欧米を中心に高い人気を誇る電子タバコ【JUUL】、日本国内では加熱式タバコが主流ですが、日本以外の国では電子タバコ、VAPEの方が主流となっています。

特に、イギリスはVAPEに対して非常に寛大な国と言われており、JUULなどの電子タバコが多く販売され、使用者も非常に多いそうです。

今回はそんな、JUULなどの電子タバコが主流となっているVAPEの使用人口が多いイギリスの電子タバコ事情についてご紹介していきます。

嗜好品としてだけではなく、オシャレアイテムとして、そして、医療目的にも使用される事もあるそうです!

イギリスの喫煙事情

イギリス JUUL

まずは、イギリスの喫煙事情を見ていきましょう。

イギリスと言えば芸術は勿論、自然を大切にしているイメージがありますが煙草に関してはどうなのでしょうか?。

紙巻きタバコは屋内原則禁止

イギリスは日本よりも早く、屋内での喫煙禁止という法律を定めており、飲食店やバー、ホテルなどでの屋内喫煙は全て禁止しております。

しかし、一方で野外での喫煙の定めは緩く、基本的にどこで吸っても問題ありません。

街中にはダストボックスに紛れて灰皿が設置してあります。

飲食店での喫煙禁止も、テラス席や屋外席の場合は禁煙の対象外となり、カフェのテラス席でタバコをふかしながらゆったりとしている姿もよく見られます。

ただし、ポイ捨てに関しては非常に厳しく、ポイ捨てをすると罰金が請求されるなど環境には気を使った国民性がうかがえます。

VAPEも同様に基本的に屋内は禁止

紙巻きタバコの場合、原則屋内での喫煙が禁止されています。
VAPEも同様に基本的には外で吸うのが一般的です。

VAPEに寛大な国ということもあり、厳密な法律はないものの、屋内での使用は避けられており、また飲食店の場合、オーナーの意思によってVAPEの使用が可能かどうか定められています。

VAPE人口が多く、また強く規制されているわけでもないのに、マナーを尊重し、周囲の人々を気遣った使用ができているからこそイギリスは世界で最もVAPEに寛大な国になったのかも知れませんね。

JUULなどのVAPEはオシャレ目的にも使用

イギリス JUUL オシャレ

イギリスではJUULのような電子タバコがオシャレ目的としても使用されています。

実際イギリスへ行きVAPEを嗜んでいる人を見ると本当にかっこよく、おしゃれだなぁと感じますよ…。

VAPEが人気の国では、水蒸気が多く発生しているのがカッコイイという価値感があり匂いも周囲の人に迷惑をかけにくい香りを使用している人が多いという傾向にあります。

ハリウッドスターやセレブが使用している

電子タバコがこれほどまでに人気になった理由の一つに、『ハリウッドセレブ』や『海外セレブ』が使用している姿を見て、電子タバコの存在を知り、自身でも使用するようになった・憧れるようになった。等の連鎖によって電子タバコが広く知れ渡る事となりました。

スターが使用しているとやっぱりかっこよく見えますよね♪
スターの多くは持ち運びに便利なコンパクトなVAPE、ペン型のものや、JUULなどのスティック型を好んで使用している方が多いようです。

男女によって持っているデバイスの形が違う

ファッションアイテムとしても親しまれているVAPEは、複数の種類があるため、ユーザーの生活習慣や好みに合わせたデバイスが使用されています。

特に、女性の方やそこまでの頻度でVAPEを使用しないという男性は、コンパクトなペン型やスティック型を愛用している方が多く、逆に多くVAPEを使用する方や、男性は重みのある少々ゴツめなBox型を愛用している方が多いです。

Box型のVAPEはバッテリー量が多く、アトマイザーも大きいため、大量の水蒸気を発生させるのに向いています。

人気のデバイスはデザイン性に優れた商品も多く、様々なVAPEユーザーを虜にしています。

JUULもオシャレアイテムとして大人気!

米国を中心に人気を博している電子タバコJUULはイギリスでも販売されており、人気の高い製品です。

とてもコンパクトな本体で持ち運びが便利なこと、水蒸気量も程よく発生し、メンテナンスの手間などが必要ないという点から万人受けしているのが特徴的です。

こちらもハリウッド俳優や、海外セレブが使用している姿がよく目撃されている事からも人気の高い製品だという事が分かります。

JUUL本体はシンプルであるものの、ステッカーやカバーを付けて自分らしくアレンジしたり、コンパクトさから、スマホの背面に付けるケースを使用していたり、ネックレスにしてみたりと様々な楽しみ方があるため、若者を中心に使用者が多くなっています。

英国のトレンドVAPEぜひ使用してみてはいかがでしょうか?

イギリス JUUL オシャレ
購入はコチラ

VAPEにとても寛大な国 イギリス

イギリス JUUL オシャレ

アメリカと同じくVAPEカルチャーが浸透し、VAPE先進国とされているイギリスが世界一VAPEに寛大な国と言われる所以はズバリ医療品として使用されているという点です。

イギリスはVAPE使用者のマナーが非常にいい事に合わせ、医療目的でも使用されており、規制が厳しくないという観点から世界一VAPEに寛大な国と言われています。

イギリス専門機関により健康被害が少ないと発表

イギリスの専門機関によって、電子タバコは健康被害が少ないという研究結果が発表されており、紙巻きタバコと比較すると、電子タバコの健康被害の発生率は5%程である。とのことです。

もちろん、健康被害の発生率が0というわけでは有りませんが、紙巻きタバコを使用するよりも電子タバコを使用した方が健康被害に陥る可能性が少ない事から、イギリスでは電子タバコが比較的推奨されている傾向にあります。

医療用としてニコチン入りVAPEの使用が認められている

イギリスでは2016年より政府から正式にVAPEを【禁煙補助アイテム】としてに認可した事から、医師から患者へ『禁煙を目的とした処方』を受けることができるようになりました。

実際に、電子タバコを使用する事で禁煙成功率が50%アップしたというデータもあり、イギリスではオシャレアイテムとしてだけでなく、医療目的の製品としての存在感も強くなっています。

VAPEユーザーのマナーがしっかりしている

健康被害の面でも電子タバコVAPEがタバコよりも推奨されていることが分かりますが、これほどまでに電子タバコに対して偏見がないのは、今までのVAPERの賜物ともいえます。

というのも、イギリス国内でのVAPE使用者は非常にVAPEマナーを常に意識して周囲の人に迷惑の掛からぬよう節度を保った使い方が浸透しています。

電子タバコは紙巻きタバコに比べて95%も健康被害が減少するとは言え、有害性がある事に違いは有りません。
その為、イギリスのVAPER達の間ではこういった時と場合、場所によって使い分け使用するというマナーが徹底している為、法律等で定めずとも自然と徹底したマナーの元、使用されているのがイギリスのVAPE事情の最大の特徴です。

電子タバコ購入

>>JUULの最短購入はこちらから<<