2021年10月にタバコ税の増税が決定し、喫煙者の方からすれば「またか……」という声が聞こえてきそうですね。

2021年に至るまで幾度にわたってタバコ税の増税を繰り返してきたわけですが、過去を振り返ってどれくらいタバコは値上げされたのでしょうか?

この記事では、タバコの値上げの歴史と喫煙率の変化、増税対象の銘柄に加えて、タバコの代替品としておすすめの電子タバコをご紹介していきます。

2021年10月にタバコ税が増税される

2018年の税制改定を経て、2022年10月までに段階的にタバコ税を増税していくことが決まっており、紙巻タバコは3段階、加熱式タバコは5段階で行われていきます。

紙巻タバコに関しては今回の2021年10月が現行法での最後の増税で、加熱式タバコは2022年10月に5回目の増税が実施される予定となっています。

2021年10月に値上げする主要タバコ銘柄

2021年10月にタバコ税増税を受けて、JT(日本たばこ産業)、PMJ(フィリップモリスジャパン)、BTJT(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン)各社は、財務省に対して小売定価改定の認可申請を行いました。

どの会社も紙巻きタバコはもちろん、加熱式タバコにおいても大きく値上げが行われることになったので、喫煙者にとっては大打撃と言えるでしょう。

各社が取り扱う主要銘柄の増税後の改定価格についてまとめてみました。

JTのタバコ税増税後の改定価格

JT(日本たばこ産業)が取り扱う銘柄のタバコ税増税後の値上げ幅としては、30〜110円アップとなっており、銘柄によってはかなり価格が上昇することになります。

またJTが財務省に小売定価改定を申請しているのは、紙巻タバコが127銘柄、葉巻きたばこが18銘柄、パイプタバコ・刻みたばこがそれぞれ3銘柄、かぎタバコが22銘柄、加熱式タバコが50銘柄です。

JTの中から、主要銘柄の改定価格について表にしました。

種類 銘柄 現行価格 改定価格
紙巻き ナチュラル アメリカン スピリット 570円 600円
セブンスター、ピース(20本入) 560円 600円
メビウス 540円 580円
ピアニッシモ 540円 570円
ウィンストン 500円 540円
キャメル 450円 460円
加熱式 メビウス・プルーム・テック専用 540円 570円
メビウス・プルーム・テック・プラス専用 550円 580円
メビウス・プルーム・エックス・プルーム・エス用 540円 570円

PMJのタバコ税増税後の改定価格

PMJ(フィリップモリスジャパン)が取り扱う銘柄のタバコ税増税後の値上げ幅としては、10〜100円アップとなっており、JTと同等の値上げ幅となっています。

PMJの主な銘柄の改定価格に関しては、以下の表にまとめてみました。

種類 銘柄 現行価格 改定価格
紙巻き マールボロブランド 570円 600円
ラークブランド 500円 540円
パーラメントブランド 540円 580円
パーラメント100ボックスブランド 580円 620円
バージニア・エスブランド 530円 570円
フィリップモリスブランド 400円 430円
加熱式 マールボロ・ヒートスティック 550円 580円
マールボロ・ヒートスティック・ディメンションズ 560円 590円
ヒーツ 500円 530円

BATJのタバコ税増税後の改定価格

BATJ(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン)が取り扱う銘柄のタバコ税増税後の値上げ幅としては、10〜40円と上記の2社よりも小さいです。

BATJの銘柄で2021年10月から値上げするのは、紙巻タバコが57銘柄、葉巻きたばこが12銘柄、加熱式タバコが63銘柄となっています。

BATJの主要銘柄の改定価格について表にしました。

種類 銘柄 現行価格 改定価格
紙巻 ケント主要銘柄 460円 500円
ケント・エス・シリーズ 440円 480円
クールの主要銘柄 490円 530円
ラッキー・ストライクの主要銘柄 520円 560円
ラッキー・ストライク・エキスパートカット 400円 430円
ラッキー・ストライク・エキスパートカット・メンソール 400円 430円
加熱式 ケント・ネオスティック 460円 480円
ネオ 500円 520円
ケント・ネオスティック(glo hyper用) 470円 480円
ネオ・ポッド 500円 520円

タバコ税増税の歴史と喫煙率の推移

これまでの消費税・タバコ税の増税や物価上昇などが理由でタバコが値上げするたびに、禁煙を決意した方も少なくないでしょう。

1997年4月に消費税が5%増税され、その翌年の12月にはたばこ特別税が創設され、2003年7月を皮切りに数回にわたってタバコ税が増税されてきました。

では、過去のタバコ税増税を振り返ってタバコの価格はどれくらい値上げしたのか、そして喫煙率はどのように変化したのかを確認していきますので、禁煙を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

昔と比べてタバコはどれくらい値上げした?

みなさんもよく知るセブンスターは、2021年10月の増税で560円から600円に値上げするわけですが、発売された1969年当初の価格はなんと100円でした。

約50年でセブンスターは100円から600円に、つまり6倍の価格になっているわけですから、当時からセブンスターを愛用していた方にとっては懐が痛い思いです。

もう一つタバコの主要銘柄の一つであるメビウスは、2021年10月の増税で540円から580円に値上げしますが、発売された1977年の価格は150円となっています。

2013年2月にマイルドセブンからメビウスとして生まれ変わったこの銘柄は、マイルドセブンとして発売された当時の価格から約3.9倍の値上げです。

段階的に値上げされていると、何となく感覚がマヒして「そんなに変わらないか」と思うこともありますが、数十年前と比べるとかなり高くなっていることが分かり、金銭的負担を考えると禁煙を考え始める方が多いのも頷けます。

タバコの増税に伴って喫煙率はどう変化した?

600円のタバコを1日1箱吸う場合、1ヶ月で約18,000円、1年だと219,000円にもなるため、その負担はかなり大きいです。

人によっては、1日2箱やそれ以上吸うという方もいますから、禁煙をするだけでかなりの節約にもつながります。

厚生労働省の調査によると、1989年当時の男性の喫煙率は55.3%となっており、2人に1人がタバコを吸っていましたが、2018年には29.0%とおよそ半数に減っており、増税や時代の変化を受けて禁煙する方が多いようです。

最近では、利用者数が増えている加熱式タバコですが、2022年10月にも5回目の増税が予定されていますので、今のうちに禁煙・減煙を始めてみるのもよいのではないでしょうか。

喫煙者にもおすすめの電子タバコ3選

タバコ税の増税や改正健康法を受けて、禁煙しようか迷っている方もいると思いますが、これまで習慣化していた喫煙をやめるのは決して簡単ではありません。

そこでおすすめしたいのが電子タバコです。
電子タバコにはタバコフレーバーやメンソールフレーバーのものもあり、タバコのような吸いごたえを楽しめる商品が多く販売されています。

日本で販売されている電子タバコの多くは、タール・ニコチンゼロなので、禁煙目的で購入する方も多いです。

とはいえ、これまで重めのタバコを吸ってきたという方の場合、タール・ニコチンの入っていない電子タバコだと吸いごたえに満足できない可能性もあるでしょう。

そういった方向けにニコチン入りのリキッドも個人輸入を通して購入できますので、ニコチン入りの電子タバコから試してみるのもおすすめです。

そこでここからは、喫煙者にもおすすめの電子タバコを3つご紹介していきます。

【Eleaf】iStick Pico

【Eleaf】iStick Pico

電子タバコの中でも高い人気を誇るデバイスがEleafから販売されている「iStick Pico」で、VAPEの醍醐味である爆煙を楽しめる本体です。

本体カラーには、「Black」「Brushed Silver」「Full Black」「White」があり、シンプルで飽きのこないバリエーションが揃っています。

リキッドタイプのデバイスは、豊富なフレーバーを楽しめるのが魅力の一つです。
気分やシーンに合わせてお好きなフレーバーを試してみてはいかがでしょうか。

ニコチン入りのリキッドを加えれば、実際に喫煙しているかのような本格的な吸い心地を楽しむことができます。

【Suorin】Suorin Shine

Suorin Shine

数ある電子タバコのデバイスの中でも、多くの方から人気を集めているのが「Suorin Shine」です。

PODに自由にリキッドを入れて楽しめるデバイスで、ニコチン入りのリキッドでもフレーバーを損なうことなく楽しめます!

PODの吸い口部分は唇にフィットする形状になっており、本体の手触りやサイズ感もちょうどよく、ずっと手に持っていたくなるような形状です。

「こまごまとしたメンテナンスは面倒だけれど、自由にリキッドを楽しみたい!」という方にはピッタリです。

手のひらサイズのコンパクトさと豊富なカラーバリエーションも人気の理由で、さらに操作も簡単で電子タバコ初心者の方にはおすすめのアイテムです。

JUUL スターターキット

JUULスターターキット
POD型電子タバコ『JUUL』の購入はこちら

最後におすすめしたいのは、2021年現在も世界約20ヵ国で販売されており、たくさんの方に愛用されている電子タバコ「JUUL」です。

スタイリッシュ&ミニマルなデザインで使うシーンを選びませんし、コンパクトなサイズ感なのでポケットに入れることもでき持ち運びに困りません。

見た目は小さいですが、喉にガツンと来る吸いごたえが魅力となっており、本物のタバコを吸っているような感覚を味わえます。

JUUL スターターキットは、JUUL本体とJUUL専用の純正カートリッジがセットになったスターターキットで、届いたらすぐに試すことが可能です。

BeyondVape Nicでは、JUULの取り扱いはもちろんニコチン入りのカードリッジもご用意していますので、紙巻タバコから電子タバコに切り替えたいという方はぜひご利用ください。

タバコ増税の歴史と喫煙率の変化まとめ

今回は過去のタバコの増税を振り返って、どれくらいタバコが値上げされてきたのか、そして値上げに伴って喫煙率はどのように変化してきたのかをご紹介しました。

2021年10月の増税では、各社から販売されている多くのタバコが増税対象となっており、銘柄によって10〜110円の値上げが予定されています。

さらに加熱式タバコに関しては、2022年10月にも増税される予定ですので、これを機に禁煙を考えている方は、電子タバコに切り替えてみてはいかがでしょうか。

電子タバコは、基本的にタール・ニコチンゼロで禁煙目的で始めるにはぴったりですが、これまできついタバコを吸ってきて吸いごたえに満足できなさそうという方は、ニコチン入りリキッドを試してみるのもおすすめです。

電子タバコが気になるという方やニコチン入りリキッドを試してみたいという方は、ぜひBeyondVape Nicのサイトやブログをチェックしてみてください!