しく書いてあればあるほど、購入の際の信頼感もあります。

また、VAPEでCBDを使用する際は、そのデバイスでも使えるものを選ぶ必要があるため、VAPEショップで販売されているものを購入するようにしましょう。

CBDの使い方をはじめ、海外からの輸入に詳しいサイトならば、購入も安心です。

【専門サイトで購入するメリット】
・CBDや輸入系の商品に詳しいスタッフが対応してくれる
・自分に合ったCBD製品を探しやすい

【専門サイトで購入するデメリット】
・普段使用しないサイトは最初は不安に感じる

楽天などでの購入|CBDはどこで買うべき?

楽天とYahoo!ショッピングでも購入ができます。

普段から使用している方も多いECショップですので、初めて購入するために使いやすいと思う方も多いと思います。

しかしながら、楽天やYahoo!ショッピングなどは種類が多すぎるため、どの製品を選べばいいのかわからないというデメリットがあります。

【楽天などで購入するメリット】
・普段使用している人が多いため、使いやすい
・種類が豊富

【楽天などで購入するデメリット】
・種類が多く、自分に合ったものを探すのが大変

種類が多ければ多いほど良いとも捉えられますが、CBDについてあまり詳しくないまま購入してしまうと、値段の安さで選びがちです。

値段が安い=粗悪というわけではありませんが、使用しにくいテイストだったり、場合によってはTHCの含有量が多い違法なものである可能性もないとは言い切れません。

初めて購入する場合は、値段だけで選ぶことは避けるようにしましょう。

CBDオイルの効果と使い方|まとめ

【CBDの効果】
・心身のリラックス効果
・不安、心配を取り除く
・ストレス解消
・不眠解消
・慢性痛の解消
・鬱防止

CBDオイルには、色々な製品があり、オイルとしてもリキッドとして使用したりそのまま経口摂取するなどの使い方があります。

CBDは日本でも違法とされていないため、普段から使用していても問題ありません。

しかし、CBDを使用する際の副作用や、粗悪なサイトからの購入で認可されていない含有量のCBDを購入してしまわないように注意しましょう。

CBDの成分がなくてもいいから、まずは電子タバコから試してみたいという方は、簡単に始められる電子タバコのJUULをお試しください!