BeyondVapeNic ブログ ヘッダーバナー

受動喫煙防止条例の成立など紙巻きタバコによる人体への影響が問題視されていますが、具体的に紙巻きタバコがどのような健康被害をもたらすのかご存知でしょうか?

紙巻きタバコにはタールや一酸化炭素をはじめとした有害物質が多数含まれており、喫煙者本人だけではなく周囲の人々も受動喫煙による健康被害リスクがあります。

そこでこの記事では紙巻きタバコによる健康被害や、加熱式タバコ・電子タバコの違いに加えて、体に悪いのになぜ売ってるのかという理由などについて確認していきましょう。


「タバコの変わりになる」愛用者急増中
電子タバコKIWI(キウイ)絶賛販売中です

電子タバコ KIWI

1個でタバコ10箱本の良コスパ
使い捨て電子タバコTiiny(タイニー)

Tiiny

新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

配送料無料

紙巻きタバコがもたらす健康被害とは?

紙巻きタバコには200種類以上もの有害物質が含まれているといわれており、喫煙者本人だけではなく家族など周囲の人も健康被害を被る恐れがあります。

200種類以上ある有害物質のなかでも、特に知られているのが「タール」と「一酸化炭素」「ニコチン」ではないでしょうか。

そこでまずは、特筆すべき上記の3つの有害物質がもたらす健康被害や依存性について解説していきます。

タールがもたらす健康被害

タールには発がん性があることがわかっており、紙タバコを吸い続けることで肺がんの発症などの健康被害を引き起こしかねません。

タールを起因とした発症リスクが高いがんとしては、肺がん以外にも食道がん・胃がん・大腸がん・子宮頸がん・膵がんなどが挙げられます。

またタールは黒褐色の粘着質な液体で1度染み付くと容易には取れず、服や壁の臭いや歯の黄ばみなどもタールが原因です。

一酸化炭素がもたらす健康被害

一酸化炭素は紙巻きタバコに火を点けて喫煙した際に発生する有害物質で、体内に取り込まれると血中のヘモグロビンが酸素を体中に運びにくくなります。

その結果として体が酸素不足になって動脈硬化を亢進させ、最悪の場合は自覚症状がないままに死に至るケースも珍しくありません。

一酸化炭素がもたらす健康被害は喫煙者本人だけでなく、受動喫煙によって周囲にいる非喫煙者にまで及ぶ恐れもあるため喫煙は周囲への配慮が大切です。

ニコチンには依存性がある

紙巻きタバコを吸っている方のなかには、喫煙をやめたいと思いつつもなかなかやめられないケースが多い傾向にあります。

その理由としては、紙巻きタバコに含まれるニコチンが喫煙の依存性を高める物質だからです。

喫煙後1〜2時間くらい経つと血中のニコチン濃度が半分程度に減少するため、喫煙者はそのニコチン濃度を維持するために繰り返し喫煙してしまいます。

ニコチンが持つ依存性によって長期的に喫煙を繰り返していると、上記で挙げたタールや一酸化炭素も摂取することになるため健康被害のリスクが高まります。

紙巻きタバコと加熱式タバコ・電子タバコとの違いとは?

紙巻きタバコによる健康被害問題や増税が重なり、紙巻きタバコから加熱式タバコや電子タバコに乗り換える方も少なくありません。

では加熱式タバコや電子タバコであれば、紙巻きタバコのような健康被害は心配ないのでしょうか?

ここからは紙巻きタバコと加熱式タバコ・電子タバコとの違いを解説しながら、それぞれの人体への影響について紹介していきます。

紙巻きタバコと加熱式タバコの違い

加熱式タバコとは、タバコ葉を燃焼して発生する煙を吸う紙巻きタバコとは異なり、タバコ葉を加熱して発生する蒸気を吸うタバコのことです。

タバコ葉を燃やしていない分、紙巻きタバコと比較すると有害物質の発生が軽減されており、これは第三者機関によって科学的に証明されています。

しかし紙巻きタバコと比べて普及して間もない加熱式タバコは、人体への影響に関わるデータが十分揃っていないため健康被害が一切ないとは言い切れません。

紙巻きタバコと電子タバコの違い

電子タバコとは、タバコ葉を使用せずにカートリッジ内のリキッドを電気熱によって加熱し、発生した蒸気を吸い込むタバコのことです。

タバコ葉を使用していないため、紙巻きタバコを喫煙する際に発生するタールや一酸化炭素といった有害物質が含まれません。

またリキッドの含有成分も基本的には、食品に含まれる添加物と同じもので構成されているため安全性が高いといわれています。

しかし電子タバコに関しても加熱式タバコと同様に研究が進んでおらず、完全に健康被害がないとは言い切れないでしょう。

紙巻きタバコが体に悪いことは明白なのになぜ売ってるの?

受動喫煙防止条例の成立など紙巻きタバコが体に悪いことは政府も認めているはずなのに、販売を禁止せずになぜ売ってるのでしょうか。

体に悪い紙巻きタバコをなぜ売ってるのかという理由に関してはタバコ税収が大きな要因の1つで、紙巻きタバコを禁止してしまうとタバコ税による年間2兆円以上の税収がなくなることになります。

さらに明治時代から国策として政府が紙巻きタバコを利用・推奨してきた手前、いきなり禁止にすることが難しいのも理由として考えられるでしょう。

またアメリカで1920年代から30年代頃まで施行された「禁酒法」では、違法アルコールの横行やその違法アルコールが反社会的勢力の資金源になったという前例があります。

そのため日本国内でのみ紙巻きタバコを禁止してしまうと、海外から違法タバコが流入し裏社会で取引されるリスクも懸念点として挙げられます。

電子タバコならタールや一酸化炭素による健康被害を避けて喫煙できる

紙巻きタバコによる健康被害や受動喫煙による周囲への影響を懸念する場合は、タールや一酸化炭素といった有害物質が含まれない電子タバコがおすすめです。

Beyond Vape Nic.が取り扱っている電子タバコにはニコチンが含まれているため、紙巻きタバコを吸っている方でもハードルが低く気軽に乗り換えることができます。

さらに電子タバコから発生するものは煙ではなく水蒸気のため、タバコによる汚れや臭いの付着を気にする必要もありません。

電子タバコを吸う際も周囲への配慮は大切ですが、タールや一酸化炭素といった有害物質が確実に含まれている紙巻きタバコと比べると安心感があります。

健康被害のリスクが少ない電子タバコを買うならJUULがおすすめ

JUULスターターキット
POD型電子タバコ『JUUL』の購入はこちら

JUULとは世界中でかなりの人気を博しており、アメリカはもちろんカナダ・オーストラリア・フランス・韓国・フィリピンなどで愛用されている電子タバコです。

JUULはタール・一酸化炭素ゼロということに加えて副流煙を出さないため、紙巻きタバコのような健康被害のリスクがありません。

それでいて紙巻きタバコのような吸い応えとなっており、これまで紙巻きタバコを吸っていた方でも高い満足感を得ることが可能です。

フレーバーに関してもJUULの純正とサードパーティ製のカートリッジを含めれば非常に豊富で、タバコ系やメンソール系のほかグレープフルーツやパイナップルといったフレーバーも豊富に取り揃えられています。

紙巻きタバコから電子タバコに乗り換えたいと考えている方は、ぜひBeyond Vape Nic.をご利用ください。

電子タバコJUULを買うならBeyond Vape Nic.にお任せ!

紙巻きタバコの健康被害と体に悪いのになぜ売ってるかの理由まとめ

紙巻きタバコには200種類以上の有害物質が含まれており、そのなかでも発がん性のあるタールや体の酸素不足につながる一酸化炭素は健康被害をもたらす可能性が高いです。

紙巻きタバコが体に悪いことは明らかなのになぜ売ってるのかというと、タバコ税収の確保これまで国策として紙巻きタバコを推奨してきた背景があることに加えて、禁止した際に起こりうる違法タバコの流入・治安の悪化に対する懸念などが挙げられます。

また近年利用者が増えている加熱式タバコに関しては、燃焼しない分紙巻きタバコよりも有害物質の発生が軽減されているといわれていますが、健康被害リスクが全くないとは言い切れません。

電子タバコも同様にまだ研究が進んでいないため健康被害の可能性はゼロではないものの、タバコ葉を燃やすわけではないためタールや一酸化炭素が発生せず紙巻きタバコより安全に喫煙を楽しめます。

ご自身や周囲の人々への健康面を配慮して紙巻きタバコから電子タバコに移行したいという方は、ぜひBeyond Vape Nic.をご利用ください。



おすすめトピック


今最も話題の電子タバコ
KIWI(キウイ)新発売です!!

電子タバコ KIWI

不定期で開催中!!
BIG SALEはこちらから

7daze egge

【PR】新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

BeyondNic 新規会員登録