ニコチンリキッドの輸入方法は?個人輸入の制限量や薬機法についても解説

ノンニコチンの電子タバコを使用していると「美味しいけどどこか物足りなさを感じる…。」という方も多いのではないでしょうか?

特に、紙タバコや加熱式タバコから移行された方の場合、やはりニコチン欲が満たせないのは辛いものです。

そこでこの記事では、日本に居ながらニコチンリキッドを購入できる「個人輸入」という方法について解説していきます。

輸入制限の量や、法的な扱い、輸入方法、注意点など、どこよりも分かりやすく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください!



「この吸い応えは本物のタバコだね」
愛煙家を唸らせた、タバコに替わる
最新の電子タバコ KIWI(キウイ)絶賛販売中です!!
↓↓只今お試しキャンペーン中↓↓

配送料無料


新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

配送料無料

日本でニコチン入りのリキッドを買う方法は?

横たわる電子タバコ

近年利用者が急増している電子タバコですが、日本で販売されている電子タバコ用のリキッドは薬機法によりノンニコチンのみと定められています。

しかし、実は「個人輸入」という方法を利用することで日本国内でも、ニコチン入りのリキッドを購入することができます。

この項では、そうした日本におけるニコチン入りリキッドの扱いと、ニコチン入りリキッドを購入する方法について詳しく解説していきます。

日本国内でのニコチン入り製品の販売は禁止されている

ご存じの通り、ニコチンは強い依存性、発がん性、血管の収縮作用などがある毒物です。

法律上も毒物及び劇物取締法において「毒物」に指定された成分となっており、一般での販売は禁止されています。

そのため、これに準ずる形でニコチン成分を含んだリキッドの販売も禁止となっています。

紙タバコはなぜ販売できる?

ニコチンを含んだ製品の販売が禁止されているとご紹介しましたが、「紙タバコはなぜ販売できるの?」と疑問に感じる方もいるでしょう。

実は紙タバコはニコチンそのものではなく、タバコ葉を使用した嗜好品として販売されているため、法律の規制対象外となっているのです。

ニコチンパッチやガムなどの扱いは?

「毒物」に指定されているニコチンですが、実は薬機法においては「医薬品」として認められた成分でもあります。

そのため薬局や禁煙外来などで処方されるニコチンパッチやニコチンガムなどは「医薬品」として販売されており、こちらも法律上の問題をクリアしています。

なお電子タバコ用のニコチンリキッドは、あくまでも嗜好品という扱いになってしまうため、医薬品としての販売は認められていません。

個人輸入であれば購入可能

上記のように、日本での販売が禁止されているニコチンリキッドですが、個人輸入という形であればニコチン入りのリキッドを購入することができます。

個人輸入とは「個人使用を目的に、海外の通販サイトや小売店などから個人が直接輸入する形で購入する」ことを指します。

ニコチン入りリキッドの販売が禁止されているのはあくまでも”日本”での話。
アメリカなどニコチンリキッドの販売が認可されている国から購入して輸入する分には問題ありません。

また、一見グレーなようにも見える方法ですが、厚生労働省の「医薬品等輸入手続質疑応答集(Q&A)」においても、言及されている合法的な方法ですのでご安心ください。

ニコチン入りのリキッドを個人輸入する方法は?

貨物コンテナの集まり

前項では、国内でのニコチンの扱いや、個人輸入であればニコチン入りリキッドを購入できることを確認しました。

この項では、ニコチン製品の個人輸入”方法”についてより詳しくご紹介していきます。

一般に個人がリキッドを始めとしたニコチン製品を輸入する方法は以下の3パターンに分類されます。

輸入方法①|海外に行って直接購入する

個人輸入の最もシンプルな方法は、ニコチン入りリキッドの販売が許可されている国にご自身で赴き、ニコチンリキッドを購入し、そのまま持ち帰るというやり方です。

仕組みとしてはシンプルですが、実情としてはかなりハードルが高く、海外旅行や出張へ頻繁に行くという方に限られる方法と言えるでしょう。

また、購入の際には外国語でのやり取りが必要であるほか、リキッド販売店への知識税関への申告などのスキルも求められるため、あまり現実的な方法ではありません。

輸入方法②|海外に住む個人から購入する

実際に自分で海外に行けない場合、海外に住む個人に購入してもらい、日本への輸送を依頼するという方法もあります。

ただ、個人からの購入の場合、リキッドの管理方法や梱包・発送などでトラブルが発生するリスクは高いです。

ご友人などコミュニケーションの取りやすい相手の場合は問題ありませんが、全く知らない個人から購入するとなると、トラブルが起こった際の対応も期待できません。

また海外の個人から輸入することになるため、語学のスキルもある程度必要になります。

個人からの購入は、確実に信頼できる相手に限るのが無難です。

輸入方法③|通販サイトを使用して購入する

通販サイトを利用した個人輸入は、最も一般的でリスクの低い方法となっています。

個人からの輸入に比べて、手数料などがかかる分やや割高ではありますが、「日本語でのやり取り」「購入前後のサポートの充実」「厳選された安全な商品」などメリットも大きいです。

手間や確実性を考慮すると、特別な理由が無い限りは通販サイトからの購入がオススメです。

ただし、通販サイトの中にも悪質なサイトが存在しているため、購入の際は販売実績やSNSでの口コミなどをしっかりチェックするようにしましょう。

ニコチン入りリキッド個人輸入なら!サポートが充実のBeyond Vape Nic.

Beyond Vape Nic.のロゴマーク

前述の通り、ニコチンリキッドを販売している通販サイトの中には悪質なモノも存在しており、きちんと信頼できるサイトから購入することが重要になります。

当サイトBeyond Vape Nic.は世界に12店舗のショップを持つ大手ブランドBeyond Vapeが展開する、日本人向けの通販サイトとなっており、大手ならではのサポート体制で安心してニコチンリキッドをご購入いただけます。

ここではお客様に安心してニコチンリキッドをご購入頂くため、弊社の取り組みや強みをご紹介していきます。

85,000件以上の輸入実績

弊社Beyond Vape Nic.の最大の強みとも言えるのが、販売実績の豊富さです。

これまでに1万人を超えるお客様から、85,000件以上のお取引を頂いており、大手だからこそ実現できる安心・安全の体制のもとニコチンリキッドをお買い求め頂けます。

日本人スタッフによる品質管理・対応

弊社Beyond Vape Nic.では、現地に多くの日本人スタッフが常駐しており、日本規格での検品・梱包を行っております。

また、日本語でのやり取りが可能ですので、購入にあたっての不安点は日本語でお気軽にお問合せ頂けます。

最短3日で商品をお届け

その他の通販サイトの場合、ご注文いただいてからお届けまで1か月前後かかるケースも多いですが、弊社Beyond Vape Nic.では最短3日~2週間程度で商品をお届けしています。

そのため、最新のトレンドを押さえたリキッドをイチ早くお試し頂くことが可能です。

ニコチン入りリキッドを輸入する際の注意点

Caution

ここまで、ニコチン入りのリキッドを個人輸入する方法についてご紹介してきました。

ニコチンリキッドを輸入する際は、個人・通販サイトに限らず”信頼できる販売先”から購入することが大切です。

また個人輸入でニコチンリキッドを購入する場合、その他にも気を付ける点がいくつかあるため、この項では輸入に関する注意点をご紹介していきます。

輸入量制限に気を付ける

ニコチン入りリキッドの個人輸入に関しては、「1か月に120mlまで」と購入量の制限があるためお気を付け下さい。

また、カートリッジの場合は60個まで両方を購入した場合は合算して制限されるため、リキッド以外の形で購入する場合も注意が必要です。

以下は厚生労働省の「医薬品等輸入手続質疑応答集(Q&A)について」で、ニコチン入りリキッドについて言及された箇所の引用になります。

法律上、電子たばこ用のカートリッジ及びリキッド(いずれもニコチンを含有するもの。以下同じ。)は医薬品に該当します。税関限りの確認で通関が可能な数量は、用法用量からみて1ヶ月分(タバコ 1,200 本分又は吸入回数 12,000 回分。カートリッジの場合は 60 個、リキッドの場合は 120ml。)とし、1ヶ月分を超えてカートリッジやリキッドを個人輸入する場合は、薬監証明の取得が必要です。同一の貨物の中に、カートリッジとリキッドが混在している場合には、それらを合算した数量を基準とします。

120mlのリキッドは、紙タバコ換算60箱分(1,200本)となっており、余程のヘビースモーカーの方でない限りは輸入制限がネックになることはないでしょう。

濃度に関係なく量による制限

また上記の引用文からも分かるように、ニコチン入りリキッドの濃度については特に言及されておらず、ニコチンリキッドを輸入する際は“量”に気をつけておけば問題ありません

譲渡・販売は禁止

個人輸入は、あくまでも「個人の使用」を目的に商品を輸入する方法です。
また個人輸入として購入した商品は、「個人の使用」であることを考慮した上で特別に関税が低く設定されています。

そのため、個人輸入で購入した物を他者に譲渡・販売する行為は法律で禁じられています

ご自身の好みに合わなかったリキッドを友達にあげる、などの行為も譲渡に該当するためお気を付け下さい。

知り合いの分をまとめて購入するのもNG

同じく「個人の使用」に関する問題ですが、ご友人の分をまとめて注文する行為も禁止されてます。

届いた商品を誰かと分け合う時点で譲渡が成立してしまうため、ご自身で使用する分のみを購入するようにしましょう。

濃度計算が必要な場合も

あらかじめニコチンが含まれたリキッドではなく、ノンニコチンのリキッドにニコチンを添加するアイテムを購入した場合、ご自身でニコチンの濃度を計算して調合する必要があります。

また、ニコチンの濃度計算はお持ちのデバイスの出力や使用するニコチンリキッドの種類によっても異なり、ただ容量を薄めればよいというものでもありません。

電子タバコ用のニコチン濃度計算サイトなどを活用しながら、注意して調合しましょう。

【補足】ニコチンソルトとは?ニコチンとの違いなど

ニコチンの分子構造

ここまでの内容を踏まえた上で、いざニコチンリキッドを購入しよう!と通販サイトを覗いてみると、「ニコチン」のほかに「ニコチンソルト」という文字を目にすることになると思います。

この項では補足として、「ニコチンソルト」とは何か?ニコチンとの違いなどを簡単にご紹介しておきます。

ニコチンソルトは本来の形に近いニコチン

一般に電子タバコのリキッドに使用されるニコチンは人工的に精製された物ですが、ニコチンソルトは従来のニコチン添加物よりも、タバコ葉に存在するニコチン本来の形態に近い物質として開発された成分です。

実は精製されたニコチンは天然のものよりも吸収効率が悪く、電子タバコは紙タバコよりも満足感を得るまでに時間がかかるとされていました。

ニコチンソルトは人工的に精製されてはいますが、天然のニコチンに近い形態をしており、そうした吸収効率のデメリットを解決してくれる成分となっています。

ちなみに、ニコチンソルトのソルトとは食塩のことではなく、塩基を指す言葉で、ニコチンソルトはニコチン塩基などとも呼ばれています。

従来のニコチンよりも高濃度で楽しめる

また、従来型のニコチンは喉への負担が大きく、吸収効率の悪さを補うために濃度を高めすぎると、喉を傷めてしまうリスクがありました。

ニコチンソルトの場合、これまでのニコチンに比べて喉への負担が少なく、のどごしも滑らかであるため、より高濃度で楽しむことができます。

ニコチンソルトの吸収効率の良さも影響して、これまで以上の満足感を感じる喫煙をお楽しみ頂けます。

リキッド以外でニコチンを輸入する方法はある?

錠剤や注射器

ここまで電子タバコ用のリキッドを中心に、ニコチン入り製品の輸入について解説してきました。

最後に、電子タバコ用リキッド以外の方法でのニコチンの輸入について解説しておきます。

医薬品であれば購入可能だが…

基本的に電子タバコ用リキッド以外の形のニコチンとなると「医薬品」に該当する物がほとんどになります。

一般の方が個人輸入できる医薬品は以下の3点。

  • 医師の処方箋が必要な処方箋薬
  • 発毛剤やクリームなどの外用薬
  • サプリメント類など

ニコチンパッチ(外用薬)やニコチンガム(サプリメント類)などは個人輸入可能な医薬品として販売されていますが、冒頭でもご紹介した通りこれら「医薬品」としてのニコチンは国内でも購入可能です。

また、個人輸入サイトで販売されている医薬品の約4割は偽物であるとも言われているため、わざわざ個人輸入としてニコチン医薬品を購入する必要は無いと言えるでしょう。

ニコチンリキッドの輸入方法は?個人輸入の制限量や薬機法についても解説|まとめ

今回は電子タバコをお使いの方に向けて、ニコチン入りリキッドの購入方法や、関連する法律の解説を行いました。

ニコチンリキッドは個人輸入という形であれば、1か月120mlまで海外からの購入が可能です。

購入したニコチンリキッドについては、譲渡・販売することなく個人で使用するようにしましょう。

また、個人輸入では信頼できる個人・通販サイトから購入することが重要です。
ニコチンリキッドの購入をご検討中の方は、ぜひ安心・安全のBeyond Vape Nic.をご利用ください!



おすすめトピック


今最も話題の電子タバコ
KIWI(キウイ)新発売です!!

電子タバコ KIWI

不定期で開催中!!
BIG SALEはこちらから

7daze egge

【PR】新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

BeyondNic 新規会員登録