イギリスで「電子タバコクリニック」を推進

2012年創業、国内に150店舗以上を超える小売り店を展開する英国最大のVAPE販売会社VPZが、電子タバコを利用してより多くの喫煙者の禁煙を支援するために、新たに「電子タバコクリニック」を開設することを計画しています。

情報ソース

VPZ Pushing for ‘Vape Clinics’ In The United Kingdom

VPZ WEBサイト

電子タバコ 禁煙

プレスリリースによると、英国最大のVape製品小売業者であるVPZ社は、国内で「高まる禁煙サーバーの需要」を補強するために、初の「電子タバコクリニック」を開設することを発表しました。

電子タバコクリニックは、COVID-19パンデミックの影響で制限されていた禁煙サービスの需要を満たすための手段であるという。

同社によると、パンデミックの影響でVAPE販売店の営業が制限されていたため、何千人もの人々が禁煙のための選択肢を失っていたそうです。

現在、COVID-19のパンデミックは、ヨーロッパ、イギリス、アメリカの多くの地域で緩和され始めています。VPZ社は、このタイミングで、英国の小売店全体に「禁煙コーチング」のネットワークを提供するというコンセプトを導入することにしました。

VPZ社は、この新しいモデルが、”顧客基盤に対する顧客サービスと専門家のアドバイスのレベルをさらに高める “ことに役立つとしています。

VPZ社の取締役であるDoug Mutter氏は、この取り組みが「国の第一の殺人者である喫煙との戦い」に不可欠であると述べています。

電子タバコクリニックのコンセプトは、お客様からの強いご要望にお応えするものであり、再開後もより充実したサービスの必要性を感じていました。COVID-19によるNHSの禁煙サービスの大幅な削減や地方自治体の削減は、喫煙率を下げるための国の努力に壊滅的な影響を与えています。

これに加えて、電子タバコショップが必要ないと判断されたことで、2020年に喫煙者の数を大幅に減らすどころか、むしろ増加してしまい、2030年までに無煙化するという英国の野望に大きな勢いを失ってしまいました」とMutter氏は付け加えました。

VPZは英国で人気の高いブランドであり、大手電子タバコブランドとしては初めて、NHSトラスト病院で患者や開業医向けにVAPEコンサルティングサービスを提供したことで世界的に知られています。英国では電子タバコは従来のタバコに比べて95%も有害性が低いとされています。