「紙タバコ・加熱式タバコの臭いや健康被害が気になり始めて電子タバコに移行したい」
「周囲で電子タバコを利用している人を見て喫煙者ではなかったものの電子タバコが気になった」

最近は、このようなきっかけから電子タバコを始める方も増えています。

しかし、いざ始めようと思っても何から準備すればいいのか、どれを選べばいいのか分からない、と感じた方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな電子タバコ初心者の方に向けて、電子タバコの始め方を1から詳しく解説していきたいと思います。

最低限のポイントをおさえれば決して難しいものではないので、ぜひ参考にされてみてくださいね!

始める前の基礎知識と準備するもの

vape

まずは、電子タバコについての基礎知識と最低限準備するものをおさえておきましょう。

構造

電子タバコの構造は、リキッドを溜めておくタンクやリキッドを加熱して水蒸気にする部分を指す「アトマイザー」、そのアトマイザーに電力を供給する「バッテリー(MOD)」、水蒸気の吸い口である「ドロップチップ」という主に3つのパーツに分けられます。

種類

電子タバコと一概に言っても、様々なタイプの補填方法や形があります。

補充方法のタイプは、吸い終える度に本体ごと廃棄する「使い捨て式」あらかじめリキッドが入ったカートリッジを交換する「カートリッジ式」本体に自分でリキッドを補填する「リキッド式」があります。

形のタイプは、「スティック型」「ペン型」「ボックス型」に分かれ、順にサイズが大きくなり拡張性や機能性も高くなります。

紙タバコ・加熱式タバコとの違い

最大の違いは、タバコ葉の有無です。

特に電子タバコと混同されやすい加熱式タバコは、タバコ葉を加熱して水蒸気を発生させているので紙タバコに比べて臭いや健康被害を抑制できると言われていますが、有害物質を多く含むタバコ葉を使用していることに変わりありません。

その一方で電子タバコは、フレーバー付きの専用リキッドを加熱して発生した水蒸気を吸い込み、香りを楽しむものです。
タバコ葉不使用で食品添加物を主な成分としているので体への影響は少ないと言われています。

準備するもの

・本体(アトマイザー/バッテリー/ドリップチップ)
・リキッド(カートリッジ)

基本的にはこの2点があれば始められます。

使い捨て式の場合は、リキッドを交換する必要がないので本体購入だけでOKです。

自分好みにカスタマイズできることも電子タバコの魅力の一つですが、自分で各パーツを選んで組み立てるには更に知識が必要になります。

なので、まずは本体やリキッドなど電子タバコを始めるのに必要なものが全てセットになっているスターターキットを購入するのがおすすめです。

JUULスターターキット
『JUUL』スターターキットの詳細はこちら

デバイス選びのポイントは?

vape

・初期費用・ランニングコスト
・機能性
・煙量
・バッテリー容量
・フレーバー
・サイズ感
・デザイン性
・メンテナンスのしやすさ

これらの項目で自分が最も重視したい点はどこなのか決めましょう。

例えば、初期費用を安く抑えたい場合は500~1500円程度で購入できる使い捨て式、長く続ける場合にはランニングコストの安いリキッド式がおすすめです。

また、電子タバコは定期的なメンテナンスが必要不可欠ですが、こまめな手入れが面倒という方にはカートリッジ式がおすすめでしょう。

このように、ご自身の生活スタイルや求める部分を決めておくことは後悔のないデバイス選びに繋がります。

電子タバコ初めてならコレ!

JUUL

電子タバコの中でもコストや操作性、フレーバーの種類、メンテナンスのしやすさなど多方面でバランスが良く、初心者におすすめなのが『JUUL』です。

『JUUL』はアメリカでシェア率7割を獲得している人気のデバイスですが、日本にはまだそれほど普及しておらず、取り扱い店舗も少ないのが現状です。

『JUUL』の特徴は、

・ランニングコストが安い
・ボタンなし、吸うだけで起動する簡単な操作性
・フレーバーが豊富
・カートリッジ式でメンテナンス不要 ・コンパクトで持ち運びやすいサイズ
・スマートなデザインでアクセサリーも豊富
・十分な煙量と吸いごたえ

この『JUUL』を取り扱っている電子タバコ通販サイトBeyond Vape Japanなら、送料無料+平日15時までの注文(決済完了)で当日発送可能といったメリットもあります。

さらに、専門スタッフにオンラインで相談できる「オンライン接客」も実施しているので、通販購入では相談できないというような不安もありません。

JUULスターターキット
初心者におすすめ『JUUL』の購入はこちら

初心者と思われない吸い方は?

vape

1.バッテリー充電
2.リキッド(カートリッジ)補充
3.吸入

電子タバコに必要な物の準備が整ったら、まずはバッテリーを充電し、リキッド(カートリッジ)を補充します。(使い捨て式は購入後すぐ吸い始めることができます。)

あとは、デバイスごとの方法で電源を入れて吸入するだけです。

慣れないうちは喫煙者でもむせやすいので、口に留めるだけでふかしたり直接肺には入れず一度口に溜めてから吸うことをおすすめします。

喫煙所などで初心者だな…と恥ずかしい思いをしないためにも、吸い方や操作方法に慣れておきましょう。

どこで買うべき?

・実店舗
・通販

電子タバコの購入方法は実店舗と通販の2種類に分かれます。

実店舗のメリットは、直接見て購入出来たり専門スタッフに相談できる点です。
初めての方は専門スタッフと相談しながらデバイスを選べた方が安心ですが、専門店はコンビニのようにどこにでもあるわけではないので、店舗を探して足を運ぶ手間がデメリットになります。

通販のメリットは、自宅でも簡単に注文できたり店舗に置いていないデバイスが購入できる点です。
特に最近はできるだけ外出せずに購入したいという人も多く自宅で注文できる通販は便利ですが、相談できない点がデメリットと言えます。

電子タバコの始め方まとめ

ここまでの電子タバコの基礎知識から始め方までがざっくりと分かっていれば、電子タバコはいつでも始められます!

また、電子タバコの始め方やデバイスについてもっと詳しく知りたい方は「オンライン接客」を気軽に利用してみてはいかがでしょうか?

電子タバコに少しでも興味を持っている方はぜひ参考にされてみてください。