禁煙化が進む昨今、人体への影響やコストパフォーマンスを考えるとタバコを止めるべきということは分かっている…。という喫煙者も多いのではないでしょうか?
でも止められないからこそ困っている!

という方にもおすすめのタバコデバイスが、電子タバコJUUL(ジュール)です。

電子タバコユーザーだけでなく、今までタバコを喫煙していた喫煙者もJUULの虜になるほど人気を博しているJUULは、何故ここまで人気になったのか?

今回はその理由や、JUUL(ジュール)のメリットについてご紹介していきます!

 

JUUL(ジュール)がタバコより優れている点

タバコとJUULを比較

JUUL(ジュール)には数多くの特徴がありますが、まずはJUUL(ジュール)がタバコより優れている点をご紹介していきたいと思います。

JUUL(ジュール)にはどんなメリットがあるのでしょうか?

 

タールを含まず健康被害が少ない

タバコによる健康被害がないJUUL(ジュール)

電子タバコJUUL(ジュール)とタバコの大きな違いはタールの有無です。

JUUL(ジュール)はタバコ葉を使用せず、リキッドを加熱して水蒸気になったものを吸う事でニコチン成分を摂取することができるようになっています。

そのため、一酸化炭素やタールと言った人体に大きな被害を及ぼす成分は発生しないというメリットがあります。

主流煙や副流煙に不安がある方や、健康被害のことは考えてるけど中々タバコを止められないという方にJUUL(ジュール)がおすすめの理由はこのタールが発生しないというメリットがあるからです。

 

不快な臭いが無い

JUUL(ジュール)は臭いが少ないデバイス

タバコの不快な臭いは、タバコ葉や包んでいる紙が燃える際に発生するタールが原因です。

タールは粘着質な成分で服や髪の毛に付着すると嫌な臭いがまとわりつくため、ずっと臭いが付いて回ります。

しかし、JUUL(ジュール)の成分は香料と水蒸気、そしてニコチン成分なので、タバコ葉が燃える臭いもタールによる付着も起きません

香料もタバコのような臭いではなくフルーツの香りやミントの香り、スイーツ系と言った不快さのないものなのでタバコの臭いが苦手という方にJUUL(ジュール)はおすすめできます。

不快な臭いがせず、タールも発生しないので家の中や車の中でも吸う事が出来るのはJUUL(ジュール)のメリットと言えるでしょう。

 

JUUL(ジュール)がタバコの代わりになる理由

タバコからJUULへ移行

タールが含まれなかったり、臭いが少ないというのは加熱式タバコも同様ですが、JUUL(ジュール)がここまでの人気を博したのは理由が明確にあります。

電子タバコユーザーだけでなく、タバコユーザーを虜にしたJUUL(ジュール)の人気の理由についてまとめてみました。

 

優れたニコチン摂取ができるデバイス

満足度の高いニコチン量

今まで、電子タバコはどうしてもニコチン量の含有率に限界があり、紙巻きタバコ喫煙者からしたら物足りないどころか、タバコではないと感じてしまう人が多かったです。

結果的にチェーンスモークが増えたり、禁煙目的であっても中々移行することができませんでした。

しかし、JUUL(ジュール)に使用されているニコチン成分である【ニコチンソルト】は従来のニコチンよりもタバコ本来のニコチンに成分が近く、高濃度で配合できるためタバコに近いニコチン感を得ることができるようになっています。

吸い心地はタバコよりも軽いですが、煙量の多さやニコチン入りリキッドだからこそ感じる香りなどの満足感がタバコ喫煙者からも人気を得ている理由になっています。

 

コンパクトなサイズとオシャレなデザインが人気

JUUL(ジュール)はコンパクトでオシャレ

加熱式タバコや、電子タバコのように持ち歩くものが多いとどうしてもコンパクトに収まるタバコが楽だなぁって思ってしまいますよね。

JUUL(ジュール)はとてもコンパクトなデバイスで、USBメモリの様と称されるほどです。

胸ポケットに入れることも容易ですし、鞄の隙間に入れる事だってできてしまいます。

タバコの箱と同程度の大きさで薄いですからね、荷物を最小限に抑えたい!という方にとってJUUL(ジュール)はかなりおすすめです。

このコンパクトボディというのも、タバコからJUUL(ジュール)に乗り換える人が多い理由になっているのではないでしょうか?

 

加熱式タバコと比べてもメリットの多いJUUL(ジュール)

加熱式タバコとJUUL(ジュール)

アメリカでは加熱式タバコは日本程流行っていません。

その代わりにニコチン入り電子タバコユーザーが多いのですが、JUUL(ジュール)の登場により多くのタバコユーザーが電子タバコJUUL(ジュール)に乗り換え、今では電子タバコシェア7割を占めているという結果もあるように爆発的人気を博しています。

日本ならわざわざ個人輸入しなければならないJUUL(ジュール)を買わずとも、加熱式タバコで良いという方もいると思うので、続いて加熱式タバコとJUUL(ジュール)の違いについてちょっと紹介します。

 

ニコチン量が各段に多いJUUL(ジュール)

ニコチン量が多いJUUL(ジュール)

加熱式タバコにしたことによって、タバコの喫煙本数や量が増えたという方もいるのではないでしょうか?

加熱式タバコはニコチンの発生が少なく、更にフィルターを通すため実際に体内に入るニコチン量はかなり少ないです。

しかし、JUUL(ジュール)は高濃度のニコチン量を可能にしているだけでなく、体内吸収しやすいニコチンソルトを使用しています。

また、フィルターを通さず直接体内に水蒸気として入ってくるので、加熱式タバコに比べるとニコチン量がかなり多いのがJUUL(ジュール)のメリットになっています。

ニコチン量が多いという理由だけでも、JUUL(ジュール)に移行する価値があるのではないでしょうか?

 

ポップコーン臭が無いJUUL(ジュール)

ポップコーン臭

アイコスやグロー、プルームエスと言った高温加熱型の電子タバコって、ポップコーン臭という名の異臭を放ちますよね?

あの匂いが苦手で加熱式タバコを止めてしまったという方も不快な臭いがしないJUUL(ジュール)であれば安心して吸う事ができます。

また、体に臭いが付きにくく、アロマのような匂いなのもJUUL(ジュール)が人気の理由になっています。

タールを排除したいけれども、加熱式タバコがダメだったという方でもJUUL(ジュール)なら気軽に使う事が出来ます。

 

初心者でも扱いやすいJUUL(ジュール)

扱いやすいデバイス

タバコ以外のタバコ製品はボタン操作などの扱いが面倒だったり、使い方が細かかったりと何かと欠点がありました。

タバコならライターさえあれば吸えますからね。

電子タバコJUUL(ジュール)は、ボタン操作が無く吸引すれば水蒸気を吸うことができるため面倒ごとは一切ありません。

本体デバイスにリキッドが入っているJUUL(ジュール)PODを合体させればすぐに使用できるのもJUUL(ジュール)のメリット。

慣れる必要が無く、気軽に始められるというのはタバコからJUUL(ジュール)に移行する人が多い理由になっていると考えられます。

 

掃除が不要なJUUL(ジュール)

初心者でもやりやすいメンテナンス

加熱式タバコは掃除やメンテナンスを怠ると破損の原因や味の劣化原因になってしまいます。

先ほどにも述べたように、JUUL(ジュール)はメンテナンス一切不要なので、味の劣化やメンテナンス不足による故障は起きにくい構造になっています。

リキッドが無くなればカートリッジを差し替えるだけでOK!
気軽にいつでも美味しく吸えるのはJUUL(ジュール)の最大のメリットと言えます。

 

タバコの代わりにおすすめのJUUL(ジュール)まとめ

JUUL(ジュール)のメリットをまとめてみると、

紙巻きタバコよりも有害性が無く同等のニコチン量を保持しながらも、加熱式タバコのようにタールが無くて面倒な点が一切なくなったのがJUULということが分かります。

まさに、タバコデバイスの頂点に立つ存在と言っても過言ではありません。

JUUL(ジュール)がここまで人気になったのにはちゃんと理由があったんです!

紙巻きタバコを卒業したいと考えている方や、加熱式タバコがあまり合わないと感じている方はぜひJUUL(ジュール)をお試しください。