加熱式タバコが登場してからというもの、加熱式タバコユーザーが増えてきていますね。

そこで今回は、加熱式タバコと電子タバコであるJUULの使い方や吸い方などを比較していきます!

加熱式タバコと電子タバコJUULの使い方や吸い方はどれほど違いがあるのでしょうか?確認していきましょう!

加熱式タバコの使い方や吸い方について

kanetusikitobacco

まずは、加熱式タバコアイコス・プルームテック・グローの使い方や吸い方についてご紹介していきます!

初めて加熱式タバコを使用する方には難しく感じるかもしれませんが、加熱式タバコに限らず使い方に慣れると意外と簡単です。

それでは、加熱式タバコの使い方や吸い方についてご紹介していきます。

加熱式タバコアイコスの使い方や吸い方

iqos

加熱式タバコアイコスの使い方や吸い方としては、まずポケットチャージャーボタンを4秒間長押しします。ポケットチャージャーボタンの上にあるライトが点滅したら電源が入ったというサインになります。

電源を切りたい場合は、ポケットチャージャーボタンを4秒間長押しするとライトが消えます。電源を付ける場合と同じなので簡単で分かりやすいですね!

加熱式タバコアイコスの吸い方としては、専用のタバコスティックのホルダーに差し込みます。この時、ねじったりせず真っ直ぐ下に差し込まないと中にある加熱ブレードが折れてしまうので注意が必要です。

専用のタバコスティックを差し込んだら、ホルダーのボタンを長押ししましょう。長押しするとホルダーが振動してライトが白色に点滅します。その後、ホルダーが2回程振動して白色のライトが点灯している状態になったら準備完了となります。

加熱式タバコプルームテックの使い方や吸い方

ploomtech

加熱式タバコプルームテックの使い方や吸い方としては、まずカートリッジに専用のタバコカプセルを付けます。タバコカプセルを付けたらカートリッジをバッテリーを取り付けるだけです。

プルームテックの使い方はとても簡単です。専用のタバコカプセルを購入するとカートリッジが入っているので衛生面も気にならなくて良いですね!

準備が出来たらあとは吸い込むだけ。加熱式タバコのほとんどは加熱時間があり、少し待ってから吸引を開始しますが、プルームテックは待ち時間がなく準備をしてしまえばあとは吸引するだけという事が特徴です。

プルームテックは専用のタバコカプセル1つで約50回吸引出来ます。また、バッテリーのLEDが点滅したらタバコカプセルを交換してくださいというサインなので、タバコカプセルを交換してください。

加熱式タバコグロープロの使い方や吸い方

glo

加熱式タバコグロープロの使い方や吸い方としては、専用のタバコスティックを差し込みコントロールボタンを3秒間長押しするだけとなっています。5秒間長押しして2回目の振動で指を離すとブーストモードになります。

グロープロのコントロールボタンを1回押すとライトの数でバッテリー残量が確認出来ます。フル充電で約20本使用可能で、フル充電までにかかる時間は約1時間~2時間となっています。

本体にボタンは一つしかないので、使い方としては分かりやすくて簡単ですね!

電子タバコJUULの使い方や吸い方について

juul

ここまでは、加熱式タバコの使い方や吸い方についてご紹介しました。

ここからは、海外でも大人気!電子タバコJUULの使い方や吸い方などをご紹介していきます!

電子タバコJUULの使い方や吸い方について

電子タバコJUULの使い方や吸い方としては、JUULPODのキャップを取り外してJUULPODをJUULの本体に取り付けるだけととても簡単です!

JUULの本体にJUULPODを付けるとJUUL本体のLEDが点滅するので、奥までしっかりと差し込みましょう。

JUULの本体にはボタンが一つもありません。なので、JUULPODをJUULの本体に取り付けるだけで吸引可能です。

電子タバコJUULの充電方法

電子タバコJUULは、充電器の設置する部分がマグネットになっているので簡単に充電出来ます!また、JUULの充電器はコードがありません。

USBと一体型の充電器はコンパクトなので、持つ運びやすいという特徴もあります。

電子タバコJUULの充電時間は約1時間程でフル充電する事ができ、個人差はありますが1日~2日使用可能です。使い方や吸い方だけでなく充電方法も簡単で分かりやすいですね!

電子タバコJUULのバッテリー確認方法

電子タバコJUULのバッテリー確認方法はJUULの本体にJUULPODが付いている状態で、JUUL本体を2回軽めにタップします。

JUULの本体を2回タップすると本体のLEDが点灯するので、点灯したLEDのカラーでJUUL本体のバッテリー残量が確認出来ます。

LEDのカラーがグリーンの場合はバッテリー残量が50%~100%で、LEDがイエローの場合は25%~40%。LEDがレッドの場合は25%以下です。LEDのカラーさえ覚ぼえておけばバッテリー残量はタップするだけで確認できるので、非常に簡単で分かりやすいですね!

juul
購入はコチラ

加熱式タバコと電子タバコJUULの使い方や吸い方の違い

tobacco

ここまでは、加熱式タバコの使い方や吸い方と電子タバコJUULの使い方や吸い方などについてご紹介しました!

ここからは、加熱式タバコと電子タバコJUULの使い方や吸い方の違いについてご紹介します!

それでは、加熱式タバコと電子タバコJUULの使い方や吸い方の違いについて見ていきましょう。

違い①電子タバコJUULには電源ボタンがない

加熱式タバコと電子タバコJUULの使い方や吸い方の違い一つ目としては、電源ボタンです。

加熱式タバコのほとんどに電源ボタンがありますが、加熱式タバコとは違い電子タバコJUULにはボタン自体ありません。なので、カートリッジを交換するだけとなっており、使い方や吸い方がとても簡単です。

取扱説明書が無くても誰でも簡単に使用出来る程、どの加熱式タバコよりも圧倒的に使い方や吸い方が簡単になっています。

違い②充電器

加熱式タバコと電子タバコJUULの使い方や吸い方の違い二つ目としては、充電器です。

加熱式タバコの充電器は基本的にUSBチャージャーとACアダプターで充電しますが、電子タバコJUULは加熱式タバコとは違い、USBと一体型の充電器になっているので、コードが絡まる事もありません。

電子タバコJUULの充電器には、キャップが付いているので接続部分を保護する事も出来ます。

違い③バッテリーの確認方法

加熱式タバコと電子タバコJUULの使い方や吸い方の違い三つ目としては、バッテリーの確認方法です。

加熱式タバコのバッテリー確認方法も簡単ではありましたが、ボタンを長押しして振動を待つなど少し面倒に思う方がいると思います。

しかし、加熱式タバコとは違い電子タバコJUULはJUULの本体を2回軽めにタップするだけでバッテリーの残量が確認できるので、加熱式タバコでバッテリーの残量を確認するのが面倒と思う方でも簡単に面倒な作業がなくバッテリーの残量を確認していただけます。

スターターキット
購入はコチラ

加熱式タバコと電子タバコJUULの使い方や吸い方の違いまとめ

電子タバコのJUULは加熱式タバコとは違い、使い方や吸い方だけでなく充電方法やバッテリーの確認方法などどれも簡単でした。

加熱式タバコとは違い電子タバコのJUULは、面倒な操作が無く本体とカートリッジ、充電器さえあれば、簡単に使用する事が出来ます。

簡単に使用出来るタバコをお探しの方は、電子タバコJUULがおすすめです!