禁煙、減煙のためのタバコ代用デバイスといえば、日本では加熱式タバコが主流となっていますが、米国を中心とした海外では加熱式タバコは主流では無く、電子タバコが多く使用されています。

中でも電子タバコJUULは禁煙目的で開発され、多くの方が使用しているデバイスです。

加熱式タバコで減煙できなかった、加熱式タバコを受け入れられず他のタバコ代替え品を探している。という方に向けて、加熱式タバコとJUULの購入方法や価格、製品の違いについてご紹介していきます。

加熱式タバコと電子タバコJUULの性能を比較

加熱式タバコと電子タバコを比較

まずは、加熱式タバコと電子タバコの性能について簡単にまとめました。
加熱式タバコは、一番人気で使用者の多い『アイコス』と、電子タバコJUULに作りが似ている『プルームテック』の3種類を比較します。

加熱式タバコとJUULの共通点

まずは、加熱式タバコと電子タバコJUULの共通点についてご紹介します。

加熱式タバコと電子タバコJUULは、禁煙や減煙目的に用いられることも多く、どちらも有害性の発生が少なくなっているという特徴があります。

紙巻タバコで発生するタールや不完全燃焼によって発生する一酸化炭素が加熱式タバコや電子タバコでは発生することが無く、ニコチンのみを摂取することができるデバイスです。

有害性が少なくなっていることで、紙巻タバコに比べ安全性が高く、禁煙や減煙のためのタバコ代替品として使用されています。

加熱式タバコとJUULを比較

どちらもニコチンのみを摂取でき、紙巻タバコに比べて有害性が少ない為、健康被害や周囲の人に気を使いたいと考えている人のためのデバイスです。

加熱式タバコと電子タバコはその構造上、煙量や臭いなどに違いがあるので購入や移行を考えている方は双方のメリット・デメリットを理解した上で購入することをお勧めします。

アイコス プルームテック JUUL
蒸気の発生方法 ヒートスティックを使用 リキッドとタバコ葉を使用 ニコチン入りリキッドを使用
販売店 コンビニ コンビニ ネット通販のみ
煙量 ×
臭い ×
吸いごたえ
フレーバー数
コスパ
JUULスターターキット

購入はコチラ

購入方法や値段についての比較

JUUL購入方法比較

加熱式タバコは、タバコ屋さんや、コンビニでも気軽に購入する事ができ入手しやすい一方で、電子タバコJUULは気軽に購入することができません

購入方法や、商品の値段に違いについてご紹介します。

JUULは日本では購入不可?

電子タバコJUUL本体は日本でもVAPEショップやネット通販で購入する事ができますが、ニコチン入りのカートリッジは日本国内で購入することができません。

日本国内では薬事法によってニコチン製品の販売が禁止されている為、電子タバコのようにリキッド内にニコチンが入っているものの取引は禁止されています。

そのため、加熱式タバコのように街中で気軽に購入することができないのが少々欠点と言えるでしょう。

JUULの購入方法

日本国内で購入することができないニコチン入りのJUULですが、個人輸入という形で海外から通販して入手することができます。

個人輸入と聞くと少々面倒に感じますが、実際は日本で通販するのと大差ありません

Beyond Vape Nic.では、カリフォルニアからニコチン入りのリキッドを配送しお届け!
通常個人輸入で商品を購入する場合1週間~1ヶ月とかかりますが、Beyond Vape Nic.は最短3日で配送するため、国内での通販と大差なく電子タバコJUULを購入することができます。

JUULの最短購入はこちらから

加熱式タバコと電子タバコの値段の違い

加熱式タバコも電子タバコJUULも使用する場合には本体と、ニコチン成分を吸うためのものが必要になります。

特に、ニコチン成分を摂取するために必要なリキッドやヒートスティックはランニングコストがかかり、使い方によっては紙巻タバコを吸っていた時よりもお金がかかってしまうかもしれません。

本体代とカートリッジ代を比較した表が下記になります。

アイコス プルームテック JUUL
本体代 IQOS 3 DUO :9,980円
IQOS 3 MULTI :6,980円
IQOS 2.4 PLUS :4,980円
プルームテック:2,980円
プルームテックプラス:4,980円
4,400円~7,000円程度
カートリッジ代 470円、520円 プルームテック:490円
プルームテックプラス:500円
1,880円~3,280円
カートリッジ内容 1箱20本入 カートリッジ1本
タバコカプセル5個
1箱4~5個入
タバコ換算 1箱分 1箱分 4箱分

アイコスはコスパが悪い!

アイコス・プルームテック・JUULを比較すると、実はその使用上アイコスが最もコスパが悪いということがわかります。

本体代が一番高い為というのもあるのですが、アイコスのカートリッジであるヒートスティックは稀に”ハズレ”があり、うまくヒートスティックが刺さらず1本ムダにしてしまった経験ある方も多いのではないでしょうか。

また、アイコスのヒートスティックは一度加熱をすると、途中で吸うのを止める事ができず、最後まで十分に喫煙できないという欠点があります。

一方、プルームテックやJUULは、吸引すると加熱がオンになり止めると自動的に加熱も止まるという構造なので、1口だけ吸うといったことも可能で無駄なく最後まで使用ができます。

吸い方次第では紙巻タバコよりも多く吸えたりとコスパが非常に良くなっています。

トータルでJUULはコスパがいい?

JUULのカートリッジは一見高価に見えますが、JUULのカートリッジ1個は紙巻タバコ1箱分と同程度吸引することができる容量になっています。
そのため、タバコ1箱換算にすると470円程度とアイコスよりもプルームテックよりも安価です。

また、JUULを吸うことで感じられるニコチンの満足感はアイコスやプルームテックの比にならないほど高く、加熱式タバコでありがちな満足が得られずダラダラ吸い続けてしまうということが起こりにくく、数口吸うだけで長時間満足感を得ることができるのもJUULならではの特徴です。

加熱式タバコにしたらタバコを購入していた時よりもタバコ代が高くなったという方はぜひ、一度で十分なニコチン感を得られるJUULに変えてみてはいかがでしょうか?

トータルで考えた時に最もコスパが良く使用できるのはJUULかもしれませんよ。

JUULスターターキット

購入はコチラ

加熱式タバコと電子タバコの購入方法や値段を比較 まとめ

加熱式タバコと電子タバコの購入方法や値段を比較 まとめ

コンビニ等で気軽に購入することができるアイコスやプルームテックといった加熱式タバコに比べて、たしかに個人輸入を使用して通販でしか購入できない電子タバコJUULは手が届きにくい商品かもしれません。

しかし、値段を詳しく比較してみると電子タバコJUULのコスパは非常に良く、また気軽に購入できないからこそ、減煙や禁煙にもなるのではないでしょうか?

加熱式タバコでは満足できない、減煙・禁煙をしたい、コスパを抑えたいという方はぜひ一度電子タバコJUULを使用してみてください!