現在日本で広まっている電子タバコ。

主流となっているのはニコチンやタールなどを含まない製品が多いですが、最近では海外発のニコチン入りの電子タバコも注目を集めています。

ニコチン無しの電子タバコで覚える物足りなさを感じることがないため、海外で禁煙・減煙目的でのニコチン入り電子タバコの利用が話題を呼んでいるのです。

そこで今回は、国内でのニコチン入り電子タバコの購入方法・使い方などをまとめてご紹介します!

ニコチン入り電子タバコの使い方

ニコチン入り電子タバコ 使い方

ニコチンが入っているものは、使い方に違いがあるのではないか気になる方も多いですよね。

ノンニコチン電子タバコとの違いは吸い込むリキッドが変わっているだけなので、基本的な使用方法に違いはありません。

特に、POD型やカートリッジ型のニコチン入り電子タバコの場合は、ニコチンの調整なども必要がないため、ノンニコチンの電子タバコと使い方に変わらずに使用できます

簡単に使える電子タバコ

一口に電子タバコと言っても、実際には様々な種類が存在しています。

本体にリキッドを注入する物や使い捨て出来る製品などがありますが、中でもおすすめなのはPOD型の電子タバコ。

リキッドが充填されたカードリッジを本体に入れるだけで使用出来るため、気軽にフレーバーを変更できる点が魅力的です。

また、リキッドに変化が欲しいと考えている場合には自分で調合することも出来ます。

ニコチンの濃度を変えるにはニコチン濃度調整方法についてをご覧ください。

既製品と自分で調合するのはどっちがおすすめ?

既製品 調合

日本に浸透した電子タバコユーザーの中には「市販されているリキッドは少し飽きてきたかも…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

かといってニコチン入りのリキッドを製作することにはリスクもあるため、一概にはおすすめ出来ません。

既製品のリキッドと自分好みの味を自作するのはどちらがおすすめなのか、ご紹介します。

リキッドのすゝめ

万人におすすめ出来るのは、やはり既製品のリキッドです。

当サイトから購入できるaltpodsなどはプロの調香師が監修しているため、安全性や品質の高さが担保されています。

もちろん「市販品の味を制覇した」「もっと自分好みのフレーバーを作りたい」という方にはセルフ調合が好ましいですが、必ず電子タバコに慣れてから行うようにしましょう。

ニコチン入りリキッドの取扱いを誤ってしまうと急性ニコチン中毒などを引き起こす危険性があり、命に関わる症例も報告されています。

リキッドを自作される際には、くれぐれも注意して十分な下調べをしてから行うことを忘れないでください。

ノンニコチンとニコチン入りの違いは?

ノンニコチン ニコチン入り 違い

ニコチン入りと無しのリキッドには、他にどのような差があるのでしょうか。

日本国内での法律からの視点も交えつつ、様々な視点から分析しました。

日本国内での電子タバコの立ち位置

日本で公に販売されている電子タバコはニコチン・タールを含まないことから”タバコ類似製品”とされ、規制の対象外です。

一方で医薬品以外のニコチンは他国と比べてもかなり激しく規制されており、保管・使用については責任者や行政への届け出が必要となっています。

「じゃあニコチン入りリキッドの所持は違法?」と疑問に感じる方も多いと思いますが、個人が自分の使用のために輸入を行う場合には違法性はありません。

国内では未承認薬物として扱われるニコチンリキッドを業者が販売のために輸入・広告をすることは薬事法違反となりますが、個人輸入をする分には一切問題がないのです。

ただ、転売や他者への譲渡をしてしまうと違法行為となるので注意するようにしましょう。

吸い応えの違い

ニコチンの有無で明らかですが、ノンニコチンとニコチン入りの電子タバコでは吸い応えに差が生まれます。

ノンニコチンの電子タバコでも「タバコ葉を再現した満足の吸い心地」といった謳い文句を見ますが、喫煙者の方が実際に試してみると物足りなさを感じることも多いようです。

紙たばこから減煙・禁煙を考えている方は、いきなりニコチン0の電子タバコを使うのではなく、まずは少量のニコチンを含んだ電子タバコから試してみてはいかがでしょうか。

中でもおすすめなのはアメリカで人気沸騰中の電子タバコ『JUUL』です!

電子タバコ ニコチン

紙タバコより低いニコチン量を含んでおり、アメリカでは禁煙用の電子タバコとしての需要が高まっています。

タバコ風の味からフルーツ・デザートのようなフレーバーまで充実しているためストレスフリーで喫煙を減らすことができ、スモーカー達から評価は高くおすすめな電子タバコです。

また先ほどご紹介したPOD型のため使い勝手が良く、慣れていない方でも安心して使用出来ます。

JUULの詳細はこちらから!

ただ『JUUL』にはニコチンが含まれているため、その危険性などを理解した上で使用するようにしましょう。

ニコチン入り電子タバコの購入方法

ニコチン 電子タバコ 購入方法

では実際に当サイトでニコチン入り電子タバコを購入する際には、どのような手順で進めていけばいいのでしょうか。

購入する際の注意点なども一緒にご案内します。

ご購入方法

①:商品をカートに入れる

電子タバコ

購入される商品が決まりましたら、ページ内の「カートへ入れる」ボタンを押してください。

②:カートを確認する

電子タバコ

画面上部のカートのアイコンをクリックし、先ほどカートへ入れた商品と同じ商品が追加されているかをご確認ください。

数量を変更したい場合は数を選んでから☑ボタンを、商品を削除したい場合は☒ボタンをクリックしてください。

③:決済種別を選択

電子タバコ

続いてお支払方法を選択します。

クレジットカードまたは銀行振り込みでの支払いが可能です。

④:配送先のご入力

電子タバコ

配送先の住所を指定します。

この際入力するのは事務所や職場などではなく、必ず自宅の住所を入力するようにしましょう。

⑤:ご注文内容の確認と完了

ご注文に間違いが無ければ「この内容で注文する」を押して注文を確定させましょう。

お支払方法で口座振り込みを選択した方は、ご注文確認ページ・メールから支払先の口座番号を確認することが出来ます。

購入時の注意事項

電子タバコ

先述したように、ニコチン入りタバコは個人輸入という形であれば合法的に手に入れることが出来ます。

しかし無制限・無制約に購入出来る訳ではなく、実際には様々な点に注意しなければなりません。

〇購入量について

厚生労働省はニコチン入りのリキッドについて、1ヶ月に個人使用のために輸入が出来るのは吸引数12,000回以内分までと定めています。

JUULのカードリッジ1つは200回分の吸引が出来るため、1月に1箱4カードリッジ入りの物を15箱まで購入することが可能です。

このボーダーを超えてしまうと関税による破棄もしくは返送となる可能性となるため、くれぐれもご注意ください。

〇取扱いについて

購入したカードリッジは必ず自分で使用するようにしてください。

日本で認可されていないニコチンを含む製品を国内で転売、譲渡すると法律で罰せられてしまうため、友人間での依頼注文なども避けなければなりません。

また、注文する住所は必ず自分の自宅を入力しましょう。

配送先が会社や事業所となっていると通関を通れなくなってしまうため、必ず「本人住所・個人名宛て」を心がけてください。

ニコチン入りの電子タバコまとめ

今回は、ノンニコチンの電子タバコとニコチン入りの電子タバコの違いをご案内しました。

禁煙目的でノンニコチンの物を買ったけど物足りない…という方にはニコチン入りの電子タバコがおすすめ。

その中でもよりリアルな吸い心地やフレーバーを楽しみたい際には、ぜひ『JUUL』をご検討ください。

先述したようなポイントに気を付けながら、電子タバコを楽しみましょう。

JUULの詳細はこちらから!