喫煙者の方にとっては非常に悲しいニュース【2021年10月1日】の紙タバコ増税。

今年もまた、タバコの増税に伴う、各メーカー商品の値上げが行われることになりました。

そこで今回は、実施される値上げの対象商品や今後の動向などをまとめてご紹介します!

また増税の影響を受けずにタバコを楽しむ方法もご案内していますので、喫煙者の方は要チェックです!

今回のタバコ値上げはいつから行われる?該当する種類は?

タバコ 増税

タバコの増税の時期や対象の品目はどの程度なのでしょうか。

気になる情報をご紹介します!

タバコ税増税はいつから?

タバコ税が切り替わるタイミングは、ずばり2021年10月1日です。

これに合わせて各メーカーも価格の改訂を申請している状況となっており、このトピックに注目されている方も多いのではないでしょうか。

続いては対象となるタバコの種類をご紹介します。

タバコ税増税の対象品目

増税に関する対象のタバコは、基本的に各社のプレスリリースから情報を得る必要があります。

例えば日本最大のタバコメーカーであるJTでは、「アメリカンスピリット」「セブンスター」「メビウス」などが代表的である紙タバコ以外にも葉巻やパイプタバコなど、様々な銘柄を加えて合計で173種類に値上げが実施されます。

詳しくは以下でご紹介しているため、普段吸われているタバコがリストアップされていないかぜひお確かめください。

値上げが実施されるタバコ銘柄一覧

タバコ 増税

ここからは、実際に2021年10月1日から値上げされてしまうタバコの一覧をご紹介します。

今回の記事では国内で流通の多いメーカーをピックアップして情報を収集しました。

①日本タバコ産業(JT)のタバコ値上げ対象銘柄一覧

タバコ 増税

日本で最も大きいタバコ団体であるJTですが、販売している銘柄も一番が数が多いために値上げされる種類も多くなってしまっています。

増税の影響を受ける銘柄に関しては、先述の通り173銘柄となっておりあおりを受ける方は最も多いのではないでしょうか。

価格の安いタバコというイメージのある『わかば』などの旧三級品タバコは、タバコ増税に本腰が入る前の2017~18年では320円と親しみのある価格でしたが、増税によって葉巻タバコとなりさらに今回の価格改定によって500円と他のタバコと遜色ない金額まで高騰することになりました。

また、高級国産タバコと名高い『ピース』は販売開始した19世紀前半から徐々に値上げを繰り返しており、ついに600円台を更新することになりました。

代表的な銘柄と値上げ額については、下記の通りです。

【紙巻きタバコ】
・ナチュラル アメリカンスピリット(20本入)
現行570円 → 改定後600円
・セブンスター、ピース(20本入)
現行560円 → 改定後600円
・メビウス
現行540円 → 改定後580円

【葉巻タバコ】
・わかば・シガー
現行410円 → 改定後500円
・エコー・シガー
現行400円 → 改定後500円

【加熱式タバコ】
・メビウス・レギュラー
現行540円 → 改定後570円
・ピアニッシモ・アリア・メンソール
現行540円 → 改定後570円

紙巻きタバコでは50円以下の値上げが行われていますが、葉巻タバコではなんと三桁レベルで価格が改定されています。

またそれに加えて加熱式タバコであるプルームテックに対応した銘柄も一律30円の値上げとなっているため、増税の影響はかなり強いと言えるでしょう。

Ploomの加熱式タバコの中でも人気商品として『メビウス』などが挙げられますが、今後の動向次第では600円にまで値上げする可能性も十分考えられるため注意が必要です。

タバコ 値上げ
タバコ 値上げ

引用:JT 公式HP

②ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)のタバコ値上げ対象銘柄一覧

タバコ 増税

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(以下BAT)は、タバコ業界において業界2位という非常に大規模なビジネスを展開している企業です。

主力の商品としては、紙巻きタバコの「ケント」や「ラッキーストライク」が有名で、また最近は加熱式タバコであるgloで使用できるフレーバースティックも売上に貢献しています。

10月の増税で影響を受けるとされているのは、紙巻きタバコ49銘柄、加熱式タバコ57銘柄、葉巻タバコ17銘柄、かぎタバコ4銘柄の合計127種類が対象です。

愛用されている方も多いであろう『ラッキーストライク』で2019年に発売されたフィルター・シガリロシリーズなどは、販売当初の価格がいきなり100円跳ね上がるなど大きな動きを見せています。

【紙巻きタバコ】
・ケントの主要な銘柄
現行500円 → 改定後520円
・ラッキーストライクの主要な銘柄
現行560円 → 改定後600円

【葉巻タバコ】
・ラッキーストライク・フィルター・シガリロ
現行400円 → 改定後580円

【加熱式タバコ】
・ケント・ネオスティック
現行480円 → 改定後500円
・ネオ
現行520円 → 改定後560円

BATのプレスリリースを見ると、値上げの範囲は20~50円で決まっているようです。

BATが販売している加熱式タバコgloで使用できる『ケント ネオスティック』は2016年の420円から500円まで価格が伸び、紙タバコと同レベルの値段になってしまいました。

こちらのメーカーが販売している紙巻き・加熱式タバコのユーザーは非常に多く、ヘビースモーカーの方は財布が苦しくなってしまう可能性もあります。

タバコ 値上げ
タバコ 値上げ

引用:ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン 公式HP

③フィリップ モリスのタバコ値上げ対象銘柄一覧

タバコ 増税

フィリップモリスもJTを大幅に上回るシェアを持った世界的企業で、タバコ業界の中でも世界3位のポジションにつけています。

こちらのメーカーが販売している紙巻きタバコとして有名な銘柄として「マールボロ」「ラーク」シリーズなどが知られていますが、昨今の主戦力は加熱式タバコであるIQOSで使用するスティックでしょう。

増税による価格改定の影響を受けるタバコの数は紙巻きタバコが74銘柄、加熱式タバコ41銘柄、葉巻タバコ3銘柄となっており、合計118種類が値上げされます。

【紙巻きタバコ】
・マールボロ
現行570円→改定600円
・マールボロ・ブラック・メンソール・1・ボックス
現行570円 → 改定後600円
・ラーク100ボックス
現行500円 → 改定後540円
・パーラメント・クリスタル・ブラスト・8・KSボックス
現行540円 → 改定後580円

【加熱式タバコ】
・マールボロ・ヒートスティック・レギュラー
現行550円 → 改定後580円
・ヒーツ・ディープ・ブロンズ
現行500円 → 改定後530円

基本的な値上げ額は30円前後で収まっており、最も購入者が多いであろうIQOS用のヒートスティックも同様で1箱あたり30円の改定がされていました。

代表的な『マールボロ ヒートスティック』は2015年の販売当初460円でしたが、2021年からは100円以上の値上げを見せています。

日本国内ではIQOSの使用者が非常に多くなっているため、影響を受ける方は多くなってしまいそうですね。

タバコ 値上げ
タバコ 値上げ

引用:フィリップ モリス ジャパン 公式HP

タバコへの増税は今後も行われる?

タバコ 増税

ここまでの話を聞いて疑問に感じるのは、タバコ増税に関する今後の動きではないでしょうか。

タバコへの課税が強化される背景も交えながらご紹介します。

タバコの増税の背景は?増税の理由をご紹介

タバコの税率が変更されることにはどのような理由があるのでしょうか?

実は、タバコという商品自体への課税強化は毎年のように議論されているテーマです。

タバコは非常に原価も安く、その上嗜好品という性質から、税金を他の商品(消耗品や食品)以上にかけることで適当な金額まで釣り上げる必要があります。

過去にはタバコの増税について何度も見送られてきましたが、最近では社会全体の健康への配慮から、増税で価格を引き上げタバコを這う人を減らそうとする動きがより一層強まっています。

タバコ値上げの今後の動きは?

結論から申し上げれば。タバコへの増税は今後も間違いなく続くでしょう。

そもそも増税というのは、税収を増やすことで財源を増やすことが目的です。

少子高齢化が急速に進むことで税金不足は徐々に顕在化しており、消費税の増税などはまさにその影響と言えます。

また喫煙者への風当りも年々激しさを増していることから、タバコ税が増税の矢面に立たされてしまうような状況が続く可能性も高いです。

「タバコ」と聞いて想像しやすい紙タバコのみならず、加熱式のタバコにまで値上げの影響が及んでいることを考えると、喫煙者の方はどのような選択肢を取ることが正解なのでしょうか。

タバコはどこまで高くなる?

今では代表的な紙巻きタバコとして知られている『セブンスター』ですが、販売が始まった1969年の時には100円でした。

そんな銘柄も改定後には600円と、50年以上の時と経て6倍にまで価格が膨れ上がってしまっています。

他の有名銘柄も同様で改定後580円となるメビウスも、その前身であるマイルドセブンが1977年には150円という今では想像できない安さで購入することが出来ていました。

このことを加味すると、一概に「タバコの値上げは○○円で止まる!」ということは出来ません。

値上げの影響を受けずにタバコを楽しむには?

タバコ 値上げ

国内における増税の影響を受けないでタバコを楽しむ手段はないのでしょうか。

結論から申し上げると、お手軽かつお得にタバコを楽しみたいのであれば、電子タバコの使用がおすすめです!

今回は数ある電子タバコの中でも我々が最もおすすめしている電子タバコ『JUUL』をご紹介します。

電子タバコを取り巻く入手性について

店頭やECなどで既に電子タバコをご覧になったことのある方も多いかもしれませんが、それらは全てニコチンが含まれていない安全性の高いリキッドとなっています。

日本の国内では薬事法という法律の影響を受けており、ニコチン入りのリキッドの販売が禁止されていますが、ニコチンを含んだ液体は個人での使用を目的とした輸入のみが許可されています。

下記でご紹介する販売店では、海外から個人輸入という形でニコチン入り電子タバコを購入することもできるため、タバコの増税や値上げの影響を受けずにニコチン入りで楽しみたい方はぜひ参考にしてみてください。

電子タバコがお得なのはどうして?

先述の通り、ニコチン入りの電子タバコを入手する際には個人輸入という形がメインになります。

電子タバコがお得とされる最たる理由は海外企業が主体となり日本国内で直接販売されることはないため、国内のタバコ税増税といった影響を受けにくいのです。

また紙タバコのように吸い切るのではなく、リキッドをチャージして使うカードリッジタイプが主流となっているため、ランニングコストが抑えめになっています。

加えて販売店では様々なキャンペーンが行われている事も多く、定価より安い価格で手に入れるチャンスも多いのは嬉しいポイントです。

アメリカで大注目の電子タバコ『JUUL』

タバコ 値上げ

JUULは、電子タバコの中でも近年で利用者が急増中の話題の商品で、特にアメリカでは若い年齢層を中心に爆発的に流行している製品です。

他の電子タバコと比較して一体どのような魅力があるのでしょうか、深堀りしてご紹介します!

メリット①:圧倒的にお得なランニングコスト

JUULを代表する最大の魅力は、このポイントといっても過言ではないでしょう。

この電子タバコはリキッドが装填されたカードリッジを交換して使うタイプの電子タバコのため、火を付ければ吸い切らなければならない紙タバコや加熱式タバコよりもお得に楽しむことが可能なのです。

JUULでは1カードリッジあたり200パフとなっており、従来の紙タバコ約1箱分という満足感抜群のボリュームを楽しむことが出来ます。

販売店での価格はおおよそカードリッジが4つのセットになって1,600円からですので、今回のタバコ税の増税で紙タバコが1箱500円を超えた事で電子タバコのコスパの良さが注目されつつあるのです。

またJUULは電子タバコの中でも操作が非常に簡単になっており、吸うだけで起動しVAPEを楽しむことが出来るため無駄なく気軽に使えることでも人気が高くなっています。

メリット②:スタイリッシュな外観とデザイン

JUULのデザインは手に持ちやすくインテリアのような外観に片手ですっぽり埋まるような小型なデバイスとなっています。

女性でも持ち運びやすいというのは非常に大きなメリットで、後述するストアでは純正のアクセサリーも充実しているため自分用にカスタマイズすることも可能です。

本体の素材もアルミニウムで高級感があり、使用者からは「ひんやりとした感触が気持ちいい!」といった声も寄せられています。

周りとは違う電子タバコを使いたいと考えている方にこそ、特にJUULがおすすめです。

メリット③:豊富なリキッドのレパートリー

JUULで使用できるニコチンリキッド入りカードリッジですが、人気の高さからJUULに対応するリキッドカートリッジを販売するブランドが増えラインナップが豪華な事でも知られています。

主に人気のあるものはこちらで、また新たなフレーバーもたびたび追加されるため飽きることなく楽しみ続けられるでしょう。

※()内はニコチンの含有量です。初心者の方は少な目から試してみてください。

・安定のJUUL純正PODJUULPOD
⇒バージニアタバコ(50mg,30mg)/メンソール(50mg,30mg)

・幅広い品揃えのaltpods(5%)
⇒ベリー/グレープフルーツ/パイナップル/メンソール/ミント/マンゴー/タバコ/モカ

・ガツンと爽快なICE POD(5%)
⇒ミント/グリーンアップル/グレープ/ピーチ/マンゴー/ブラックアイス

このように、非常に充実した種類の中から自分にあったフレーバーのVAPEを楽しむことが出来ます。

またインターネットではJUUL用の空カードリッジも入手可能で、自分で調合したリキッドまで使用することも可能です。

JUULのおすすめ販売店:beyond vape nic.オンラインショップ

JUUL 販売店

JUUL本体はAmazonや楽天と言ったECサイトでも販売されていますが、ニコチン入りリキッドが購入できるのは個人輸入代行通販サイトのみとなっています。

入手性などの観点から見てもおすすめなのが、国内でも有数の電子タバコ販売店beyond vape nic.が運営しているオンラインショップです。

最短3日という他販売店では類を見ないスピードで電子タバコが手に入るのはココだけ!
JUULとカードリッジがセットになったスターターキットなど様々な商品を取り揃えています!

記事執筆時点(R3.9/7)ではお友達紹介キャンペーンを実施しており、紹介した人は配送料(2,200円)が無料・紹介された人は初めての注文から20%OFFという大幅値引きでご提供とお得なキャンペーンを開催中です!

他の販売店では体験できないお手軽さでJUULを楽しみたいのであれば、ぜひこちらからお試ししてみてはいかがでしょうか!

JUULの詳細はこちら

beyond vape nic.での電子タバコの購入は、JUULの人気爆心地であるカリフォルニアから国際郵便で発送される個人輸入とされているため、薬事法に違反することなくVAPEを入手することが出来ます。

税関の通過に関わる書面なども同梱されているため、1人で行うには中々ハードルの高い個人輸入がお手軽に行えるのは心強いサポートです。

最短3日という異次元のスピードも他の販売店では見られないため、電子タバコを購入する際にはぜひbeyond vape nic.をご利用ください!

おすすめ商品:JUUL スターターキット

JUUL スターターキット

beyond vape nic.のオンラインショップで購入できる商品は数多くありますが、中でも最もおすすめできるのはJUULのスターターキットです。

本体にプラスして任意のカードリッジ4つがセットになっており、料金を比較しても非常にお得にJUULを楽しむことが出来ます。

またbeyond vape nic.ではセールも頻繁に開催されており、記事執筆時点では10%引きで購入できるようになっていたため、JUULが気になる方はこまめにサイトをチェックするようにしましょう!

ぜひJUULを購入して、良質なVAPEをお楽しみください!

まとめ|タバコ税増税はいつから?

今回は、10月1日から適応されるタバコ税の増税に伴う各銘柄の値上げについてご紹介しました。

日常的にタバコを吸う方であればあるほど受ける影響は強く、また値上げという動きが今後も繰り返されることを考えると胃が痛くなってしまいますね。

そんな方は、今回ご紹介した従来のタバコよりも優れている点が多い電子タバコ『JUUL』をぜひお試しください。

少しでもJUULのことが気になった方は、ぜひこちらからBeyond Vape Nicへ!

beyond vape nic.通販サイトはコチラから!