紙巻きタバコによる健康被害を気にしている方におすすめとされている電子タバコ

日本国内で販売されている商品はニコチンもタールも入っていない健康被害が抑えられたものが販売されています。

ところで…ニコチンとタールが入っていない電子タバコは健康面のメリットが多いと思われがちですが本当なのでしょうか?

今回は、改めて電子タバコとはどんなものなのか、特徴やメリットそして、デメリットについてもご紹介していきたいと思います。

電子タバコってそもそもなに?

電子タバコとは

電子タバコが何なのか、ニコチンもタールもゼロだけどタバコっぽいもの。くらいの認識が多いのではないでしょうか?

電子タバコはフレーバーリキッドと呼ばれるものを電力で加熱し、水蒸気化したものを吸引するものです。

一般的に『VAPE』と呼ばれることも多く、中国や米国などを中心に愛用者を増やした嗜好品です。

電子タバコの特徴

電子タバコの特徴と言えばやはり、火を使用せずに楽しむ嗜好品そして、香りや味を楽しむためのものという点。
タバコのように嫌なヤニ臭さがなく、フルーツやスイーツ、ミントなどの良い匂いのするものが多くなっています。

自分好みのフレーバーを楽しめ、周囲の人にそこまで迷惑をかけずに使用する事ができるのは電子タバコの特徴です。

フレーバーによっては匂いがキツい場合もあるので注意が必要ですが、タバコの臭いと比べると滞留時間も短く髪や洋服に染みつくこともないので気軽に吸えるデバイスになっています。

アイコスなどの加熱式タバコとの違い

電気を使用して熱を発生させる電子タバコ、というとアイコスも電気で気化させる製品ですし、同じようなものに見えますね。

実際に、海外では電子タバコも加熱式タバコも同じひとくくりの商品とされている事が多いですが、アイコス等の加熱式タバコと電子タバコは明確に大きな違いがあります。

それはニコチンの有無です。

電子タバコ 加熱式タバコ
加熱方法 電力で加熱
加熱するもの リキッド タバコ葉
タール 含まない
ニコチン 含まない 含む

上記のように、日本で販売されている加熱式タバコと電子タバコには違いがあります。

電子タバコは、フレーバーを蒸気にして楽しむもの
加熱式タバコはタールを無くしたタバコの代替品

といった風に目的が違います。

電子タバコのメリット

電子タバコのメリットデメリット

電子タバコの主な特徴はタバコに比べて不快感が無いというところにあります。

嫌な臭いが無く、ニコチンもタールも入っていないので健康被害が少ないタバコ製品と言えるでしょう。

電子タバコをこれから使おうか悩んでいる方に向けて、ここからは電子タバコにした時に得られるメリットについてご紹介します。

健康被害が少ない

なんといっても電子タバコのメリットは紙巻きタバコの主な有害性物質が混入していない事があげられます。

可燃する事で発生する一酸化炭素やタールが抑えられ、またニコチンが含まれていないことにより、発がん性物質や依存性を最大限に迄下げる事ができます。

タバコと電子タバコを併用して減煙を行っている方や、電子タバコに切り替えることで禁煙したという方もいるほど、タバコの代用品としての効果も発揮してくれます。

選び放題のフレーバー

紙巻きタバコの場合、ある程度フレーバーが決まってますし、加熱式タバコはその型に合ったヒートスティックを使用しなければいけません。

しかし、電子タバコはリキッドを変えるだけで様々なフレーバーを楽しめます。

タバコのように苦味のある味だけでなく、フルーツ系・スイーツ系・ドリンク系フレーバーと言った香りや味を楽しむためのリキッドも多く販売されているので味を無制限に楽しむことができるのも魅力の一つです。

手間ではありますが、フレーバー同士を調合してオリジナルフレーバーを作る事もできます。

喫煙者からも満足度の高い使用感

ニコチンの入っていない電子タバコで本当に禁煙ができるのか、というのは気になるところですよね。

確かに、ニコチンが入っていないというのは吸っていてわかりますし、物足りなさも感じます。
が、ある程度タバコに近い煙量や、重みを煙で表現している電子タバコは想像以上にタバコの代用品としての役割を果たしてくれます。

タバコを吸いたいと思ったタイミングで変わりに電子タバコを吸うという動作を繰り返す事で減煙することができ、次第に禁煙することができるようになります。

紙巻きタバコに比べてコスパがいい

電子タバコは最初購入する際に、本体代が高いと言う欠点があります。

しかし、紙巻きタバコに比べると年間を通しての金額は電子タバコの方が圧倒的に安くなります。

というのも、電子タバコは途中で吸うのを止めることができるのです。
紙巻きタバコやアイコスなどの電子タバコの場合一度火をつけてしまえば吸い終わるまで途中でやめることができません。

こういった小さな積み重ねによって電子タバコの方がコストを抑えて楽しむことができます。

電子タバコのデメリットはある?

健康被害や、禁煙の効果、金銭面においてもメリットの多い電子タバコですが、デメリットももちろんあります。

メリットに比べれば少ないデメリットではありますが、使い始める前に知識として知っておくべき事です。

今使っているタバコ製品と比べてどちらの方が優れているか、自身で比較してみてください。

メンテナンスの面倒さ

電子タバコのデメリットの1つは、メンテナンスの面倒さが挙げられます。

リキッドの補充は勿論、コイルも使い続けると苦味の原因になってしまうので定期的に交換する必要があります。

また、電子タバコは精密機器なので急な故障も考えられます。
浸水や落下による故障も考えられるため使用・保管には注意する必要があります。

デバイスに興味がある、好きという方にはおすすめですが、興味のない方にとっては少々面倒な点です。

研究がまだ進んでいない

電子タバコには有害性物質が全く入っていないわけではないという事を忘れてはいけません。

タバコから発生するタールやニコチンは入っていませんが、研究が進んでいない為今後どんな害が出るかわからないのです。

電子タバコに使用されているリキッドの成分は、人体に影響がないもののみで、食品加工にも使用されている成分ということもあり害がないと考えられていますが、継続的に使用することでどういった被害が出るのかというのは解明されていません。

電子タバコ初心者にもおすすめなのがJUUL

JUULスターターキット購入

購入はコチラ

電子タバコの主なデメリットは、メンテナンスの面倒さそして研究がまだ進んでいないという2点があります。

研究に関しては、今後も動向を見ていくしかありませんが、メンテナンスの面倒さはデバイスの選び方次第です!

リキッドやコイルの交換が面倒という方におすすめなのが米国で大人気の電子タバコJUULです。

JUULは、クローズアトマイザーというリキッドが既にカートリッジに入っており、コイルが一体化しているアトマイザーを使用するため使い終わったら捨てるだけという簡略化された製品になっています。

ノンニコチンのカートリッジは日本人調香師が作成した日本人の味覚に合ったフレーバーですし、満足できること間違いなしです!

初めて電子タバコを使用する、簡単に扱える電子タバコを探しているという方はぜひJUULを試してみてはいかがでしょうか?

電子タバコの特徴とメリットまとめ

電子タバコJUUL

電子タバコは、紙巻きタバコや加熱式タバコと違い健康被害が最小限にまで抑えられたものです。

メンテナンスが必要だったりと手間のかかる製品からカートリッジ使い捨てのタイプまで様々ですので、自分のライフスタイルに合ったデバイス選びが重要になってきます。

紙巻きタバコに比べてコストパフォーマンスも優れており、使い方次第では減煙・禁煙にも効果があるので少しでも健康に気を使いたい方や、興味のある方はぜひお手にとってみてください!