最近では、タバコの値上げやタバコに関わる法改正によって、禁煙を始める方や電子タバコに切り替える方が増加傾向にあります。

電子タバコは、一般的な紙巻きタバコと違ってニコチンやタールが含まれていないものも多く有害性がないため、未成年でも安全に楽しめるイメージを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は実際に、電子タバコは未成年でも購入できるのか、電子タバコを使用するうえでの注意点や有害性などについてご紹介します。

電子タバコに有害性はある?ない?

電子タバコに有害性はある?

電子タバコと聞いたとき、みなさんは有害性についてどういった印象を持ちますか?

人によって電子タバコに対する考え方は様々で、「電子タバコとはいえ有害性がある!」と考える方もいれば「タバコのような成分は入っていないから無害なのでは」と考える方もいらっしゃると思います。

まずは、電子タバコには本当に有害性がないのか、安全に吸うことができるものなのかという点についてご紹介していきます。

日本で購入できる電子タバコに有害性はある?

まず日本国内で購入することができる電子タバコについてですが、一般的なタバコ製品に含有しているタールやニコチンといった有害性物質は電子タバコに含まれていません

日本では、ニコチン入りのリキッドの販売だけでなく製造自体も法律によって禁止されているため、そもそもニコチン入りの電子タバコは購入できないようになっています。

日本で購入できる電子タバコには、タールやニコチンが含まれていないため厳密にはタバコ製品ではありませんし、有害性物質が含まれていないという点では有害性は低いと言えるでしょう。

海外で販売されている電子タバコは取り扱い注意

日本ではニコチンの入っていないリキッドが一般的ですが、海外ではニコチンソルトなどの紙タバコと同様の有害性物質が含まれている電子タバコが一般的となっています。

インターネットが普及した現代社会においては、通販サイトを利用して海外のニコチン入りリキッドを個人輸入という形で取り寄せ使用することが気軽にできるようになりました。

ニコチン入りの電子タバコは個人輸入で購入ができ、成人している方が個人で使用することは認められています。
が、ニコチンが混入している場合『タバコ製品』となるため購入時や使用時には注意が必要です。

個人輸入についての情報はコチラからチェック!

電子タバコは本当に安全に吸うことができる?

上述した通り、日本国内で販売されている電子タバコには、ニコチンやタールといった有害性物質が含まれていないため、一般的なタバコ製品と比較すると有害性は低いでしょう。

しかしニコチンやタールは含まれていないとしても、電子タバコに使われているリキッドには、身体に良くない添加物や成分が配合されているのではないかと不安に感じる方もいると思います。

国内で販売されている電子タバコについてはリキッドは人が体内に入れても無害な成分・添加物だけが使用されているため安心です。

電子タバコが人体に与える悪影響としてはさまざまな意見があるのも事実ですが、紙巻きタバコや加熱式タバコを吸い続けるよりは被害が少ないという見方ができます。

電子タバコは未成年でも買える?

電子タバコは未成年でも買える?

日本には、「未成年者喫煙禁止法」という法律があるため、文字通り未成年の喫煙は法律で禁止されています。

しかし電子タバコの中には、火を使わずに水蒸気を発生させて喫煙するタイプのものや、ニコチン・タールが含まれていないものもあるため、未成年でも買えるのではないかという意見もあるでしょう。

ここでは、電子タバコは未成年でも買えるのかどうかという点についてお話していきます。

法律上は未成年でも電子タバコを買うことはできる

日本で販売されている電子タバコは、タールやニコチンが含まれておらずタバコ製品ではないため、未成年者喫煙禁止法は適用されません。

また電子タバコは、煙ではなく水蒸気が出るものとされていますが、明確に定義づけられているわけではないので、喫煙していることに違いないと考えるのが一般的です。

そのため、法律上は未成年でも電子タバコを買ったり吸ったりすることは可能ですが、タバコの喫煙に繋がる可能性があるため、未成年者の使用は好ましくないという考え方が浸透しています。

電子タバコの取扱店では販売を自粛しているのが現状

電子タバコは、水蒸気が出るという点やニコチン・タールを含まない点からタバコ製品とは異なるため、未成年でも購入することは可能です。

しかし電子タバコを吸うことは、たとえタールやニコチンを含まない電子タバコであっても喫煙に変わりないという考え方が一般的なため、電子タバコの取扱店では未成年者への販売を自粛している傾向にあります。

実際、アメリカなどの海外では電子タバコが『ゲートウェイドラッグ』となっているとされており日本以上に厳しい規制のもと販売されています。

未成年者の電子タバコ使用は誤解を招く恐れがある

実際には、ニコチン・タールが含まれていない電子タバコも、遠目に見れば普通のタバコ製品を吸っているように見えるため誤解を招く恐れがあります

屋外で吸っているところを親御さんや警察官に見られたら、喫煙していると誤解を与えてあらぬ疑いをかけられることに繋がりかねません。

また「タバコ製品じゃないから」とルールやマナーを守らずに吸っていると、補導される可能性もあるので注意しましょう。

電子タバコは20歳になってから購入しよう

紙巻きタバコと電子タバコの違い

周囲からの見え方や社会的なルール・マナーなどを考慮すると、たとえ有害性の低い電子タバコでも、未成年の方が使用するのは控え20歳になってからの使用するようにしましょう。

もちろん20歳になってから電子タバコを吸うとしても、きちんと喫煙マナーやルールというものを理解し、厳守して使用することが大切です。

電子タバコを買えるようになった方におすすめの商品

JUUL
JUUL本体の購入はコチラ!

20歳になって電子タバコを気兼ねなく買えるようになったらぜひおすすめしたいのが「JUUL」という電子タバコです。

JUULは、アメリカで生まれたPOD型という最新デバイスの電子タバコとなっており、現在ではアメリカの電子タバコ市場の75%を占める人気ぶりとなっています。

専用カートリッジを使用することで従来の電子タバコに必要だったリキッドの充填やメンテナンスなど面倒な作業が不要なため、初めての電子タバコには特におすすめです。

JUUL対応のリキッドも複数販売されておりタバコの苦みが苦手な方でも香りや味を楽しみながら喫煙することが可能です。
ニコチンの含有量はできるだけ低い割合のものからご使用ください!

軽量でコンパクトなデバイスとなっており、デザインもスタイリッシュでおしゃれなので、ぜひ初めての電子タバコにはJUULを選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ|電子タバコは未成年でも買えるのかどうか

今回は、未成年でも電子タバコを買えるのかどうか、また電子タバコを吸うときの注意点と有害性についてご紹介しました。

日本で売られている電子タバコは、一般的な紙巻きタバコや加熱式タバコと違ってタバコ製品ではないため、法律的には買うことができます。

また日本で手に入る電子タバコは、ニコチンやタールといった有害性物質が含まれていないため、そういった点を考えると安心して使用できるといえるでしょう。

しかし周囲から見れば喫煙と誤解される恐れもあるため、未成年のうちは吸わないようにして20歳になってから吸うことをおすすめします。