BeyondVapeNic ブログ ヘッダーバナー

度重なる増税や紙タバコを吸えるお店が減少していることから、電子タバコが注目されつつあります。

紙タバコをやめて電子タバコに移行したい方や、タバコに興味はあるが紙タバコと電子タバコの違いがイマイチ分かっていないという方もいるでしょう。

この記事では紙タバコと電子タバコの違いについて、ニコチンやタールの有無など、様々な点から比較して紹介します。

紙タバコと電子タバコの他に、加熱式タバコについても、簡単に違いを解説します!

電子タバコの個人輸入ならBeyond Vape Nic.!

この記事では紙タバコと電子タバコの害や吸える場所の違いについて比較していきますが、結論としておすすめするのは電子タバコです。

電子タバコは有害物質のタールを含まず、吸える場所も紙タバコより多いことから、これから吸うなら電子タバコがいいでしょう。

日本国内で販売されている電子タバコはノンニコチンの製品ですが、ニコチン成分を摂取したいと考えるなら個人輸入で購入することで、不要な有害物質を摂取せずにニコチンを楽しめます。

当サイトBeyond Vape Nic.では様々な種類のニコチン入り電子タバコを販売していますので、興味のある方はぜひ下記ボタンからオンラインショップを覗いてみてください♪


「タバコの変わりになる」愛用者急増中
電子タバコKIWI(キウイ)絶賛販売中です

電子タバコ KIWI

1個でタバコ10箱本の良コスパ
使い捨て電子タバコTiiny(タイニー)

Tiiny

新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

配送料無料

紙タバコと電子タバコの法律上の違い

まず、紙タバコと電子タバコの法律上の違いを見ていきましょう。

紙タバコはもちろん「タバコ製品」ですが、電子タバコは法律上「タバコ」ではないという違いがあります。

紙タバコは「タバコ製品」

紙タバコはたばこ事業法第2条により、タバコ製品(製造タバコ)とされています

タバコ製品の定義は以下のように定められています。

一:たばこ タバコ属の植物をいう。
二:葉たばこ たばこの葉をいう。
三:製造たばこ 葉たばこを原料の全部又は一部とし、喫煙用、かみ用又はかぎ用に供し得る状態に製造されたものをいう。

引用:e-GOV『昭和五十九年法律第六十八号 たばこ事業法』

電子タバコは「たばこ類似製品」

一方で、電子タバコは上記のたばこ事業法においてタバコに分類されず、たばこ類似製品と呼ばれます

たばこ類似製品はたばこ葉を使用しておらず、リキッドと呼ばれる液体を加熱して発生した水蒸気を吸う製品が該当します。

日本では法律によりニコチン入りの電子タバコを販売する際は厚労省の許可が必要となり、今まで許可された例はないため実質ニコチン入りの電子タバコは購入できません。

ニコチン入りの電子タバコは日本では法律上医薬品とされていますが、ニコチン入りの電子タバコは個人輸入で海外から購入することは可能で、個人での使用に関しては法律で規制されていません。

加熱式タバコは「タバコ製品」

よく、電子タバコと混同されがちなアイコスなどの”加熱式タバコ”ですが、加熱式タバコはれっきとした「タバコ製品」です。

アイコスやグロー、プルーム・テックといった製品がこれに該当し、それぞれ加熱方法などは異なりますが、いずれもタバコ葉を使用しています。

本体や周辺機器もタバコ用具として扱われ、使い勝手こそ電子タバコに近いですが、加熱式タバコと電子タバコは全く違う製品であることがわかります。

紙タバコと電子タバコのニコチン・タールの違い

紙タバコと電子タバコの違いは法律上の違いだけではありません。

続いては実際に使用するときに気になる、ニコチンとタールの違いについて見ていきましょう。

紙巻きタバコと電子タバコのニコチンの違いを比較

タバコに含まれるニコチンは、タバコの根で生合成され葉に蓄積されます。

そのためタバコ葉を使用する紙タバコには必ずニコチンが含まれ、電子タバコは日本で販売されているものにはニコチンは含まれていません

ニコチンの摂取量は吸い方や使用される部位によって違うため、一概に比較することはできません。

ニコチン入りの電子タバコは?

国内で販売されている電子タバコにはタバコ葉が使用されておらず、ニコチン成分は入っていないとご紹介しましたが、海外から個人輸入することで、日本国内でもニコチン入り電子タバコを楽しむことが可能です。

とはいえ、リキッドの中にタバコ葉が入っているわけではなく、タバコ葉から抽出されたニコチン成分をリキッドに混ぜ込むことでニコチン入りリキッドが完成します。

そのため、ニコチンの含有量の調整ができたり、濃度の違うリキッドを使用することで自分にあった製品を選びやすいのは嬉しいポイントです。

紙巻きタバコと電子タバコのタールの違いを比較

タールはタバコ葉を燃やした際に発生する成分です。
そのため、紙タバコでは発生しますが、電子タバコではタールは発生しないという違いがあります。

ちなみに、タール成分は燃やさないと発生しないため、タバコ葉を使用していても加熱式タバコにタールは含まれません

タールの含有量についても吸い方で異なるため、その量の違いを簡単に比較することはできません。

健康面ではどちらがいい?

ニコチンやタールといった代表的なタバコの有害物質を比較すると、電子タバコの方が健康的であると言えます。

ニコチンは依存性が強く、タールはがんになる可能性があります。

電子タバコはこれらの物質を含まず、食品添加物である「プロピレングリコール」「植物性グリセリン」が使用されているため、大きな健康被害はないと言われています。
しかし、多量に肺に含むことの危険性ははっきりしていないため、完全に害がないとは言い切れませんが、現在の研究結果でいうと圧倒的に電子タバコの方が安全です。

紙タバコと電子タバコの吸い方の違い

紙タバコと電子タバコの大きな違いは有害物質であるニコチンやタールの有無です。

紙タバコの健康被害が気になる、タバコを控えるように言われているという方は、電子タバコへの切り替えをおすすめいたします。

それでは続いて、紙タバコと電子タバコの吸い方の違いについてご紹介します!

合わせて吸える場所の違いについても比較しました。

紙タバコはライターさえあれば吸える

紙タバコはコンビニやスーパー、量販店など様々な場所で購入でき、火をつける道具があればそれだけで吸うことができます。

シンプルさと手軽さにおいて、紙タバコは電子タバコと比較して優れていると言えるでしょう。

健康面で問題視されているニコチンやタールは、吸い方を変えたり、含有量の少ないものを選ぶことで多少ではありますが摂取量を減らすこともできます。

電子タバコは様々なバリエーションがある

電子タバコは自分で細かくカスタマイズするものやメンテナンスのいらないもの、使い捨てのものまで様々です。

自分好みにカスタマイズすることが好きで電子タバコを選ぶ方も多く、それが自体が趣味の方もいます。

紙タバコのように手軽に吸いたい方は、リキッドの入ったカートリッジの交換と充電だけで使えるタイプを選ぶといいでしょう。

電子タバコは紙タバコと比較して、バリエーション豊富な点が特徴です。

吸える場所にも違いがある

紙タバコと電子タバコは喫煙所での喫煙が基本となります。

近年、受動喫煙防止の観点から喫煙できる場所は限られ、野外では喫煙所以外でタバコを吸うことはできません。

しかし、電子タバコはタバコ製品ではないことから厳しい規制が設けられておらず、自治体によっては屋外での喫煙も不問とされています。

パチンコ店や喫茶店などにおいては電子タバコ・加熱式タバコのみ喫煙可能で紙タバコはNGという場所も多く、紙タバコよりも吸える場所・機会が多い製品といえるでしょう。

とはいえ、傍から見るとタバコを吸っているようにも見えますし、水蒸気の煙は発生するため、喫煙可能な場所で吸うのが無難です。
電子タバコの使用有無が記載されていない場合は加熱式タバコに対する指標を参考にすると良いでしょう。

また、タールを含まない電子タバコは室内で吸っても壁が黄色くならないため、自室や車内でも気軽に吸えるのも特徴的です。。

電子タバコを始めるならJUUL!

紙タバコと電子タバコは様々な違いがありますが、特に大きな違いはタールの有無と吸える場所の違いです。

これから始めるのであれば断然、紙タバコより電子タバコをおすすめします。

中でもBeyond Vape Nic.で扱っているニコチン入り電子タバコJUULは、紙タバコに負けない吸いごたえで、海外を中心に多くの方が愛用しています。

最後に、おすすめのニコチン入り電子タバコJUULの魅力をご紹介します。

JUULはニコチンソルトで吸いごたえ抜群

JUULはニコチンソルトというニコチンを使用することで、紙タバコにも負けない吸いごたえを実現しています。

電子タバコですのでタバコ葉を使わず、熱により気化させた液体(リキッド)を吸うためタールも発生しません

紙タバコよりも害が少なく、それでいて吸いごたえも楽しめるのがJUULです。

メンテナンス不要で気軽に使える

紙タバコは、どんな銘柄でもライターさえあれば吸える手軽さが魅力の1つでしょう。

電子タバコは種類によって使い方が違ったり、細かなメンテナンスが必要など手間がかかるものも多くあり初心者の方にはハードルが高いと感じることも…

しかしJUULはカートリッジを入れ替えるだけでメンテナンスは不要、使う際も吸うだけ起動と紙タバコのように手軽に楽しめます。

ライター等火を付けるアイテムが不要ですので紙タバコよりも手軽かもしれません!
難しい操作は一切要らず、充電さえ忘れなければいつでも楽しめるのもJUULの魅力です。

Beyond Vape Nic.なら簡単に購入できる

日本ではニコチン入りの電子タバコは販売と購入が禁止されています。

そのためニコチン入りの電子タバコであるJUULは個人輸入という形で海外から取り寄せる必要があります。

Beyond Vape Nic.は日本にも海外にも店舗を持つ大手VAPEブランドの日本向けWEBサイトであるため、安心安全に購入ができます。

発送元のカリフォルニアには日本人スタッフも在籍しているので、検品や梱包も日本基準!
配送時のトラブルにも対応しています。

初めてJUULを試す方は、Beyond Vape Nic.での購入をおすすめします!

紙タバコと電子タバコの違いは?ニコチンやタールを比較|まとめ

紙タバコと電子タバコの違いは以下の通りです。

紙タバコ 電子タバコ
タバコ製品区分 タバコ製品 たばこ類似製品
加熱方法 電気熱
喫煙に必要なアイテム ライターやマッチなどの発火器具 不要
ニコチンの含有
タールの含有
吸い方 タバコ本体に火をつけて喫煙 吸引口から息を吸うように吸引
※デバイスによって異なる
メンテナンス 不要 デバイスによっては必要
吸える場所 指定の喫煙所のみ 喫煙所
加熱式タバコ可のお店
一部地域の路上
自室や車内

これらのように紙タバコと電子タバコは全くの別モノであることがわかります。
ちなみに、電子タバコと間違えやすい加熱式タバコは紙タバコと同じ「タバコ製品」あり、これもまた電子タバコとは違う製品です。

ニコチンやタールの違いから吸える場所にも違いがあるため、どちらも使っているという方も少なくありません。
禁煙・減煙目的で使用している方や、場所に応じて使い分けている方もいらっしゃいます。

電子タバコは日本国内でニコチン入り製品は販売されていませんが、個人輸入を通して購入することは可能です。

これから電子タバコを始めようと思っている方は、ぜひBeyond Vape Nic.でニコチン入り電子タバコの使用をご検討ください!

電子タバコを安全に個人輸入するならBeyond Vape Nic.



おすすめトピック


今最も話題の電子タバコ
KIWI(キウイ)新発売です!!

電子タバコ KIWI

不定期で開催中!!
BIG SALEはこちらから

7daze egge

【PR】新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

BeyondNic 新規会員登録