健康増進法改正や健康意識などの影響により需要の高まっている加熱式タバコですが、近年ではアイコスやグロー、プルームテックなど様々な種類が販売され、個人に合ったものを手軽に利用できるようになりました。

その中でも、低温式で限りなく臭いが少ないことで注目されているプルームテックですが、臭いが抑えられるという利点の一方で、紙巻タバコから移行した方の多くは「吸い心地が弱い…」と感じているようです。

“臭いを抑えたタイプを使うなら吸い心地は諦めなきゃいけない”と思ってませんか…?

今回はプルームテックの吸い心地とプルームテックプラスとの比較、さらに吸いごたえを強める方法についてもご紹介していきたいと思います。

プルームテックとは

ploom

コンビニでも簡単に手に入れることのできるプルームテックですが、そもそもどのような仕組みになっているのでしょうか?

一番の特長は、低温加熱式発煙方法にあります。

同じ加熱式タバコであるアイコスやグローが、加熱温度200~300℃の高温加熱式であるのに対し、プルームテックは加熱温度30℃の低温加熱式と呼ばれるものになっています。

また高温加熱式は、紙巻タバコに似た形状に加工されたタバコ葉を高温で加熱することで蒸気を発生させるのに対して、プルームテックは液体のリキッドを低温加熱することで発生した蒸気を「たばこカプセル」と呼ばれる粒上に加工されたタバコ葉にくぐらせるという構造になっています。

プルームテックの吸い心地は弱い?

bad

プルームテックは、加熱式タバコ特有のポップコーン臭が抑えられるため、この臭いが苦手な方にも受け入れられやすいことで話題となりました。

しかし、強い臭いを発生させない低温加熱式は、吸入するニコチン量も少なく、吸いごたえが弱くなってしまうという欠点があります。

実際にプルームテック利用者の口コミを見てみても、
「最初の2~3パフに多少のキック感はあったが、その後は吸いごたえがなさ過ぎる」
「吸いごたえはほぼ0」
といった声が多く挙がっていました。

さらに、吸いごたえが弱いために「吸った感が弱いから連続して吸ってしまい、コスパが悪い」という理由から、臭いが強く発生する高温加熱式や紙巻タバコに結局戻してしまったという方もいるようです。

臭いと吸い心地の両方を重視するなら

プルームテックへの移行を決めた理由の多くは、やはりその”臭いの少なさ”なのではないでしょうか?

低温加熱の加熱式タバコだけでなく、電子タバコもタバコ臭がしない喫煙方法として注目され、利用者も増えています。

電子タバコは、ニコチン入りのリキッドを手に入れるのが難しいと思われがちですが、Beyond Vape Nic.では国内通販を使う感覚で簡単・安全にニコチン入りリキッドを購入することができます。

臭いの少なさと吸い心地の両方を重視したいのであれば、加熱式タバコではなく電子タバコという選択肢もあります。

プルームテックとプルームテックプラスの違いは?

ploom

プルームシリーズの新モデルとして2019年に発売された「プルームテックプラス」とはどのような点で異なるのでしょうか?

プルームテックで懸念されていた吸い心地にも変化はあるのか、変更された点をメインにそれぞれの特徴を比較していきたいと思います。

プルームテック プルームテックプラス
加熱温度 30℃ 40℃
電源 完全オートスイッチ式 ボタン3回押しでON、3秒以上長押しでOFF
喫味 3mg未満(紙巻タバコから推定) 5〜6mg程度(紙巻タバコから推定)
たばこカプセル 2銘柄 8種類(メビウス・ピアニッシモ) 1銘柄 4種類(メビウスのみ)
価格 2,500円 2,980円

プルームテックプラスでは、たばこカプセルのタバコ葉を増加したり、リキッドタンクを採用したことからニコチン・蒸気量が増えて、プルームテックより強い喫味を感じられるようです。

注意点したい点は、これらのデバイスのカートリッジは構造が異なっているためたばこカプセルに互換性がないことと、プルームテックプラスはリフィルがそれぞれのフレーバー専用に設計されているためたばこカプセルだけを変えて味変することは推奨されていないことです。

プルームテックプラスは、ほぼ無臭をキープしながら喫味を強く、吸いごたえを高めたデバイスと言えます。

プルームテックの吸い心地を強める方法は?

strong

プルームテックプラスの方が吸いごたえが強くなっていることが分かりましたが、実は、間違った吸い方をしているせいで十分な吸いごたえを感じられていない可能性があります。

ここでは、プルームテックの吸いごたえを強める方法をご紹介します。

①吸い方を変える

吸い方には、一度口に溜めてから吸い込むMTL(mouth to lung)と、口に溜めずに直接肺に入れるDL(direct lung)という2つがあります。

MTLは一般的な紙巻タバコの吸い方ですが、この方法だとプルームテックの場合は吸いごたえが弱く感じます。

DLは深呼吸する要領で煙を直接肺に入れる吸い方で、紙巻タバコだと刺激が強くむせる可能性がありますが、プルームテックでは喫味を感じやすくなります。

吸い方のポイントは長くゆっくりと吸うことです。

②エアホールを塞ぐ

カートリッジとバッテリーの接続部分にあるエアホール(空気の取り込み口)を指やテープで抑えると、抵抗が重くなり蒸気がしっかりとタバコ葉を通過するようになるため、味や吸いごたえも強く感じられます。

③マウスピースを使う

プルームテックにも対応している専用のドロップチップ(マウスピース)を使うことで、吸いやすくなったり、ものによっては煙量を増やせるものもあるので、試してみる価値はあるでしょう。

ただし、正規品ではないため使用の際には注意が必要です。

④たばこカプセルを変える

たばこカプセルのフレーバーをタバコ感の強いものに変えるのも多少ですが変化を得られます。

特に、レギュラーはタバコ本来の香りで喫味を感じやすいと言われています。

たばこカプセルが余ってしまった時の対処法

プルームテック利用者のもう一つの悩みが、カートリッジのリキッドが先になくなり、たばこカプセルが余ってしまうことです。

これは、規定の1吸いよりも長く吸ってしまっていることや、交換サインが出てからもしばらく同じたばこカプセルを吸い続けていることが原因です。

そこで、たばこカプセルの接続可能な電子タバコのVAPEに装着して使うという手があります。この場合は、VAPE専門店に行って接続可能なものを紹介してもらうと良いでしょう。

また、カートリッジのリキッドを補充するという方法もあるのですが、自分で分解してしまうと故障に繋がる恐れがあるため、あまりおすすめはしません。

全ての悩みを解決するなら電子タバコ『JUUL』

ここまで、プルームテックの臭いや吸い心地について解説しましたが、臭いを抑えて吸い心地の強いもので喫煙を楽しみたいのであれば、電子タバコ『JUUL』が最も簡単でおすすめです。

POD型の電子タバコで、ニコチン入りリキッドにより十分な吸いごたえを感じられ、さらにタバコ葉を使っていないのでタバコ臭も発生しません。

吸い終えたらリキッド・コイル・ドロップチップが一体になっているPODを交換するだけなので、手入れも簡単で衛生的、何かが余ってしまうという心配がないことも魅力です。

JUULスターターキット
臭いと吸い心地に優れた『JUUL』の購入はこちら

プルームテックの吸い心地とプラスとの比較まとめ

プルームテックは、臭いが限りなく抑えられる低温加熱式という特長を持った加熱式タバコですが、一方で吸い心地が弱いことが懸念点でした。

また、別モデルのプルームテックプラスは、プルームテックと同様にほぼ無臭をキープしながら、懸念点であった吸い心地が高められたデバイスということもわかりました。

吸い方や工夫を施すことで吸い心地を強めたり、低温加熱式の別モデルに移行するのも良いですが、加熱式タバコに特別なこだわりがないようであれば、臭いと吸い心地の両方を重視できるニコチン入りの電子タバコがおすすめです。

プルームテックの吸い心地に物足りなさを感じていた方や、臭いの少ないタバコへの移行をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。