最近では子供が生まれたからという理由で、ご自身や子供の健康へのリスクを考えて加熱式タバコに移行するケースが増加しています。

紙巻きタバコに比べて有害性物質の発生が減少しており健康被害も少ないと思われがちな加熱式タバコですが、本当に健康被害が少ないと言い切れるのでしょうか?

今回は日本でもユーザー数の多いグローに着目してご紹介していきたいと思います。

グローの副流煙による悪影響や、子供の前でグローを使用した場合考えられる被害について調査しました。

加熱式タバコグローの有害性

加熱式タバコグロー

出典:glo 公式HP

グローをはじめとする加熱式タバコは紙巻きタバコに比べて有害性物質が90%削減されているという公式発表の元販売が開始されました。

その為、タバコに比べて副流煙などの害や悪影響が少ないものという認知が広まり、結果的にここまで加熱式タバコユーザーを増やす事に成功したと言えます。

しかし本当に有害性物質は90%も削減されているのでしょうか?また、悪影響がなくなったというのは本当なのでしょうか?

グローと紙巻きタバコの違いについて

まずは、グローと紙巻きタバコの違いを分析しましょう。

両者の違いは、主にこのようになっています。

  グロー タバコ
加熱方法 電気熱
タールの発生 なし あり
一酸化炭素の発生 なし あり
ニコチンの発生 あり あり

最大の特徴は煙に含まれている成分

グローと紙巻きタバコの大きな違いとしては、タールや一酸化炭素と言った有害性物質の有無が挙げられるでしょう。

そもそもの加熱方法が違うため、煙や副流煙に含まれる成分に違いが生じます。

グローは電気熱で温めてエアロゾルを発生させるため、火を使用することで起こる不完全燃焼による一酸化炭素の発生が抑えられます。

またタールも火を使用することで発生する成分なので、タバコによる悪影響の中で一番危険視されている二つの有害性が抑えられていることは確かです。

ニコチンは含まれる

グローはタバコ葉を電気熱で加熱するため、ニコチン成分は変わらず発生します。

ニコチンによる有害性は、タバコもグローも変わりありません。

当初は加熱式タバコのニコチン量を記載する必要性が無く、グローに含まれているニコチン濃度が分かっていませんでした。

その後グロー公式から発表があり、グローに含まれているニコチン量はおよそ『0.46mg』と明記されています。

紙巻きタバコで言うところの6㎎のタバコと同等量という事になりますので、ニコチンの量に関しては消して少ないとは言えない量になっていることがわかっています。

グローのその他の有害性物質は?

グローのベイパーから発生する有害性物質と、タバコから発生する有害性物質を比較したところ、アセトアルデヒド・ベンゼン・ホルムアルデヒドをはじめとする有害性物質の含有量が大幅に減少している事が独自の研究結果より判明しています。

メーカー側の研究結果によるものなので確実とは言い切れませんが、有害性物資は確かに9割方カットされていると言っても過言ではありません。

しかし先述したようにニコチンの量は通常のタバコと変わらない程度の量になってしまっているので、全く害がないタバコではないということに注意しましょう。

グローはどのようなユーザーに選ばれている?

グローおすすめのユーザー

出典:glo 公式HP

国内でもユーザーがかなり多いグローですが、どのような理由から消費者に選ばれているのでしょうか。

他の加熱式タバコにはないグロー独自の強みをご紹介します。

ライトなタバコ感を求める方

グローは、同じ高温加熱式タバコのアイコスよりも加熱温度が低い設定になっています。

これによってタバコの味をほどよく抑えつつメンソールやフレーバーとうまくブレンドした楽しみ方ができるため、ライトな加熱式タバコを求める方からの評価も高いのです。

またこれによって加熱式タバコ独特のポップコーンのような匂いも抑えることができるため、お部屋や服に匂いがついてしまうことを心配している方にもおすすめできます。

フレーバーの多さやメンソール系に強い

通常タイプのグローでも使用できるフレーバー・ブランドは20種類あり、そのうち4/5はメンソールフレーバーとなっています。

加熱式タバコの中でもグローは圧倒的にフレーバー数が多く、メンソールの大きな楽しみ方の一つでもあるカプセルをつぶして強いメンソールを楽しめるのも実はグローのみなんです。

またグローはシリーズによってはたばこの葉の量が増えていたり、加熱の温度が高くなっているシリーズもあります。

グローは他の電子タバコより吸う時間短いらしいけど、私が買ったやつは結構メンソールも強いしかなりいいぞ
引用:Twitter

掃除の手間がを省きたい方

アイコスシリーズ等、アイコスイルマ以前の機種では「ゴミが溜まりやすいから掃除が大変…」という意見をよく耳にします。

ですがグローは喫煙後のゴミの排出も少なく、また掃除も使用後にブラシで拭くだけというお手軽使用になっているため、かなりのユーザーが喜びの声を投稿していました。

グローのお試しのやつ届いたから使ってるけど
iQOSより煙が多い(倍は出る)
吸いごたえもまあまあ
掃除が楽
ハズレのタバコがない
とか今のとこ良い感じだよ、壊れてもコンビニで980円だし
引用:Twitter

専用の綿棒は1度限り再送してもらえますが、以降は有料となりますので現在使用中の方は無くさないようにしましょう。

有害性物質が少ないなら子供が吸っても問題ない?

グローの子供使用は禁止?

もちろん、グローもタバコ製品なので20歳未満の喫煙は禁止されています。

しかしグローに含まれる有害性物質が9割もカットされているなら悪影響は少なく、子供が吸っても影響は小さいように感じますがどうなのでしょうか?

ニコチンが入っている時点で子供はNG

グローに含まれる有害性物質が9割カットされているからと言っても、人体に影響を与えるニコチン成分は含有されています。

その為、例え有害性が少ないと言っても子供が吸うのは禁止されています。

ニコチン成分による有害性は依存性は勿論、血管の委縮や脳の萎縮等が認められており、成長途中の子供が吸うのは例え副流煙であっても危険です。

もしグローを使用するのであれば必ず、20歳を過ぎてからの喫煙が鉄則となっています。

有害性物質が減っているだけで、悪影響が減ったわけではない

有害物質と悪影響

グローから発生する有害性物質が削減されたことで健康への悪影響が少なくなったと思っている方が多いですが、悪影響は変わりなく存在している事を理解する必要があります。

「有害物質が9割カット=病気になるリスクも9割カット」という訳ではなく、変わらず健康リスクは存在するのです。

タバコには変わらず健康リスクがある

様々な研究の結果で判明したことですが、例えタバコによる有害性物質が減っても病気になるリスクが減るという訳ではありません。

有害性物質が90%削減されたからと言って人体への悪影響も90%削減したとは言えない事をしっかりと理解しましょう。

また、害を及ぼす煙は副流煙にも有害物質が同様に含まれています。

副流煙による有害性物質は子供には危険

タバコを吸っている喫煙者が最も注意しなければいけない事は、副流煙や呼出煙といった煙の配慮です。

副作用によってニコチン中毒になるといったことは滅多に起きませんが、少ならからず悪影響は有ります。

そのため子供の傍では吸わない、必ず喫煙所で吸う等、グローを吸っていても喫煙ルールをしっかり守るようにしてください。

メンテナンスを怠ることで更に有害性物質発生の可能性も?

グローは、本体内部にタバコスティックを差し込み電気熱で加熱を行います。

先述したように簡単なメンテナンスしか必要としないグローですが、あまりにもメンテナンスを怠ることで加熱効率が落ちタールや一酸化炭素が発生する可能性があります。

というのも、内部に溜まったススは所謂、不完全燃焼状態です。
ここに電気熱が加わることで有害性物質が発生してしまう可能性も考えられるでしょう。

このように、グローは害や悪影響の無い安全なタバコとは言い切れないのです。

実はこんな欠点も!グローの弱点

グロー弱点

有害性が少なくないことがわかったグローですが、実際のユーザーのレビューを見ると思わぬ弱点も存在するようです。

グローを購入しようと思っていた方も、ぜひ一度足を止めてご覧ください!

本体が壊れやすい

SNS上でグローのユーザーを調査すると、「掃除していたら壊れた!」といった声も多く見られます。

グローが詰まっちゃったから、ブラシで取り出そうと思ったら、機械ごと出てきたんですが!!!!!
えーーー!グロー一台壊れた😇😇😇
引用:Twitter

また他にも意外な壊れ方をすることも多いようで、このようなケースもあるようです。

わしのグロー吸ってて吸い終わって吸い殻取り出そうと思って引っ張っても全然出てこなくて思いっきり引っ張ったらフィルターだけ出てきて後ろの穴から棒入れて思いっきり押したら中身全部出てきて壊れたわw
引用:Twitter

他社の加熱式タバコと比べてかなり低価格で販売されているため作りが多少荒いのは仕方ないかもしれませんが、ここまで壊れやすいとなると購入するのも少し及び腰になってしまいます。

口内炎になりやすい

加熱式タバコが抱えるリスクとして、喉の痛みや口内炎といった症状が考えられます。

口コミを調査するとグローはアイコスやプルームシリーズと比較してその現象が起きやすいらしく、「グローを吸い始めてから口内炎が…」といった方も多いようです。

人生でほぼ無縁だった口内炎
最近口内炎じゃない事がほとんどない
なんとなく原因分かった
グローだ
1年前にこれに変えてから口内炎がめちゃくちゃできるようになった気がする
グロー好きなんだけどプルーム+に変えるか…
引用:Twitter

これにはタバコスティックの成分や加熱の温度などが関わっていると思われますが、口内炎ができまくる生活はちょっと御免被りたいですね…

有害性を抑えてタバコを楽しむなら『JUUL』

有害性の少ないタバコJUUL

実はグローなどの加熱式タバコは日本と韓国のみで、他の国で有害性の少ないタバコと言えば『電子タバコ』が主流です。

日本ではニコチン成分の取引が禁止されているため加熱式タバコユーザーが多くなっていますが、タバコ葉を使用しない電子タバコは加熱式タバコ以上に害が少ないと言われています。

特にコンパクトさと使いやすさが人気のニコチン入り電子タバコ『JUUL』は米国で75%のシェアを誇る大人気の商品となっており、日本でも使用することが可能です。

電子タバコって何?

電子タバコとは、タバコ葉以外の成分由来のニコチン成分を含むリキッド(液体)を蒸発させて楽しむというタイプのタバコです。

排出される成分はニコチンと食品にも使用されるほど安全が何重にも確認された食品添加物だけのため、加熱式タバコの副流煙に見られるような少量の発がん性物質も含まれていません。

ニコチンは含まれているためもちろん子供の前での使用はNGですが、タールも含まれていないためお部屋の中でも心配せずに使用することが可能です。

ここからは、JUULのさらなる魅力をご紹介します!

JUULの特徴①:最強の使い勝手

JUULはリキッドの入ったカードリッジを交換して使用するPODタイプのため、メンテナンスが全く必要ありません。

またグローのように吸うまでの待機時間は連続吸引回数の制限もなく、吸いたい時に吸いたいだけ使用できるのが最大のメリットといえるでしょう。

また商品の外観もかなりスタイリッシュな仕上がりとなっているため、シチュエーションを選ばない使い方ができるのも大きなメリットです。

JUULの特徴②:豊富なフレーバーラインナップ

グローの強みとしてフレーバーの多種多様さが挙げられていましたが、JUULは対応製品も多く販売されているためそれ以上に味が豊富です。

タバコやメンソールを始めとした基本的な品揃えはもちろん、フルーツ系のフレーバーもかなり強く女性からの人気もかなり高くなっています。

・ド定番の大人気フレーバー!
~バージニアタバコ/メンソール

・フルーツ系が大人気のaltpods
~ミント/マンゴー/ベリーズ/モカ/グレープフルーツ/パイナップル

・強烈清涼感が病みつきのICE POD
~ブラックアイス/マンゴー/ミント/グリーンアップル/グレープ/ピーチ

その他にも無味無臭のニコチン添加剤も販売されており、市販されているE-リキッドと組み合わせてお好みのフレーバーを作り出すこともできます。

この無限の組み合わせは電子タバコならではの特徴で、永遠に飽きが来ることなく楽しめるのはうれしいポイントですね!

JUULの特徴③:優れたコストパフォーマンス

タバコスティックを買い足していく加熱式タバコと比較して、JUULのカードリッジはコスパにも非常に優れています

比較例としてJUULのタバコフレーバーと、グロー専用のneo「ネオ・ブリリアント・ベリー・スティック」を取り上げてみましょう。

項目 JUUL グロー
価格 1,512円 540円
数量 4個 20本
パフ数/個、本 200パフ 約10パフ
1パフ当たりの金額 1.89円 2.7円

ご覧のように、パフ単位で計算してもかなりの差があることがわかります。

また電子タバコは途中で吸い止めることもできるため、加熱式タバコとは比べ物にならないレベルでお得に長く楽しめるはず!

最初に購入するならスターターキットがおすすめ

JUULスターターキット購入

もしJUULを購入しようか迷っている方であれば、本体とカードリッジがセットになった『スターターキット』がおすすめです!

・JUUL本体 4,480円
・カードリッジ 1,512円
⇒通常であれば5,992円のところを5,024円で購入可能!

およそ1,000円近くお得にJUUL購入するチャンスですので、ぜひお試しください!

JUULスターターキットの購入はコチラから

グローの副流煙による害や悪影響まとめ

今回は、使用している方も多い加熱式タバコであるグローについて、その有害性や子供への悪影響についてご紹介しました。

グローの有害性物質の発生が9割近くカットされているからと言って、悪影響が無いという訳では決してありません。

副流煙にはニコチン成分以外にもさまざまな有害性物質が含まれているため、子供が喫煙するのはもちろん、子供の近くで喫煙を行うのもとても危険です。

今より少しでも害を減らしたいなら、より有害性の少ない電子タバコJUULを使用するか完全に禁煙する必要があります。