禁煙化が進んでいることもあり、人気が高まる『電子タバコ』

電子タバコは通常のタバコと違い、リキッドと呼ばれる液体を電気熱で加熱し、発生した水蒸気を吸引するタイプの嗜好品ですが、そんな電子タバコにニコチンやタールと言った有害性物質は入っているのでしょうか?また、日本国内で購入ができないニコチン入り電子タバコの安全な購入方法までご紹介していきます。

電子タバコにニコチンは入っている?

電子タバコニコチンなし

電子タバコのリキッドは、プロピレングリコール(PG)に植物性グリセリン(VG)そして、フレーバーの素となる香料で成り立っています。

そのため、紙巻きタバコや加熱式タバコのような有害性物質は発生しません。

ではニコチンは?

原料としては入っていないニコチンは電子タバコによって発生するのでしょうか?

電子タバコは基本、ニコチンなし!

日本で販売されている電子タバコ用のリキッドには、ニコチン成分は入っていません。

先ほどにも言ったように3種の成分で構成されています。

PGとVGはどちらも加工食品や、化粧品・保湿剤などに使用されている成分で人体に影響はないものとされています。

副流煙にも同様、人体に影響を及ぼす成分は入っていないので、紙巻タバコや加熱式タバコの有害性が気になるという方にはおすすめのデバイスです。

ニコチン成分をプラスすればニコチン入り電子タバコに

日本で販売されている電子タバコ用リキッドはニコチンなしですが、海外で販売されているリキッドのほとんどにはニコチン成分が含まれています。

というのも、日本ではニコチン成分は薬事法により譲渡・販売が禁止されています。
一方で海外ではニコチン成分の制限が行われておらずニコチン入り電子タバコリキッドが購入できます。

ニコチン成分の入っているリキッドはノンニコチンリキッド同様、PG・VG・フレーバーに加え液体化したニコチン成分を混ぜる事でニコチン入りリキッドが出来上がります。

電子タバコでもニコチン入りのものを使用したい!という場合には、海外から直接取り寄せる事でニコチン入り電子タバコを楽しむことができるようになるので、気になる方はぜひ試してみてください。

>>ニコチン入りリキッド購入はこちらから

電子タバコにタール成分は入っていない?

タールで咳き込む

電子タバコのニコチンの有無はリキッドに混ぜるかどうかで選ぶことができます。

では、ニコチンと同様に煙草で問題視されているタール成分はどうなのでしょうか?

タールは、発がん性や、心筋梗塞を引き起こす原因の物質として問題視されており、副流煙にも多く混ざっていることから受動喫煙の影響も大きな有害性物質です。

タール成分は入っていない!

結論から言って、電子タバコにタール成分の発生は有りません。

タールは有機物質が熱分解されることから発生する物質で、いわゆる「ヤニ」と呼ばれるものです。

タールは粘度の高い性質を持つ為、壁や洋服、髪の毛につくとなかなか取れないという点においても厄介視されています。

このタールという成分は、火で加熱することで発生します。タバコの場合、タバコ葉やタバコ葉を包んでいる周りの紙と糊が加熱されることでタールを含む有害性物質が発生しいるのですが、電子タバコの場合火は使用せず、タバコ葉を燃す事もないのでタールが発生する恐れは有りません。

ニコチンありの電子タバコでもタールはない

電子タバコはその構造上、ニコチン入りであってもタールが発生する事は有りません。

ニコチンありの電子タバコは純粋にニコチン成分を摂取することができます。

電子タバコの危険性は明確に解明していない

タールが入っておらず、ニコチンの有無も選べる電子タバコ。
ニコチンなし・タールなし!と聞くと危険性は一切ないように感じますがそれは違います。

電子タバコについての研究はまだ完全に進んでおらず、まだ解明に時間がかかります。

例え、人体に健康被害を及ぼす成分ではないとは言え、長年大量に吸引すればどのような被害が起こるかわからず、現状電子タバコに有害性は一切ない!とは断定できないのです。

また、リキッドに使用されている成分にアレルギー反応を起こす方も少数いますので、PGが使用された加工食品や保湿剤を使用してアレルギー反応が出た。という方は絶対に使用しないでください。

ニコチン入りの電子タバコ購入は個人輸入で!

個人輸入ニコチンリキッド

電子タバコは紙巻きタバコや加熱式タバコと比べると有害性の発生が抑えられた製品です。

ノンニコチンであれば人体に大きな影響を及ぼす成分は入っていないですし、ニコチン入りであっても純粋なニコチン成分を摂取するだけですので、他と比べると危険性はかなり低いと言って良いでしょう。

しかしながら、ニコチン入りの電子タバコは日本国内で購入することができません。
ここからは、ニコチン入りの電子タバコを使用したい方に向けて、ニコチン入りリキッドの購入の仕方をご紹介します。

日本国内では購入不可能

日本国内では薬事法により、嗜好品としてのニコチンの購入・販売は禁止されています。
一部、禁煙外来等で医師の処方によって購入することができますが、基本的にはできません。

その為、ニコチン入りの成分を購入するためには、海外渡航時に購入し、日本に持ち込むもしくは個人輸入を利用して購入する方法でニコチン入り電子タバコを使用することができるようになります。

また、友人が海外に行くから買ってきてもらう。というのも、薬事法違反になりますので注意しましょう。

個人輸入の注意点

個人輸入は簡単に言ってしまえば通販です。
海外のお店から直接自宅に配送することで、日本国内を介さずに購入できる為薬事法のニコチン販売禁止から免除されます。

以前は、海外のサイトに直接行き英語を読み解きながら購入する必要がありましたが、最近では日本語サイトで気軽に購入できる個人輸入代行サイトからの購入が主流となっています。

店舗は海外にあるのですが、日本人スタッフが対応しているので問い合わせも楽々です♪

海外サイトから直接購入する場合、値段や表記があやふやだったり、日本での使用が禁止されている成分が混入している場合や、粗悪品が混ざっている可能性があるので、よく見極めて購入する必要があります。

>>安心!日本語で簡単に購入できるBeyond Vape Nic.で購入!

電子タバコ 通販 日本語

購入はコチラ

ニコチン入りリキッドの購入ならBeyond Vape Nic.にお任せ!

Beyond Vape Nic.は、アメリカに本社を置く電子タバコ・Vape販売店です。
日本での個人輸入代行も行っており、商品はカリフォルニアから配送しています。

スタッフは日本人も多く、梱包やサポートが丁寧なのが特徴的です。

個人輸入で購入した場合、配送まで1週間~1ヵ月以上の時間を要すのですが、Beyond Vape Nic.は最短3日で発送!

通販感覚で気軽にニコチン入りリキッドを購入することができます!

米国人気No1!JUULも販売中!

Beyond Vape Nic.の一押商品はズバリ!米国人気No1電子タバコのJUULです。

スタイリッシュでコンパクトなボディが特徴的で、メンテナンスなどの手間は最小限!
リキッドが無くなればPODを付け替えるだけでリキッドの補充とコイル交換が一度に完了しちゃいます。

簡単に扱えるので、電子タバコ初心者さんにも、の上級者の2台持ちにもオススメです。

米国の電子タバコ市場75%を占める程の大人気電子タバコぜひお試しください!

>>JUULについて詳しくはこちら<<

JUUL 通販

購入はコチラ