VAPEといえば、自分の好きなフレーバーや煙の量などを楽しめるという、こだわりが映えるデバイスです。

VAPEにおいて、フレーバーや煙をコントロールするのが「コイル抵抗値」と呼ばれる設定です。

しかし、VAPE初心者の方にとっては、煙の量を変えたり、フレーバーを生かすためのセッティングをすることが難しいと感じるのではないでしょうか?

今回は、「コイル抵抗値」について詳しく解説します!抵抗値の計算方法や、コイルの巻き数、どのような種類のコイルを選べばいいかについてまとめました。

VAPEの「抵抗値」とは?

電子タバコ種類

そもそも、VAPEに置けるコイル抵抗値とはどのようなものなのでしょうか。

抵抗値の基準値は、1.0Ω(オーム)から2.0Ωと言われています。

一般的に、2.0Ωより上の数値になると抵抗値が高いとされ、1.0Ωより低い数値になると、抵抗値は低いことを指します。

抵抗値の数値が高いと、電流の量が減るので煙の量が減ります。
逆に、抵抗値が低い場合は、電流が流れやすくなるため、煙の量が多くなります。

これらを算出することで、自分好みのセッティングができるだけでなく、VAPE本体に負担がかかりすぎていないかを把握することができます。

コイル抵抗値の計算

電圧(V/ボルト)、電流(A/アンペア)、抵抗(Ω/オーム)、電力(W/ワット)

の4つが抵抗値の計算に必要になります。

抵抗値は電圧÷電流で計算できます。
この法則は「オームの法則」と呼ばれ、中学理科で習う内容ですので、何となく覚えているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

先ほども簡単に説明したように、電流は抵抗値が下がれば大きくなり、抵抗値が上がれば電流は小さくなります。

例えば、連続放電上限が25A、平均電力が3.7Vで最大4.2Vであるバッテリーの最大抵抗値を算出するには、

4.2V(最大電圧)÷25A(最大電流)=0.168Ω
このバッテリーの最大抵抗値は0.168Ωとなります。

0.9Ω以下に対応するコイルをサブオームといい、この場合はサブオームを使用して、爆煙のVAPEを楽しむことができます。

VAPEのコイルの種類はどうやって選ぶ?

基本的に、VAPEのコイルはどれを選んでもいいというわけではなく、扱うデバイスによって使用できるコイルの種類が決まっています。

自分のデバイスに対応できるコイルの種類を確認してから購入するようにしましょう。

VAPEは、コイルの抵抗値によって電流の大きさが決まります。
しかし、それぞれのバッテリーが流せる電流の範囲はあらかじめ決まっているので、その範囲内の抵抗値を持ったコイルでないといけません。

この計算も、先ほどご紹介したオームの法則で算出することができます。

コイルの巻き数はどのように算出する?

巻き数の計算

コイルの種類に「手巻きコイル」と呼ばれるものがあります。

自分でワイヤーを巻いてセットするコイルのことで、コイルを手巻きすることを「ビルド」と呼びます。

このコイルの巻き数などを調節することによって、コイル抵抗値を調節できます。

コイルビルドを行うことで、自分好みのカスタマイズをすることができますが、手巻きコイルを使う場合は、ビルドされたコイルが使用できるリビルダブル・アトマイザーの使用と、抵抗値などから巻き数を算出する必要があります。

コイルの巻き数は主にツールを使う

コイルの巻き数で抵抗値を調節する場合は、目標とする抵抗値から逆算してコイルの巻き数を算出します。

これは計算式を使うよりも、抵抗値メーターを使って調節したり、ツールアプリやサイトに数値を入力すると、正しく算出できます。

抵抗値計算ツール:coiltoy.ermeso.com

・使用するワイヤーの種類
・ワイヤーの太さ
・ワイヤー間の幅
・コイルの内径
・シングルコイルかダブルか
・出したい抵抗値はいくつか…

などを記入するとコイルの巻き数を算出してくれます。

コイルの巻き数は、使用するコイルやワイヤーなどによって変動するため、ツールなどを使用して算出しましょう。

爆煙VAPEを楽しむための抵抗値は?

爆煙VAPE

最初に説明したように、爆煙でVAPEを楽しむ場合は、少ないコイル抵抗値に設定する必要があります。

0.9オーム以下になるように巻かれた「サブオーム」というコイルを使用すると、VAPEは「爆煙」の状態を作り出すことができます。

抵抗値を低くすればするほど、多くの煙を出すことができますが、もちろんその分本体への負担が高くなり、劣化などのリスクが増しますので注意しましょう。

爆煙を作り出すには、高い電力が必要になります。ここで登場するのがワット数の計算です。

ワット数が高いと爆煙VAPEを楽しめる

電圧を上げてコイル抵抗値を下げることでワット数が高くなります。

ワット数が20~30W以上になると、爆煙の状態を作ることができるといわれています。

ワット数は、電圧×電圧÷抵抗で算出することができます。

例えば、バッテリーの最大値が4.2Vで抵抗値が1.2Ωならば、

4.2V×4.2V÷1.2Ω=14.7W

となります。

電圧を上げて、抵抗値を下げるとワット数が高くなります。

VAPEのフレーバーを味わうための抵抗値は?

電子タバコのフレーバー

VAPEのフレーバーを楽しみたい場合は、抵抗値を高く設定しておくことをおすすめします。

抵抗値をあげることで、煙の量が少なくなり、リキッドの味を濃く出すことができます。

リキッドのフレーバーを楽しむときは、1.0Ω以上のコイル抵抗値に設定するようにしましょう。

気軽にフレーバーも爆煙も楽しむなら

ここまで説明したように、ビルドコイルを使って自分好みのカスタマイズを楽しむことがVAPEの醍醐味ではありますが、初心者の方はなかなかハードルが高いと思うかもしれません。

もしくは、カスタマイズしたVAPEも好きだけれど、もっと気軽に使えるデバイスもほしいと考えている方もいらっしゃるのでは?

電子タバコのJUULは、使い捨てカートリッジタイプの電子タバコで、PODと呼ばれるカートリッジを取り替えるだけで、コイルやフレーバーの交換が簡単にできます!

ニコチン入りのリキッドは、コイルなどの劣化が早いなどのデメリットがありますが、POD型のJUULであれば、リキッドを吸い終わったらPODごと交換すればOKです。

片手に収まるコンパクトなデザインですが、煙もしっかり出るので、フレーバーも煙も両方楽しむことができますよ。

JUULは通常のVAPEよりも始めやすいお値段のスターターキットがございます!
気になった方はぜひチェックしてみてください。

電子タバコ種類
≫JUULの購入はコチラから

VAPEのコイル抵抗値の計算方法

VAPEのコイル抵抗値は、オームの法則を使って求めることができます。

・抵抗値は電圧÷電流で計算できる
・爆煙VAPEを楽しむならワット数を電圧×電圧÷抵抗で求める
・抵抗値が低いと煙の量が増える
・抵抗値が高いと煙の量が減り、フレーバーをより楽しめる

VAPEは自分好みの吸い応えにカスタマイズすることができるのが魅力ですが、初心者の方は、まずはPOD型のJUULで気軽にVAPEデビューするのもおすすめです!

自分にはどんな吸い応えの物があっているのか、爆煙を楽しみたいのか、ぜひ気に入ったデバイスを探してみてください。