“百害あって一利なし”のフレーズでお馴染みのタバコ。
その言葉通りタバコには様々な有害物質が含まれています。

その中でも特に有名なのがニコチンとタールですよね。

同じタバコに含まれる有害物質の両者ですが、その違いや身体への影響について詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか?

タバコの健康リスクについて正しく理解することは、極力リスクを減らして喫煙習慣を続けることにも繋がります。

そこでこの記事ではニコチンとタールについて詳しくご紹介しながら、その違いやどちらが身体に悪いのか、健康リスクを抑える方法についてご紹介していきます!

新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

配送料無料

不定期で開催中!! BIG SALE会場へ

配送料無料

健康リスクを最小にして喫煙を楽しむなら電子タバコがオススメ!

タバコによる有害性

ニコチンとタールの違いや危険性の話に移る前に、全ての喫煙者の方にオススメしたいアイテムを一つご紹介します。
その名も電子タバコ(VAPE)

前述の通り、タバコの二大有害物質といえばニコチンとタール。
このうち片方だけでも完全に無くすことができれば、健康リスクを大幅に減らして喫煙することが可能になると思いませんか?

なんと電子タバコなら完全タールフリーで喫煙を楽しむことができます!

また電子タバコは味が1万種類以上存在するなど、タバコの代用品に留まらない独自の魅力も豊富です。

数ある電子タバコのうち、これから始める1本にオススメなのが『JUUL』という商品
アメリカでシェア7割以上を記録した王道の1本です。
少しでも気になった方はぜひ下記から詳細を確認してみてください!

ニコチンとは?身体への影響など

タバコニコチンの有害性

タバコに含まれる有害物質といえば…のイメージが強いニコチン。
実際にどのような有害物質であり、どんな影響を及ぼしているのでしょうか。

まずはこちらのニコチンについて、概要と身体に及ぼす影響を具体的にご紹介していきます。

ニコチンが人間の身体に与える害は主に依存性血管収縮作用の2つです。

ニコチンとは?

ニコチンとは化学式C10H14N2で表される成分で、タバコの根で合成され、葉に蓄積されます。
実はトマトやナス、ジャガイモといったナス科の植物にも多少含まれており、その毒性により害虫に食べられることを避けています。

人間が摂取した際の影響については後述しますが、神経毒性の強力な猛毒であり、その強い依存性から“タバコが辞められなくなる原因”とされています。

そんな依存性の高いニコチンですが、意外にもニコチンそのものに発がん性はありません
正確にはニコチンが分解・代謝される際に生じるニトロソアミン類と呼ばれる物質は発がん性があるとされているものの、一般的には発がん性が無いといって良いレベルでしょう。

ニコチンによる身体への影響①|強い依存性を持ち、タバコが止められなくなる

前述の通りニコチン最大の害は依存性の高さ
喫煙者がなかなか禁煙に成功できないのはニコチン依存が原因です。

ニコチンはアセチルコリンと呼ばれる物質と非常に似た働きを体内で行います。
細胞の表面にあるアセチルコリン受容体という受け皿のような物質にニコチンが結びつくことで、神経回路に作用し“ドーパミン”と呼ばれる快楽物質が大量に分泌され、心地よさをもたらします。

血中のニコチン濃度が下がると、快楽物質が損なわれイライラするなどの”離脱症状”と呼ばれる症状が生じ、ニコチンを再び摂取したい欲求が強くなってしまうのです。

これがニコチンが強い依存性を持つメカニズムになります。

一説によるとニコチンの依存性は覚せい剤や大麻より遥かに強力であるとも言われています。

ニコチンによる身体への影響②|血管収縮作用で循環器系の病気リスクを高める

ニコチンは依存性の他に強い血管収縮作用を持ち、摂取することで毛細血管が収縮して血圧が上がります
結果として心臓や脳、血管といったいわゆる循環器系の病気の危険性が高まります。

ニコチンによって引き起こされる循環器系の病気の例は、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などです。
これらの病気は後遺症のリスクも非常に高く、命とその後の生活に大きく関わる重病となっています。

タールとは?身体へ影響など

タバコタールの有害性

ニコチンと並んでタバコの有害物質代表とされるタール。
つづいてはタールについて、概要と身体に与える影響を具体的に見ていきましょう。

タールが人間の身体に与える主な害は発がん性口内トラブルとされています。

タールとは?

実はタールとは特定の1つの物質を指すのではなく、タバコ葉の燃焼による煙に含まれる成分のうちガス状成分(一酸化炭素など)を除いた、粒子状の成分の総称です。

発がん性のある物質を大量に含んでおり、タバコが身体に与える害のうち多くはタールによるものとされています。

また一般にヤニと呼ばれているのはこのタール成分のことです。
健康被害の他にも歯や壁紙を黄ばませる、口臭の原因となるなど喫煙に伴う様々な煩わしさの原因にもなっています。

タールによる身体への影響①|がんの危険性を飛躍的に高める

タールの最大にして最悪の特徴が、がんの危険性を高めるという点。
タールは実に約70種類の発がん性物質を含んでおり、タバコの発がんリスクの大半を占める要因です。

特に喉や肺といったタバコの煙が通過する臓器への影響が大きく、非喫煙者に比べて喉頭がんは約32倍、肺ガンは4.5倍、がんのリスクを高めます

その他にも体内に入り込んだタールは、鼻腔・副鼻腔がん、口腔・咽頭がん、食道がん、肝臓がん、胃がん、膵臓がん、膀胱がんなど様々ながんを引き起こす要因になっています。

吸っている本人だけでなく、周囲の人の体内にも入り込む成分のため、自分だけでなく周囲の健康被害をも引き起こします。

タールによる身体への影響②|口臭の悪化、歯の黄ばみ、歯周病リスクの増加

タール最大の害は発がん性にありますが、有害物質の総称であるタールはその他にも様々な影響を及ぼします。
特に影響を感じやすいのが口内環境

タールは粘着性と着色性が高く、一度タバコを吸うと口内に成分が残り続けます。
その結果、ヤニ汚れと言われるような歯の黄ばみ、強烈なタバコ臭、歯周病、せきや痰、歯石付着、味覚障害など様々な口内トラブルの原因となってしまうのです。

【結論】ニコチンとタールの違いは?身体にはどちらが悪いのか

ニコチンタールどちらが悪い

ここまでタバコの二大有害物質であるニコチンとタールの概要や、身体に及ぼす害の違いについて見てきました。

それぞれの物質の有害性を見たときにニコチンは依存性が高く、タールは発がん性物質を多く含むという違いがありましたね。

以上の議論を踏まえて、身体への影響を考えた際にニコチンとタールではどちらが悪いと言えるのでしょうか。

もちろん両者ともに有害な物質であることに変わりませんが、身体への直接的な有害性という点で考えるなら“タールの方がより有害である”と結論付けられます。

とはいっても、タバコを辞められなくさせるニコチンも非常に面倒な存在ではあり、タバコの有害性は「依存性担当のニコチンと実害担当のタールの両輪によって成立している」と言えるでしょう。

タールフリーの電子タバコならニコチンだけを摂取できる

さて前述の通り、タバコの直接的な有害性はタールが占める部分が大きくなっています。
ということは、ニコチンだけを効率的にとることができれば、健康リスクを大きく減らして喫煙を楽しむことが可能と言えるでしょう。

そこでオススメしたいのが電子タバコ(VAPE)という選択肢。
電子タバコを利用すればタールフリーでニコチンだけを摂取することができます!

電子タバコとは?加熱式タバコとの違い

電子タバコとは、リキッドと呼ばれる”香りや味のついた液体を加熱して生じる水蒸気”を楽しむアイテムのことを指します。
紙巻きタバコや加熱式タバコのようにタバコ葉を使用していないため、喫煙習慣を維持しつつ完全にタールフリーにすることが可能です。

操作も非常に簡単でアメリカで圧倒的シェアを誇ったJUULなどの製品は、充電して吸うだけの手軽さで人気を博しました。

また、電子タバコとよく混同されがちなのがアイコスなどの加熱式タバコ
こちらは”タバコ葉を加熱して生じる水蒸気”を吸引するアイテムを指し、タバコ葉を加熱しているため紙巻タバコよりも少量ではありますがタールを始めとした様々な有害物質を含みます。

BeyondVape Nicなら安心にニコチン入り電子タバコを購入できます!

通常電子タバコのニコチン入りリキッドは薬機法により国内での製造や販売が禁止されています。
しかしながら個人輸入の通販サイトからは合法的に購入することが可能です!

個人輸入サイトの場合、サイトによって当たり外れが大きいのが現状…。
身体に取り入れるものだからこそ、電子タバコおよびそのリキッドは信頼できるショップで購入されることをオススメします。

弊社BeyondVape Nicはアメリカ、スウェーデン、日本に12店舗を展開する大手ブランドBeyondVapeが手がけるサイトです。
海外ブランドが展開するサイトではありますが、日本人スタッフによる品質管理や日本向けのカスタマーサポート体制を充実させており、安全に電子タバコをお買い求め頂けます。

大手ならではの安心感をぜひご体験下さい。

ニコチンとタールの違いは?どちらが悪いのか|まとめ

今回はタバコの二大有害物質であるニコチンとタールについてその違いや有害性についてまとめました。

ニコチンとタールのうち、どちらが身体に悪いのかを強いて言うなら「直接的な有害性ではタールの方が身体に悪い」という結論になります。

また電子タバコに乗り換えることで、タールフリーでニコチンだけを摂取することができるため、健康リスク(特にがんのリスク)を大幅に減らして喫煙習慣を継続できます。

1本500円前後から楽しめる商品も御座いますので、気になった方はぜひお気軽にお試しください!

Beyond Vape Nic.のオンラインストアはこちらから!



おすすめトピック


今最も話題の電子タバコ
KIWI(キウイ)新発売です!!

電子タバコ KIWI

不定期で開催中!!
BIG SALE会場はこちらから

7daze egge

【PR】新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

配送料無料