電子タバコを始めるなら
もっと使いやすい電子タバコが欲しい、持ち運び用にコンパクトな電子タバコが欲しいならPOD型電子タバコがおすすめ

JUULをはじめとし、日本ではmybluやドクタースティックなどの電子タバコがPOD型として人気を博しています。

なぜここまでPOD型電子タバコが注目されているのか、他の種類の電子タバコと比較しながらPOD型電子タバコの魅力についてご紹介いたします。

POD型電子タバコはどんな電子タバコ?

POD型電子タバコ

POD型と呼ばれる電子タバコは、コンパクトさと、使い勝手の良さが特徴的なデバイスです。

電子タバコの醍醐味ともいえるカスタマイズ性は殆ど排除されていますが、その分誰でも使いやすく、ベイプ初心者さんや、女性の方など若年層を中心に高い人気を誇っています。

こんな人におすすめ!

  • 電子タバコ初心者
  • 持ち運び用にサブ機が欲しい方
  • できるだけコンパクトな電子タバコが欲しい
  • 手軽に使える電子タバコが欲しい
  • メンテナンスのいらない電子タバコを使いたい
  • 気軽に好きなフレーバーを楽しみたい

POD型電子タバコの特徴

JUULをはじめとするPOD型電子タバコは、バッテリー部分である本体と、POD部分(コイルつきアトマイザーに入ったリキッド)の2つで構成されており、本体にPODを装着するだけで簡単に使用する事ができます。

PODは基本的に使い捨てタイプになっており、自分でリキッドを補充する「オープンアトマイザー」と既にリキッドも補充されていてメンテナンスがほとんど不要な「クローズアトマイザー」の2種類があります。
PODを差し替えるだけで簡単にリキッドの補充やフレーバーの交換ができるため、気分に合わせてフレーバーを変えたい。と言う方にもおすすめできます。

水蒸気量を増やしたり、重みを加えるなどのカスタマイズはできませんが、吸引するだけで自動的に電源がONになり吸わなければ止まる仕組みのため、使い方を覚える必要がないという利点もあります。

ICE POD
JUULスタータキット購入はこちらから

電子タバコの種類をザックリ紹介!

電子タバコ種類

電子タバコには大まかに分けてBOX型・ペン型・POD型の3種類があります。

ここからはPODの魅力をよりお伝えするために、他の2種類の電子タバコとの特徴もご紹介していきます。

BOX型電子タバコの特徴

電子タバコと言えば、こちらのBOX型を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

所謂爆煙の電子タバコとされており、出力数や温度を変え自分好みの水蒸気量で楽しむ事ができる電子タバコです。

本体は電子タバコの種類の中で最も大きく、その分バッテリー量やリキッドの補充量が多いのが特徴的ですので、沢山吸う方にはおすすめです。

欠点としては、本体が大きくバッテリー容量も多いため、持ち運びには向いていない事、そして定期的なメンテナンスが必要になることが挙げられます。
アトマイザーの洗浄は勿論、リキッドの補充や、劣化したコイルの交換などが必要になります。

また、初心者の方はリキッドの調合や出力数・温度の変更が難しい。といった声も挙げられており、向き不向きがあります。

その分、ガジェット系が好きな方や、色々試したい方・カスタマイズのできる電子タバコを探している方には最もおすすめできる電子タバコとなっています。

ペン型電子タバコの特徴

ペン型の電子タバコは、その名の通りペンのように細身の筒状になっているのが特徴的です。

BOX型の電子タバコと比べて軽量であり、操作が簡略化されていたりと初心者向けの電子タバコです。
価格帯も比較的安価なので、とりあえず電子タバコを使ってみたいという方におすすめのデバイスです。

欠点としては、少々バッテリー容量が少ない事、アトマイザー容量が少ない事、またBOX型同様メンテナンスが必要なことが挙げられますが、操作しやすく、胸ポケットなどにサッと入れやすい事からスマートに楽しみたいと言う方にピッタリです。

電子タバコの種類別比較

電子タバコJUUL

それぞれの電子タバコに違った特徴があり、目的や使い方、何を求めているかで選んでみるのがいいでしょう。

そんな中でもPOD型電子タバコはBOX型とペン型の電子タバコのいい部分をうまく持ち合わせたデバイスとなっています。

ここからはBOX型・ペン型・POD型の3種類を比較して見ていきます。

比較1:カスタマイズ性の高さ

3つのデバイスの中でカスタマイズ性が最も高い電子タバコはやはりBOX型電子タバコです。

本体に装備されているディスプレイなどで、水蒸気を発生させるための出力値や抵抗値・温度を自在に変える事が出来、それらによって発生する水蒸気の重さや量、味の感じ方を変えることができます。

ペン型も同様に、簡単な出力の設定変更はできますが、BOX型程細かな設定はできず、デバイスによってはカスタマイズ自体ができない商品も販売されています。

そしてPOD型電子タバコですが、こちらに関しては全くカスタマイズができません。出力や抵抗値・温度は既に決まっており、クローズアトマイザーのPODを使用している場合リキッドの調整で水蒸気の感じ方を変えることもできません。

本体には操作できるボタンも付いておらず、バッテリー残量が分かるLEDライトがあるだけです。
その分誰でも気軽に使う事ができますが、好みに合わせてデバイスを選ぶのが良いでしょう。

比較2:使い方

BOX型や一部のペン型の電子タバコは、水蒸気を発生させる際に、電源を入れてバッテリーを温めたり、ボタンを押しながら吸引しなければならないなど使う時に操作を必要とするデバイスがあります。

一方で、POD型の電子タバコはドリップチップを咥え吸引するだけで自動的に電源が入り、水蒸気が発生します。
使い方と言う使い方も存在せず、充電とPOD装着さえしてしまえば誰でも簡単に使えるようになっているのはPOD型電子タバコの特徴と言えるでしょう。

また、フレーバーを途中で変えたければPODを差し替えるだけでいいので、そういった点においても高評価を得ています。

比較3:メンテナンスの楽さ

JUULなどのPOD型電子タバコはメンテナンスを必要としない製品です。
PODは使い捨てのため、アトマイザーの洗浄やリキッドの補充は不要ですし、コイルも付属しているのでPODを差し替えさえすればそれ以外に必要な作業は有りません。

たまに、本体とPODの接続部にリキッドが液漏れしている事があるのでこよりや綿棒でふき取る程度でOKです。

BOX型電子タバコやペン型電子タバコは、リキッドの補充をはじめ、コイルと脱脂綿の交換・ドリップチップやアトマイザーの掃除等メンテナンスでやることがたくさんあります。
手間がかかる分愛着が湧くものですが、初心者の方やメンテナンスを苦手とする方にはおすすめできません。

また、一度分解する必要もあるのである程度の知識が必要となります。

比較4:フレーバー数

電子タバコは香料によってフレーバーが変わります。
国内のみならず、海外のリキッド、またリキッドを調合する事もできるのでフレーバー数は無限大です。

BOX型電子タバコやペン型電子タバコは自分自身でリキッドをアトマイザーに補充して使用する為、多くのリキッドから自分好みのリキッドを選ぶ事ができます。

しかしながら、クローズアトマイザーを多く採用しているPOD型電子タバコは、PODの規格があるため、フレーバー数が限られているという欠点があります。
人気のJUULであれば、正規のリキッドPOD以外に、JUULに対応するPODを販売しているブランドなどもありますが、myblu等の電子タバコには互換性のあるPODが販売されていないので、公式から販売されている数種類のフレーバーしか使う事ができません。

比較5:リキッド調合の危険性とニコチン成分

電子タバコは自分でリキッドを調合することができるため、人によっては個人輸入を行ってニコチンリキッドを購入し、自分でニコチン入りリキッドを作っている方もいます。

しかしながら、知識の無い人がニコチン入りリキッドを調合するのは危険な行為です。
調合割合を理解して行う必要があります。

また、ニコチン成分は肌からも吸収される成分の為、取り扱いには十分な注意が必要です。

POD型電子タバコの場合、既にカートリッジ内にニコチン成分が調合されているリキッドを使用できるので、手を汚さず、また適切な調合となっているので、初めてニコチンリキッドを試したい。と言う方には特にPOD型電子タバコをおすすめします。

調合用のニコチンリキッド購入はこちら

電子タバコの特徴と比較をまとめると…

電子タバコの3種類の特徴や比較から、目的事におすすめの電子タバコをまとめてみました。

●カスタマイズできるのは…BOX型電子タバコ
●爆煙を求めるなら…BOX型電子タバコ
●バッテリー容量が多いのは…BOX型電子タバコ
●フレーバー数が多いのは…BOX型電子タバコ・ペン型電子タバコ
●初期費用が安いのは…ペン型電子タバコ・POD型電子タバコ
●使い方の楽さは…POD型電子タバコ
●メンテナンスが不要なのは…POD型電子タバコ
●持ち運びが楽なのは…POD型電子タバコ
●ニコチン入りで使うなら…POD型電子タバコ

BOX型とPOD型電子タバコはどちらもメリットとなる点が多いですが、どちらも反対の特徴があるため、好みや目的に合わせて選んでみてください。

POD型電子タバコならJUULがおすすめ!

電子タバコJUUL

POD型電子タバコの人気がたかまった火付け役ともいえる電子タバコJUUL
アメリカを中心に今や全世界で人気を博している電子タバコJUULは、独自開発のニコチンPODを使用できるPOD型電子タバコです。

PODに使用されているニコチン成分はタバコ葉から発生するニコチン成分と酷似している事もあり満足感抜群!

スタイリッシュなデザインと使いやすさ、そして強いニコチン成分から若年層を中心に爆発的なヒットを生み出しました。

ニコチン入りPODで満足感!

JUULの純正PODとして販売されているカートリッジに含まれているニコチンソルトと言う成分は、少量でも強い満足感を得られる事・喉がイガイガせずスッキリ吸える事・吸収率が高い事等、今までのニコチンリキッドよりも強く満足感を得ることができると話題になっています。

現在はタバコフレーバーとメンソールフレーバーのみ販売されていますが、JUULに対応した別ブランドのPODではフルーツフレーバーやスイーツフレーバー等が展開しており、美味しいフレーバーを味わうことができるようになっています。

通常、POD型電子タバコは純正PODしか展開がなく、フレーバー数が少ないのが欠点ですが、JUULの場合対応しているPODが幾つか販売されているので、美味しい電子タバコを吸いたい!と言う方にもおすすめです。

≫JUULのニコチン入りリキッド購入なら個人輸入通販で!

シンプルかつスタイリッシュな本体

JUULが人気を博したのは、ニコチン成分と言うのは勿論の事、本体のかっこよさも挙げられます。

女性でも片手で収まる程小さく、無駄なデザインを一切排除し、スタイリッシュに仕上がっているJUULは持っているだけでもオシャレと話題に!
世界各地でJUULを使用したインスタ映えも話題になり、今でもInstagramで検索すると多くの投稿が見る事ができます。

口に咥えた状態でも吸引できる程軽量になっており、持ち運びにも便利です。

スキンシールを貼ってデコレーションしてみたり、ストーンで飾り付けやレーザーで削ったりと個性を出すためのアレンジをしているユーザーも多く見られます。

今やJUULはオシャレアイテムの一つです!

皆さんもぜひ、オシャレでかっこよく、使い勝手のいいPOD型電子タバコ試してみませんか?