今人気を集めている電子タバコは、未成年でも購入する事ができるのでしょうか?

また、加速するタバコに関する法整備で未成年が電子タバコを吸う事は法律に反しているのか?という問題についてまとめています。

電子タバコと一口に言っても豊富な種類がありますが、未成年の吸引の有害性など「未成年の電子タバコ事情」についてご紹介していますので、是非ご覧下さい。

未成年でも電子タバコは吸える?

未成年

喫煙について日本では未成年の喫煙は法律で認められおらず、特に近年では未成年の年齢引き下げについて検討されているので、今後更に受動喫煙防止条例に伴ない、これまでよりも厳罰化されていく可能性が考えられます。

しかし、電子タバコや加熱式タバコと紙巻きタバコでは扱いがやや異なり「実際法律はどうなっているの?」と感じる方も多いのではないでしょうか?

電子タバコは有害性が無ければ大丈夫か

では、未成年が吸える電子タバコとは一体何が基準となっているのか?と言いますと、電子タバコはVAPEと呼ばれる水蒸気の味わいを楽しむ物で、ニコチンやタールを含まない商品が多く販売されています。

加熱式タバコや紙巻きのようなニコチン・タールを含む物の未成年者への販売は法律で禁止されており、電子タバコにも含まれているリキッドもあります。

厳密に言えばニコチンやタールなどの有害物質を含まない美容アイテムなどの、タバコに該当しない製品は問題が無いという訳です。

吸引可能な製品もある

日本では薬機法によってニコチン入りリキッド類の取り扱いが行えず、個人輸入では可能となっていますが未成年が購入する事はできません。

近頃では有害物質を配合しないフルーツなどのフレーバーを含んだ電子タバコが豊富に販売されていますが、だからといって未成年者の喫煙は容認されている訳では無いので注意が必要です。

日本で購入可能な電子タバコにはニコチンやタールが含まれず、コラーゲンやビタミンBなどの美容成分を配合した美容アイテムとして人気となっています。

海外で若者に人気を集めた電子タバコ

海外では飛ぶ鳥を落とす勢いで若者に人気を集めた電子タバコ「JUUL」があります。

世界的大ヒットとも言えるJUULにもニコチンなどの有害性を含まないリキッドが豊富に登場しており、自分に合った使い方ができるので幅広い層に支持されている電子タバコです。

シェア率の高いデバイスJUUL
購入はコチラ

未成年は電子タバコを買えるの?

未成年が買えるのか

未成年が電子タバコを購入する事ができるのか?といった疑問がありますが、日本では電子タバコはどのような物でも電子タバコという扱いで販売されています。

果たして未成年が電子タバコを買えるのか?考えてみましょう。

量販店やコンビニでは買えない

電子タバコは様々なお店で手軽に購入する事が可能で、量販店・コンビニ・スーパー・ドラッグストアなど幅広く取り扱いがされています。

しかし、基本的に電子タバコは喫煙具となり年齢認証が行われる為、未成年である場合は購入する事ができません。

また、未成年者が年齢を偽って購入する事は法律に反する事なので絶対に止めましょう!

通販サイトでも販売されている

未成年者が電子タバコを購入できるのかと言えば、喫煙具に該当しない美容グッズであれば購入可能です。

とは言っても、製造メーカーによっては未成年の購入を禁止している可能性も高いですが、健康成分を豊富に配合しているタイプの電子タバコのような疑似製品であれば購入できる物もあります。

ただし、買えるかどうかは成分によって大きく異なり、健康面でも未成年者にとっての有害性は不明となりますので、基本的には未成年は買う事ができないと考えておいた方が良いでしょう。

電子タバコの有害性や注意点

安全性

電子タバコによっては問題無い物もありますが、一般的な「電子タバコ」と呼ばれる物は大抵未成年者への販売を禁止されています。

また、電子タバコは媒体によってリキッドなどの成分が異なるので、未成年者の購入は非常にリスクが高く危険性を伴う場合も考えられるのです。

「未成年は使用できないのか?」と言う点や安全性についてしっかりと把握しておきましょう。

電子タバコは本当に安全?

まず電子タバコの安全性について、現時点で抱えている問題と言うと電子タバコに含まれる成分の有害性が明らかになっていないという点が挙げられます。

日本では確かに様々な厳しい審査が行われていますが、それはあくまで成人であるという事が大前提となって製造されているのです。

とは言え、最近では健康面を意識して製造された電子タバコがあり、そういった製品は安全性が高く特にエナジータイプの物やカフェインが取れる物などが学生に人気を集めています。

電子タバコはマナーを守って楽しもう!

電子タバコと言ってもルールやマナーは紙巻きタバコや加熱式タバコと同じように守らなければなりません。

喫煙という目的では無く、気分転換にリフレッシュしたいような時に未成年でも楽しむ事ができる製品もあります。

特に最近ではエナジードリンクやカフェインを効率良く摂取できる低価格の電子タバコが人気を集め、多くの通販サイトで販売され手軽に購入できますが、いずれにせよ日本にいる限りはしっかりと成人するまでは喫煙具は始めるべきではありません。

ただでさえ現代社会では喫煙に関して非常にデリケートな問題となっている為、社会のルールをきちんと守って喫煙者にとって周囲に迷惑をかけずにより良い環境作りをしていく事が大切です。

また、成人してから初めての喫煙アイテムとして人気を集めているのがJUULで、低価格で自分好みのリキッドが楽しめる電子タバコデビューにピッタリの電子タバコとなっていますので、成人したらJUULで最高のフレーバーを楽しんでみましょう!

シェア率の高いデバイスJUUL
購入はコチラ