禁煙をするために、タバコの代用品として選ばれることの多い電子タバコ。

実際に、ヘビースモーカーであっても電子タバコを使用して、減煙しながら禁煙をしたり、JUULのようなニコチン入り電子タバコを代用品として使用しながら禁煙を目指す事は可能です。

電子タバコで禁煙をしたいと考えている方におすすめの人気電子タバコの機種と、電子タバコを使用して禁煙する方法をご紹介していきます!

電子タバコを使用して禁煙するのは可能?

ニコチンの入っていない電子タバコを使用して禁煙できるというのは、失敗が多く難しいように思いますが、実はそんなことはありません。

電子タバコを使用しての禁煙ができないのは、電子タバコの選び方・活用方法が間違っているからという原因があります。

たとえヘビースモーカーであっても機種の選び方や、使い方次第では人気の電子タバコを使用して禁煙できるので、電子タバコで禁煙したい方は今一度ポイントを抑えるようにしましょう。

電子タバコで禁煙できる!機種の選び方

電子タバコの選び方

電子タバコで禁煙できるかどうかは電子タバコの機種やデバイスによっても大きく左右されます。

電子タバコの欠点として、「メンテナンスが必要」「リキッドの交換が必要」と、紙巻きタバコと比べて面倒な動作が多くなっています。

ケースから取り出してすぐ吸える紙巻きタバコとは勝手が違うため、なるべく手軽に使えるものを選ぶ必要があります。

特にヘビースモーカーの人であれば電子タバコに切り替えた際にかかる手間が大きくなってしまうのでよく確認してください。

使いやすい機種のもの選ぶ

電子タバコは使用しているうちに、リキッドの補充やコイルの交換、バッテリーの交換等メンテナンスが必要不可欠です。

今まで、コンビニで購入してパッケージを開けてタバコを取り出し火をつけるだけで吸って捨てるだけの紙巻きタバコとは勝手が違います。

また、機種によっては加熱時間を待たなきゃいけなかったりボタン操作があったりするため、禁煙するよりも、面倒くさいという気持ちが勝つので禁煙できる電子タバコとは言えません。

電子タバコで禁煙を目指すなら使い捨てカートリッジ式のコイルやリキッド交換が不要なタイプを選ぶことで禁煙できるかもしれません。

デバイスの形はタバコに近いものを選ぶ

電子タバコにはボックスタイプや、ペンタイプ、スティックタイプなど様々な種類のものが販売されています。

電子タバコが元々好きな方は、機種や形にこだわったボックスタイプが人気ですが禁煙だけが目的ならタバコと形が近い「スティックタイプ」を使用するのがおすすめです。

ヘビースモーカーの人は、タバコを吸う体制や手の形、咥えた感覚が癖になっており、他の機種を使うと違和感を覚えます。

咥えた時の感覚や、持ち方等が近い方が自然と馴染みますし、ボックスタイプやペンタイプはメンテナンスが必要な場合が多いのでスティックタイプの方が禁煙できる可能性が上がります。

好みの味がある機種選ぶ

先ほど、カートリッジ使い捨てのスティックタイプの電子タバコがおすすめと言いましたが、好みの味が無いならいくら人気でも選ぶべきではないです。

禁煙できるかどうかは、機種だけでなくフレーバーにもかかっています。

例え煙を求めてるヘビースモーカーでも好みの味でなければ吸い続けることは不可能ですし、続けることができなければ禁煙できません。

機種を購入する前に、好みのフレーバーの取り扱いがあるか確認することも大切です。

もし好みのフレーバーが無ければ比較的メンテナンスの簡単なリキッド補充式の電子タバコを選ぶことも視野に入れましょう。

ニコチン入り電子タバコを選ぶのもおすすめ

電子タバコでの禁煙に自信がないかも、という方はニコチン入りの電子タバコを選ぶのも1つの手です。

禁煙目的に作られたアメリカ発症の電子タバコJUULは禁煙のためのタバコ代替品として製造された電子タバコで、メンテナンス不要で使いやすく、タバコと同サイズ程度のコンパクトボディ、そして互換性を含め使い捨てカートリッジのフレーバーは50種類以上と禁煙できる電子タバコといっても過言ではありません。

ヘビースモーカーでも満足できるニコチン量を保有していることで、少しずつ減煙して禁煙できるようになっており、米国では電子タバコシェア率7割を超える大人気商品です。

ニコチン入りなので、日本で使用する場合個人輸入を行う必要がありますが、それでも禁煙したいと強く思っているならおすすめしたい機種です。

電子タバコを使って禁煙する方法

禁煙する方法

電子タバコを使用して禁煙する方法は、機種の選び方だけでなく使い方によっても左右されます

例え禁煙できる電子タバコを使用していても、「継続して使用することができてない」「紙巻タバコを吸う頻度が多い」なら意味がありません。

禁煙できるように、電子タバコの使用方法についてもチェックしてみて下さい。

紙巻きタバコの間に使用する減煙方法

電子タバコで禁煙できるかは、自分自身の意思が非常に重要になってきます。

が、ヘビースモーカーが紙巻きタバコからいきなりニコチンの入っていない電子タバコにしてしまってはほぼ確実に禁煙することはできません

それよりも、電子タバコは禁煙できない、意味がないという思いが強くなってしまうので、いきなり電子タバコに切り替えるのはおすすめしません。

ヘビースモーカーなら、いつも吸っているタバコの本数の1/3~1/2を電子タバコに置き換える方法が適切です。

吸っている感覚が欲しい、数時間を確保したいという方にとって電子タバコを使用して減煙する方法はとても効果的です。

電子タバコに慣れたら徐々に紙巻きタバコと電子タバコの割合を変えていき電子タバコに移行することができれば禁煙できるのももうすぐです!

ニコチン入り電子タバコで乗り換える方法

ニコチン入り電子タバコを使用した方が、禁煙できるケースも少なくありません。

ニコチン依存症の気があるヘビーユーザーであれば、紙巻きタバコからニコチン入り電子タバコに乗り換えるだけでも健康被害はグッと少なくなりますし、強くストレスを感じることもありません。

紙巻きタバコと電子タバコを交互に使うよりもニコチン入り電子タバコに乗り換える方がずっと気が楽ですし、ニコチン濃度を少しずつ下げることで禁煙が期待できます。

早い段階で電子タバコに慣れておくことで、ノンニコチンになってもそこまで違和感がなく禁煙できるのではないでしょうか。

禁煙できると話題!?人気の電子タバコ機種TOP3

おすすめ電子タバコランキング

禁煙できる可能性の高い電子タバコの中でも、どんな機種の電子タバコが禁煙におすすめなのか、ある程度知っておきたいところですよね。

ヘビースモーカーの方でも気軽に使えて、禁煙できるおすすめ機種がこちら!

一押!禁煙できる電子タバコ【JUUL(ジュール)】

おすすめの電子タバコJUUL

一番おすすめしたい電子タバコは、ニコチン入りで米国で大人気の電子タバコ【JUUL(ジュール)】です。

先ほどにもチラッとご紹介しましたが、JUULはメンテナンスも不要で使い勝手がいいだけでなく、ニコチン量が強いことでヘビースモーカーの方でも満足できるくらい十分に摂取することができます。

詰め替え式のカートリッジに使用されているニコチンソルトと言う成分は、従来のニコチン成分よりも体内吸収速度が速く満足度が高くなっています。

カートリッジを差し替えることでフレーバーやニコチン量を自在に変えることができノンニコチンカートリッジも販売しているので、少しずつニコチン量を減らす禁煙方法も気軽に行うことができるので、本当に禁煙をしたいと考えているならおすすめします!

ニコチン入り電子タバコなので、個人輸入でしか入手できないことが欠点ですが、個人輸入してでも購入する価値はあるのではないでしょうか?

禁煙できる人気の電子タバコ①:DR.VAPE

dr.vape
DR.VAPE

今禁煙したい方に一番注目されている電子タバコDR.VAPE(ドクターベイプ)

使い捨てカートリッジなので使い勝手がよく、ボタン操作も必要ないため、手軽に使えるのが売りになっている機種です。

ニコチン、タール共に0にもかかわらず、水蒸気量の多さから喉へのキック感が強くまるでタバコを吸っているかのような感覚で楽しむことができます。

レディー・ガガの衣装デザインをも手掛ける世界的アーティストがデザインした本体もオシャレで男性・女性共に注目を浴びて居ます。

ドクターベイプ使用者の約1/4の方が、禁煙目的で使用していることもあり禁煙できる電子タバコと言えるでしょう。

禁煙できる人気の電子タバコ②:FLEVO

電子タバコフレボ
FLEVO

安くて手軽に購入できる電子タバコと言えばFLEVO(フレボ)

FLEVOもDR.VAPE同様にスティックタイプにカートリッジ交換式の機種になっています。

スターターキットが1,000円以下とかなり安価で、手軽に購入できるのが嬉しいポイント。

まずは電子タバコがどんなものなのか知りたいという方でも手に取れるので禁煙の最初の一歩として購入してみるのもおすすめです。

禁煙できる人気の電子タバコ③:EMILI

エミリプラス
EMILI+

唯一のリキッド補充式機種EMILI(エミリ)も禁煙できる電子タバコの一つです。

リキッドを補充することができるため、好みのリキッドを入れて楽しむことができますし、個人輸入でリキッドを購入してニコチン入り電子タバコとして使用するのもいいですね!

補充式にも関わらずスティックタイプのコンパクトさ、メンテナンスが殆どいらずコイルの変更もアトマイザーを交換するだけなのでとっても簡単!

スタータキットも4,000円程度と安価ですし、水蒸気量も多くかなりお勧めです。

Beyond Vape Nic.でもニコチン入り電子タバコリキッドが販売されているので是非購入してみて下さい!

ヘビースモーカーでも禁煙できるおすすめ電子タバコ機種まとめ

今回は、ヘビースモーカーの人でも禁煙できる禁煙するために必要な電子タバコの選び方からおすすめの電子タバコ機種についてご紹介させていただきました。

ヘビースモーカーの人がいきなりニコチンの入っていない電子タバコだけを使用して禁煙することはほぼ不可能ですが、気の持ちようと電子タバコの活用法用次第では禁煙を目指すことができます。

ひとまずタバコの本数やタバコによる健康被害を抑えたい、でもニコチンを吸いたい。という方はJUULを。
日本で手軽に購入できて、減煙しながら禁煙したいという方はおすすめ3種の中から選ぶなど検討してみてはいかがでしょうか?