VAPEはニコチンやタールなどの有害物質が入っていない電子タバコとして、数年前から日本でも話題になっていました。

しかし、最近では電子タバコの使用による死亡者が続出し、VAPEに対しての健康被害などに関して疑問が出始めています。

では、本当にVAPEに有害な成分は含まれていないのでしょうか?人体に悪影響が出てしまった原因について解説します。

VAPEに含まれている主な成分

VAPEに含まれている成分

他の記事内でも、VAPEに含まれている成分については紹介しておりますが、こちらでも改めて。

・PG:プロピレングリコール

・VG:植物性グリセリン

・水

・香料

植物性グリセリンに関しては、よく耳にする人が多いかもしれませんが、プロピレングリコールと聞いてもいまいちピンとこないという方も多いのでは?

まずはそれぞれどのような成分なのか、1つずつご紹介します。

VAPEのプロピレングリコールは有害物質?

プロピレングリコール(PG)とは、水溶性と保湿性が共に高い物質で、医薬品や化粧品に多く使用されています。

少量であれば、人体に影響が出る物質ではないので「防カビ剤」としても広く用いられ、コンビニに置いてある麺類やおにぎりなどにも利用されています。

フレーバーを楽しむなら、あとで紹介するVGよりもPGの方がオススメです。アトマイザーが消耗する影響も少ないのが特徴です。

吸い応えは「喉」にダイレクトに来る成分です。ニコチン無しの電子タバコでも、紙巻きタバコのようなキック感を感じれるのはPGの成分のおかげです。

VAPEの植物性グリセリンは有害物質?

植物性グリセリン(VG)も、水溶性や保湿性の高い成分で、保湿ジェルや美容液などの化粧品などに添加されている成分です。
その他にも、目薬や利尿薬などに使用されています。

こちらも、少量であれば人体に影響は少ないですが、性質上油脂が微量ながら含まれている成分です。

油脂によるリポイド肺炎と呼ばれる疾患は懸念される部分ですが、VAPEをダラダラと連続吸引をすることを避ければ特に問題なく吸うことが出来ます。

VGはVAPEの爆煙を可能にしてくれる成分で、喉にグッとくするスロートキックはPGより弱めです。

VAPEの香料は有害物質?

最後に、香料ですが、こちらも加工食品に使用されている人体に影響が無いとされている成分です。

VAPEのフレーバーを司る成分で、香料を変えることで好みの味にすることができます。


VAPEは、PGとVG2種の特徴を活かし、香料を加えることで自分の好みのVAPEリキッドを楽しむというのがVAPEの魅力でもあります。

どの成分も食品添加物に使用されているため、基本的に人体に害を与えるようなものではありません。

健康を害する有害物質とは言いにくい

PGもVGも、多く摂取してしまったり、身体に合わない(アレルギー反応があった)にも関わらず使用してしまうと、確かに害が生まれてしまう成分ではあります。

しかしながら、これらの成分が使われているVAPEを利用してしまったことによって、ニュースになるような死亡事故が起きるとは考えにくいです。

ニコチンの入った電子タバコの場合は有害性有り

上記の3つの成分に加えて『ニコチン成分』を加えると、ニコチン入り電子タバコになります。

日本国内では、ニコチン成分の入ったVAPEを購入する事はできませんが、個人輸入を使用して手にいれることでニコチン入りのVAPEを作る事ができるようになります。

ニコチン成分が入ることで、依存性や血管萎縮といった人体への影響があるため、使用する際には十分な注意が必要になります。

また、機器のメンテナンスを怠ることで、通常発生しない人体へ影響を及ぼす成分が発生する場合もあるのでVAPE初心者の方は、成分だけでなく、メンテナンスしやすいかどうかにも着目する必要があります。


JUULスターターキット購入

購入はコチラ

安全性の高い電子タバコなら、カートリッジ式のJUULがオススメ!
メンテナンス不要だから気軽に扱えます!

互換性のリキッドの中には、ノンニコチンの製品もあるのでニコチンの有害性すらも不安という方はノンニコチンPODを試してみてください!

今話題のTHC・CBDは有害物質?

VAPEの有害物質THC

今何かと話題になっているTHCやCBD。
CBDは医療麻薬などとして日本でも認可されており、リラックス効果などの効果が期待できる成分で、VAPEのリキッドに含んで楽しむ方が増えています。

ここで問題なのがテトラヒドロカンナビノール(THC)という成分。

所謂、日本でも禁止されている麻薬成分で、多幸感を覚えるなどの「ハイになる」有害物質がこちらです。

今ニュースで話題になっている電子タバコの健康被害は、該当者の6割がこのTHCをVAPEで吸引していたという報道がありました。

有害物質THCによる死亡事故である可能性

リキッドのニコチンの有無に関わらず、肺損傷の健康被害などで病院を訪れた患者578名のうち、THCを含んだリキッドを使用していたのは78%にもおよぶとのこと。

さらに、THCを含まずに、リキッドの中に有害物質はニコチンだけだったと答えた人は17%だったそうです。

違法な麻薬成分を使用した事故だったのではという見解が最近では強くなってきました。


現段階ではアメリカ保険当局でも詳しい原因の特定には至っていません。
今後の健康被害の原因についての発表によってアメリカ国内で行われる規制なども変わってくると思われます。

VAPEを安全に扱うには?

VAPEを安全に使うには

しかしながら、今回話題になっているVAPEの有害物質は、基本的に日本に流通しているVAPEショップなどでは取り扱われていません。

日本では、麻薬成分であるTHCを販売したり使用したり所持したりすることは大麻取締法で一切禁止されており、ニコチン入りのリキッドやニコチン化合物の販売・譲渡なども禁止されています。

日本の店頭などで販売されているVAPEリキッドを使用するのは、今回話題になっているような死亡事故などにつながる可能性は低いと考えて問題ないと思われます。

健康被害を出さないためにダラ吸いはしない

VAPEをダラダラと連続で吸引することは、すぐに健康被害につながるとは言いにくいですが、長期的に行うことはおすすめしません。

VGによるリポイド肺炎のリスクを少しでも抑えるために、ダラダラと長く吸うことは避けましょう。

また、ダラ吸いはVGによる被害だけでなく、PGでお腹を壊してしまったり、口内でアレルギー反応を起こしてしまうという場合もあります。

日本語対応していないサイトからVAPEを購入しない

海外からの個人輸入を利用して、ニコチン入りのリキッドやCBDを利用する方も、最近は増えてきました。

その際に注意していただきたいのが、必ず日本語対応しているサイトから購入することです。

リキッドの質を疑っているわけではありませんが、何かあった時に対応するのが難しいこともあります。もちろん、中には質の悪いVAPEリキッドを購入させるという悪質なサイトも存在しています。

無理に高い濃度のニコチン入りリキッドを使用しない

Beyond Vape Nicでもニコチン入りリキッドを多く取り扱っていますが、特に初心者の方には高い濃度のニコチン入りリキッドはおすすめしていません

通常の紙巻きのタバコにも含まれているニコチンですが、慣れていない方が吸うと喉が腫れたりなどの症状が少なからず出てしまいます。

健康被害などが不安な方は、ニコチン入りリキッドの使用をやめ、ノンニコチンのリキッドを使用することをおすすめします。

VAPEに有害成分は入ってる?まとめ

VAPEは正しい使い方、正規のリキッドさえ利用すれば、死亡事故に直接繋がるような健康被害は出にくいと考えられます。

今アメリカ国内で起きている死亡事故に関しては、今後も保険当局などの発表を待つばかりです。

VAPEは日本でも愛されている嗜好品です。正しく使用すれば安全に使えるデバイスです。
海外ではゲートウェイドラッグなどとして使用されているという事がとても心苦しいのですが、今後は誰もが安全に利用できるような規制や仕様が生まれることを祈っています。