加熱式タバコの中でも特に強い人気を誇っている「iQOS(アイコス)」。

加熱式タバコというジャンルを確立させた人気デバイスですが、アイコスの副流煙や受動喫煙などによる健康被害についても、日々多くの話題が出ています。

では、実際にアイコスにはどれほどの害が懸念されているのでしょうか?
アイコスの副流煙・受動喫煙や、健康被害などについてまとめてみました。

コンテンツ内容

アイコスは加熱式タバコシェア率7割を超えている

iQOSのシェア率

加熱式電子タバコと言ったら『アイコス』というイメージが強くついたタバコよりも有害性の少ないタバコ製品。

フィリップモリスから販売されているアイコスは、加熱式タバコの中でも群を抜いて人気で、販売から6年ほど経った今でも、根強い人気を誇っている製品です。

アイコスのシェア率はすでに7割を超えていて、フレーバーや本体のラインナップも増えてきています。

そんなiQOSですが、有害性分が従来の紙タバコよりも少ないと言われており、そういった点も人気の一つです。

加熱式タバコとしては断トツの知名度

アイコスは、加熱式タバコとしてはgloやプルームテックと比べても、吸い応えや知名度の点で勝っていると、今でも強い人気を誇っています。

意外と知られていない話ですが、アイコスが販売された年の1年前にはすでにJTの方でプルームを販売していたんです。(プルームは2016年に販売停止になっており、今販売されているプルームテックなどのシリーズは後続製品扱い。)

販売当初から話題性と根強い人気で、連続吸いなどの新機能も搭載されたアイコス3やアイコス3マルチなどのシリーズも販売されています。

アメリカでシェア7割超えのデバイス

日本では加熱式タバコが主流となっており、紙巻タバコの有害性を気にしている方には多く使用されていますが、実は、海外では加熱式タバコよりも電子タバコ『VAPE』のほうが主流となっております。

中でも、米国の電子タバコシェア7割を超える人気製品であるJUULは、米国を中心に全世界で話題となっているコンパクトな電子タバコです。

iQOSのシェア率
購入はコチラ!

加熱式タバコのような吸い殻が出ないし、フレーバーも美味しい上に「ニコチン入り」で吸い応えがいいと評判の電子タバコを、BeyondVapeNicでは取り扱っております。

使いやすいスターターキットの販売があります。カートリッジとの組み合わせも自由なので、気になったフレーバーから試してみては?

JUULのレビューなどをまとめた記事もどうぞ♪

アイコスはどんなタバコ?

加熱式タバコアイコスは、紙巻きたばこのように火を使用せず、電気熱で加熱し、発生した煙を吸ってニコチン成分を摂取できる製品です。

公式からの発表によると、紙巻きたばこに含まれる有害性物質の内、約90%以上をカットした製品ということも話題となり、有害性の少ない減煙アイテムとして爆発的にヒットしました。

今一度、アイコスについてご紹介します。

火を使わない電気式のタバコ

アイコスを含む加熱式タバコの一番の特徴は、火を使用せずに加熱するといった点です。

従来のタバコのように火を使用して燃すと、タバコ葉を燃やした時や、周りの紙が焼ける際に、発がん性物質のある有害性物質『タール』や『一酸化炭素』といった人体に影響を与える成分が発生していました。

しかし、加熱式タバコのように電気熱でタバコ葉を加熱すると、燃した時に発生するタールや一酸化炭素の発生が抑えら有害性物質のカットに繋がります。

そのため、公式でも有害性を90%カットした製品として販売しています。

有害性減、ニコチンあり

アイコスが爆発的にヒットした理由の一つに、禁煙ブームがあります。
タバコの有害性が問題視され、健康に気遣う方が増え、それに伴い有害性が大幅に抑えられた加熱式タバコアイコスが話題となりました。

上記にも述べたように、アイコスは有害性物質が通常の紙巻きたばこに比べて90%近く減少されています。

一般的にタバコを止めるのは非常に困難と言われており、その原因となっているのがタバコ葉から発生する『ニコチン』によるものです。

しかしながら、アイコスはこのニコチン成分は十分保持したまま有害性物質をカットしたこともあり、吸いごたえがあるのに健康被害が少ないということから喫煙者から注目を浴び、人気商品となりました。

日本にはアイコスの他に、グローやプルームテックといった加熱式タバコがありますが、どれもアイコスよりもニコチン感が少なく、喫煙者からは「物足りない」という声が多く、その結果アイコスの絶対的人気が続いています。

アイコスに含まれる害

iQOSの健康被害

アイコスは有害物質を通常のタバコよりも9割ほどカットしているという仕様になっているのが特徴ですが、それは本当なのでしょうか?

アイコスに含まれている有害物質などの情報はいまだに曖昧な部分が多いですが、現状で考えられる健康被害についてまとめました。

アイコスのニコチンによる害

アイコスに含まれている「ニコチン」による害は、通常の紙タバコと大差ないレベルだそうです。
だからこそ喫煙者でも満足ができるデバイスともなっています

フィリップモリスの見解では、紙巻きのタバコのようにアイコスは火を使わないので、タールやアンモニア化合物、一酸化炭素などの有害成分は大幅にカットされているとしていますが、アイコスのニコチンによる健康被害がどれほど下がっているのかは特に明記していないようです。

アイコスを吸っても、ニコチンによる健康被害は十二分に考えられます。有害性が少ないと言ってアイコスを多く吸ってしまうのは正直意味が無いと言っても過言ではないかもしれません。

アイコスには本当にタールが含まれていないのか?

アイコスは「タールが一切含まれていない」と思われがちですが、実はタールも発生しているという見解もあります。

アイコスを吸った後の独特な臭いは、ヒートスティックをブレードで直接加熱している部分から発生します。

吸い終わった後のヒートスティックの葉の部分をよく見ると、くっきりと焦げているのがわかるのですが、その焦げた部分から生じる臭いには、多かれ少なかれタールが含まれているそうです。

メンテナンスや掃除を怠ったり、使い続ければ使い続けるほど、有害性物質が発生する可能性が高まるとされている為、使用期間が長くなっている場合は有害性を知らず知らずの内に取り入れていることになります。

アイコスの副流煙や受動喫煙の害

iQOSの副流煙や受動喫煙

アイコスを吸っている人の身体に、ニコチン等による健康被害が起きるという事は、販売から数年経った今では周知され始めていることですが、アイコスによる受動喫煙の害はどれほど懸念されているのでしょうか?

煙が少ないことで有名なアイコスとはいえ、副流煙なども気になるところ。
アイコスの副流煙による受動喫煙についての見解をまとめました。

アイコスの副流煙について

アイコスは、通常の紙タバコと違って、煙ではなくエアロゾルと呼ばれる水蒸気のようなものが出る仕組みになっています。

アイコスなどの加熱式タバコの水蒸気は、副流煙とは違う分類にカテゴライズされているようですが、かといって受動喫煙などの健康被害に一切繋がらないというわけではないようです。

日本呼吸器学会の説によると、アイコスから出てくる副流煙には発がん性物質である「ニトロソアミン」という成分などの有害物質が含まれています。

アイコスの煙は目に見えないものであるからと、アイコスを所かまわず知ってしまうのは、未成年への受動喫煙などの害をもたらしてしまうので加熱式タバコとは言え、タバコはタバコとしっかり喫煙者がマナーを守ることが重要です。

研究の結果新たに発見されたアイコスの有害性

以前までは、アイコスであってもある程度の有害性物質が副流煙に含まれ発生している。といった認識でしたが、近年研究が進み、アイコスから発生する副流煙に、アセトアルデヒドやジアセチル・グリシドール・ベンゼンといった33種類の物質が特定されました。

特に、アセトアルデヒドは発がん性物質として、ジアセチルは呼吸器疾患を引き起こす有害性物質として知られています。
また、アクロレインは強い毒性を持ち、グリシドールには発がん性物質があるなど、主流煙よりも少ないとはいえ、健康被害をおよぼす危険性のある有害性物質が微量ながら検出されました。

アイコスだからといって、有害性が全くないわけではなく、また紙巻きたばこでは危険視されていなかった新たな有害性物質が発生している可能性も考えられます。
アイコスを使用する際にはこれらの有害性物質があるということを踏まえたうえで、非喫煙者には副流煙を吸わせない対策をし、使用するようにしましょう。

実はアイコスの害についてはほとんど全容が見えていない

アイコスの害に関しては、日本呼吸器学会や厚生労働省などをはじめ、多くの研究機関が健康被害についての見解を発表していますが、実はほとんど全容が見えていないんです。

アイコスはまだ発売してから数年しかたっておらず、長期間の喫煙でどれほどの健康被害がでるのかという事が明確になっていないというのが実情です。

ですが、現段階でもすでにアイコスによる健康被害については実証されている部分も多く、長期的な使用での被害も懸念されています。

アイコスよりも健康被害の少ないタバコ代替品ならJUUL!

JUULのおすすめ

未だ有害性が明確になっていないアイコスですが、メンテナンスを怠ったアイコスは害のある成分の発生を促します。

メンテナンスを怠るということは、加熱部分にススやコゲなどが残っている状態になるのですが、ススやコゲがそのまま加熱されると不完全燃焼を引き起こし害のある物質が発生することがあります。

アイコスよりも有害性の少ないタバコ代替え品を求めているのであれば電子タバコJUULがおすすめです!

加熱式タバコと電子タバコの違い

加熱式タバコとJUULの大きな違いはニコチン成分の発生の仕方にあります。

加熱式タバコはタバコ葉を加熱することでニコチンを出す一方でJUULは温めるリキッド自体にニコチン成分が入っています。
そのため、JUULはニコチン感を十分に味わうことができ、また加熱式タバコ独特の嫌な臭いを発生させません。

アイコスのニコチン量は物足りない、アイコスの臭いが苦手もしくは、周囲の人に疎まれるというのであればJUULを試してみる価値有りです!

購入はコチラ!

アイコスに害はあるのか?まとめ

・アイコスには有害物質は含まれている
・吸っている人はもちろん、副流煙による受動喫煙などの害も懸念されている
・発売されてから数年なので、詳しい健康被害についてはこれからも研究が進められる

現段階では、アイコスによる健康被害の全容は明らかになっていません。

アイコスユーザーの中には、アイコスと紙タバコを併用しているユーザーも多く、アイコスのみの健康被害について図るのが難しいというのが現状です。

ここ数年で主流になってきている「加熱式タバコ」。ハームリダクションの手段としても注目されている時期がありましたが、今後の健康被害についての研究結果などには注目したいところです。