電子タバコやニコチン入りリキッドを初めて個人輸入で購入する場合にはどんなことに注意が必要なのでしょうか?

近年個人輸入代理店が増え、ネットも普及したことから個人輸入を行って電子タバコやニコチンリキッドを購入するユーザーも増えています。
通販感覚で購入する事もできる個人輸入ですが、あらかじめ知っておかなければならない規制や関税についてがいくつかあります。

今回は、電子タバコとニコチン入りリキッドに焦点を絞り、個人輸入についてご紹介いたします。

個人輸入とは

個人輸入とは

個人輸入とは、海外の通販サイトや業者から個人で使用する事を目的に商品を購入し、自宅まで発送してもらう事を指します。

日本の通販サイトは通さず、海外の卸しから直接買い付けることです。

個人輸入を行う事で、日本国内では購入できない商品や、未発売の商品・新作商品を購入することが出来たり、日本の通販サイトで購入するよりも安価で購入できたりとメリットがあります。

しかしながら一方で、海外からの発送になるため途中で商品が破損したり、紛失してしまったり、また到着までに時間がかかったりといったデメリットも複数持ち合わせています。

「個人で使用する事を目的に」とは?

個人輸入では、安く商品を購入できるだけでなく、日本での購入・販売が規制されている製品も購入することができます。

それが、ニコチンなどの薬事法に該当する製品です。

ニコチン成分などの、日本では処方が必要な薬でも個人輸入を活用する事で購入ができ、使用することができます。

これらの商品は、個人利用目的に個人輸入ができる製品であり、規制されているにも関わらず日本国内で譲渡や配布・販売や購入をすると薬事法違反に該当します。

個人輸入は個人利用目的で購入を理解したうえで行う必要があります。

個人輸入する方法

個人輸入は海外から直接個人への配送の場合適用される通販方法です。
その為、一度でも日本の業者が関わってしまうと、個人輸入にならなくなってしまいます。

個人輸入の方法は大きく分けて4つあり以下の通りです。

  • 外国の業者から直接購入する
  • 個人輸入代行業者を利用して購入する
  • 海外旅行に行った際に購入し持ち帰る
  • 海外在住者に購入してもらい送ってもらう

1.海外の業者から直接購入する

海外ブランドなど、日本への発送を行っている通販サイトで購入する方法があります。

この方法は基本的に、外国語が分からない人にはお勧めしない購入方法です。
商品についての情報を見逃してしまったり、なんらかのトラブルが起きてしまった場合、問い合わせに手間取ったり、配送中に商品が紛失してしまう恐れもあるからです。

通販サイトの内容を把握でき、また個人輸入に慣れている方であれば、一番安価に適正価格で商品を購入できます。

2.個人輸入代行業者を利用して購入する

近年、個人輸入代行業者は多くなっています。
Beyond Vape Nic.もその一つです。

個人輸入代行業者を利用するメリットとして、サイト全体が日本語で書かれている事や、日本人の利用を目的とされている事が挙げられます。

Beyond Vape Nic.では、現地に日本人スタッフが複数常駐しており、お問い合わせなども日本語でしっかりと対応させていただいております。

3.海外旅行に行った際に購入し持ち帰る

海外へ行ったときにその場で購入し持ち帰るのも個人輸入方法の一つです。

この時の注意点として、旅行先で購入したニコチンなどの個人利用目的のみの商品をお土産として第三者に渡すのは薬事法違反に該当します。

必ず、ニコチン成分の使用者本人が購入して持ち帰る必要があります。

4.海外在住者に購入してもらい送ってもらう

海外からの発送であれば個人輸入に該当しますので、業者じゃなくとも海外に住んでいる方から送ってもらう事も個人輸入の枠に入ります。

しかし、ネット上などの知らない人から購入するのは紛失や詐欺、トラブルの原因となりますので信頼している人に送ってもらう等の必要があります。

≫ニコチン・電子タバコの個人輸入通販ならBeyond Vape Nic.

個人輸入の流れ

個人輸入通販

今回は電子タバコやニコチン入りリキッドを個人輸入代行業者を通しての流れについてご紹介していきます。

直接購入する場合ともそれほど相違はありませんので是非参考にしてみてください。

個人輸入代行業者へ注文

購入者はまず、個人輸入代行業者のサイトより、欲しい商品を選択し購入を行います。

業者によって、購入方法や注文方法が異なりますが、Beyond Vape nic.の代行は日本でいう楽天やAmazonなどの通販サイトと同じ感覚で注文できます。

商品を卸しており、その中から購入者が選択して購入できるようになっています。

業者が発送し、税関を通って購入者へお届け

注文処理が完了すると、代行業者が購入者宛に商品を発送してくれます。

業者から空輸・船便を利用して日本に届けられ、先ずは税関で商品が日本国内に持ち込んで問題ないかをチェックします。

このとき、ニコチン成分の規制されている以上の過度な購入や高額商品の購入をすると関税がかかります。

税関通過後、購入者に商品をお届け

海外から発送された商品は必ず、税関を通ります。

この際に、課税額が10,000円を超えた際には関税が別途かけられる事となります。

また、商品内に日本への持ち込みが禁止されているものや、個人利用の枠を超えた量で商品を購入している場合には没収や破棄される恐れもあります。

個人輸入代行業者で購入する場合、上記の不安要素を削る事ができるので、できるだけ個人輸入代行業者を使用しての購入がおすすめされています。

税関にて問題なければ、自宅に配送されます。

個人輸入するなら『16,666円以内』?

個人輸入料金

個人輸入を考えている方なら一度は聞いたことがあるであろう数字、16,666円

この数字は税関で別途税金がかからないギリギリの数字となっています。

個人輸入を行うとかかる『関税』

個人輸入の場合、商品の小売価格のうち60%が課税価格となっており、関税率が足された金額が必要になります。

しかしながら、課税価格が1万円以下であれば非課税となっています。

16,666円分の商品を購入した場合、課税価格は『9,999』円となりギリギリ1万円以下になり免税されるため、個人輸入代行業者ではお客様に商品購入は16,666円までに抑えるべきと推奨しています。

     
商品の小売価格課税価格課税
16,666円9,999.6円非課税
16,667円10,000.2円課税対象

特に、ニコチン製品やタバコ製品、の関税は高く設定されているので注意が必要です。

16,666円を超えると別途かかる金額

個人輸入を行う場合、課税価格が1万円を超えなければ、業者に支払った金額で商品が到着しますが、超えてしまった場合には関税だけでなく下記の税金と手数料が必要となります。

課税価格が10,000円を超える場合…
関税(3~20%)+消費税(10%)+通税手数料

税関で必要となった関税や手数料は、配送業者が一度負担し、後日購入者が払う事となります。
この時、配送業者によって手数料が別途かかる事もあるので購入前に事前に確認しておくと安心です。

ニコチン入りリキッドを個人輸入する際の注意点

ニコチンを個人輸入

ここまで個人輸入の流れと、税関についてお話させていただきました。

ここからは実際に電子タバコやニコチン入りリキッドを購入する際に覚えておきたい注意点をいくつか紹介いたします。

ニコチンは個人利用のみ!個人利用の範囲での購入が必須

ニコチンは、薬事法によって日本国内での取引が禁止されている商品です。
医師の処方が無ければニコチン成分を購入することはできません。

必ず使用は購入者本人だけと定められているので守るようにしましょう。

味が好みじゃなかったから・ニコチン濃度が薄かったから/濃かったからと言った理由で他人に譲渡した場合や、送料を安くするために複数人で購入した場合も薬事法違反に該当するので個人輸入での規制はよく理解しておくようにしましょう。

個人輸入できる量

ニコチンリキッドの個人輸入可能量は、1ヵ月感で個人で消費できる量までと規制がかけられています。
ニコチン入りリキッドの場合は以下の通りです。

ニコチン入り E-リキッドの場合:120ml以内
ニコチン入りカートリッジ:吸引回数12,000回以内

これらは、リキッドの種類や合計本数、ニコチン濃度に関係なく、総量での計算となります。

JUULなどのカートリッジ式の電子タバコの場合はパフ数で計算される事となっているので、商品ページの記載をよく読むようにしてください。

万が一、上記の総量を超えて購入した場合、税関によって焼却処分もしくは送料負担で返送の手続きが発生する場合があるので、必ず総量を確認したうえで購入してください。

商品の配送先は購入者ご本人の自宅で

ニコチン入りリキッドや電子タバコなど、個人輸入で購入する場合原則『個人での使用』を前提としています。

その為、配送先が会社名や事務所、法人名義や事業所の場合商業輸入とみなされて税関で止められてしまう可能性があります。

必ず個人の自宅へ届けるようご指定ください。

電子タバコやリキッドの個人輸入まとめ

個人輸入を行う事で、日本での取引が不可能なニコチン入りリキッドを購入することができます。

また、海外の人気デバイスを安価で購入する事ができたり、日本未発売の商品を購入す事ができる等メリットがあります。

その一方で、課税率1万円を超える16,666円以上の商品購入すると関税がかかってしまったり、規定以上のニコチン商品を購入すると廃棄や返送の対象になります。

トラブルを最小限に抑えるためにも、できるだけ個人輸入代理店で購入する事をおすすめします。

≫ニコチン・電子タバコの個人輸入通販ならBeyond Vape Nic.