BeyondVapeNic ブログ ヘッダーバナー
アイコスは喫煙所で吸うべき?ルールや受動喫煙のリスクを解説!

近年、健康的なイメージと共に普及した加熱式タバコ。
その代表とも言えるのがアイコスですよね。

「副流煙が無い」などと言われることも多いアイコスですが、喫煙所で吸う必要があるのでしょうか?

この記事ではアイコスの喫煙ルールから、周囲への影響、喫煙所で吸うのは恥ずかしい?といった疑問までアイコスを取り巻く喫煙事情を解説していきます!

周囲により配慮してタバコを楽しむ方法についても解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。


アイコスから変える人 増えてます
電子タバコKIWI(キウイ)絶賛販売中です!!

電子タバコ KIWI

1個でタバコ10箱本の良コスパ
使い捨て電子タバコTiiny(タイニー)

Tiiny

新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

配送料無料

アイコスは喫煙所で吸うべき?喫煙ルールを確認

喫煙所

紙タバコに比べてクリーンなイメージの強いアイコスですが、吸う場所を気にする必要はあるのでしょうか?

ここではアイコスの喫煙ルールを確認していきます。

アイコスを吸うなら喫煙所で

残念ながらアイコスを含む加熱式タバコは、れっきとしたタバコ製品であるため、紙タバコと同様に喫煙所で喫煙する必要があります

紙タバコに比べて煙に含まれる有害物質は少ないとはいえ、周りに害を及ぼすものに変わりは無いため、しっかりとマナーを守って喫煙するようにしましょう。

また最近では、加熱式タバコのみOKの喫煙室を設けた飲食店も増えてきていますので、アイコスを使用している方はそうしたお店の利用がオススメです。

路上での喫煙もNG

前述のようにタバコ製品であるアイコスは、もちろん禁煙席など、喫煙席・喫煙所以外での喫煙がNGとなっています。

また多くの自治体に設けられている路上喫煙を防止する条例の対象にもなっているため、路上での喫煙もNGです。

場合によっては罰金などが発生するケースもありますので、お気を付けください。

【補足】電子タバコの喫煙はケースバイケース

アイコスなどの加熱式タバコと似た喫煙具として、リキッドを加熱して吸引する電子タバコ(VAPE)が挙げられます。
この電子タバコも喫煙所で吸う必要があるのでしょうか?

電子タバコは、法律上タバコ製品には分類されないため、タバコ税を始めとした、タバコに適応される様々な法律の対象外となっています。
そして、店舗内での喫煙ルールを定めた健康増進法についても同様に対象外となっています。

つまり、”法律上は”喫煙所以外で吸っても問題はありません。

しかし、喫煙している様子が加熱式タバコと似ており周囲に勘違いされる可能性や、周囲に臭いや煙で迷惑をかけてしまう可能性、火災報知器を作動させてしまう可能性などを考慮すると、喫煙所で吸う方が良いと言えるでしょう。

また、自治体ごとで定められる路上喫煙防止条例の対象となっているケースも多く、自治体やお店ごとのルールに則った喫煙が求められます。

喫煙可のお店や自宅でも受動喫煙には注意が必要

NG

前述の通り、アイコスを始めとした加熱式タバコはタバコ製品であるため、受動喫煙による健康被害のリスクがあります。
そのため喫煙が可能なお店やご自宅で喫煙する場合も、同伴者の健康状態や、家族の健康リスクに気を付ける必要があります。

特に小さいお子さんのいるお部屋や、妊娠中の方がいるケースでは、アイコスであっても喫煙を控える方が良いでしょう。

ここからはそんなアイコスの煙に含まれる有害物質について解説していきます。

アイコスによる受動喫煙のリスク

一般に、タバコ葉に火をつけないアイコスでは、「副流煙が無い」と言われています。

確かに、従来の定義における副流煙(火が付いたタバコの先端から発生する煙)はありませんが、アイコスを吸った際に生じる水蒸気にはニコチン、ニトロソアミン、ベンゾピレン、ホルムアルデヒドなどの有害物質が含まれています。

アイコスに副流煙はありませんが、受動喫煙のリスクが無いということではありません。

また、慶応義塾大学の研究によると加熱式タバコの受動喫煙により喘息の発作症状のリスクが約1.5倍に高まるといった研究もなされています。(出典はこちら)
アイコスの受動喫煙リスクへの研究はまだまだ少ないですが、発がん性を含む物質もアイコスの煙から検出されており、喘息以外の健康被害も懸念されます。

アイコスは臭いが嫌われるケースも多い

また、アイコスは「アイコス臭」と呼ばれるような独特の臭いが発生します。

喫煙者の中でもこのアイコス臭を嫌う方は多く、普段紙タバコを吸っていても気持ち悪くなってしまうケースもしばしば。

喫煙可の空間でも、同席する相手によっては配慮する必要がありそうです。

ちなみに、アイコス臭の原因はタバコ葉を燻製するような形で過熱する点にあると言われており、苦手な方はタバコ葉を使用しない電子タバコなどを試してみるのがオススメです!

喫煙所でアイコスを吸うと恥ずかしい?

恥ずかしい

ここまでアイコスが吸える場所や、アイコスの受動喫煙リスクなどアイコスに置ける喫煙事情をご紹介してきました。
れっきとしたタバコであるアイコスは、周囲への影響を考えつつ必ず喫煙所で喫煙するようにしましょう。

また、アイコスを喫煙所で吸う際によく聞かれるのが「アイコスを喫煙所で吸うのは恥ずかしい」といった意見
果たしてこれは本当なのでしょうか?

ここからは喫煙所でアイコスを吸うことへのリアルな意見を確認しつつ検証していきたいと思います。

SNSでのリアルな評判をチェック

まずはアイコスを喫煙所で吸うことへの、SNS上での評価を見ていきましょう。

上記のように、確かにアイコスを喫煙所で吸うことに対して「恥ずかしい」と感じる方が多いようです。

また、その原因として多くの方が挙げていたのが周囲が紙タバコだと浮いているように感じるというものでした。

喫煙所のアイコスが恥ずかしいのは過去の話

前述のように、アイコスを喫煙所で吸うことの恥ずかしさは「周囲から浮いてしまう」ことにありました。

しかし、アイコスを始めとした加熱式タバコが普及した現在では喫煙所でアイコスを吸っていても何ら違和感を覚えることはありません

事実として、喫煙所でアイコスを吸うのが恥ずかしいといった意見の多くは2016年~2018年頃のもので、最近はほとんど見られません。

また、SNS上では喫煙所以外でアイコスを吸う方に対して、以下のような厳しい意見も挙げられていました。
喫煙所のアイコスが恥ずかしいのは過去の話ですので、必ず喫煙所や喫煙スペースで楽しむようにしましょう。

周囲に優しく喫煙を楽しむなら電子タバコがおすすめ!

アイコスを吸う人

さてここまで、アイコスの喫煙事情やSNS上での印象などを紹介してきました。

繰り返しになりますが、アイコスには受動喫煙のリスクがあり、周囲の人や家族に気をつけつつ喫煙する必要があります。

なるべく周囲への影響を減らして喫煙を楽しみたいという方は「電子タバコ(VAPE)」をぜひお試しください!

ここでは、周りの影響を考えた際になぜアイコスよりも電子タバコがオススメと言えるのか、その理由を解説していきます。

ニコチン以外の有害物質をほとんど含まない

アイコスなどの加熱式タバコと混同されることの多い電子タバコですが、実はタバコ葉を使用していないため、厳密にはタバコ製品ではありません

というのも、電子タバコは人工的に生成したリキッドを加熱して生じる水蒸気を楽しむ製品となっています。
リキッドは食品にも使用されるグリセリンなどの安全な成分をベースとしているため、様々な有害物質を含むタバコ葉に比べて、健康リスクを圧倒的に抑えることができます。

同じフレーバーでニコチンの有無を選べる

電子タバコのリキッドは、ノンニコチンのリキッドにご自身でニコチン成分を注入して使用するものも多いです。

そのため味の違和感無しに、ニコチン入りとノンニコチンを使い分けることができます。

また味の変化が無いため、ノンニコチンのものでも充分な満足度を得ることができます。
ニコチン入りの電子タバコから始めて、徐々にノンニコチンを吸う頻度を増やし禁煙に成功する方も少なくありません。

イヤな臭いゼロ

前述の通り、アイコス臭の主な原因は、燻製のような方法でタバコ葉を加熱することにあります。

その点、電子タバコの場合は、タバコ葉を使用しておらずイヤな臭いゼロで楽しむことができます。

フレーバーによっては、ミントガムやフルーツのような爽やかな良い香りを楽しむことも可能です。

アイコス臭が苦手な人が周囲にいる方は、ぜひ電子タバコをお試し下さい。

これから電子タバコ(VAPE)を始める方に!おすすめ商品紹介

JUUL

最後に、電子タバコ(VAPE)の導入をお考えの方に向けてオススメの商品を2点ご紹介します。

アイコスと同じ感覚で吸えるものなど、これから始めるのにピッタリの商品を選びましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

メンソール愛好家にオススメ|ICEBERG Dispo(アイスバーグ ディスポ)

アイスバーグディスポ

まずご紹介したいのがメンソール感が最高の『ICEBERG Dispo(アイスバーグ ディスポ)』です。

使い捨てタイプと呼ばれる電子タバコで、リキッドを使い切ったら捨てるだけの手軽さが魅力となっています。

喉にガツンとくる爽快感が特徴で、メンソール系のタバコを吸っている方には必ず満足して頂けるはずです。

また、コスパが非常に良いのも特徴の1つ。
1台でタバコ15箱分の喫煙が可能にも関わらず、価格はなんと2,890円(セール価格)

手軽さ・味・コスパと三拍子そろった電子タバコです。

アイコスと同じ吸い心地|KIWI Pen(キウイ ペン)

KIWI Pen

アイコスと同じ吸い心地で、違和感なく導入できるのがこちらの『KIWI Pen(キウイペン)』です。

アイコスのタバコスティックにも使用されるコットン製のフィルターを採用した電子タバコとなっており、アイコスユーザーが違和感ゼロで試すことのできる1本と言えるでしょう。

また、カートリッジに電子タバコ用のリキッドを自由に注入して楽しむ「PODタイプ」と呼ばれる電子タバコで、味の豊富さも魅力の1つです。
電子タバコ用のリキッドは、なんと全世界で1万種類以上販売されており、アイコスとは比べ物にならない味の選択肢をお楽しみ頂けます。

加えて、前述のようにニコチンの有無や量をご自身で選ぶことができるため、禁煙に向けたステップにもオススメです。

アイコスは喫煙所で吸うべき?喫煙事情を解説|まとめ

今回はアイコスの喫煙について、喫煙所で吸うべきか否か、受動喫煙のリスク、SNS上での印象などをご紹介してきました。

アイコスには従来のタバコのような副流煙は存在しませんが、受動喫煙のリスクは同様にあるため、喫煙所での喫煙が必須です。

巷で囁かれる「喫煙所でアイコスを吸うのは恥ずかしい」といった意見はもはや過去のモノですので、胸を張って喫煙所を利用しましょう。

また、少しでも周囲に配慮して喫煙を楽しみたい方は電子タバコという選択肢もオススメですので、ぜひチェックしてみて下さい!



おすすめトピック


今最も話題の電子タバコ
KIWI(キウイ)新発売です!!

電子タバコ KIWI

不定期で開催中!!
BIG SALEはこちらから

7daze egge

【PR】新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

BeyondNic 新規会員登録