健康や周りへの配慮、紙タバコ可能な喫煙所の減少などを理由に、電子タバコへ移行する方が増えています。

電子タバコに興味はあるものの、「何を用意すればいいのか」「どれを選べばいいのか」「どうやって使うのか」と、初心者の方は分からないことが多く、なかなか始められないという方もいらっしゃるのでは?

今回は、電子タバコ初心者の方にも分かりやすいよう、リキッドの選び方と使い方についてご紹介していきたいと思います。

電子タバコのリキッドとは?

電子タバコ

まず初めに、混同されやすい「電子タバコと加熱式タバコとの違い」、そして「電子タバコのリキッド」について簡単に解説します。

加熱式タバコは、タバコ葉を火で燃やさずに加熱して蒸気を発生させるものです。

一方で、電子タバコは同じ蒸気ではあるものの、タバコ葉を一切使用せず香りのついたリキッドを蒸気にしているもので、日本で販売されているものにはニコチンもタールも含まれていません。

つまり、加熱式タバコと電子タバコの違いは、タバコ葉を含んでいるかいないかが最大のポイントになります。

電子タバコのリキッドは、PG(プロピレングリコール)・VG(植物性グリセリン)・香料の3つを主成分としています。

まだ長期的データが挙がっていないのが現状ですが、これらは食品添加物や化粧水の原料に使われているものなので、タバコ葉を使う紙タバコや加熱式タバコよりも有害物質は少ないと言えるでしょう。

リキッドの消費期限は明記されていませんが一般的に、開封前であれば1~2年、開封後であれば3~6ヶ月が目安となっています。

リキッドを選ぶポイントは?

初心者

リキッド選びにはポイントがいくつかあります。

まずは、検討中またはお持ちの電子タバコがどのようなタイプか確認しましょう。

電子タバコにはリキッド式、カートリッジ式、使い捨て式の大きく分けて3タイプがあり、タイプによって準備するリキッドも変わってきます。

使い捨て式は本体を購入するだけですが、カートリッジ式はデバイス専用のカートリッジを、リキッド式は電子タバコ専用のリキッドを購入する必要があります。

以下のポイントを抑えて、一番自分に合ったリキッドを選びましょう。

フレーバー

リキッドを選ぶ際に最も重視するのはやはりフレーバーです。
様々な香りや味のものがありますが、フレーバーは主に5つのジャンルに分けられます。

【タバコ系】

タバコ本来の風味が楽しめるタイプのフレーバーです。

中にはコーヒーやキャラメルなどをブレンドしたミックスもあり、タバコ本来の香りが好きという方におすすめです。

【メンソール系】

メンソールの爽快感と刺激が楽しめるフレーバーです。

主なフレーバーは、メンソール・ミント・ハーブなどが挙げられます。
メンソール系は喫味が増すので他のフレーバーに物足りなさを感じた時にもおすすめです。

【フルーツ系】

フルーツの甘みと豊かな香りが楽しめるフレーバーです。

主なフレーバーには、ピーチやグレープ、パインなどがあります。
アロマ感覚で楽しむことができるので非喫煙者や女性にもおすすめです。

【ドリンク系】

清涼飲料やコーヒー、紅茶など様々なドリンクの味が楽しめるフレーバーです。

主なフレーバーには、レモネードや紅茶、カクテルなど、紙タバコや加熱式タバコではなかなか楽しむことのできないフレーバーが多くあります。

【スイーツ系】

デザートやアイスの濃厚な甘みが楽しめるフレーバーです。

主なフレーバーには、チョコレートやバニラ、ケーキなどがあります。
最も甘みが強いジャンルで、甘いもの好きな方や変わり種を楽しみたいという方におすすめです。

特にドリンク系スイーツ系は電子タバコでしか味わえないフレーバーとしておすすめです。

PG・VGの配合比率

次にチェックしたいフレーバー選びのポイントはPG・VGの配合比率です。
PG・VGは冒頭でもご紹介した通り、リキッドの主成分になります。

PGが多いと、味を濃く感じることができますが蒸気量は少なくなります。

反対にVGが多いと、蒸気量が多くなりますが味はぼやけてしまいます。

一般的なリキッドは、PG30%/VG70%~PG50%/VG50%の比率のものが多くなっていますが、自分の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

しかし、VGの比率が高いほど粘度が増してリキッド加熱部のコイルが焦げ付きやすくなります。
コイルがすぐに劣化してしまったり、焦げた蒸気を吸い込むことで喉を傷めてしまう原因にもなるので、初めはVG比率の低いものから使用することをおすすめします。

価格・品質

味や煙量と同じように重要なポイントが価格と品質です。

リキッドの相場は15mlで¥1,000~2,000程度となります。
2mlで紙タバコ約1箱分の吸入に相当するので、リキッド1本で紙タバコ約7箱分、 つまり紙タバコ1箱¥500とすると¥3,500となり、ランニングコストは圧倒的に抑えられます。

しかしランニングコストをもっと抑えようと、あまりに安すぎるリキッドを選んでしまうと品質にも影響する場合があります。
成分が安全なもの(PG・VG・香料)であるか等をしっかりと確認してから購入しましょう。

『JUUL』は、フレーバーの豊富さと初期費用・ランニングコストの安さに魅力のある電子タバコとしておすすめです。

電子タバコの使い方は?

はてな

リキッド選びのポインをチェックしながら自分好みのリキッドを見つけることができたら、実際に電子タバコを使ってみましょう。

これからご紹介する使い方は、電子タバコの3タイプの中でも使い方が複雑なリキッド式になります。

①準備

電子タバコは、リキッドを加熱するための電力を蓄えている「バッテリー」、リキッドを溜めておくタンク・リキッドを加熱するコイル・空気を取り込むエアホールなどで構成された「アトマイザー」、そして吸い込み口の「ドリップチップ」というパーツを主に構成されています。

step1.バッテリーの充電

これらがきちんと備わった電子タバコ本体とリキッドを用意したら、まずはバッテリーの充電を行います。

電池内蔵タイプの場合は、USBケーブルを繋げられるPCやコンセントがあれば充電できます。
電池交換タイプの場合は、リチウム電池を専用の充電器で充電する必要があります。

step2.リキッドの補充

バッテリーの充電ができたら、次はリキッドを補充します。

リキッドを上から入れるタイプと下から入れるタイプがあります。

どちらのタイプか確認したら、中央の穴にリキッドが入ってしまわないようにアトマイザーの側面に沿ってゆっくり注ぐのがポイントです。

特に新品の電子タバコの場合は、コイル部分にある綿にリキッドをしっかり染み込ませないと空焚きの原因になりやすいので、リキッドを補充した後は30分ほどおいて十分に染み込むのを待ちましょう。

※ニコチン入りリキッドを使用する際は、手に付いただけで急性ニコチン中毒を引き起こす可能性があるため、手袋を装着するなど十分に注意して行ってください。

②実践

準備が整ったら、いよいよ実践です。

step1.電源ON

デバイスによって電源の入れ方は異なりますが、記載されている方法で本体の電源をONにします。

step2.吸入する

電源がONの状態でボタンを押すと蒸気が吸い込めます。

この時の注意点は、吸い込むときだけボタンを押すようにすることです。
ボタンを押したままだとコイルが加熱され続けてしまい、やけどや故障の原因になります。

吸い方は、紙タバコのように口に一度とどめてから肺に入れるMTLという吸い方と、直接肺に入れるDLという吸い方の2つがあります。

初心者の方は、いきなり肺に入れるとむせてしまいやすいので、MTLまたは肺には入れない”ふかし”という方法から始めることをおすすめします。

step3.電源OFF

吸い終えたら、誤作動を起こさないたえにも電源を必ずOFFにしておきましょう。

③メンテナンス

電子タバコを使うにはメンテナンスも重要です。
定期的にチェックしたい、いくつかの項目を挙げていきます。

1.コイル

コイルは消耗品なので2~3週間に1度を目安に定期的に交換しましょう。

古いコイルのまま使い続けると、やけどしたり煙が出なくなったり、故障にもつながる可能性があります。

2.洗浄

味や衛生面のためにも、タンクやドリップチップを定期的に洗浄しましょう。

タンク内部はプロピレングリコールで、ドリップチップや本体の汚れは無水エタノールで、洗浄することが推奨されています。

3.バッテリー

故障かなと感じる原因の多くはバッテリーにあります。

バッテリー本体の寿命の可能性もありますが、充電不足になっていないか、接触不良がないかなどは定期的にチェックするようにしましょう。

また、充電ができない場合はバッテリー接続部分が汚れている可能性があるので、まめに掃除するようにしましょう。

注意点

リキッドに含まれるPGは猫への影響が認められているため、猫の近くでは使用しないでください。

また、ここでご紹介した使用方法は一般的な流れにはなりますが、デバイスによって扱い方や注意点が異なるので、しっかりと購入先のスタッフの説明や付属説明書を確認しながら使用してください。

電子タバコは紙タバコより有害物質が抑えられていますが、周囲への配慮を忘れずに節度を守って使用してください。

使い方簡単な電子タバコ『JUUL』

JUUL

ここまで電子タバコのリキッドや使い方についてご紹介しましたが、健康被害が最小限できる一方で、正直手順や注意事項が多くてややこしい…と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

電子タバコ『JUUL』は、PODというカートリッジを吸い終わるたびに取り換えるだけで、リキッド・コイル・ドロップチップの交換まで完了するので、面倒な手順やメンテナンスを行う必要がありません。

また、
・咥えるだけで自動電源ON・OFF
・フレーバーが豊富
・初期費用、ランニングコストが安い
・吸いごたえ十分
・ニコチン入りリキッドも対応

など魅力が多いことでも話題の電子タバコとなっています。

BeyondVape Nic.なら、ニコチン入りリキッドも安全・簡単に購入することができるので、ノンニコチンの電子タバコでは物足りない方にもおすすめです。

JUULスターターキット
簡単で美味しい電子タバコ『JUUL』の購入はこちら

電子タバコおすすめのリキッドと使い方まとめ

電子タバコのリキッドは、フレーバー・成分・価格の面で自分にもっとも合ったものから始めることをおすすめします。

また、やけどや故障の恐れがあるので。使用する際はしっかりと準備・メンテナンスを行ってから吸入するようにしましょう。

初心者の方や面倒臭がりな方には、リキッド式のものよりも『JUUL』のようなカートリッジ式の方が扱いやすく、もっと手軽に利用できるのではないかと思います。

これから電子タバコを使おうと考えている方はぜひ参考にしてみてください!