BeyondVapeNic ブログ ヘッダーバナー

年々上がっていくタバコの価格…。

2024年の今、1箱500円台というのも珍しくありません。

300円台で買えていた時代はもう遠い昔の記憶です。

そこで今回は少しでも喫煙にかかるコストを抑えたい方に向けて、2024年にコンビニで買える紙タバコの中でも安いタバコをランキング形式でご紹介します。

1本あたりの価格でランキングを作成していますので、真にコスパ最強のタバコが分かります!

また記事の後半では紙タバコよりもコスパ良く喫煙する方法も詳しく解説していますのでぜひ最後までご覧下さい!


「タバコの変わりになる」愛用者急増中
電子タバコKIWI(キウイ)絶賛販売中です

電子タバコ KIWI

1個でタバコ10箱本の良コスパ
使い捨て電子タバコTiiny(タイニー)

Tiiny

新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

配送料無料

紙タバコより身体にもお財布にも優しい選択肢、電子タバコがオススメ!

2024年の安い紙タバコランキングに移る前に、紙タバコよりも健康的でかつコスパのいい喫煙アイテムをご紹介します。

その名も電子タバコ(VAPE)

記事の後半で紙タバコとのランニングコストについて詳しくご紹介しますが、月々6,000円以上お得に喫煙できるケースが非常に多いです。

さらに紙タバコに比べて圧倒的に有害物質が少ないため、身体にも優しい選択肢となっています。

弊社Beyond Vape Nic.ではそんな電子タバコ関連商品を多数取り扱っておりますので、興味のある方はぜひ一度ご覧ください。

【2024年最新】コンビニで買える1本あたりの値段が安いタバコランキング!12選!

ここからは2024年にコンビニで買える紙タバコのうち、1本あたりの値段が安いタバコをランキング形式で発表していきます。

1箱ごとの値段ではなく1本あたりの価格でランキングにまとめているので、本当にコスパのいいタバコをお探しいただけます!

ただし、ご紹介する安いタバコの中でも「ブライト・ロング」「中南海ライト」はコンビニで販売されていることは珍しいのでご注意ください。

【1位】キャメル・クラフト|1本あたり21.5円

安いタバコキャメルクラフト

出典:たばこ専門店さくらんぼ

2024年にコンビニで買える一般的なタバコのうち、1本あたりの価格が最も安いタバコはキャメルクラフトです。

1箱(20本)で430円、1本あたり21.5円となっています。

もともと安いタバコの代名詞ともなっているキャメルですが、キャメルクラフトはその廉価版にあたる銘柄となっており、よりコスパが追及されています。

廉価版でありながらもキャメルらしいナッツのほんのり甘い風味と煙味がマッチしており、人を選ばず吸いやすい味が魅力です。

また14mg~1mgまで幅広く展開されているため、幅広いニーズに答えられることが可能。

筆者個人の感想としては10mgがもっともナッツ感と煙味のバランスが良いと感じたため、購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください!

銘柄 タール ニコチン 1箱/1本
キャメル・クラフト・14 14mg 1.2mg 430円/21.5円
キャメル・クラフト・12 12mg 0.7mg 430円/21.5円
キャメル・クラフト・10 10mg 0.7mg 430円/21.5円
キャメル・クラフト・6 6mg 0.5mg 430円/21.5円
キャメル・クラフト・3 3mg 0.2mg 430円/21.5円
キャメル・クラフト・1 1mg 0.1mg 430円/21.5円
キャメル・クラフト・1・スリム 1mg 0.1mg 430円/21.5円

【同率1位】フィリップモリス|1本あたり21.5円

安いタバコフィリップモリス

同率1位で最も安いタバコはフィリップモリスです。

こちらも1箱(20本)で430円、1本あたり21.5円と高いコスパを誇ります。

一時期は販売が停止されていたフィリップモリスですが2020年の2月よりブランドが復活し、全国の愛好家が歓喜しました。

気になる味としてはマルボロとメビウスの中間といったような、癖の少ない味と苦みが特徴です。
苦みについてはタールを下げるごとに軽減されて行きますが、筆者の個人的な感想としては10mg~6mgがバランスがよく吸いやすいように感じました。

こちらも1mg~14mgまで幅広く展開されていますので、ぜひ自分好みの1本をお探しください。

銘柄 タール ニコチン 1箱/1本
フィリップモリス・14 14mg 1mg 430円/21.5円
フィリップモリス・10 10mg 0.7mg 430円/21.5円
フィリップモリス・6 6mg 0.4mg 430円/21.5円
フィリップモリス・3 3mg 0.3mg 430円/21.5円
フィリップモリス・ワン・100’s 1mg 0.1mg 430円/21.5円
フィリップモリス・パープル・8・ボックス 8mg 0.7mg 430円/21.5円

【3位】ラッキーストライク・エキスパートカット|1本あたり22.5円

安いタバコラッキーストライク

2024年にコンビニで買える3番目に安いタバコはラッキーストライク・エキスパートカットです。

こちらは1箱(20本)で500円、1本あたり22.5円となっています。

おしゃれなタバコとしてお馴染みのラッキーストライクですが、こちらのラッキーストライク・エキスパートカットはオリジナルのラッキーストライクとは異なるタバコ葉をブレンドした廉価版のタバコとなっています。

名前にラッキーストライクと関していますが、味の方向性はかなり異なり、メビウスに近いような癖のない吸いやすい味が特徴です。

廉価版ではありますが、本家のラッキーストライクよりも辛みが抑えられたマイルドな味わいはファンも多く、試す価値ありの1本と言えるでしょう。

銘柄 タール ニコチン 1箱/1本
ラッキーストライク・エキスパートカット・14 14mg 1.2mg 450円/22.5円
ラッキーストライク・エキスパートカット・10 10mg 0.9mg 450円/22.5円
ラッキーストライク・エキスパートカット・8 8mg 0.7mg 450円/22.5円
ラッキーストライク・エキスパートカット・6 6mg 0.5mg 450円/22.5円
ラッキーストライク・エキスパートカット・3 3mg 0.2mg 450円/22.5円
ラッキーストライク・エキスパートカット・1・100 1mg 0.1mg 450円/22.5円
ラッキー・ストライク・ブラック・シリーズ・チルベリー・8 8mg 0.6mg 450円/22.5円

【同率3位】ブラックジャック・5+チェンジ|1本あたり約22.5円

安いタバコブラックジャック・5+チェンジ

同じく、2024年にコンビニで買える安いタバコランキング同率3位はブラックジャック・5+チェンジで、1箱(20本)で450円、1本あたり22.5円です。

ブラックジャックシリーズは元々リトルシガーとして人気の銘柄でしたが、2021年に「ブラックジャック・5+チェンジ」と「ブラックジャックワン100’s」が紙巻きタバコとして販売されました。

ブラックジャック・5+チェンジは、カプセルを潰すとレモンミントの香りを楽しめるのが特徴で、爽やかな風味のタバコとして人気を集めています。

銘柄 タール ニコチン 1箱/1本
ブラックジャック・5+チェンジ 5mg 0.4mg 450円/22.5円
ブラックジャックワン100’s 1mg 0.1mg 450円/22.5円

【5位】ブライト・ロング|1本あたり23円

安いタバコブライトロング

2024年の安いタバコランキング、5位となったのはブライト・ロングです。

こちらは1箱(20本)で460円、1本あたり23円となっています。

低タール帯を中心に展開しているブライト・ロング最大の特徴は吸い心地の軽さです。

通常のフィルターに加えて活性炭を使用したチャコールフィルターを併用しており、より雑味の少ないクリアな味を楽しめます。

普段軽いタバコを吸っている方や、タバコを吸い始めたばかりの方にオススメの銘柄となっています。

コンビニで見かけることが少ないタバコなので、お近くのコンビニにない場合はタバコ専門店やオンラインショップで購入してみてください。

銘柄 タール ニコチン 1箱/1本
ブライト・ロング・5 5mg 0.4mg 460円/23円
ブライト・ロング・1 1mg 0.1mg 460円/23円

【同率5位】キャメル・ライト・ボックス|1本あたり23円

安いタバコキャメル

2024年の安いタバコランキング同率5位となったのはキャメル・ライト・ボックスです。

こちらは1箱(20本)で460円、1本あたり23円となっています。

1位のキャメル・クラフトに続いてランクインしており、キャメルシリーズのコスパの良さが感じられます。

味の特徴としてはバランスの良い味わいを謳い文句としており、確かに本家のキャメルに比べると吸いやすいバランスに整えられています。

しかしメビウスなどに比べると辛みなどがはっきりとしており、海外のタバコらしい味わいも感じられる1本です。

銘柄 タール ニコチン 1箱/1本
キャメル・ライト・ボックス 6mg 0.6mg 460円/23円

【7位】フォルテ・プレミアム16・クラシック|1本あたり24.375円

安いタバコフォルテ プレミアム16 クラシック

2024年の安いタバコランキング、7位にランクインしたのはフォルテ・プレミアム16・クラシックです。

こちらは1箱(16本)で420円、1本あたり24.375円となっています。

フォルテシリーズの販売当初は北海道のセブンイレブンでしか販売されていませんでしたが、2024年現在は全国のコンビニで販売されています。

フォルテ・プレミアム16・クラシックはフォルテシリーズの中でも少し細いスリムサイズとなっています。

また燃焼促進剤を使用していないため、比較的長い時間1本を楽しむことができるのも魅力です。

銘柄 タール ニコチン 1箱/1本
フォルテ・プレミアム16・クラシック 8mg 0.9mg 420円/24.375円
フォルテ・プレミアム16・メンソール 8mg 0.9mg 420円/24.375円

【8位】ケント・エスシリーズ|1本あたり25円

安いタバコケント

2024年の安いタバコランキング、8位にランクインしたのはケント・エスシリーズです。

こちらは1箱(20本)で500円、1本あたり25円となっています。

本家のケントに比べて極細タイプなため、ポケットに入れて持ち運びやすいサイズ感となっています。

味の特徴としてはブライト・ロングと同様にフィルター部分に活性炭を用いたフィルターを採用しており、雑味の少ないクリアな味わいが特徴です。

タバコを吸い始めた方でも吸いやすい銘柄と言えるでしょう。

銘柄 タール ニコチン 1箱/1本
ケント・エスシリーズ・6・100 6mg 0.6mg 500円/25円
ケント・エスシリーズ・3・100 3mg 0.3mg 500円/25円
ケント・エスシリーズ・1 1mg 0.1mg 500円/25円

【同率8位】メビウス・E・シリーズ|1本あたり25円

安いタバコメビウス

2024年の安いタバコランキング、同率で8位にランクインしたのはメビウス・E・シリーズです。

こちらは1箱(20本)で500円、1本あたり25円となっています。

言わずと知れた定番銘柄メビウスの廉価版として販売されているメビウス・E・シリーズ。
本家とはタバコ葉のブレンドを変えることでこの価格が実現されています。

味については本家メビウスに近い、非常に癖の少ない吸いやすさが特徴となっています。

最初の1本に吸い始める方も多いメビウスの廉価版なため、人を選ばず愛されるタバコと言えるでしょう。

銘柄 タール ニコチン 1箱/1本
メビウス・E・シリーズ・10 10mg 0.7mg 500円/25円
メビウス・E・シリーズ・6 6mg 0.5mg 500円/25円
メビウス・E・シリーズ・3・100’s 3mg 0.2mg 500円/25円
メビウス・E・シリーズ・ワン・100’s 1mg 0.1mg 500円/25円
メビウス・E・シリーズ・10・100’s・スリム 10mg 0.8mg 500円/25円
メビウス・E・シリーズ・6・100’s・スリム 6mg 0.5mg 500円/25円
メビウス・E・シリーズ・ワン・100’s・スリム 1mg 0.1mg 500円/25円

【同率8位】クール・ミンティ・シリーズ・ミンティベリー・5|1本あたり25円

安いタバコクール

メビウスと同じく2024年の安いタバコランキング、同率で8位にランクインしたのはクール・ミンティ・シリーズ・ミンティベリー・5です。

こちらは1箱(20本)で500円、1本あたり25円となっています。

ミンティベリーは紙巻きタバコのクールシリーズの中でもメンソールの量が最も多いタバコです。

珍しい北海道産のミントを使用しており、メンソールの刺激と清涼感とともに、甘酸っぱいベリーの風味も楽しむことができます。

メンソールは強くも弱くもなく丁度よい刺激感になっているので、どなたでも吸いやすい紙巻きタバコと言えるでしょう。

銘柄 タール ニコチン 1箱/1本
クール・ミンティ・シリーズ・ミンティベリー ・5 5mg 0.3mg 500円/25円
クール・ミンティ・シリーズ・ミンティブースト・8 8mg 0.5mg 500円/25円

【11位】中南海ライト|1本あたり26円

安いタバコ中南海

2024年にコンビニで買える安いタバコランキング11位は中南海ライトで、1箱(20本)で520円、1本あたり26円となっています。

2024年5月現在、いくつか廃盤になった種類もありますが「ライト」「スーパーライト」「ファイブ・ロング」「ワン」「ワン・メンソール」などの銘柄はまだ販売中です。

特徴としては漢方でもある天草エキスと羅布麻草エキスを含んでいることで、血流をよくし痰を切れやすくするなどの効果が期待できます。

特に中南海ライトは喉に優しく、吸いやすいタバコで初心者の方にも人気となっています。

ブライト・ロングと同じくコンビニでは稀に販売されているタバコなので、ご注意ください。

銘柄 タール ニコチン 1箱/1本
ライト 8mg 0.8mg 520円/26円
スーパーライト 3mg 0.2mg 520円/26円
ワン 1mg 0.1mg 520円/26円

【同率11位】ハイライト|1本あたり26円

安いタバコハイライト

2024年の安いタバコランキング、同率11位となったのはハイライトで、こちらは1箱(20本)で520円、1本あたり26円となっています。

香料にラム(洋酒)を使っており、嗅ぐと芳醇な香りを楽しめるタバコとして有名です。

タール17mgと重めの数値ですが、ラム香料のおかげか比較的吸いやすいという声もあり、多くの方から愛用されています。

薄い青色と白色のパッケージデザインも人気で、吸い終わった後はインテリアとして部屋に置くのもおすすめですよ。

銘柄 タール ニコチン 1箱/1本
ハイライト 17mg 1.4mg 520円/26円
ハイライト・メンソール 10mg 0.7mg 520円/26円

【2024年最新】ちょっと高い?1本あたり28円~のタバコ4選

ここまで2024年度にコンビニで買える安いタバコをランキング形式でご紹介してきましたが、ここからは1本あたり28円(1箱560円)~のタバコをご紹介していきます。

ご紹介するタバコの中でも「ジャルム・ブラック・8」はコンビニで販売されていることは稀で、手に入りにくいのでご注意ください!

JPS・KS・ボックス|1本あたり28円

安いタバコJPS・KS・ボックス

最初にご紹介する紙巻きタバコはJPS・KS・ボックスです。

こちらは1箱(20本)で560円、1本あたり28円となっています。

JPS・KS・ボックスは香料をできる限り使わず、タバコ本来の味と香りを引き出したタバコです。

これまでご紹介した安いタバコの中でも高額の値段となっていますが、その値段に見合うクオリティで作られており、豊潤かつまろやかな味・香りを楽しめます。

銘柄 タール ニコチン 1箱/1本
JPS・KS・ボックス 11mg 1.0mg 560円/28円

ジャルム・ブラック・8|1本あたり28円

安いタバコジャルム・ブラック

次にご紹介するのはジャルム・ブラック・8で、1箱(10本)で280円、1本あたり28円となっています。

インドネシア産のタバコで、香辛料や果物をタバコ葉に混ぜ合わせて作られており、独特の風味が人気です。

1本あたりの値段は28円と少し高めに設定されていますが、1箱の値段は280円となっており手に入れやすい値段と言えるでしょう。

これまでご紹介してきた安いタバコと違い1箱あたりの本数も10本と少なめなので、ちょっと試してみたいという方にもおすすめできるタバコです。

先述の通り、現在コンビニで販売されていることは稀なので「あったらラッキー」くらいに考えておいてください。

銘柄 タール ニコチン 1箱/1本
ジャルム・ブラック・8 9mg 0.5mg 280円/28円
ブラック・メンソール・8 8mg 0.5mg 280円/28円
ジャルム・ブラック・ジャスミンティー・8 8mg 0.5mg 280円/28円
ジャルム・ブラック・ミントティー 8mg 0.5mg 280円/28円

ブラックデビル|1本あたり28円

安いタバコブラックデビル

ブラックデビルは1箱(20本)で560円、1本あたり28円の紙巻きタバコです。

日本では2018年に販売停止となりましたが、「まだ吸いたい」というユーザーの声もあり半年後に再販しました。

フィルターや巻紙までブラックなのが特徴で、フィルターには金色のロゴマークが印刷されていたりと、細部までこだわったおしゃれなデザインのタバコとなっています。

風味はココナッツミルクの甘く豊潤な香りで、苦みもあまり感じないので吸いやすいです。

銘柄 タール ニコチン 1箱/1本
ブラックデビル 10mg 0.8mg 560円/28円
ブラックデビル・モカバニラ 10mg 0.8mg 560円/28円
ブラックデビル・ミントバニラ 10mg 0.8mg 560円/28円
ブラックデビル・アークティック・メンソール 10mg 0.8mg 560円/28円

ガラム シグネチャーマイルド|1本あたり29円

安いタバコガラム シグネチャーマイルド

最後にご紹介する紙巻きタバコはガラム シグネチャーマイルドです。

1箱(20本)で580円、1本あたり29円となっています。

ジャルム・ブラックと同じくインドネシア産の紙タバコで、クローブ(丁子)と呼ばれるスパイスがタバコ葉に含まれており、甘い香りが特徴です。

ガラム シグネチャーマイルドガラムシリーズの中では比較的軽めのタバコとなっていて、程よい吸い心地を楽しめます。

銘柄 タール ニコチン 1箱/1本
ガラム シグネチャーマイルド 15mg 0.8mg 580円/29円

コスパよくタバコを吸うなら電子タバコ(VAPE)がオススメ!タバコ税不要でお財布に優しい

さてここまで2024年にコンビニで買える安いタバコからちょっと高めのタバコまでをご紹介してきました。

冒頭でも触れた通り、紙タバコは度重なる増税により年々価格が高騰しています。

税金が上乗せされているだけなので、「中身の質は変わらず値段ばかりが上がっていく…」

正直バカらしくなってしまいますよね。

そこでご紹介したいのが電子タバコ(VAPE)という選択肢です!

電子タバコならタバコ税が課されないため、紙タバコより圧倒的にコスパよく喫煙することができます。

ここからは電子タバコと紙タバコのコスパ比較や、電子タバコとはそもそも何か、電子タバコの魅力などご紹介していきます。

電子タバコとは?加熱式タバコとは異なる?

電子タバコとは、味や香りのついたリキッドを加熱して生じる蒸気を楽しむアイテムを指します。

タバコ葉を使用していないため、厳密にはアロマに近い構造と言えるでしょう。

一方、電子タバコと混同されることの多いアイコスなどの加熱式タバコは、タバコ葉を加熱することで生じる蒸気を味わえる仕組みを採用しています。

そのため加熱式タバコはれっきとしたタバコ製品であり、タバコ税の対象となるうえ、さらにタバコ葉に含まれる様々な有害物質を摂取することになってしまいます。

電子タバコはタバコ葉を使用していませんが、タバコの味を忠実に再現したリキッドや、ニコチン入りのリキッドも販売されているため、タバコ税の対象外でありながら限りなくタバコに近い喫煙を楽しむことが可能です。

電子タバコは紙タバコよりコスパが良い

コスパ

この記事では安い紙タバコを紹介してきましたが、現在一般的なタバコの価格帯としては1箱540円程度とされています。

一方、電子タバコのリキッドはタバコ1箱相当の量で400円程度から購入可能です。

もちろん電子タバコを始める場合は本体代金(3,000円~1万円程度)がかかりますが、日に1箱吸う人ならすぐに回収可能な投資となっています。

本体代金を回収した後は月に6,000円ほどお得に喫煙することが可能なため、電子タバコはかなりコスパの良い選択肢と言えるでしょう。

電子タバコのリキッドは1万種類以上

フレーバー

電子タバコのメリットはコスパだけではありません。

紙タバコと違ってタバコ葉の味に縛られる必要がない電子タバコの場合、スイーツ風味のリキッドやコーヒー風味のリキッドなど紙タバコでは再現不可能だった味が多く存在しています。

その数はなんと1万種類以上とも言われており、より豊かな喫煙習慣を送れること間違いなしです。

ニコチン入りの電子タバコの購入ならBeyond Vape Nic.にお任せ!オススメの電子タバコをご紹介

BEYOND VAPE

電子タバコの中にはニコチン入りの商品もあると前述しましたが、実はニコチン入りの電子タバコは薬機法により“個人輸入でのみ購入可能”と定められています。

個人輸入とは海外のショップから個人使用目的で商品を購入する行為を指します。

購入先のショップが海外にあるため、当然通常の通販よりもお店選びは慎重に行いましょう。

弊社Beyond Vape Nic.は世界に12店舗を持つ大手ブランドByond Vapeが展開するサイトとなっており、大手ならではの販売実績による安心感が特徴です。

また現地の日本人スタッフによる品質管理と日本人向けにカスタマーサポート体制が充実しているため、安心安全にニコチン入りの電子タバコをお買い求め頂けます。

弊社で取り扱っている電子タバコの中から、紙巻きタバコから電子タバコへの移行を考えている方や、これから電子タバコを始める方に特にオススメの商品を4点ご紹介していきます。

2024年に楽天ランキング1位!『ICEBERG Dispo』

ICEBERG Dispo

ICEBERG Dispoは2024年2月に楽天ランキング1位を受賞した使い捨てタイプの電子タバコです。

使い捨てのため面倒なセッティングやメンテナンスの必要はなく、さらに口に咥えて吸い込むだけで自動的に作動するというシンプルな操作になっています。

「スーパーメンソール・アイスレモン・クールピーチ」の3種類のフレーバーが販売されており、どれもメンソールが含まれているので強いキック感や爽快感を期待できます。

紙巻きタバコと同じようなキック感が欲しい方はスーパーメンソール、初心者の方は程よい甘さで吸いやすいクールピーチがおすすめです。

安いタバコを探している方におすすめ!

ICEBERG Dispoは安いタバコを探している方にぜひ試してほしい電子タバコです。

本体1つで約3,000回も吸うことが可能で、この回数は紙巻きタバコ約15箱分に相当します。

紙巻きタバコ1箱を約500円と仮定して15箱分の値段を計算すると約7,500円となりますが、ICEBERG Dispoの値段は2,750円です。

約4,700円以上も節約できると考えると、かなりコスパが良い電子タバコだと言えるでしょう。

咥え心地にこだわった『KIWI PEN』

KIWI PEN

KIWI PENもICEBERG Dispo同様、2024年3月に楽天ランキング1位を受賞した大変人気の電子タバコです。

リキッドチャージ式の電子タバコで、リキッドを補充すれば好きなだけ楽しむことができます。

KIWI PENの大きな特徴は吸い口にコットン素材を使っており、紙巻きタバコを咥えているかのような咥え心地を再現していることです。

多くの電子タバコユーザーから愛されている電子タバコで、2024年以降も需要が高まることが予想されます。

ニコチンソルトリキッドに対応!

先述の通り、KIWI PENは紙巻きタバコと同じ咥え心地を再現した電子タバコですが、咥え心地だけでなく「紙巻きタバコのような吸いごたえも欲しい!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そのような方は、ニコチンソルトリキッドを使ってみることをおすすめします。

ニコチンソルトリキッドは、ニコチンの成分にとても近いと言われている成分で、ニコチンと同じような味や吸いごたえを楽しめるリキッドです。

kIWI PENに対応したリキッドの中にはニコチンソルトが含まれているリキッドもあるので、気になる方はぜひ試してみてください。

ただし、大量摂取するとニコチン酔いをしてしまう可能性もあるので注意しながら吸ってみてくださいね。

世界で一番売れた電子タバコ『JUUL』

JUUL

次にご紹介したいのが世界で最も売れた電子タバコ『JUUL』です。

中でも電子タバコの本場アメリカではシェア7割を達成するなど大定番の1本となっています。

最大の特徴はその手軽さ。

PODタイプと呼ばれる構造の電子タバコで、PODと呼ばれる小さなカートリッジを付けかえるだけでリキッドを入れ替えることが可能です。

使用感としてはアイコスなど加熱式タバコでスティックを交換する時と近い感覚となっています。

フレーバーの情報など詳細はこちらの記事でご紹介していますのでぜひチェックしてみてください!

使い捨てでもっと手軽に『7DAZE EGGE』

EGGE

先ほどご紹介したJUULはPODと呼ばれる部品を交換するタイプでしたがこちらの『7DAZE EGGE』使い終わったら捨てるだけの使い切りタイプとなっています。

そのためPODを交換する手間すら無く、より手軽に使用することが可能です。

さらに使い切りにも関わらずコスパが圧倒的な点も特徴で、紙タバコ15箱分の喫煙量を3,400円という破格の価格で購入することができます。

ただし初めからリキッドが注入された状態の商品を購入するため、自身でリキッドを取り換え可能なJUULに比べて味の種類が少ないというデメリットも存在します。

とはいってもフレーバーの種類は全15種類と紙タバコの比にはならないバリエーションを誇りますので、必ずアナタ好みの1本が見つかるはずです!

コンビニで買える安いタバコランキング2024年|まとめ

今回は2024年にコンビニで買える安いタバコをランキング形式でご紹介してきました。

安いタバコの多くは、有名銘柄の廉価版という位置づけのものでしたが、味のクオリティがしっかりしている物も多かったです

また、本当にコスパよく喫煙したい場合は電子タバコという選択肢もオススメですのでぜひご検討ください!



おすすめトピック


今最も話題の電子タバコ
KIWI(キウイ)新発売です!!

電子タバコ KIWI

不定期で開催中!!
BIG SALEはこちらから

7daze egge

【PR】新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

BeyondNic 新規会員登録