「タバコをやめたいけど、なかなかやめられない。」

ここ最近、「禁煙」に対する条例の改定などが各地で起きていて、飲食店などでも分煙から全面禁煙になってしまったりと、喫煙者の肩身がどんどん狭くなっていっています。

とはいえ、明日から急にタバコをやめようとしても、禁煙はそんなに簡単にはいきません。

では、成功率の高いタバコをやめる方法って存在するのでしょうか?
そのヒントはデバイスを切り替えてタバコの本数を減らしていくことにあります!

今回はおすすめのデバイスJUULを使ったタバコをやめる方法をご紹介します。

タバコをやめる方法と言えば?

タバコをやめる方法

一般的に、タバコをやめる方法と言えば

・禁煙外来
・ニコチンガム
・飴やガムを口にして気晴らし
・紙巻きタバコから加熱式タバコに切り替える
・電子タバコに切り替える…

などの方法が挙げられます。

一番効果的なのは医療機関に頼る禁煙外来ですが、なかなか時間がとれないなどの理由で禁煙外来を選択しない人も多いのではないでしょうか。

タバコの代わりになる物、例えば電子タバコや加熱式タバコ、飴やガムなど色々なものがありますが、タバコをやめる方法として正しいものってどれなのでしょうか?

加熱式タバコを使ってもタバコはやめられない!

「紙巻きタバコから加熱式タバコに切り替えて禁煙だ!」と考えている人は多いかもしれませんが、加熱式タバコに切り替えたところで、禁煙にはつながりません。

アイコスやグロー、プルームテックなどの加熱式タバコは、タバコの葉を使用しており、特に直接タバコの葉を加熱するアイコス・グロー・プルームエスは吸殻などから不快な臭いを発してしまいます。

臭いを抑えるためなのか、加熱式タバコは吸いごたえが強くないものも多く、結局吸っていても物足りなさを感じている人も少なくありません。

飴やガムでは気晴らしにならない?

飴やガムを口にして、気を紛らわす人もいると思います。

タバコをやめると太るというのは、タバコを吸わなくなった分、このように飴やガムで気晴らしをする所為でもあります。

タバコをやめられない大きな原因となっているのはニコチンによる依存なので、飴やガムなどで気を紛らわせるのは難しい部分もあると思います。

デバイスによっては電子タバコがおすすめ?

加熱式タバコに切り替えるよりは、電子タバコへの切り替えをおすすめします。

ニコチンの入っていない電子タバコを用意してもいいですが、電子タバコの中にはリキッドにニコチンソルトという成分を含んだ製品も購入できるので、自分に合ったデバイスで切り替えることが出来るのがポイントです。

電子タバコは飴やガムのように、食べ物を摂取するわけではないので太る心配もない…という大きなメリットがあるというのも、電子タバコをおすすめするポイントです。

成功率が高い!?おすすめのタバコをやめる方法

タバコをやめる方法

他の方法よりも成功率が高いタバコをやめる方法は、電子タバコに切り替える方法なんです。

明日からいきなりタバコを1本も吸わないでください!って言われても、とてもじゃないけど難しい…。でしたら、タバコを電子タバコに切り替えてみませんか?

燃焼した煙ではなく、リキッドを加熱して出てきた水蒸気を楽しむので、身体への害もグッと抑えられます。

電子タバコのリキッドにはニコチンが含まれていないこと、燃焼することで発生するタールや一酸化炭素などの心配もないことから、完全に禁煙を目指している方にも人気があります。

口がさみしい時や、煙を吸っている感覚が欲しいと考えている禁煙希望者にはメリットだらけといえそうです。

引用:禁煙するための第一歩として

タバコをやめる成功率を上げるには?

成功率が高いからと言って、ただ単に適当な電子タバコに切り替えるだけでは効率的にタバコをやめることは出来ません。

タバコをやめるなら、切り替える時に選ぶデバイスも重要になってきます!

ニコチン入りの電子タバコで紙巻きタバコから卒業?

効率よくタバコをやめる方法は、ニコチン入りの電子タバコを使って、紙巻きタバコの本数を減らしていくというやり方です!

ニコチン入りの電子タバコは日本国内で購入は出来ません。
しかし、リキッドにニコチンを含んでいる商品を個人輸入を使って購入することが出来ます。

ニコチンが入っているので、タバコが吸えなくてイライラすることもないし、電子タバコなので周りへ臭いの配慮をする必要が無いというメリットもあります!

リキッドのニコチンの濃度を下げながら最終的にはノンニコチンのリキッドへ

電子タバコの種類によっては、中に含まれているニコチンの濃度を変えることもできます。

ニコチンソルトは、体内への吸収が早いので、加熱式タバコよりも喫煙への満足感を得られます。

電子タバコには元々タールは入っていないので、ニコチンの濃度をどんどん下げていけば、最終的にはノンニコチンでノンタールの製品に、体が慣れていきます。

成功率が高いタバコをやめる方法というのは、このように使用するデバイスを切り替えて、少しずつ軽いものに切り替えていくやり方がおすすめです。

おすすめの切り替えデバイスは【JUUL】!

タバコをやめる方法でおすすめはJUUL

タバコをやめたいと思っても、切り替えに使うデバイスが初心者向けじゃなかったり、手軽に使えるようなものじゃないと成功率の高い禁煙方法とは言えません。

使い勝手がよく、ニコチンの濃度を下げることも簡単な電子タバコを探しているのなら、電子タバコのJUULがおすすめです!

今巷で話題になっているデバイスですが、どのような魅力があるのかまとめてみました。

JUULは小さいので持ち運びに便利

JUULはUSBのような見た目で、とてもコンパクトなデザインです。

電子タバコやVAPEというような、大きくて使いにくいといったイメージを払拭するほどで、使い捨ての電子タバコよりも使いやすいんです。

持ち運びに便利なので、出かけた先などでも気軽に吸うことが出来ます。

JUULのフレーバーは他のデバイスより多い

カートリッジ交換式なのに、JUULは他のデバイスよりも圧倒的にフレーバーの数が多いです。

フレーバーの味がしっかりしていて、吸いごたえもいいので、初めて電子タバコに切り替えた人でも満足して使用できます。

フレーバーラインナップも、甘いもの・すっきり系・タバコ味など展開されているので、自分に合っているフレーバーを探す楽しみもありますよ。

JUULはメンテナンス不要のお手軽デバイス

カートリッジ交換式のデバイスなので、JUULは他の電子タバコや加熱式タバコのような面倒なメンテナンスが必要ないんです。

電子タバコ特有のコイル交換・出力の変更などの手入れが一切不要で、リキッドが無くなったら交換・電池が無くなったら充電するだけ!

今まで電子タバコを使ったことが無いという人にもおすすめですよ。

JUULはニコチンの濃度を変えられる

JUULは、POD(カートリッジ)の種類を変えれば、リキッド内に含まれているニコチンの濃度を変えることが出来ます。

使っていくうちに、少しずつリキッドの量を抑えて行くこともできるので、効率良くたばこをやめていけますよ。

成功率の高い【タバコをやめる方法】まとめ

タバコをやめる方法は、【デバイスを切り替えてタバコへの依存を少しずつ抑えていく】というやり方がオススメです。

今回紹介した電子タバコのJUULはBeyond Vape Nicで好評販売中です!

この記事で紹介した魅力以外にも、JUULにはおすすめのポイントがたくさんあります。

禁煙目的でなくても、
・少しでも臭いを抑えたい
・変わった電子タバコがほしい
と思っている方にもおすすめです!