アイコス(iQOS)は、紙タバコに比べて有害物質が削減され、健康被害を軽減できるということで話題になったこともあり、近年では紙巻タバコから加熱式タバコのアイコスに移行される方も多く見られるようになりました。

「禁煙はできないけど出来るだけ健康被害の少ないタバコで喫煙を楽しみたいから」
「加熱式タバコのみ利用可能の飲食店が増えてきたから」
というのがアイコスを始める多くのきっかけになっているようです。

しかし、タールやニコチンの量はどのくらい削減されているか、紙タバコや電子タバコと比べるとどうなのか、まで認知している方は少ないのではないでしょうか?

今回は、そんなアイコスのタール・ニコチン量についてや、他のタバコとの違いについてもご紹介していきたいと思います。

アイコスは紙巻タバコや電子タバコと何が違う?

iQOS

紙巻タバコや電子タバコと、アイコスのような加熱式タバコの違いは何なのでしょうか?

まずは、種類別での違いを簡単に比較していきます。

【加熱式タバコ】 【紙巻タバコ】 【電子タバコ】
タバコ葉 ×
火の使用 ×
ニコチン ×
タール ×

アイコスを含む加熱式タバコは、タバコ葉を使用している点では紙巻タバコと同じですが、タバコ葉を火で燃やすのではなく高温で加熱して蒸気を発生させるという仕組みになっています。

一方で、加熱式タバコと混同されがちな電子タバコは、タバコ葉ではなく専用のリキッドを加熱することで蒸気を発生させているため、仕組みや成分が大きく異なります。

また、電子タバコのニコチン入りリキッドは薬機法により日本での販売・譲渡は禁止されていますが、個人輸入で購入したニコチン入りリキッドであれば、購入者本人に限り使用が認められています。個人輸入は複雑で面倒というイメージですが、代行業者BeyondVape Nicを利用すれば、簡単にニコチン入りの電子タバコを楽しむことができます。

アイコス(加熱式)・紙巻・電子タバコの成分の違い

それぞれの違いについて簡単にわかったところで、吸入する煙に含まれる主成分についても比較していきたいと思います。

【アイコスと紙巻タバコ】

アイコスと紙巻タバコの主成分はニコチンやタール(有害物質である環状芳香炭化水素やフェノールの総称)などの化学物質です。

アイコスと紙巻タバコは同じタバコ葉なので、実は主成分に大きな差はありません。
主成分がほとんど変わらないにも関わらず、健康被害が少ないと言われている理由は加熱方法にあります。

この加熱方法でどのように体への影響が変わってくるのかについては後ほど詳しく解説します。

【電子タバコ】

電子タバコの専用リキッドに含まれる主成分は、PG(プロピレングリコール)・VG(植物性グリセリン)・香料の3つです。

PGは、無色透明で味や臭いのない液体で、医療品や化粧品、加工食品などに使用される物質です。

VGは、無色透明で甘みと粘度が高い液体で、ココナッツ油やパーム油から生成されているものです。

香料は、基本的に食品に使用されるようなものが使われています。

アイコスのタール・ニコチンの量は?

cigaret

アイコスと紙巻タバコの主成分はほとんど同じ、電子タバコの主成分は比較的安全性の高いもので構成されています。

では本題の、アイコスに含まれるタールとニコチンの実際の量はどうなっているのでしょうか?

タールの量

先述したように、加熱式タバコは火を使わずに高温で加熱します。体に有害と言われるタールはタバコ葉を火で燃やすことが原因で発生するので、アイコスではタールが90%以上カットされると言われています。

実際にアイコスと紙巻タバコの有害物質量を比較したデータでも、ほとんどの有害物質が大幅に削減されていることがわかっています。

しかし、タールの発生を最小限に抑えられるというだけでタバコ葉であることに変わりないので、タールゼロと言うのは難しいでしょう。

ニコチンの量

加熱式タバコの中でもアイコスは、”紙巻タバコにもっとも近い吸い心地”と言われている通り、紙巻タバコとほとんど同じ量のニコチンが入っているようです。

他の加熱式タバコと比較してみても、
・アイコス→0.5~0.8mg
・プルームテック→0.1~0.3mg
・グロー→0.1~0.3mg
このように、アイコスのニコチン量が最も多いことがわかります。

また、加熱式タバコには高温加熱型と低温加熱型がありますが、アイコスはニコチンを感じにくい低温加熱型ではなく高温加熱型ですので、吸いごたえとしても紙巻タバコに近いようです。

加熱式タバコより電子タバコがおすすめな理由とは?

JUUL

アイコスのタール量は、加熱方法の違いから紙巻タバコの90%近くカットされるようですが、最も体に有害性のあるタールを含んだタバコ葉を使用していることに変わりないため、タールゼロとは言えません。

禁煙はできないけど健康被害を軽くしたいという方には、タールゼロではない加熱式タバコよりも、ニコチンを含みつつタールは含まない電子タバコがおすすめです。

各タバコの主成分のところでも記述しましたが、電子タバコのリキッドはタバコ葉不使用で比較的安全性の高い成分のみで構成されています。

POD型電子タバコ『JUUL』は、吸い終えたらPODを交換するだけでメンテナンスもなく、一度の充電で1~2日使用できることから、アイコスのような”定期的な手入れや頻繁な充電をしなければならない”というデメリットもなく、水蒸気が重たいため吸いごたえも十分にあります。

JUULスターターキット
POD型電子タバコJUULの購入はこちら

日本でニコチン入りリキッドは、個人輸入での個人使用に限り利用可能ですが、個人輸入には様々な手続きが必要だったり安全性の懸念があるため、個人で行うのはなかなか面倒です。

この面倒な個人輸入を代行しているBeyond Vape Nic.を使えば、国内通販の感覚で簡単・安全にニコチン入りリキッドを手に入れることができるのでおすすめです。

アイコスのタール・ニコチンの量まとめ

アイコスは、紙タバコに比べてタールの発生を最小限に抑えられてはいますが、タバコ葉を使用していることから、タールゼロとは言えません。
また、ニコチンの量は他の加熱式タバコに比べても高く、紙タバコとほとんど変わらないという結果でした。

健康被害を軽くしながら、喫煙も変わらず楽しみたいという方には、タールゼロで吸いごたえも十分にある電子タバコをおすすめします。

加熱式タバコへの移行を考えている方や、アイコスの健康被害について気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。