BeyondVapeNic ブログ ヘッダーバナー

未だに根強いファンの多い紙巻きタバコですが、実際に含まれているニコチン量が気になっている方は多いのではないでしょうか。

今回は人気の紙巻きタバコに含まれるニコチン量はもちろん、ニコチンによる健康被害も改めてご紹介します。

健康リスクを気にされている方にとって必見の情報ですので、ぜひ最後までご覧ください!

また記事の最後では健康的なリスクを低減して喫煙を楽しめる電子タバコもご案内しておりますのでお見逃しなく!


「タバコの変わりになる」愛用者急増中
電子タバコKIWI(キウイ)絶賛販売中です

電子タバコ KIWI

1個でタバコ10箱本の良コスパ
使い捨て電子タバコTiiny(タイニー)

Tiiny

新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

配送料無料

喫煙数を減らしつつ満足感を得たいならJUUL!

電子タバコJUUL

この記事では紙巻きタバコに含まれるニコチン量やニコチンによる健康被害について紹介しますが、紙タバコはニコチンに加えタールも含まれるため、深刻な健康被害の恐れがあります。

また紙巻きタバコはニコチン量を減らしても喫煙回数が増えてしまう場合が多く、製品記載のニコチン・タール量は大きくあてにはなりません。

「ニコチン量は減らしたいけど喫煙はやめたくない」という方におすすめなのが電子タバコであるJUUL

詳細は後ほど解説しますが、JUULのニコチン量は3%か5%ながらニコチンソルトというニコチンを使用しているため満足感があり、喫煙回数を減らすことができます

健康を気にしたい方、これからタバコを始めたい方はぜひJUULをお試しください!

紙巻きタバコの実際のニコチン量はどれくらい?

紙巻きタバコのニコチン量

まずは日本国内での紙巻きタバコに関するルールをご紹介します。

また、名前を見かける事の多い紙巻きタバコ銘柄の実際のニコチン量についてもまとめてみました。

日本でのニコチン量記載ルールについて

日本ではタバコ事業法の基づく諸制度によって、紙巻きタバコはニコチン・タール量を測定し包装に記載することが義務付けられています。

皆さんが吸われている紙巻きタバコの箱にも、リトルシガーと呼ばれる葉巻を除いては『ニコチン〇mg / タール〇mg』という記載がされているはずです。

計測は国際的な調査基準であるISO方式に則っているものの、吸い込む深さ・1本から吸う回数などによって吸収する量が変わるため一概に正しいニコチン量が示せるとは限らないのが現状となっています。

ただタール・ニコチン量が多い紙巻きタバコは重い味わいで、少ない場合は軽いタバコとして吸い心地を予測できるため重要な指標です。

ニコチン量が多いか少ないかはどう考える?

先ほどご紹介した通り、包装に記載されている紙巻きタバコのニコチン量=体内に吸収される量という訳ではありません。

呼吸器に関する学会が発表している資料では、どの紙巻きタバコでも1本に含まれるニコチン量は6~7mgであり喫煙によって1~3mgが吸収されると言われています。

ただメーカーごとにフィルターや穴によって吸った際の喫味を変化させているため、包装に記載されているニコチン量も味を予想する物差しとして重要です。

紙巻きタバコのニコチン量について

ここからは今回の記事の本題である紙巻きタバコのニコチン量についてご紹介していきます!

日本国内で吸われている方の多いいくつかの銘柄をピックアップしてご紹介いたします。

銘柄名 ニコチン量 タール量
マールボロ 0.9mg 12mg
メビウス 0.8mg 10mg
ハイライト 1.4mg 17mg
ラッキーストライク(ボックス) 0.5mg 6mg
セブンスター 1.2mg 14mg

国内でも人気を集めている紙巻きタバコをまとめたところ、銘柄によってニコチン量というよりもタール量に大きな違いがあるようです。

比較するとニコチン量が少ない銘柄もあり相対的に健康な印象を受けますが、実際はどうなのでしょうか。

1mgなどの低いタール・ニコチン量は健康にいい?

『ニコチン0.1mg / タール1mg』といった少ないタール・ニコチン量の紙巻きタバコについて含有量が少ないために健康にいいのではないかと考える方が多くいますが、それは間違いです。

というのも少ないニコチン含有量では満足できずに、むしろ煙を深く吸い込んだり1本当たりの吸引の回数を増やしてしまうということがデータとして報告されています。

喫煙者の方のメカニズムとして自身が感じる快適な血中ニコチン濃度に達するまで無意識で行動してしまうため、ニコチン量が少ない=健康的というイメージは誤りなのです。

紙巻きタバコに含まれているニコチンですが、私たちの身体にはどのような影響を及ぼすのでしょうか。

ニコチン量が多いことによる健康被害は?

紙巻きタバコニコチン健康被害

包装に記載されているニコチン量が実はあまり当てにならないことが分かりました。

続いてはそのニコチンについて、実際にニコチンを体内に摂取することでどのような影響があるかを調査しました。

摂取量が多いことによる弊害や、ニコチン成分による効果についてもご紹介します。

ニコチンの強い依存性

紙巻きタバコなどを吸うとニコチンが中枢神経に作用し、様々な神経伝達物質が分泌されます。

本来そういった物質は自発的な分泌機能によって生成されますが、常習的な喫煙を続けることでその力がどんどん弱まっていってしまうのです。

「タバコを吸わないとイライラする」というのはこの影響で、ニコチンを摂取しないことによって体内の物質バランスが崩れてしまっているのが原因となっています。

これが所謂ニコチンの依存性であり、代表的な健康リスクとして考えられているものです。

むしろニコチンにポジティブな声も

前述の通り依存性があることが認められているニコチンですが、海外大学の研究では一定のメリットもあるのではないかという意見もあるようです。

ニコチンにはコーヒー等に含まれるカフェインと同様に心拍数を上げ感覚や情報処理の性能を上げる作用があることが、イギリスの大学の研究で分かっています。

また皆さんも感じたことが有るように緊張を緩和させ覚醒させる作用があることから集中力を高めるような効果が期待できるのです。

もちろん依存性はかなり危険ですが、必ずしもマイナスの印象だけではないことが分かっていただけたでしょうか。

ニコチンの依存症によって他の有害物質を摂取することになる

科学界の中ではニコチンは依存性がある一方で、健康的なリスクはほとんどないのではないかという声もあります。

ただし、ニコチンの依存性によって紙巻きタバコの喫煙本数が増えてしまうと、タールを始めとした60以上の有害物質が体に入る機会が非常に多くなってしまうことになります。

紙巻きタバコを継続的に吸う状態になってしまうと発がんや呼吸器疾患のリスクが高まってしまうため、健康的に大きなリスクを抱えることになるということです。

より健康リスクを抑えて喫煙を楽しみたい方へ向けて、おすすめなのが電子タバコです

健康被害を抑えてタバコを楽しむならJUUL

紙巻きタバコ健康被害禁煙電子タバコ

20ヵ国以上で愛されるJUULは、ニコチン成分が含まれたリキッドを気化させて楽しむ電子タバコです。

従来の紙巻きタバコと比較して優れている点が非常に多く、世界シェア75%を可能にした理由をご紹介します!

健康リスクを大きく抑えられる

JUULで使用するリキッドはタールフリーのため、ニコチンよりも有害な物質を排除することで紙巻きタバコと比較して健康リスクを抑えられます。

それによって歯や部屋の黄ばみなども起きないのもメリットと言えるでしょう。

また紙巻きタバコのように燃焼による有害物質も生じないため、純粋にニコチンだけを楽しめるのが電子タバコの魅力なのです。

電子タバコに含まれているニコチン成分も紙巻きタバコと異なり、より満足感を感じやすい成分となっています。

ニコチンソルトによる遜色ない満足感

紙巻きタバコで使用されているニコチン成分はタバコ葉由来のものですが、JUULでは化学物質であるニコチンソルトが使用されています。

その最大の特徴は紙巻きタバコと遜色ないレベルのキック感であり、電子タバコを使ったことのない方でも安心して使用することが可能です。

また従来のニコチンと比較して体内への吸収が早いため、少ないニコチン量でも高い満足感を得られるのが魅力となっています!

少ない量でも満足できるJUULですが、それによって次のようなメリットもあるのです。

紙巻きタバコと比較してコスパ◎

ここ数年の増税で紙巻きタバコや加熱式タバコの値段は大きく跳ね上がっており、お財布事情で苦しむ方も多くいらっしゃいます。

JUULはニコチンソルトによって少ない回数でもかなり満足できるため、喫煙の回数を減らせることからコストパフォーマンスで優れているのです。

そもそもJUULは国内の製品ではないため増税の影響を受けにくいですし、長い目で見てお得にタバコを楽しみたいのであればJUULへの乗り換えを強くおすすめします!

まずはこちらからJUULの詳細情報をチェックしてみてはいかがでしょうか!

紙巻きタバコに含まれるニコチン量とその影響まとめ

今回は未だに多くのファンを抱える紙巻きタバコについて、含まれるニコチン量を調査しました。

銘柄によって多いものや少ないものもありますが、測定法が不明瞭である現状では健康リスクが非常に高いのが現状となっています。

少しでもリスクを低減して喫煙を楽しみたい方は、ニコチンソルトによって少ない回数でも満足できるJUULを試してみてはいかがでしょうか。

世界シェア75%を誇るJUULはこちらから購入できますので、ぜひお確かめください!



おすすめトピック


今最も話題の電子タバコ
KIWI(キウイ)新発売です!!

電子タバコ KIWI

不定期で開催中!!
BIG SALEはこちらから

7daze egge

【PR】新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

BeyondNic 新規会員登録