喫煙者であれば誰でも一度は「禁煙したい」「禁煙してみようかな」と思ったことがあることでしょう。

それでも自分はヘビースモーカーだからタバコを止めることはできない。と諦めていませんか?

タバコをスッパリと止められれば一番いいですが、ヘビースモーカーの方はいきなり全てを止めてしまうのは失敗しやすく、また過剰なストレスがかかってしまいます。

そこでおすすめなのが電子タバコを使用しての減煙・禁煙方法です!

近年、紙タバコを吸っていたヘビースモーカーが電子タバコに移行し減煙・禁煙に成功したというケースも多くなってきています。

今回の記事ではヘビースモーカーの方の電子タバコへ移行するメリットや電子タバコを利用した禁煙方法について解説していきます。

ヘビースモーカーの方に向いているおすすめの電子タバコの機種や、減煙や禁煙に向いているJUULのようなニコチン入り電子タバコについても詳しく紹介していきます!

禁煙におすすめの電子タバコJUUL

減煙・禁煙のために電子タバコの購入を検討している方は、扱いやすくコンパクトなカートリッジ式の電子タバコがおすすめ!

手間がかかる電子タバコだとどうしても手軽な紙タバコに戻りやすくなってしまいます。

中でも、電子タバコJUULは使いやすく初めて電子タバコを使用する方にオススメのデバイスです!

当サイトBeyond Vape Nic.は個人輸入を行っているのでニコチン入りの純正PODや対応POD等数多くのフレーバーを取り揃えています。
興味のある方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

ヘビースモーカーが電子タバコで禁煙するのは可能?

自分はヘビースモーカーだから禁煙は無理だ!と諦めている方もいるでしょう。
そんな方には電子タバコを使った減煙・禁煙方法を是非お試しください!

タバコを吸うという習慣を崩さないため、スッパリと止める禁煙方法よりもストレスの負荷が少なく、減煙・禁煙を目指しやすい方法です!

もちろん、禁煙には強い意志とやる気が必要ですが、少しでもタバコを止めたいと考えているのであれば今がチャンスかもしれません!

ヘビースモーカーの基準は?

タバコは吸うけど、自分はヘビースモーカーなのか分からない。という方もいるでしょう。

一般的に、一日21本以上吸う人をヘビースモーカーと言います。
一日1箱以上吸う方がヘビースモーカーという事になります。

一日1箱であればそれなりに達している人も多いのではないでしょうか…?

ちなみに一日の喫煙本数が10本以下の人をライトスモーカー、11本~20本の人をミドルスモーカーと呼ぶそうです。

電子タバコ禁煙法は海外では禁煙外来で使用されている方法の1つ!

この電子タバコを使用した減煙・禁煙方法はオーストラリアやカナダ等の国では治療目的でニコチン入り電子タバコを使用する方法が確立されています。

実際に、紙タバコからニコチン入り電子タバコに切り替え徐々に喫煙量を減らす方法で禁煙できる事が認められているのです。

日本では医療として認められていませんが、電子タバコを使った禁煙は、海外では取り入れられている治療法の1つです。

ヘビースモーカーが電子タバコに変えることのメリット

電子タバコメリット

今回、電子タバコへ切り替えたうえでの減煙・禁煙方法についてご紹介していますが、そもそもなぜ、電子タバコに変えるのが良いのでしょうか?

まずは、ヘビースモーカーの方に電子タバコをおすすめする理由をメリットをご紹介しながら説明いたします!

タールや有害物が少ない

一番のメリットはやはり有害物質が少ない事でしょう。

紙巻タバコと違い、タバコ葉を使用せず火で燃やすことをしない電子タバコはタールや一酸化炭素の発生がありません
特に、日本国内で販売されている電子タバコはニコチンも含まれないため有害物質と言える成分は一切ありません。

自分自身や周囲の方の健康被害を気にしている方に電子タバコの切り替えがおすすめです。

紙タバコよりもコスパが良い

近年、タバコの値上げが著しく高価な娯楽となりつつありますが、電子タバコはそんな値上げの影響を受けることはありません。

また、本体を購入してリキッドやカートリッジを付け替えるタイプの電子タバコはコスパが良いのも特徴的です。

紙タバコや加熱式タバコは一度吸い始めると最後まで吸わなければなりませんが、電子タバコは一吸いだけでも長時間でも好きな回数吸うことができるため、結果的にコストを下げることもできます。

電子タバコやVAPEはランニングコストが低く、長期間使えば使うほどお得になります。

金銭面的にも電子タバコの方が圧倒的におすすめです。

紙タバコに近い吸いごたえ

今まで、電子タバコは吸いごたえが無く紙タバコからの移行が難しいといわれていましたが、最近人気の電子タバコは吸いごたえにもこだわった製品が多く、喫煙者からの満足度も高いです!

煙量の多さやフレーバーの味わい等様々な観点から電子タバコがおすすめと言えます。

加熱式タバコの臭いや味が苦手という方は電子タバコの方がよりタバコ感を得ることができるかもしれません!

吸える場所が多い

受動喫煙防止法により、喫煙所の数が減少し飲食店やパチンコ屋でも紙タバコの喫煙が禁止されることが多くなりました。

そんな中、救済処置として加熱式タバコや電子タバコであれば喫煙可能店というものが増えています

紙タバコでは吸えない店内でも、電子タバコであれば吸えることもあるので、紙タバコよりも圧倒的に喫煙できる場所が多いといえるでしょう。

食事のさなかタバコを吸いたいという方にこそ、電子タバコへの切り替えがおすすめです。

ヘビースモーカーが禁煙出来ない理由とは?

禁煙出来ない理由

いくら禁煙した方がいいとわかっていても、なかなかできないのが禁煙です。

そもそも禁煙できない理由を知ることこそ、禁煙のための第一歩です。

ここでは、ヘビースモーカーが禁煙できない理由をご紹介しながら、合わせて電子タバコにすることでどのような対策ができるようになるかご紹介していきます。

ニコチン依存症

ヘビースモーカーが禁煙できない最大の理由はやはりニコチン依存による依存症状です。

禁煙をしてみても、ニコチンの離脱症状によりイライラしたりストレスを感じ、吸いたい衝動を抑えられなくなった結果失敗してしまうパターンが多くなっています。

特に、ヘビースモーカーで喫煙本数が多い方はニコチン耐性がついてしまっていることから少量のニコチン量では耐えられず次々とタバコを吸ってしまうため通常の喫煙者よりも依存が強く禁煙が非常に難しいのです。

この場合、ニコチンをいきなり絶つのではなく、少しずつニコチンの量を減らし耐性を減らしていく減煙法がおすすめです。
電子タバコであればニコチンの含有量も調整できるので徐々に減らしていく事でニコチン依存症から脱する手助けをしてくれるでしょう。

喫煙が生活習慣の一部になっている

喫煙者の中には、喫煙のタイミングが習慣になっている方も多くいます。

朝起きたらとりあえずタバコ、仕事のキリが良いタイミングでタバコ、食前・食後のタバコなどおおよそ吸うタイミングというものが決まっているでしょう。

このような習慣は一筋縄では抜くことができず、習慣を崩すことでモヤモヤとしたりなんか居心地が悪かったり等、また、禁煙する意思があったにも関わらず気づいたらタバコに火を付けていた。何てことも少なくありません。

電子タバコを使用する事で、今までの習慣を崩すことなくタバコの代わりに電子タバコを使用して無理なく減煙していくことが期待できます。

人付き合いが原因

喫煙者あるあるですが、喫煙者には喫煙所での人付き合いや飲食店での喫煙等なんとなくタバコを吸うのを避けて通れないタイミングというモノがあります。

禁煙に理解のある方であればいいのですが、目の前でタバコを吸っている姿を見て我慢できるのであれば既に禁煙は成功していることでしょう…。

そんな時に電子タバコです!
喫煙所や飲食店など、タバコを吸う機会が多いタイミングで電子タバコを使用する事で自分もタバコを吸っている気分になれますし、人付き合いを損なわずに済みます

禁煙できない理由を知れば喫煙はしやすい!

禁煙出来ない理由というのは生活の中に散らばっています。
今回ご紹介した内容はあくまで多い理由を3点あげただけですので、人によってはもっと違った理由から禁煙できないケースもあることでしょう。

電子タバコを使用した減煙・禁煙方法は基本的に紙タバコの代わりに電子タバコを吸って気を紛らわせるという方法ですので、喫煙していた時の習慣を崩さずにストレスを最低限に押さえた状態で減煙・禁煙を目指すことができます。

電子タバコで禁煙できる!機種の選び方

電子タバコの選び方

電子タバコで禁煙できるかどうかは電子タバコの機種やデバイスによっても大きく左右されます。

電子タバコの欠点として、「メンテナンスが必要」「リキッドの交換が必要」と、紙巻きタバコと比べて面倒な動作が多くなっています。

ケースから取り出してすぐ吸える紙巻きタバコとは勝手が違うため、なるべく手軽に使えるものを選ぶ必要があります。

特にヘビースモーカーの人であれば使用するまでに時間がかかるだけで習慣を崩す事となってしまいますので機種選びにも十分注意してください。

カートリッジタイプのものを選ぶ

紙タバコと違って電子タバコはメンテナンスやリキッドの補充等の手間が増える事から移行が失敗してしまうケースも少なくありません。

そんな方にはカートリッジ式のタバコやVAPEを選ぶのがおすすめです!。

カートリッジ式は本体に、リキッドの入ったカートリッジを交換するだけでメンテナンスは一切必要無く気軽に使用することができます。

吸う際も電源のボタンがないことが多く、吸うだけで勝手に電源が入り吸うことができるので手間もかかりません。

また、カートリッジの特徴として、タバコ味のフレーバーや喫煙者にも好まれやすいリキッド展開が多いことも挙げられます。
カートリッジの付け替えでフレーバーの味変もできるのでタバコ味やメンソール味から、フルーツやバニラなどの代わり種フレーバーを次々と楽しむ事も可能です。

デバイスの形はタバコに近いものを選ぶ

電子タバコにはボックスタイプや、ペンタイプ、スティックタイプなど様々な種類のものが販売されています。

電子タバコが元々好きな方は、機種や形にこだわったボックスタイプが人気ですが禁煙だけが目的ならタバコと形が近い「スティックタイプ」を使用するのがおすすめです。

ヘビースモーカーの人は、タバコを吸う体制や手の形、咥えた感覚が癖になっており、他の機種を使うと違和感を覚えます。

咥えた時の感覚や、持ち方等が近い方が自然と馴染みますし、ボックスタイプやペンタイプはメンテナンスが必要な場合が多いのでスティックタイプの方が禁煙できる可能性が上がります。

好みの味がある機種選ぶ

先ほど、カートリッジ使い捨てのスティックタイプの電子タバコがおすすめと言いましたが、好みの味が無いならいくら人気のデバイスでも選ぶべきではないです。

禁煙できるかどうかは、機種だけでなくフレーバーにもかかっています。

例えただ煙やニコチンだけを求めてるヘビースモーカーでも好みの味でなければ吸い続けることは不可能ですし、続けることができなければ禁煙できません。

機種を購入する前に、好みのフレーバーの取り扱いがあるか確認することも大切です。

もし好みのフレーバーが無ければ比較的メンテナンスの簡単なリキッド補充式の電子タバコを選ぶことも視野に入れましょう。

ニコチン入り製品の販売があるかどうか

先ほど禁煙出来ない理由でもご紹介したように、ニコチン依存が原因で禁煙できないという方はまずはニコチン入りの電子タバコを使用する方法がおすすめです。

しかしながら、日本国内ではニコチン成分の販売・購入が禁止されており、個人輸入を使用しなければニコチン入り電子タバコやリキッドの購入はできません。

ニコチン入りの電子タバコを使用したいという方はまず、個人輸入サイトを確認し、ニコチン入りリキッドの販売があるかどうか、対応しているデバイスがあるかを確認しましょう。

ニコチン入り電子タバコの個人輸入代理店ならBeyond Vape Nic.

当サイトBeyond Vape Nic.はアメリカカリフォルニアに拠点を置くBeyond Vapeの日本向け個人輸入代理店です。
ニコチンの個人輸入をサポートしており、通販感覚でお買い求めいただけます。

スタッフには日本人も多く在籍しているため、ご不明点や個人輸入に関するトラブルなども迅速に対応しますので、初めての個人輸入でも安心してご利用頂けるサポート体制を実施しています。

当サイトでおすすめしている電子タバコJUULは純正PODをはじめ、JUUL対応PODなど様々なフレーバーを用意しているので是非減煙・禁煙の一歩としてニコチン入り電子タバコをご購入の際にはご利用ください。

電子タバコを使って禁煙する方法

禁煙する方法

電子タバコを使用して禁煙する方法は、電子タバコの使い方によっても左右されます

例え禁煙できる電子タバコを使用していても、「継続して使用することができてない」「紙巻タバコを吸う頻度が多い」なら意味がありません。

禁煙できるように、減煙・禁煙するための電子タバコの使用方法についてご紹介していきます。

タバコを吸うタイミングに電子タバコを使用する

一つ目の減煙方法は、普段タバコを吸うタイミングの喫煙を全て電子タバコに切り替えてしまう方法です。

この時吸っていないタバコ等は全て破棄しましょう。
タバコを吸わずに強制的に電子タバコに切り替え無理にでも電子タバコを使用する習慣を付けます。

紙タバコを吸う習慣が電子タバコを吸う習慣になり、紙タバコを吸いたいと感じなくなれば減煙成功です。
あとは徐々に吸う回数やタイミングを減らしていき禁煙を目指していきましょう。

紙巻きタバコの間に使用する減煙方法

スッパリと電子タバコに切り替えるのは難しい。という方はもう少しハードルを下げた減煙方法がおすすめです。

紙タバコを吸うタイミングの内1/3~1/2を電子タバコに置き換える方法でまず電子タバコ慣れしていきましょう。

タバコの本数を物理的に減らすことができるのでこれだけでも多少節約や健康の第一歩にもなりますが、いつまでも併用していては完全に禁煙することはできません。

ある程度期間を決め紙タバコの本数を減らし、物足りない時は電子タバコを吸う等自分の中で決めて徐々にタバコの本数を減らし減煙していきましょう。

紙巻きタバコと電子タバコの割合を変えていき電子タバコに完全に移行することができれば禁煙できるのももうすぐです!

ニコチン入り電子タバコで乗り換える方法

ニコチン依存症に禁煙が難しい場合には、ニコチン入りの電子タバコを使用しましょう。
方法は先ほどご紹介した電子タバコへ切り替える方法で問題ありません。

有害物質が少ない分、ニコチン入り電子タバコに乗り換えるだけでも十分効果はありますし、ニコチンの含有量や摂取量を徐々に減らしていく事でニコチン断ちし、禁煙を目指す事もできます。

ノンニコチンの電子タバコは使い続けられなかった、ニコチンが欲しい。という方はこの方法であれば強くストレスを感じることなく切り替えが成功する事でしょう。

徐々にニコチン濃度を下げ、ノンニコチンリキッドを使用し、吸う回数も制限できれば禁煙成功です。

減煙・禁煙におすすめの電子タバコはコチラ!

減煙・禁煙が期待できる人気の電子タバコ機種TOP4

おすすめ電子タバコランキング

禁煙できる可能性の高い電子タバコの中でも、どんな機種の電子タバコが禁煙におすすめなのか、ある程度知っておきたいところですよね。

ヘビースモーカーの方でも気軽に使えて、禁煙できるおすすめ機種を4つご紹介いたします!

一押!禁煙できる電子タバコ【JUUL(ジュール)】

おすすめの電子タバコJUUL

一番おすすめしたい電子タバコは、ニコチン入りで米国で大人気の電子タバコ【JUUL(ジュール)】です。

JUULはメンテナンスも不要で使い勝手がいいだけでなく、ニコチン量が強いことでヘビースモーカーの方でも満足できるくらい十分に摂取することができます。

詰め替え式のカートリッジに使用されているニコチンソルトと言う成分は、従来のニコチン成分よりも体内吸収速度が速く満足度が高くなっています。

カートリッジを差し替えることでフレーバーやニコチン量を自在に変えることができノンニコチンカートリッジも販売しているので、少しずつニコチン量を減らす禁煙方法も気軽に行うことができ、本当に禁煙をしたいと考えているならおすすめします!

JUUL対応PODとして様々なフレーバーの用意されたリキッドブランドもありますので続けられる好みの味がきっと見つかることでしょう。

ニコチン入り電子タバコなので、個人輸入でしか入手できないことが欠点ですが、個人輸入してでも購入する価値はあるのではないでしょうか?

禁煙できる人気の電子タバコ:DR.VAPE

dr.vape
DR.VAPE

今禁煙したい方に一番注目されている電子タバコDR.VAPE(ドクターベイプ)

使い捨てカートリッジなので使い勝手がよく、ボタン操作も必要ないため、手軽に使えるのが売りになっている機種です。

ニコチン、タール共に0にもかかわらず、水蒸気量の多さから喉へのキック感が強くまるでタバコを吸っているかのような感覚で楽しむことができます。

レディー・ガガの衣装デザインをも手掛ける世界的アーティストがデザインした本体もオシャレで男性・女性共に注目を浴びて居ます。

ドクターベイプ使用者の約1/4の方が、禁煙目的で使用していることもあり禁煙できる電子タバコと言えるでしょう。

禁煙できる人気の電子タバコ:FLEVO

電子タバコフレボ
FLEVO

安くて手軽に購入できる電子タバコと言えばFLEVO(フレボ)

FLEVOもDR.VAPE同様にスティックタイプにカートリッジ交換式の機種になっています。

カートリッジタイプのものは自分の気分でニコチンの量やフレーバーを変更できるのが大きなメリットとなっています。

スターターキットが1,000円以下とかなり安価で、手軽に購入できるのが嬉しいポイント。

まずは電子タバコがどんなものなのか知りたいという方でも手に取れるので禁煙の最初の一歩として購入してみるのもおすすめです。

禁煙できる人気の電子タバコ:EMILI

エミリプラス
EMILI+

唯一のリキッド補充式機種EMILI(エミリ)も禁煙できる電子タバコの一つです。

リキッドを補充することができるため、好みのリキッドを入れて楽しむことができますし、個人輸入でリキッドを購入してニコチン入り電子タバコとして使用するのもいいですね!

補充式にも関わらずスティックタイプのコンパクトさ、メンテナンスが殆どいらずコイルの変更もアトマイザーを交換するだけなのでとっても簡単!

スタータキットも4,000円程度と安価ですし、水蒸気量も多くかなりお勧めです。

Beyond Vape Nic.でもニコチン入り電子タバコリキッドが販売されているので是非購入してみて下さい!

ヘビースモーカーでも禁煙できるおすすめ電子タバコ機種まとめ

今回はヘビースモーカーの方が電子タバコへ移行するメリットや電子タバコを利用した減煙方法について紹介させていただきました。

ヘビースモーカーが電子タバコへ移行することのメリットはコスパや健康的にも多くあります。

JUULのようなニコチン入りのカートリッジでメンテナンスも必要ない電子タバコは非常におすすめとなっています。

ヘビースモーカーの方で電子タバコへの移行を検討している方は「JUUL」を試してみてはいかがでしょうか?



おすすめトピック


只今開催中のBIG SALEはこちらから

BIG SALE

USで話題の使い捨てタイプ 7DAZE EGGEはこちら

7daze egge