コンビニなどでも気軽に電子タバコが購入できる世の中になりました。

禁煙や分煙、受動喫煙防止などの観点から、電子タバコに移行しようと考えている方も多いのではないでしょうか?

気軽に購入できる電子タバコが増えてきている中で、海外で大人気の電子タバコ「JUUL」を、日本でも購入する方が増えてきました。

何かと話題に挙がることも多いJUULですが、日本での購入は規制されていないのか、今のJUULの日本での評判などを解説します。

そもそもJUULは日本で購入可能?

JUULが購入可能

発売されてから日本でもかなり注目が集まっている電子タバコのJUULですが、日本での購入は可能なのでしょうか?

海外の電子タバコは規制されているものも多いので、購入したり持ち歩くのは違法なのではないかと気になる方もいらっしゃるかもしれません。

海外の電子タバコが規制されている理由はニコチン成分が入っているからです。
日本ではニコチン自体が劇薬として取り扱われているため、簡単には購入ができません。

ニコチンの入っているJUULは、しっかりとした規制の中で販売されており、購入する事は可能ですが、正しく購入しないと違法となってしまいます

ニコチンソルトを使用したリキッドが含まれているJUULは、コンビニなどで販売されているような電子タバコと違い、ニコチンによる健康への影響が考えられるので厳しく規制されています。

ニコチン入りのJUULは違法?

「ではニコチンが入っているJUULを購入したり販売することは違法なのか?」と気になるところですが、JUULを国内の店舗で販売することは違法になります。

JUULをはじめニコチン入りの電子タバコは、個人で使用する目的のために海外から輸入をしなければいけません。

この購入方法を【個人輸入】と言い、多くの場合は通常の通販とほぼ同じ感覚で購入することが可能です。

つまりは、個人輸入であれば日本にいながらでもJUULを購入して使用することは違法にはなりません。

たまに店頭でJUULの本体が販売されていることがありますが、ニコチン入りのリキッドは日本国内では店頭販売ができない状態になっています。

少々ややこしく感じますが、
ニコチン入りリキッドなどは日本国内では販売・購入ができない
ニコチン入りのJUULは個人輸入のサイトを使用して購入が可能

ということを覚えておけばOKです!

アメリカなどでのJUULの評判

日本でも人気のJUULですが、VAPE大国アメリカでの評判が気になるところ。

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、アメリカでは電子タバコシェア70%以上がJUULなんです。

2018年~2019年ごろから爆発的にヒットし、一時は入手困難になるほど。

そんなアメリカでのJUULの評判について解説します。

JUULなどのPOD型デバイスはアメリカでも人気

アメリカでは電子タバコ(VAPE)がカルチャーとして確立しており、デザインもさることながら実用性も問われます。

JUULは、PODと呼ばれるカートリッジを交換するだけでリキッドの補充とコイル・コットンの交換が完了になるので、面倒なメンテナンスが必要ありません。

持ち歩く際にもかさばらないので、男女問わず人気があります。

一時はアメリカで大きな規制の流れも

JUULをはじめとした電子タバコはアメリカで大きく規制が入り、日本でも連日ニュースになっていました。

ニコチンを含んだ電子タバコを未成年が吸ってしまうことで問題になっていたためです。

もちろん、日本で販売されている通常のタバコと同様に、ニコチンの入った電子タバコを未成年が購入したりすようしたりすることは禁止されています。

JUULを未成年の手に渡らせないためにも、成人している方が正しく規律を守って使用していくことが何よりも重要です。

JUULのポイント

JUULのポイント

JUULは、アメリカをはじめ海外でも人気があるほどの電子タバコですが、日本人でも満足できるような仕様になっているのか気になりますよね。

もちろん、日本でも愛用者がいるほど、JUULは日本でも人気の電子タバコです!

ニコチンソルトの特徴なども含め、JUULのポイントについて解説します。

JUULに含まれているニコチンソルトとは?

ニコチンソルトは、従来のニコチンに比べて摂取する際の満足感が高いとされています。

高濃度でも喉あたりが良く、VAPEするときの心地も良いとされています。

また、フレーバーにも影響しにくく、濃度が上がってもリキッドのフレーバーを楽しむことができます。

さらに、電子タバコを使用したときの満足感が高くなるため、少量のリキッド量でニコチンが摂取できるため、コストパフォーマンスが高いということも特徴とされています!

JUULのフレーバーはおいしい!

上記で説明したように、JUULはニコチンが入っていても違和感なくフレーバーを楽しめることが特徴です。

JUULは純正のPODの他にも、JUULに対応しているPODが多く販売され、フレーバーラインナップが充実しています。

そのため、男性でも女性でも、飽きずにフレーバーを選んで吸うことができます。

JUULは身体に臭いがつかない

JUULはタバコの葉を使用しない電子タバコですので、タールが一切発生しません。

タールが発生しないことのメリットは、手や服に嫌な臭いがつかず、部屋の壁なども汚れにくいことです。

例えば、「自宅ではゆっくりタバコを吸いたいけれど、壁の色が変わったり部屋に臭いが残ることは避けたい」と思う方は多いのではないでしょうか?

JUULは臭いがとにかく残りにくく、加熱式タバコのように吸い殻などから強烈な臭いを発するということもありません。

臭いを気にせずにリラックスできるというのはJUULの大きなメリットです。

JUULのアクセサリーの多さ

JUULはステッカーをはじめ、自分で見た目を自由に変えることができます

シンプルな見た目も魅力的ですが、ステッカーを購入したり自作することで自分の好きな雰囲気に変えることができます。

また、シンプルな構造ですので、専用のステッカーではなくても、シールなどで簡単にデザインチェンジできます。

JUULの口コミ

JUULにはどのような口コミがあるのか、SNSなどに掲載されているものなどをご紹介します!

【加熱式タバコよりも良い!】
加熱式タバコは紙や葉の焦げた臭いが結構残るけど、JUULはそういう臭いがなくていい!
デバイスとしては100点満点!

【ニコチン入りでおいしい!】
ニコチンソルトが入っているとピリピリする感じがあるとも言いますが、JUULは配合量がちょうどよくて全くピリピリ感なし!
ストレス無く吸えるデバイスです!リキッドもおいしい!

【フレーバーがたくさんある】
POD型のデメリットは、それに対応しているPODじゃないといけないことなんですが、JUULなら使用できるPODがたくさんあるのでおすすめです!
甘い系もすっきりしたメンソール系も、タバコフレーバーもどれも楽しめます!

JUULを購入するときの注意点

JUULを購入するときの注意点

JUULは店頭での販売はNGですが、個人輸入を使用した購入が可能です。
薬事法などの規制がありますが、ほぼ通常の通販と同じ感覚で購入いただけます。

ではどのような規制があるのか、JUULを購入する際の注意点をご紹介します。

注意点①1ヵ月で購入できる量が決まっている

ニコチンが入ったカートリッジは、月に一定の量まで購入が認められています。

1ヵ月に購入できるカートリッジは、原則吸引回数が12,000回以内とされています。

JUULの場合は、カートリッジ1つで200回吸引ができるとされています。1箱に4つ入っておりますので、JUULのカートリッジのみ購入する場合は最大で15箱まで購入可能です。

注意点②購入金額によっては関税がかかる

購入金額が16,666円を超えてしまうと、通関時に関税がかかります。

これは、1ヵ月で購入できるニコチンの量とは関係なく、購入した金額によって請求されます。

その際の税金は購入者の負担になりますので注意が必要です。

注意点③購入したJUULやリキッドは自分で使用すること

リキッドなどの個人輸入は、あくまで購入したものを自分で使用する目的で行うものです。

個人輸入したニコチン入りのPODなどを誰かにプレゼントしたり、ましてや転売を行うことは法律で罰せられます。

また、これと同じ理由で、JUULのお届け先は個人宅のみのお届けになります。
オフィスなどにお送りすると、販売目的の購入ではないかとされてしまうため、必ずお届け先は自宅の住所にしましょう。

JUULを購入する前に!薬事法についてはこちらもチェック

JUULを購入するならBeyondVape Nic.がおすすめ!

JUULのポイント

JUULを購入しようと考えても、規制が気になったり海外からの個人輸入は初めてで不安に感じたりする方も多いのでは?

初めてJUULを購入するなら、BeyondVape Nicをぜひご利用ください!

ご注文から、最短で3日でお届けいたします!

拠点はアメリカですが、現地日本人スタッフが品質管理を行っており、日本向けのカスタマーサポートの体制も整えておりますので、初めての方でも安心してご利用いただけます!

純正PODはもちろん、メンソールに特化したフレーバーを楽しめるPODや、日本人調香師が利用者目線で研究し開発したaltpodsなども取り揃えております!

JUULを日本で購入するのは違法?|まとめ

JUULは日本にいながらも個人輸入で購入することが可能です。

「臭いを抑えつつもタバコを楽しみたい」
「電子タバコでも吸い応えは捨てられない!」という方にはとにかくJUULがおすすめです!

ニコチン入りのPODを購入する際は、薬事法の規制の下購入する必要があり、他の方へ販売したり譲渡することは禁止されています。

購入した方が規律を守って正しく吸うことでJUULライフをエンジョイできます!

JUULを購入する前に、必ず薬事法などは確認するようにしましょう!

Beyond Vape Nic.公式サイトはコチラ