昨今の健康ブームなどをきっかけに、紙巻きタバコから電子タバコ(VAPE)に切り替えようかなと考えている方は多いのではないでしょうか。

しかしせっかく電子タバコを買ったとしても、結局ハマらなかったらもったいないなと思う方もいると思います。

そこで今回は、電子タバコにハマる人・ハマらない人の違いについてお話していき、最後におすすめの電子タバコについてもご紹介します!

電子タバコ(VAPE)にハマるのはこんな人!

紙巻きタバコと電子タバコの違い

電子タバコ(VAPE)は、アメリカを中心に全世界で人気を集めているガジェットとなっており、日本国内にもハマる人は大勢います。

実際、禁煙目的として紙巻きタバコから電子タバコに切り替える方も珍しくなく、ここ最近では電子タバコユーザーも増加傾向にあります。

では、電子タバコにハマる人というのは、一体どういった人なのでしょうか?

紙巻きタバコ特有の臭いに悩んでいる人

電子タバコにハマる人の特徴としては、元々紙巻きタバコ特有の臭いが苦手・嫌いという方が多いでしょう。

紙巻きタバコには、ニコチンやタールをはじめさまざまな化学物質や有害性物質が含まれており、燃やすことでタバコ特有のあの臭いが発生します。

吸っているときはもちろん、吸い終わったあとも服や髪の毛に臭いが染み付いてしまい、自分だけでなく周りの人からも「臭い」と思われてしまうこともあります。

また紙巻きタバコは、臭いだけでなく歯の黄ばみや口臭にもつながりますし、室内で吸っていれば壁などもヤニで黄ばむなどさまざまな悩みに発展することも少なくありません。

電子タバコであればそういった悩みに頭を抱えることがないため、紙巻きタバコならではの悩みを感じている方は電子タバコにハマりやすいでしょう。

珍しいガジェットがほしい・好きな人

人によって珍しいガジェットが好きな人や変わったものが好きという方がいると思いますが、そういった方は特に電子タバコにハマりやすいと思います。

電子タバコには、多種多様なデザインのデバイスがあり、スタイリッシュなものから男らしい無骨なデザインのものまでさまざまです。

また電子タバコにはカスタム性もあるため、自分の好みに合わせていろんなパーツを組み合わせるという楽しみ方もできます

さらに電子タバコに使うリキッドも豊富な種類・フレーバーがあり、好きな香りを混ぜてオリジナルフレーバーを作るなど、嗜好品としての側面も強いのが電子タバコの魅力です。

仕事などで人と接する機会が多い人

電子タバコは、さまざまな用途で使われており、中でも仕事などで人と接する機会が多い人の中には、好んで電子タバコを使っている方が多い傾向にあります。

例えば、接客業や営業の方は、紙巻きタバコを吸っているとお客さんや取引先と接するときに臭いが気になってしまうことが多いです。

相手にタバコの臭いが苦手な人がいたら、不快に感じさせてしまうかもしれませんし、何より取引や購買意欲に支障が出てしまう可能性もあります。

そういったリスクを低減させるためにも、仕事柄人と接する機会が多い人は、紙巻きタバコよりも電子タバコにハマるケースがあるようです。

電子タバコ(VAPE)にハマらないのはこんな人!

紙巻きタバコと電子タバコの違い

ここまで電子タバコ(VAPE)にハマる人についてご紹介してきましたが、他にも軽めの紙巻きタバコを吸っている人や女性の喫煙者の方も電子タバコにハマる人が多い傾向にあります。

では反対に電子タバコにハマらない人の特徴としては、どういったものがあるのか確認していきましょう。

紙巻きタバコ特有の香りや味が好きな人

電子タバコにハマらない人の特徴としては、やはり紙巻きタバコそのものの香りや味が好きという方です。

一般的にタバコの臭いは苦手という人が多いですが、中には「タバコ特有の臭いや味が好き」という方も一定数います。タバコ葉の風味や吸ったときの口当たりや吸いごたえなど、趣味的な感覚で喫煙している方も多いです。

そういった方は、やはり好き好んで紙巻きタバコを吸っているわけですから、電子タバコにはハマりにくいといえるでしょう。

禁煙をしたい気持ちが薄い人

電子タバコは、禁煙目的で購入する方も非常に多いのですが、なんとなく「禁煙しようかな〜」とそれほど禁煙した気持ちが強くない人だとハマらないかもしれません。

日本で売られている電子タバコは、ニコチンやタールが含まれていないため禁煙グッズとしても人気があるのですが、結局物足りなくなって紙巻きタバコに戻ってしまうことがよくあります。

禁煙目的で電子タバコに切り替えるのであれば、それなりに強い意志を持つことが大切です。

タールの重い紙巻きタバコを吸っている人

普段からタールの重い紙巻きタバコを吸っている人は、電子タバコに切り替えた場合、なかなか吸いごたえを感じられず満足できない可能性があります。

上述したように日本で手に入る電子タバコは、タール・ニコチンが含まれていないので紙巻きタバコと比べると吸いごたえに差があり、タールの重いタバコを吸っているとその差はなおらさです。

ただ電子タバコの中にも、吸いごたえにこだわったものやタバコフレーバーも展開されているので、「紙タバコと同じ感覚で吸える!」とハマる方もいらっしゃいます!

初心者の方におすすめの電子タバコ(VAPE)はコレ!

紙巻きタバコと電子タバコの違い

電子タバコ(VAPE)にハマる人・ハマらない人の違いについてご紹介してきましたが、もしちょっとでも電子タバコが気になるという場合は、ぜひ手に取ってみることをおすすめします!

とはいえ電子タバコはさまざまなブランドがあるため、「何を選んだらいいか分からない…」という方もいらっしゃるのでは?

そこでここからは、初心者の方におすすめの電子タバコをご紹介していきます。

JUUL

JUUL
JUUL本体の購入はコチラ!

初めて電子タバコを買うという方におすすめしたいのが、アメリカでシェア70%以上を誇る「JUUL」というPOD型デバイスです。

好きなフレーバーのカートリッジを装着するだけで使うことができ、面倒なリキッドの充填やメンテナンスなどが不要なので簡単に使用できます。

JUULは本体対応ブランドの「ICE POD」や「altpods」などが展開されており、POD型の中でも種類が豊富なのも人気のポイントです!

DotMod dotAIO

DotMod dotAIO

続いてご紹介するのは、おしゃれなデザインのデバイスとして高い人気を誇る「DotMod」のdotAIOです。

四角いフォルムが何ともおしゃれで珍しいガジェットが好きという方には、ぜひともおすすめしたい電子タバコとなっています。

中には、スケルトンタイプのボディで中の電子回路が見えるおしゃれカラーもありますし、コンパクトなサイズ感の「dotAIO mini」や別シリーズの「dotStick」などバリエーションも豊富です。

電子タバコ(VAPE)にハマる人・ハマらない人の違いまとめ

紙巻きタバコと電子タバコの違い

今回は、電子タバコ(VAPE)にハマる人・ハマらない人の違いについてご紹介しました。

電子タバコにハマる人の特徴は、「新しいものが好き」「自分が持つものにこだわりがある」という性格の人がハマりやすいのではないでしょうか?

・紙巻きタバコ特有の臭いに悩んでいる人
・珍しいガジェットがほしい・好きな人
・仕事などで人と接する機会が多い人


反対に電子タバコにハマらない人の特徴としては

・紙巻きタバコ特有の香りや味が好きな人
・禁煙をしたい気持ちが薄い人
・タールの重い紙巻きタバコを吸っている人

などといったことが挙げられます。

電子タバコには、さまざまな種類があり、紙巻きタバコに近い吸いごたえのものやタバコグレーバーを楽しめるものもありますので、ぜひこの機会に電子タバコを始めてみてはいかがでしょうか?