海外を中心に人気の電子タバコデバイス『JUUL』が爆発的に流行した理由に、まるで紙巻きタバコを吸っているときのような満足感を味わえるという点が挙げられます。

というのも、JUUL純正PODに初めて使用された『ニコチンソルト』という成分が従来のニコチン成分と比較して非常に優秀であり、紙タバコ喫煙者にも満足できる味わいだったのです。

しかし、JUULを吸っている方の中には、ニコチンソルトに健康面へのリスクはないのか不安に感じている方もいることでしょう。
最近登場した成分であるため有害性や危険性については気になるところです。

そこで今回は、ニコチンソルトの特性を分かりやすく紐解きながら健康被害や何らかの危険性はあるのかどうか、初めて使用する際の濃度の目安などについてご紹介していきます。

ニコチンソルトといえば電子タバコJUUL

ニコチンソルトはJUULの販売元であるアメリカの「PAX Labs社」が開発した物質のことで、従来のニコチン成分よりもタバコ葉に近い成分を持っているのが特徴的な物質です。

アメリカで8割近い人に利用されており、日本でも愛用者が急増している電子タバコ「JUUL」は、このニコチンソルトが評価された事や、コンパクトなサイズでありながら満足度の高い吸いごたえを味わえるとして人気のデバイスとなりました。

JUULはかつての電子タバコより満足感のある吸い応え!

ニコチンソルトを使用した商品はいくつかありますが、なかでもJUULは本家本元「PAX Labs社」の商品であり、紙巻タバコにも引けを取らないガツンとした吸い応えが特徴です。

洗練されたデザイン、ニコチンソルトによるタフな吸い心地はそれまであった電子タバコを凌駕し、約20ヶ国で愛されています。

難しい操作や手間のかかるメンテナンスはいらず、吸う際には電源を入れる必要すらありません。紙巻タバコを吸っていた方もストレスなく移行できるでしょう。

ニコチンソルトを使用したJUULは日本で譲渡・販売・取引は禁止されているため入手する際は個人輸入で取り寄せる必要があります。

ニコチンソルトとは?

ニコチンソルトとは

ニコチンソルトの「ソルト」は塩ではなく「塩基」を意味し、タバコ葉のもつ本来のニコチン成分に近い成分を持っています。

電子タバコは様々なものがありますがこれまでのものはどこか物足りなかったり、独特な味や臭いで好きになれなかった方も多いでしょう。

しかしニコチンソルトは下記のような特性を持ってるため、これまでの紙巻タバコや電子タバコとは一線を画す喫煙体験をすることができます。

【ニコチンソルトが持つ特性】

  • 天然のニコチン成分と酷似している
  • 吸ったときの感覚が一般のタバコ製品に近い
  • 高濃度でも味の変化がほとんどなく喉への刺激も少ない
  • 吸収率が高く、低濃度でもニコチン成分を吸収できる

普段から紙巻きタバコを吸っていて肩身の狭い思いをしている方の中には、紙巻きタバコから電子タバコへの買い替えを検討している方もいると思いますが、愛煙家にとっては普通のニコチンリキッドだと満足できず長続きしません

ですが、ニコチンソルトであればそういった懸念点を解決できるので、再び紙巻きタバコを吸ってしまう可能性を低減でき、電子タバコを長く楽しむことができます。

非常に優秀な成分であるニコチンソルトですが、その使い方を誤ってしまうとニコチン中毒や依存症など健康被害に遭う恐れもあるため、特に初心者の場合はリスクをしっかり理解して正しく扱うことが大切です。

【ニコチンソルトが持つ危険性】

  • 吸収率が高いため調合する濃度を誤るとヤニクラを起こしやすい
  • ニコチン成分同様に依存性や中毒などの害・危険性がある
  • 劇物・毒物に該当するため取り扱いに注意が必要

具体的なリスクや害については後ほどご紹介しますので、まずはニコチンソルトが持つ良い面について詳しく確認していきましょう。

天然のタバコ葉に含有されるニコチンに似た物質

ニコチンソルトは天然のタバコ葉に含有されるニコチンと似た性質を持っていることが一番の特徴です。

「ニコチン塩」と表記されるケースもあることから、食塩などの「塩」をイメージする方もいるかもしれませんが、実際には「塩基」という化合物を指しています

喫煙者にとって満足感が弱かった従来のニコチンリキッドと比べて、より紙巻きタバコを吸っているときに近い感覚で電子タバコを楽しむことが可能です。

少量でもしっかりニコチンを摂取できる

一般的なニコチンリキッドは、電子タバコとして吸えるように手を加えたニコチンを用いているため、人によっては吸っても物足りないと感じる場合があり、満足感を得ようと思ったら長い時間をかけて吸い続けなくてはならないという欠点がありました。

その点ニコチンソルトは、非常に高い吸収率を誇っているため少量でも紙タバコ同様にニコチン感を得ることができます

また、ニコチンリキッドとニコチンソルトを比較した際によりニコチンの体内残留時間が長かったのがニコチンソルトで合ったという研究結果もあるため、電子タバコに変えた結果吸う頻度が増えた。という方はニコチンソルトへの切り替えがおすすめです!

高濃度でも喉への刺激が少なく痛くなりにくい

上記でお伝えしたように、普通のニコチンリキッドは吸い終わってもまたすぐに吸いたくなってしまうことが多く、中には満足感を得るためにニコチン濃度を上げて吸う方も少なくありません。

しかしながら従来のニコチンリキッドは濃度を上げて吸った場合、満足感を得られる反面喉への負担が大きく痛めてしまうことがあるため注意が必要です。

ニコチンソルトはこれまでのニコチン入りのリキッドと異なってph(水素イオン濃度指数)が低く、高濃度でも喉への負担を抑えることができるというのも魅力の一つです。

また、フレーバーにも影響しにくいため、ニコチンソルトを使用しているリキッドの評価は非常に高くなっています。

ニコチンソルトを摂取することで人体に及ぶ害や危険性

ニコチンソルトの有害性や危険性

ここまでニコチンソルトのいい部分ばかり見てきましたが、やはり気になるのはその有害性・健康被害へのリスクです。

ニコチン成分と酷似している成分という事は、やはりニコチン同様に有害性があるのでしょうか…?

電子タバコが流行している欧米では若年層のニコチン中毒者が急増していたり、最近ではニコチンそのものに発がん性があるのではないかといった研究結果も出ているため、扱い方には気をつけなければなりません。

ニコチンソルトを初めて使用するという方はしっかりと危険性についても理解したうえで楽しむようにしましょう。

ニコチン成分同様に依存性などの害はある

ニコチンソルトはあくまでニコチン成分が入っています
その為、ニコチンに関する健康被害の恐れは十分あります

血管の収縮や、依存性はもちろん、ニコチンの過剰摂取により中毒を起こした場合は、めまい・下痢・腹痛・縮瞳などの症状の他、重症化すると錯乱・昏睡・けいれんといった症状を引き起こす恐れがあります。

あくまでニコチン成分が摂取しやすくなったモノですので、健康被害については従来のニコチン成分と変わりありません。
他の有害性物質の多い紙巻きタバコよりは多少健康被害が軽減されている程度です。

吸収率が高いため高濃度だとヤニクラを起こしやすい

ニコチンソルトは、濃度を上げて調合してもフレーバーに大きな影響を及ぼすことがないため、味と吸い心地の質を維持しながら吸うことが可能です。

通常のニコチンリキッドのニコチン濃度を上げた場合、フレーバーが不味くなったり喉への刺激が強くなったりといった問題がありますが、ニコチンリキッドは高濃度のニコチンでも美味しく吸うことができます。

そのため濃度を上げやすく、高濃度で調合して吸ってしまいがちですが、ニコチンソルトの吸収率が高いという特性上、ヤニクラを引き起こす危険性が高いので注意が必要です。

吸いやすいからと言ってダラダラ吸い続けたり、いきなり高濃度で使用をすると体内のキャパシティを超えてしまう可能性があるためもともとニコチンリキッドを使用していた方や、高ニコチンの紙タバコを吸っていた方でもまずは低濃度からスタートする必要があります。

取り扱う際に細心の注意を払う必要がある

ニコチンソルトは、薬機法で「劇薬・毒薬・処方せん医薬品」に該当するため、ニコチンソルトを使用する際は取り扱いに注意が必要です。

そのまま口に入れることは絶対にしないようにし、また触れると皮膚から吸収される危険性があるため、肌に触れないように気をつけなければなりません。

もし自分でニコチンソルト入りのリキッドを作る場合は、保護手袋やマスクなどをして細心の注意を払ったうえで行うようにしましょう。

また、日本ではニコチン入りの電子タバコの販売が禁止されているため個人輸入でしか購入できず、他人への譲渡や転売はもちろん友人に貸すのも違法行為になりますので注意してください。

ニコチンソルトを使用する際の濃度の目安は?

ニコチンソルト濃度の目安

一般的なニコチンリキッドを使って電子タバコを吸っている方の中には、吸いごたえに物足りなさを感じる方もいると思います。

そんなときは、ニコチンソルトを使ってみることをおすすめしますが、初めて使用する場合は高濃度で調合してしまうとさまざまな健康被害が考えられるため、慎重に取り扱わなければなりません

ここからは、ニコチンソルトを使って電子タバコを吸う場合の目安の濃度についてご紹介していきます。

濃度の目安は~5%!初心者は低濃度から始めよう

ニコチンソルトは少量でも満足感を得られる反面、吸収率が高いため高濃度で吸うのは危険です。

ヤニクラや、ニコチン中毒を防ぐためにも慣れていない方は必ず低濃度から始めるようにしてください。

具体的には5%以内のリキッドを選ぶのがおすすめです。

JUUL公式PODでは3%,5%の2種類で販売されており、JUULに対応したPODの殆どが5%で販売されているため、5%はニコチンソルトの最も一般的な濃度といえるでしょう。

5%でもヤニクラのような症状が起きる場合には3%の製品を使用するようにし、もう少し満足感が欲しいという方は6%~8%の商品を選ぶ等少しずつ濃度を変えていくのがポイントです。

自身で調合する場合には必ず濃度計算を行い、なるべく低濃度から徐々に増やしていくようにしてください。

JUULのカートリッジの選び方参考記事はこちら
JUULのニコチン量とは?自分に合ったカートリッジの選び方

ヤニクラの症状が起きる原因・対処法についての記事はこちら
ヤニクラの原因や症状、治す方法は?電子タバコでもヤニクラはする?

ニコチンソルトの有害性・危険性と濃度の目安まとめ

ニコチンソルトとは、タバコ葉に含有されるニコチンにとても似ている物質といわれており、紙タバコのような満足感やニコチン感を味わうことができます。

従来のニコチンリキッドと比べると高濃度でも喉への負担が少なく、フレーバーの味が変わったり悪くなったりなどの影響もほとんどありませんが、初心者がいきなり高濃度で吸ってしまうとヤニクラやニコチン中毒といった危険性を高めてしまうので注意が必要です。

始めて使用する場合には5%のリキッドを選び少しずつ体調を見ながら自分に合った濃度を探すようにしましょう。

Beyond Vape Nic.では、ニコチンソルトを使用した電子タバコ「JUUL」の他、多種多様なフレーバーやニコチン添加剤も扱っておりますので、ニコチンソルトが気になっているという方はもちろん、電子タバコの購入を検討されている方もぜひお気軽にご利用ください。

Beyond Vape Nic. ニコチンソルトの購入はコチラから