タバコの有害性と言えば、喫煙者は既に理解して吸っていると思います。

自分の寿命を縮める事くらい別に…と思っている方も多いと思いますが、タバコの有害性で一番怖いのは副流煙による他人への受動喫煙です。
受動喫煙こそ、本来喫煙者が注意しなければいけないことなのです。

改めて、受動喫煙による副流煙の有害性物質について理解を深めるようにしましょう。

また、副流煙の有害性が削減されているという加熱式タバコの危険性についても調査していきます。

そもそも受動喫煙とは

受動喫煙による被害

最近では『受動喫煙防止法』という、受動喫煙を規制するための法律が進められており、東京オリンピックを控えた今、受動喫煙と言う言葉を聞く機会も多くなりました。

受動喫煙、つまりは副流煙などの有害性物質を非喫煙者に吸わせてしまう行為の事を指すのですが、詳しく調べてみると受動喫煙はタバコを吸っている間に発生する副流煙だけでなく、様々な所で起きていることが分かりました。

喫煙者が吸っている煙からの受動喫煙

受動喫煙の代表とも言えるのが、喫煙者が煙草を吸っている時に発生する副流煙や呼出煙による受動喫煙です。

副流煙はタバコの先から発生する煙、呼出煙は吐き出した際に発生する煙です。

例え喫煙所でタバコを吸っていたとしても、付近を通る非喫煙者は知らず知らずのうちに受動喫煙している危険性があります。

ポイ捨てされた吸い殻、灰皿からの受動喫煙

喫煙者が消したと思っているタバコの吸い殻からも有害性物質を含んだ煙が発生します。

吸い殻のように一見煙が見えなくても、受動喫煙が起こる場合もあるので、喫煙者は吸い殻の処理を自身で確実に行う必要があります。

喫煙者の喫煙後の衣類、呼気からの受動喫煙

吸い殻からも有害性物質が発生し、受動喫煙を起こしてしまう可能性があるのです。

喫煙後の衣類には喫煙所で様々なタバコの煙を吸い込んでいる状態ですし、喫煙者自身の皮膚や呼気からも有害性物質が発生しています。

非喫煙者に有害性物質を吸入しないように心がけても、衣類や人体から発生する目に見えない煙で受動喫煙を引き起こしてしまうのです。

受動喫煙による健康被害

受動喫煙による健康被害

副流煙以外からも受動喫煙してしまう可能性があると考えると恐ろしいですね。

実際、有害性物質を受動喫煙することでどのような健康被害を及ぼすのでしょうか?

喫煙者が注意したとしても、積もり積もって甚大な被害を引き起こす危険性があるので、喫煙者の配慮や、喫煙場所の考慮が重要になってきます。

受動喫煙の急性影響による健康被害

副流煙を大量に吸い込んだ場合や、もともと有害性物質に対して過敏な体質を持つ人が受動喫煙をしてしまうと、以下のような健康被害が引き起こります。

目の痛みや痒み、涙、瞬目、くしゃみ、鼻閉、鼻汁、かゆみ、喉の痛み、頭痛、吐き気、咳、喘息、呼吸の苦しさ、血管萎縮、心拍数増加、皮膚温低下

喫煙者でも喫煙した後の手で目をこすると目の痛みを感じたり、吸った後に喉の痛みや息苦しさを感じることがありますよね?
それと同等、もしくはそれ以上の健康被害を訴える方もいます。

これらが、喫煙によって生じるタバコ煙の有害性物質の作用です。

受動喫煙の慢性影響による健康被害

喫煙後の呼気や、衣類等に付着した有害性物質で急性影響を引き起こす事は稀ですが、慢性的に受動喫煙を行ってしまうことで慢性影響が発生します。

受動喫煙によるガンや心臓疾患・呼吸疾患などのリスクといった危険性が認められたことにより、実際に世界各国で慢性影響は問題視されており受動喫煙防止が世界的に広がっている現状にあります。

受動喫煙による死亡率は年間推定60万人にも及ぶ

WHO(世界保健機関)によると、全世界で年間およそ60万人もの人が受動喫煙により死亡しているとされています。

職場の受動喫煙によって、毎年全世界でおよそ20万人もの人が命を落としているとされていることから、近年の日本での飲食店での禁煙化、受動喫煙防止法は何も突拍子もない法律ではないという事が分かります。

喫煙者の肩身は狭くなりますが、非喫煙者を受動喫煙による危険性から守るためには必要な法律であるという事です。

加熱式タバコであれば有害性物質は少ない?

加熱式タバコによる受動喫煙

近年の受動喫煙防止法に伴い人気を博しているのが、有害性物質を90%削減したというアイコスやプルームテック、グローと言った加熱式タバコです。

有害性物質の中でも特に問題視されていた、タールや一酸化炭素と言った有害性物質の発生を抑え、主流煙と副流煙に含まれる有害性物質を削減したという新しいタバコです。

加熱式タバコであれば、副流煙や受動喫煙による非喫煙者への危険性が少ないというのは本当なのでしょうか?

有害性物質が低減しているだけで無くなったわけではない

各加熱式タバコメーカーが表明しているのはあくまで有害性物質の低減です。

つまり有害性物質が無くなったわけではなく危険性が無くなったことにはなりません。

主流煙は勿論、副流煙に含まれる有害性物質も低減しているだけなので、受動喫煙の影響は勿論あります。

吐き出したエアロゾルの量が紙巻煙草に比べて少ないため、急性影響が起こる確率が少なくなったとしても、慢性影響を引き起こす可能性が十分にありますし、アイコスやグローと言った加熱式タバコの吸い殻は水などで鎮火せず、そのまま灰皿やゴミとして廃棄する分吸い殻から発生する有害性物質は多いと考えられるでしょう。

加熱式タバコに有害性物質が無いというのはウソ

加熱式タバコはいかにも有害性のないタバコ製品と言った売り方がされていますが、有害物質の危険性が全く拭えたという訳ではないことを理解しましょう。

加熱式タバコの内部を掃除せず、ススが溜まった状態であれば、本来発生しないはずの一酸化炭素やタールと言った有害性物が発生することも考えられますし、異なる使い方をすればどんな健康被害が引き起るのかまだまだ研究が進められている段階です。

副流煙などの受動喫煙による健康被害を無くしたいのであれば加熱式タバコを含め、タバコを止める他ないという訳です。

電子タバコなら更に有害性が少ない?

電子タバコは受動喫煙の害がない

一見、煙の量が多く、有害性・危険性の高そうな電子タバコですが、実際は加熱式タバコよりも有害性が少ないとして考えられています。

というのも、電子タバコに使用されているリキッドは、食品にも使用されるプロピレングリコールとフレーバー、そしてニコチン成分とシンプルな造りになっているためです。

タバコ葉を使用していると喫煙時に、数千もの化学物質が発生するのに対し、電子タバコであれば有害性のある化学物質の発生が少ないですし、何よりメンテナンス不要の電子タバコを購入すれば、コイルが焼け焦げて有害性物質が発生する心配もありません。

JUULならニコチン成分の有害性のみ

有害性物質が少なく、受動喫煙による被害を減らしたい!と考えているならJUULがおすすめです。

米国では紙巻きタバコユーザーからの移行が多く、今最も注目されている電子タバコです。

メンテナンスが不要で、コイルが焼けこげる前にカートリッジを交換するため、有害性物質はニコチン成分のみなので加熱式タバコよりも有害性が少ないとされています。

ただし、ニコチン成分は発生するため、ニコチンによる血管萎縮・脱力感と言った被害は有りますし、受動喫煙によって似たような症状が引き起る場合はあります。

禁煙までの繋ぎとして、有害性の少ないタバコ製品が欲しいという喫煙者はぜひJUULを使ってみてはいかがでしょうか?

タバコによる副流煙・受動喫煙の有害性まとめ

受動喫煙防止法

タバコによる有害性は何年も前から認められており、最近では非喫煙者の健康を守るための受動喫煙防止法が注目されています。

喫煙者は、自分への健康被害を理解しているから良い。ではなく、非喫煙者に有害性物質を吸入させ危険性を高めてしまっている事を自覚し、喫煙する場所や時間、また喫煙後の非喫煙者との接触を控える等対策を取るようにする必要があります。

また、タバコによる受動喫煙の被害は紙巻タバコだけでなく、加熱式タバコでも発生します。

加熱式タバコだからと気を緩めず、更に有害性の少ないJUULを使用してみたり、禁煙する方向に進んでみる等改めてタバコとの接し方を見直す必要がありそうです。