アイコス(iQOS)は、紙タバコに比べて有害物質が削減され、健康被害を軽減できるということで話題になったこともあり、近年では紙巻タバコから加熱式タバコのアイコスに移行される方も多く見られるようになりました。

「禁煙はできないけど出来るだけ健康被害の少ないタバコで喫煙を楽しみたいから」
「加熱式タバコのみ利用可能の飲食店が増えてきたから」

というのがアイコスを始める多くのきっかけになっているようです。

実際にアイコスにはどのくらいのタール・ニコチンが含まれているのか、そして紙タバコや電子タバコと比べるとどうなのか、他のタバコとの違いについてもご紹介していきたいと思います。

アイコスは紙巻タバコや電子タバコと何が違う?

iQOS

紙巻タバコや電子タバコと、アイコスのような加熱式タバコの違いは何なのでしょうか?

まずは、種類別での違いを簡単に比較していきます。

【加熱式タバコ】 【紙巻タバコ】 【電子タバコ】
タバコ葉 ×
火の使用 × ×
ニコチン
タール ×

アイコスにはニコチンが含まれている。

アイコスを含む加熱式タバコにはタバコ葉が使用されているため、ニコチン成分が入っています
タバコ葉が使用されているという点において紙巻きタバコと同じですが、加熱式タバコは高温でタバコ葉を加熱して蒸気を発生させるという仕組みになっていることから、タールや一酸化炭素といった有害物質の発生が抑えられています。

このことから、ニコチン成分だけ取り入れたい、有害性物質の吸収を抑えたいという方にアイコス等の加熱式タバコへの移行を検討するユーザーが増えています。

アイコスにもタールが含まれている?

アイコスにはタールが発生しないとされていますが、上記の表ではタール△としています。

というのも、”使い方次第ではタールが発生している可能性がある”といわれているからです。

アイコスは使用後にメンテナンスが必要ですが、このメンテナンスを怠ったり間違った使用方法を繰り返すとカスが溜まっていき、加熱されることでタールに近い有害物質が発生する。という可能性が考えられています。

最近の研究ではタールと同等、もしくはそれ以上に健康被害を及ぼす可能性のある物質が発見したなどまだ研究段階の域を出ていないようです。

電子タバコはタールがなくニコチンはありなしが選べる

一方で、加熱式タバコと混同されがちな電子タバコは、タバコ葉ではなく専用のリキッドを加熱することで蒸気を発生させているため、仕組みや成分が大きく異なります。

後ほどご紹介しますが、電子タバコに使用されているリキッドの中身は安全性の高い成分のみとなっており、ニコチンのあり・なしは選ぶことも可能です。

日本国内で購入する電子タバコのリキッドは薬機法の観点からノンニコチンのみとなっており、ニコチン入りを購入する際には海外から個人輸入する必要があります。

ニコチン入りリキッドの日本での販売・譲渡は禁止されていますが、個人輸入で購入したニコチン入りリキッドであれば、購入者本人に限り使用が認められています。
個人輸入は複雑で面倒というイメージですが、代行業者などを利用することで手軽にニコチン入りの電子タバコを楽しむことができます。

紙巻タバコ・加熱式タバコ・電子タバコの成分の違い

成分の違い

紙巻きタバコ・加熱式タバコ・電子タバコの違いについて簡単にわかったところで、続いては吸入する煙に含まれる主成分についても比較していきたいと思います。

タバコの三大有害物質と呼ばれるニコチン・タール・一酸化炭素の含有はどのようになっているのでしょうか。

紙巻きタバコに含まれる成分

紙巻きタバコには多くの人が知っているように、ニコチン・タール・一酸化炭素をはじめとする多くの有害性物質が発生します。

ニコチンの依存性だけでなく、肺や心臓に負担をかける有害な成分が多く喫煙者自身はもちろん、副流煙にも同様に多くの健康被害をもたらす成分が含まれています。

加熱式タバコ(アイコス)に含まれる成分

アイコスなどの加熱式タバコも紙巻きタバコ同様にニコチン成分をはじめとする化学物質が含まれています。

加熱式タバコと紙巻タバコは同じタバコ葉を使用しているため、実は主成分に大きな差はありませんが、タバコ葉を燃やすことにより発生するタールや一酸化炭素についてはアイコスなどの加熱式タバコからは発生しないとされています。

ただし、メンテナンスをせずに使用を続けていると、加熱部にタバコ葉のカスが溜まっていき有害な成分が発生したり、独自の加熱方法から従来の紙巻タバコでは確認されていなかった成分が見つかるなど、不透明な部分が多く残っています。

電子タバコに含まれる成分

電子タバコの専用リキッドに含まれる主成分は、PG(プロピレングリコール)・VG(植物性グリセリン)・香料の3つです。

PGは、無色透明で味や臭いのない液体で、医療品や化粧品、加工食品などに使用される物質です。
VGは、無色透明で甘みと粘度が高い液体で、ココナッツ油やパーム油から生成されているものです。
香料は、基本的に食品に使用されるようなものが使われており、どの成分も日常的に摂取している成分ばかりです。

紙巻きタバコや加熱式タバコと違い、タバコ葉を使用しないことから有害性物質の発生はほとんどありません
また、ニコチン成分を入れた場合でもニコチン以外の成分は発生しないため、いろんな有害性物質が入っている・可能性のある紙巻きタバコや加熱式タバと比較すると有害性は低いと言えます。

アイコスのタールやニコチン量は?

アイコスのタールやニコチン量

アイコスと紙巻タバコの主成分はタバコ葉を使用していることからほとんど同じとなっています。
一方でタバコ葉を使用しない電子タバコの主成分は比較的安全性の高いもので構成されています。

ではアイコスに含まれるタールとニコチンの実際の量はどうなっているのでしょうか?
アイコス等の加熱式タバコにはニコチン・タールの表記がないため、あくまで公式の発表及び、第三者期間の研究データを元にご紹介します。

アイコスに含まれるタールの量

アイコスのタールは高温で加熱することによって残りカスも溜めずに、ほとんど有害物質は大幅に軽減されると言われていますが、その点においてはいまだ不透明なのが事実です。

タールは紙たばこなどと比べて軽減されますが、有害な成分や物質が含まれない訳では無く、従来の紙巻タバコに無かった物質も確認されています。

それらの有害物質は、喫煙者に酸化ストレスを引き起こし、呼吸器に炎症や感染症の抵抗や免疫を弱めてしまう可能性があります。

アイコスはタールの量は抑えることは出来ても、他の有害物質も存在しているため、健康への被害もあることを知っておくべきですね。

アイコスに含まれるニコチンの量

加熱式タバコの中でもアイコスは、”紙巻タバコにもっとも近い吸い心地”と言われている通り、紙巻タバコとほとんど同じ量のニコチンが入っているようです。

他の加熱式タバコと比較してみても、アイコスのニコチン量が最も多いことがわかります。

・アイコス→0.5~0.8mg
・プルームテック→0.1~0.3mg
・グロー→0.1~0.3mg

第三者機関による研究結果を元にした数値です。

アイコス・電子タバコにはニコチン・タール表記が不要?

喫煙する女性

紙巻きタバコのパッケージには、ニコチンやタールの含有量が表記がされていますが、アイコス・電子タバコではタールの表記がありません

アイコスはタバコ葉を使用しているため、ニコチンが発生していますし、タールも貯まりにくくほとんど含まれませんが、ゼロとは言い切れないのが事実です。

なぜ、ニコチン・タールがゼロではないのに表記が成されていないのでしょうか。

アイコス等の加熱式タバコにはニコチン・タールの表示がいらない

紙巻タバコはタバコ事業法によりタール・ニコチンの測定方法とパッケージへの表記が必要となっていますが、加熱式タバコなどは国際的な標準測定方法が定められていないことから、タール・ニコチンの表示が必要ありません
加熱式タバコ以外に、シガー(葉巻タバコ)も同様に標準測定方法が定められていないことからタール・ニコチンの記載がされていません。

そのため、加熱式タバコや葉巻のニコチンやタール量は正確にはわからず、第三者機関が行った研究結果や自社で独自に行った数値しか把握することができなくなっています。

電子タバコのニコチンは濃度で表記

電子タバコの場合、そもそもニコチンが入っていない商品もありますし、使用した時に放出されるのが煙では無く、水蒸気となっているため計測のしようがないことから紙巻きタバコのような数値を出すことができないため表示は行われていません。

通常、ニコチンは『何mg』というグラム表記で記載されますが、ニコチン入り電子タバコのリキッドを購入する場合グラム表記以外に『何% 』表記と書かれていることがあります。
これは、リキッドに対して何パーセントニコチン成分が入っているのか濃度を示す数値です。

数値こそ表記されているものの、使用するデバイスや設定により、ニコチンの濃度が同じでも吸引する際の濃度は大きく異なりますので紙巻きタバコと同じ基準で考えることはできません。

タールを抑えてニコチン感を楽しみたいならJUUL

JUUL

アイコスのタール量は、加熱方法の違いから紙巻タバコと比べて少なくなっていますが、最も体に有害性のあるタールを含んだタバコ葉を使用していることに変わりないため、タールゼロとは言えません

禁煙はできないけど健康被害を軽くしたいという方には、、ニコチンを含みつつタールは含まない電子タバコJUULがおすすめです。

JUULスターターキット
POD型電子タバコJUULの購入はこちら

電子タバコはタールを含まない

アイコスや紙タバコに含まれているタールは発がん性のものがあったり、歯を黄ばませてしまうのもタールが原因となっています。

しかし、JUULはアイコスなどのような加熱式タバコと違って体に悪いタールを含んでおらず、健康被害を大幅に軽減することができます。

「電子タバコのリキッドって怖いな。。」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、JUULのリキッドでは、タバコ葉不使用で比較的安全性の高い成分のみで構成されています。

気軽に使えてメンテナンスが楽

アイコスなどの加熱式タバコは手入れが面倒で、専用の清掃道具を使ったりするなど少し手間がかかってしまいます。

POD型電子タバコ『JUUL』は、吸い終えたらPODを交換するだけでメンテナンスもなく、一度の充電で1~2日使用できることから、アイコスのような”定期的な手入れや頻繁な充電をしなければならない”というデメリットもなく、水蒸気が重たいため吸いごたえも十分にあります。

JUULの販売店はどこ?

日本でニコチン入りリキッドは、個人輸入での個人使用に限り利用可能ですが、個人輸入には様々な手続きが必要だったり安全性の懸念があるため、個人で行うのはなかなか面倒です。

この面倒な個人輸入を代行しているBeyond Vape Nic.を使えば、国内通販の感覚で簡単・安全にニコチン入りリキッドを手に入れることができるのでおすすめです。

アイコスのタール・ニコチンの量まとめ

アイコスは、紙タバコに比べてタールの発生を最小限に抑えられてはいますが、タバコ葉を使用していることから、タールゼロとは言えません。

また、ニコチンの量は他の加熱式タバコに比べても高く、紙タバコとほとんど変わらないという結果でした。

健康被害を軽くしながら、喫煙も変わらず楽しみたいという方には、タールゼロで吸いごたえも十分にある電子JUULをおすすめします。

加熱式タバコへの移行を考えている方や、アイコスの健康被害について気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。