電子タバコの本場アメリカでシェア7割と圧倒的な人気を誇るデバイス”JUUL”
近年は日本国内でも利用者が増加しています。

メンテナンスフリーかつ、持ち運びしやすいサイズ感といった手軽な要素が普段使いし易いと評判です。

今回はそんなJUULユーザーに向けて、日本国内で購入可能な主なフレーバーを一挙にご紹介していきます。
これを見ればJUUL対応PODの全てが分かるといっても過言では無い内容ですので、ぜひ最後までご覧いただけると幸いです!

JUULのニコチン入りカートリッジの購入は個人輸入のみ

JUULのニコチンリキッド

電子タバコJUULをはじめとするニコチンリキッドは、薬機法(旧薬事法)により、日本国内での販売・譲渡を禁止しています。

そのため、本記事でご紹介するJUULのニコチン入りカートリッジは全て個人輸入での購入となります。

個人輸入とは、海外から直接個人に発送するという購入方法で、個人で楽しむ分には規制がされていません。
個人輸入の代行会社などを通すことで、日本国内から通販感覚で取り寄せることができます。

個人輸入についての詳細情報は下記にて
JUULの個人輸入は日本から簡単に購入可能!個人輸入のやり方まとめ

個人輸入なら当サイトBeyond Vape Nic.にお任せ!

当サイトBeyond Vape Nic.は、カリフォルニアに拠点を置く電子タバコの個人輸入代行会社です。

個人輸入を行う際には、『税関トラブル』や『梱包の甘さ』『検品の不十分さ』といったトラブルもあり難しいというイメージを持たれている方も多いかと思います。

しかしながら、Beyond Vape Nic.は日本人向けの代行会社ですので、お問合せはもちろん、トラブルの対応や検品・梱包なども全て日本人スタッフが行っているので、始めて個人輸入を利用するという方でも安心してご利用いただけます。

また、通常1週間~1ヵ月以上かかることもある個人輸入ですが、当社では最短3日でお届け!国内の通販サイトと同レベルの配送を行っているため多くのリピーターに利用いただいております。

個人輸入がよくわからない、個人輸入で失敗したことがあるというは是非、Beyond Vape Nic.をご利用ください さい!

日本で購入可能なJUUL対応POD全種類紹介

ここからは現在個人輸入サイトBeyond Vape Nic.にて購入可能なニコチン入りJUULPOD(カートリッジ)の種類とそれぞれのブランドで展開しているフレーバーをご紹介いたします!

JUULはアメリカを中心に高い人気を誇っているため、純正POD以外にもJUULに対応したPODなども販売されています。

現在販売しているJUUL対応PODは主に以下の3シリーズです。

【日本で購入可能なJUUL対応POD】
①JUUL POD
②altpods
③ICE POD

以下では各シリーズの特徴や、オススメできる人、フレーバー全種類のレビューなどをまとめていきます!

JUULPOD~シンプルで洗練されたフレーバー~

JUUL公式POD

JUULPODはJULL専用の純正リキッドです。

規制前はマンゴーやクリーム、フルーツ味など他のフレーバーもありましたが、現在入手可能なのはバージニアタバコとメンソール味の2種類のみとなっています。

両フレーバーともシンプルで癖のない味わいが魅力で、2種類の展開ながらも根強い人気を誇るシリーズです。

各味については下記で全フレーバーの紹介を行っていますので、ぜひ参考にしてみてください!

【こんな人におすすめ!】

①シンプルで癖のない味わいが好きな方
②フルーツ系の味が苦手な方

【フレーバー紹介①】バージニアタバコ

JUULPODバージニアタバコ

紙巻タバコを再現したタバコ風味のフレーバーです。
altpods同様にかなり忠実に再現されており、甘いフレーバーが苦手な方や禁煙補助として電子タバコを利用されている方にオススメ。

クセも少ないため、電子タバコデビューにも打って付けのフレーバーとなっています。

⇒JUULPODバージニアタバコフレーバーの購入はコチラ

【フレーバー紹介②】メンソール

JUULPODメンソール

月間の売上ランキング1位となることも多いのがこちらのメンソールフレーバー。

雑味のないシンプルなメンソールタバコ風味のフレーバーとなっています。

シンプルだからこそ好き嫌いが別れづらく、バージニアタバコフレーバーと同じく、JUULデビューのお供にオススメのフレーバーです。

⇒JUULPODメンソールフレーバーの購入はコチラ

altpods ~ほぼすべての味をそろえたオールラウンダー~

altpodsニコチン入りJUULリキッド

altpodsは日本人調香師によって開発されたJUUL対応使い捨てカートリッジです。

最大の特徴はなんといってもその豊富なフレーバーのラインナップでしょう。
オーソドックスなメンソールやタバコだけでなく、マンゴー、グレープフルーツ、パイナップル、ベリーズ、モカ、ミントの全8種類が楽しめます。

中でも特にフルーツ系のフレーバーはかなり評価が良く、日本人調香師が手がけているためか、海外リキッドにありがちな嫌な甘ったるさがなく自然な甘さで美味しいです。

各味については下記で全フレーバーの紹介を行っていますので、ぜひ参考にしてみてください!

【こんな人におすすめ!】

①リキッド選びに迷う全ての人におすすめな定番POD
②特に甘い系のフレーバーがお好きな方

【フレーバー紹介①】タバコ

alitpods タバコフレーバー

altpodsのタバコフレーバーは紙巻タバコ独特の苦味や渋みに拘ったフレーバーです。

世の中にあふれるタバコ風フレーバーは「美味しいがタバコではない」という調香師考えのもと作られており、他のタバコ系フレーバーとは一線を画す再現度を誇ります。

味としては甘味最大限まで落とされ、タバコの渋みを全面に押し出したものとなっています。

ただ、逆に言えばタバコ独特のクセの強さも忠実に再現されているため、紙巻が得意でない方には少し吸いづらいフレーバーでもあり、その点は注意が必要です。

⇒altpodsタバコフレーバーの購入はコチラ

【フレーバー紹介②】メンソール

alitpods メンソールフレーバー

altpodsのフレーバー全種類の中で最も強いクール感を誇るのがメンソールフレーバー。
吸った後の喉や鼻のひんやり感はきっと満足いただけるはずです。

また香りの奥にはほのかにタバコ感が存在しており、タバコメンソールに近い調香となっています。

ただ、かなりメンソール感の強いフレーバーとなっていますので好き嫌いは別れやすい味でもあります。
不安な方は次に紹介するミントフレーバーからのご利用がオススメです。

⇒altpodsタバコフレーバーの購入はコチラ

【フレーバー紹介③】ミント

alitpods ミントフレーバー

ミントフレーバーはメンソールに比べてより自然な清涼感を味わえる調香となっています。

癖が少なく、爽やかさの奥にほのかに甘味があるミントフレーバーで、これからJUULを始める方にはまず試していただきたいフレーバーです。
そう言えるほど好き嫌いの別れにくい万能な味に仕上げられています。

⇒altpodsミントフレーバーの購入はコチラ

【フレーバー紹介④】マンゴー

alitpods マンゴーフレーバー

マンゴーフレーバーはaltpodsの中でも特に人気の高いフルーツ系フレーバーです。

メインとなるマンゴー風味に加えて、トロピカルフルーツの要素もプラスされており、爽やかな常夏フレーバーに仕上がっています。
こうした一筋縄でいかない複雑な調香がaltpodsシリーズの魅力ですよね。

ただマンゴー味の再現度の高さから、本物のマンゴー独特の癖も再現されており、マンゴーが苦手な方には向かないといったレビューも見かけたためご注意ください。

⇒altpodsマンゴーフレーバーの購入はコチラ

【フレーバー紹介⑤】グレープフルーツ

alitpods グレープフルーツフレーバー

再現度の高さから多くの人の舌を唸らせてきたのがグレープフルーツフレーバー。

「甘酸っぱくさせない」点にこだわったそうで、酸味と甘味のバランスが絶妙です。
まるで生絞りのグレープフルーツジュースを飲んでいるような感覚に陥ります。

また、フルーツ系のフレーバーの中ではベリーズと並んでスッキリと楽しめるフレーバーなので食後などの気分転換にもオススメです。

⇒altpodsグレープフルーツフレーバーの購入はコチラ

【フレーバー紹介⑥】パイナップル

alitpods パイナップルフレーバー

マンゴーと並んで強めの甘さが魅力なのがパイナップルフレーバーです。

搾りたてのパイナップルジュースを彷彿とさせるような自然な甘さがとても美味しいです。

パイナップル系のフレーバーにありがちなお菓子のような甘さではなく、しっかりと甘いながらも自然なパイナップル感がありとても人気のフレーバーに仕上がっています。

⇒altpodsパイナップルフレーバーの購入はコチラ

【フレーバー紹介⑦】ベリーズ

alitpods ベリーズフレーバー

ベリーズはブルーベリー、ラズベリー、ストロベリーの3種類のベリーがミックスされたフレーバーです。

わずかにメンソールが配合されているためか、ベリー類の甘酸っぱさの後に独特の清涼感がありクセになる味わいに調香されています。

グレープフルーツと同様にこちらもスッキリと楽しめるフレーバーなので食後の気分転換などにもってこいです。

⇒altpodsベリーズフレーバーの購入はコチラ

【フレーバー紹介⑧】モカ

alitpods モカフレーバー

コーヒーフレーバーにチョコレートを少し加えたのがこちらのモカフレーバー。

苦味と甘味のバランスが絶妙で、飽きることなく吸い続けられるフレーバーに仕上げられています。

味としては比較的コーヒーの苦味が強いため、仕事中などにもオススメです。
ただ、逆に言えば甘いモカを想像しながら吸うと少しイメージとズレてしまう可能性があるためその点はお気を付けください。

⇒altpodsモカフレーバーの購入はコチラ

ICE POD ~メンソールに物足りなくなった方へ~

ICEPOD JUUL対応POD

ICE PODは「メンソールに物足りなくなった方へ」をコンセプトに、altpodsを手がける日本人調香師がより爽やかな吸い心地を再現したリキッドとなっています。

現在マンゴー、ミント、ブラックアイス、グリーンアップル、グレープ、ピーチの6種類のフレーバーが揃っており、altpodsでも評価の高かったフルーツ系とメンソールとの化学反応を楽しむことができます。

どのフレーバーも甘さや爽快感、みずみずしさのバランスがとれており、試してみて損はないリキッドです!

各味については下記で全フレーバーの紹介を行っていますので、ぜひ参考にしてみてください!

【こんな人におすすめ!】

①メンソール以上の爽快感、清涼感を求める方
②altpodsのフルーツ系フレーバーがお好きな方

【フレーバー紹介①】ミント

icepod フレーバー

altpodsでも評価の高かったミントフレーバーにさらに清涼感を追加したのがICE PODのミントフレーバー。

altpods同様、こちらもシリーズの導入フレーバーにおすすめです。

味としてはミンティアなどの比較的切れ味のあるミント感をイメージしていただけると良いかと思われます。

クセが強すぎないからこそずっと吸っていられるような調香が魅力の1品です。

⇒ICE PODミントフレーバーの購入はコチラ

【フレーバー紹介②】マンゴー

icepod フレーバー

完熟マンゴーを再現したフレーバーと清涼感との掛け算がこちらのマンゴーフレーバー。

完熟マンゴーをイメージしているため、清涼感に負けることなくしっかりとマンゴーが主張してくれます。
かといって、甘すぎるわけでもないのがICE PODのもう一つの魅力。

イメージとしては瞬間冷凍されたマンゴーを楽しんでいるような感覚が近いです。

⇒ICE PODマンゴーフレーバーの購入はコチラ

【フレーバー紹介③】グリーンアップル

icepod グリーンアップルフレーバー

マンゴーやミントに次いで人気が高いのがこちらのグリーンアップルフレーバーです。

こちらもマンゴー同様に果汁を瞬間冷凍したような、甘みと清涼感の絶妙なバランスを楽しめます。

またマンゴーに比べてよりさっぱりと楽しめるほか、癖も少なく、ICE PODシリーズの導入としてもオススメできるフレーバーに仕上がっています。

⇒ICE PODグリーンアップルフレーバーの購入はコチラ

【フレーバー紹介④】ピーチ

icepod peachフレーバー

ネクターピーチの甘さが楽しめるのはこちらのピーチフレーバー。
しっかりとした甘さから、スイーツ好きの女性からも人気の高いフレーバーです。

また、単なるピーチ味だけでなくトロピカルフルーツなども配合されており、複雑でありながらもしっかりとまとまった味が魅力になっています。

altpods同様に一筋縄ではいかない調香師さんのこだわりが感じられるフレーバーです。

⇒ICE PODピーチフレーバーの購入はコチラ

【フレーバー紹介⑤】グレープ

icepod グレープフレーバー

ICE PODシリーズの中でも特に味を濃く感じると言われているのがグレープフレーバーです。

PODの入っている袋を開けた瞬間から、グレープのジューシーさを彷彿とさせるよい香りが漂ってきます。

またグレープフレーバーといいながらも、その味はグレープとマスカットとのかけ合わせになっており、ピーチと同じく複雑な味を楽しむことができます。

⇒ICE PODグレープフレーバーの購入はコチラ

【フレーバー紹介⑥】ブラックアイス

icepod ブラックあいスフレーバー

強烈な爽快感が魅力のICE PODシリーズの中でも、さらに抜群の爽快感を誇るのがこちらのブラックアイス。

パッケージからも伝わりますがキレッキレの辛口ミントフレーバーとなっています。

眠気覚ましに食べる強刺激のタブレットなどに近い味わいで、気分をシャキッとさせたいときや、気合を入れたいときにオススメのフレーバーです。

⇒ICE PODブラックアイスフレーバーの購入はコチラ

空PODに詰め替えればフレーバーの種類は無限大

JUULリキッド詰め替え

ここまで日本から購入できるJUUL対応PODを紹介してきました。

各シリーズ様々なフレーバーが展開されていましたが、最初にお伝えした通り現在販売しているのは上記の3ブランドのみ…。
長年JUULを愛用されている方の中には「物足りなさを感じる」といった人も少なくないでしょう。

そこでオススメしたいのが、空のPODを購入してご自身でリキッドを注入するという方法。
そうすることで1万種類以上とも言われている電子タバコリキッドをJUUL用のリキッドとして使用することが可能になります。

空POD自体はそれほど珍しくなく、ネット上で販売されていますのでぜひ購入してみてください!

ニコチン添加剤を使えばニコチンリキッドも自作可能

空のPODにリキッドを注入する方法をご紹介しましたが、とはいえ日本国内で簡単に入手できるリキッドはノンニコチンのものばかりです。

ところがニコチン添加剤を用いることで、ノンニコチンリキッドを簡単にニコチン入りリキッドに変えることが可能になります。

ニコチン添加剤の使用方法は基本的にリキッドに入れて混ぜるだけなのでとても簡単です。
JUULPODにも使用されているニコチンソルト(Nicotine Salts)は、フレーバーの味を損ないにくいという特徴もありますので、興味のある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?。

下記の記事で詰め替えについて詳しく解説しているので併せてご覧ください。

JUULのフレーバーが少ないのはアメリカの規制が原因?

フレーバー付きリキッドの販売規制

現在日本国内から購入できるJUULのフレーバーは上記でご紹介したものが主になっています。
なぜアメリカでシェア7割を超える人気デバイスのPODがこれほど少ないのでしょうか?

実は、電子タバコ大国のアメリカで2019年9月にトランプ前大統領が全てのフレーバー付きの電子タバコの販売を規制する方針を固めたのです。

ここでは最後におまけとして、フレーバー付き電子タバコ規制開始の原因と、日本にはどんな影響があるのか?ということについて解説します。

規制が始まった背景とは?

アメリカでは数年前から未成年の電子タバコ使用者の増加が社会問題になっていました。
そこでフルーツやスイーツなどの甘い味の付いた電子タバコは未成年者の電子タバコ利用を深刻化させる恐れがあるとして販売規制に踏み込んだようです。
また、電子タバコが原因とみられる急性肺疾患や死亡例の報告が急増したことも追い風となりました。

カリフォルニアやサンフランシスコなど一部の州では既にメンソールの電子タバコも販売禁止となっているようです。

日本に影響はあるの?

電子タバコ大国であるアメリカではフレーバーが規制されていますが日本ではどうなのでしょうか?

日本には薬事法という法律があり、もともとニコチンの販売・譲渡が厳しく規制されています。
そのため紙巻タバコ以外のニコチンが含まれる商品を購入することはできません

ただし、ニコチンを含まない電子タバコ製品であれば国内の通販サイトや電子タバコ専門店などでも入手可能で、さらに個人で使用する目的であれば許可を必要とせずにニコチン入りの電子タバコのリキッドも輸入することができます。

そのため、『フレーバーだから』といった規制はありませんが、アメリカでの規制が原因でフレーバーリキッドを販売しているブランドが減少し、結果的に入手が困難になっているケースは少なくありません。

今後フレーバー数が増えるかどうかについても不明といわざるを得ません。

JUUL対応のフレーバー全種類紹介|まとめ

今回は日本で購入できるJUUL対応PODのフレーバーを全種類解説してきました。

JUUL対応の主なPODは3種類と確かに少ないですが、それぞれのクオリティがかなり高く充分すぎるほど楽しむことが可能です。
また、物足りなさを感じる場合は空PODを用いて選択肢を増やすといった方法もあります。

ぜひご自身にぴったりのフレーバーに出会い、素敵なJUULライフをお過ごしください。



おすすめトピック


只今開催中のBIG SALEはこちらから

BIG SALE

USで話題の使い捨てタイプ 7DAZE EGGEはこちら

7daze egge