健康意識の高まりから、注目を集める『電子タバコ』。

電子タバコは紙巻タバコや加熱式タバコと異なり、「ニコチン・タールフリーで健康的!」と言われることも多いですが実際はどうなのでしょうか?

そこで今回は、ニコチン・タールの有無や、含まれるその他の物質についても取り上げつつ、電子タバコの健康被害リスクについて解説していきます。

ニコチン入り電子タバコの購入ならBeyond Vape Nic.!

ニコチン入り電子タバコの個人輸入を行っているBeyond Vape Nic.は、日本人向け個人輸入通販サイトです!
「電子タバコを使いたいけどニコチン入りの製品を求めている。」「海外製の珍しいデバイスも使ってみたい」という方におすすめです。

日本人担当者が在籍しているので、不安要素は全てお任せ!気軽に通販感覚で購入いただけます。

新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

配送料無料

不定期で開催中!! BIG SALE会場へ

配送料無料

電子タバコとは?ニコチン・タールの有無、加熱式タバコとの違いなど

電子タバコとは

電子タバコの健康リスクについてご紹介する前に、まずは電子タバコとはどのようなデバイスを指すのか簡単に解説しておきます。
この電子タバコの仕組みを知ることで、電子タバコに含まれるニコチン・タールの有無について理解することに繋がります。

電子タバコとはどのようなアイテムか?ニコチンやタールの有無について

電子タバコとは、リキッドと呼ばれる香りや味のついた液体を加熱して生じる水蒸気を吸引するアイテムを指します。

また現在日本国内で製造販売されているリキッドは、薬機法によりノンニコチンの製品のみとなっています。
さらに、タバコ葉の燃焼を伴わない電子タバコの場合、タールや一酸化炭素などのタバコの加熱/燃焼に伴って生じる有害物質を含みません。

以上のことから電子タバコは、名にタバコと冠していますが厳密にはアロマに近い製品となっています。

なお、個人輸入で海外製品を購入する場合、日本国内でもニコチン入りのリキッドが入手可能です。
詳細は後述していますので、気になる方はぜひ最後まで記事をご覧ください。

電子タバコと加熱式タバコの違い

電子タバコと混同されがちなアイテムに、アイコスやグロー、プルームテックなどといった加熱式タバコがあります。

加熱式タバコは種類によって多少の違いはありますが、“タバコ葉”or”タバコ葉から抽出したエキス”を加熱して生じる水蒸気を楽しむのが基本的な構造です。

タバコ葉の燃焼を伴わないため、一酸化炭素は発生しないほか、タールの発生量も紙巻タバコに比べると少なくなっています。

しかしながらタバコ葉を使用しているため、タールを始めとした有害物質を多少なりとも含んでいるれっきとした”タバコ製品”であることに変わりありません。
その点がタバコよりもアロマに近い電子タバコとの決定的な違いになります。

ニコチン・タール無しの電子タバコにも健康被害はある?

タールで咳き込む

さてここまで電子タバコと加熱式タバコの違いについて確認しながら、原則電子タバコにはニコチンもタールも含まれないことを確認しました。

それでは全く健康被害のリスク無しに利用することができるのでしょうか?
結論から言ってしまえば、完全にゼロではありませんがほとんど無視できるレベルの健康被害リスクと言えるでしょう。

この項では電子タバコに含まれる物質を詳しく確認しながら健康被害のリスクについて解説していきます。

電子タバコのリキッドの原料は食品に含まれるものと同じ

電子タバコのリキッドに含まれる物質は主に、プロピレングリコール(PG)・植物用グリセリン(VG)、フレーバーの素となる香料の3種類です。

うちPGとVGについては食品添加物として、市販のおにぎりや麺類、ガムやゼリーなどにも含まれており口にしても人体への悪影響はほとんどありません

香料についてはフレーバーによって種類が異なるため一概には言えませんが、基本的にはこちらも食品などに含まれるものと同様ですので安心してよいでしょう。

もちろん副流煙にも同様、人体に影響を及ぼす成分は入っていないので、周囲への影響が気になる方にとっても安心です。

電子タバコの危険性は研究途中な側面もある

“ニコチン・タールなし”かつ”食品と同じ成分”から成る電子タバコのリキッドですが、残念ながら健康被害のリスクは完全にゼロとは言えません。

というのも、電子タバコについての研究はまだ紙巻タバコほどは進んでおらず、安全性が完全に保証されるまではまだ時間がかかるためです。

例え、人体に健康被害を及ぼす成分ではないとは言え、長年大量に吸引すればどのような被害が起こるかわからず、現状電子タバコに有害性は一切ない!とは断定できないのです。
また、リキッドに使用されている成分にアレルギー反応を起こす方も少数いますので、PGが使用された加工食品や保湿剤を使用してアレルギー反応が出た。という方は絶対に使用しないでください。

とはいえ、現段階では紙巻タバコや加熱式タバコよりも圧倒的に身体にやさしい選択肢であることに間違いはないと言えるでしょう。

ニコチンを含む電子タバコもある?購入方法など

電子タバコニコチンなし

これまで電子タバコはニコチン・タールともにフリーで楽しめると繰り返してきましたが、中にはニコチン無しでは物足りない…とお考えの方も少なくないでしょう。

前述の通り、日本国内で製造・販売されるリキッドは薬機法によりノンニコチンのみとなっています。
しかしながら、個人輸入という形で海外製品を購入する場合はニコチン入りのリキッドを入手することが可能です。

個人輸入と聞くと少し怪しい響きにも感じますが、完全に合法的な方法なのでご安心ください。

ニコチンありの電子タバコはタールフリーでニコチンだけを摂取できる

ニコチンありのリキッドの場合も、電子タバコにはタールが含まれません。
というのもタールは、タバコ葉の燃焼に伴って生じる有害物質の総称であるため、そもそもタバコ葉を用いない電子タバコの場合はニコチンの有無に関わらずタールは発生しません

またコチラの記事で詳しく解説していますが、タバコに含まれる有害物質のうちニコチンは依存性こそ高いものの、健康被害のリスクで言えばそれほど高くありません。
発がん性の大部分はタールに由来するものです。

そのためニコチン入りの電子タバコを利用することで、健康リスクをかなり抑えた状態でニコチンを摂取することができるようになると言えるでしょう。

ニコチン入りリキッドの購入は信頼できるサイトから

個人輸入

個人輸入でニコチン入りリキッドを購入する際は、販売実績や運営組織など信頼できるサイトからの購入がマストです。
肺に入れるものですので、メルカリなどでの購入は必ず避けるようにしましょう。

Beyond Vape Nic.なら安心にニコチン入りリキッドを購入いただけます!

弊社Beyond Vape Nic.はアメリカ、スウェーデン、日本に12店舗を展開する大手ブランドBeyondVapeが手がけるブランドです。
大手ブランドならではの販売実績により安心してニコチン入りリキッドをお買い求め頂けます。

また、海外ブランドが展開するサイトではありますが、日本人スタッフによる品質管理や日本のお客様向けのサポート体制を充実させております。
電子タバコのご購入を検討中の方はぜひご利用ください。

これから電子タバコを始める方にオススメのデバイス2選

最後にこれから電子タバコを始めようとお考えの方に向けて、ニコチン入りで楽しめる初心者向けのデバイスを2つご紹介します。

世界シェアNo.1の大定番『JUUL』

JUUL

まずご紹介したいのがこちらの『JUUL』。
電子タバコの本場アメリカでシェア7割以上を獲得したこともある商品です。
世界で最も売れた電子タバコでもあり、最初の1本としてまず間違いないと言えるでしょう。

JUULはPODタイプと呼ばれる種類の電子タバコで、最大の特徴はその手軽さ
操作はキャップを外して吸うだけ、メンテナンスはリキッドの入ったカートリッジを付け替えるだけ、と初心者でも普段使いがカンタンにできます。

また、世界で一番売れた電子タバコであるため、展開されているフレーバーも多く、「グリーンアップル/グレープ/ピーチ/ブラックアイス/マンゴー/ミント/モカ/ベリーズ/メンソール/タバコ/グレープフルーツ/パイナップル」などなど多数の味をお楽しみ頂けます。

もっと手軽に楽しむなら使い捨ての『7DAZE EGGE』

7DAZE EGGE

お試し感覚で電子タバコを購入される場合は使い捨てタイプの『7DAZE EGGE』がオススメです。

先ほどご紹介したJUULはフレーバーの入ったカートリッジを交換して繰り返し使用するタイプでしたが、こちらは使い終わったら捨てるだけとなっており、より手軽に楽しむことができます。

長期的なコスパで見るとややJUULに劣りますが、これから電子タバコを始める方がとりあえずお試しで!と購入される際にオススメの1本です。

味は15種類展開されており、グレープ・アップル・アロエを組み合わせたフレーバーやレモンタルトのフレーバーなど甘い系を中心に独自のフレーバーを多く取り揃えています。
甘党さんは試す価値ありの1本!

電子タバコにニコチン・タールはある?|まとめ

今回は電子タバコの健康リスクについてご紹介しました。

電子タバコはニコチン・タールフリーで楽しめるほか、含まれる成分についても基本的には安全性の高いものばかりでした。

しかしながら研究が不十分な分野でもあるため完全にリスクゼロというわけではありません。

また個人輸入サイトを活用すれば、日本国内でもニコチン入りの電子タバコを楽しむことが可能です。
ぜひ弊社Beyond Vape Nic.をご利用ください!



おすすめトピック


今最も話題の電子タバコ
KIWI(キウイ)新発売です!!

電子タバコ KIWI

不定期で開催中!!
BIG SALE会場はこちらから

7daze egge

【PR】新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

配送料無料