多くの方にとって嗜好品として愛用されるタバコですが、タバコに含まれる有害な成分としてニコチンの存在が広く知られています。

タバコを初めて吸った際などは体調を悪くしてしまった方の話などは多く聞きますが、ニコチンを過剰に摂取してしまうとどうなってしまうのでしょうか?

健康リスクが嘆かれる昨今でニコチンの量を抑え、安全に楽しむための方法をまとめてご紹介いたします!

ニコチンの致死量など様々な情報が盛りだくさんとなっておりますので、ぜひ最後までご覧ください!



「この吸い応えは本物のタバコだね」
愛煙家を唸らせた、タバコに替わる
最新の電子タバコ KIWI(キウイ)絶賛販売中です!!
↓↓只今お試しキャンペーン中↓↓

配送料無料


新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

配送料無料

ニコチンを過剰に摂取するとどうなる?

ニコチンの過剰摂取

まずはニコチンを過剰に摂取してしまった場合を想定し、どうなってしまうかをシミュレーションしてみましょう。

その前に普段意識することなく摂取しているニコチンについて、その効能などをおさらいします。

ニコチンの効果と副作用について

ニコチンは天然由来の成分であり、タバコの根で光合成され葉に蓄積される成分です。

体内に摂取することで体内の受容体と結合し、皆さんが感じたことのあるような様々な作用を引き起こします。

部位 作用
中枢神経系 神経情報伝達(興奮性)
神経調節
末梢神経系 神経情報伝達(興奮性)
横紋筋 収縮
上皮細胞 (いくつかの部位) 細胞活性の調節
白血球 免疫機能の調節

引用:JT SCIENCE

簡単にいえばタバコを吸った直後に感じるようなヤニクラもしくは、リラックスしているような状態は、上記のような作用によって起きています。

少量であれば、喫煙者が普段感じている満足感やリラックス効果を得られますが、過剰にニコチンを摂取してしまった場合は、どのようなことが起こるのでしょうか。

ニコチンを過剰に摂取した場合

短時間で大量のタバコからニコチンを摂取したりすると、急性ニコチン中毒になる恐れがあります。

具体的な症状としてはめまいや下痢、腹痛や昏睡などが見られ、しばらく休養しても治らないようであれば医療機関の受診が必要です。

タバコの過剰摂取以外でも状況次第では危険性があり、タバコに慣れていない方の喫煙や空腹時などには注意が必要となっております。

ニコチンを摂取する際は体調が万全であることをしっかりと確認してからに喫煙することが大切です。

ニコチンの致死量はどれくらい?

ニコチンを過剰に摂取すると急性ニコチン中毒になる危険性をご紹介しましたが、ニコチンに致死量はあるのでしょうか。

成人 40mg~60mg
小児 10mg~20mg

成人と小児別でニコチンの致死量はこのようになっており、ここ最近ではタバコの誤食や加熱・電子タバコ用のニコチンリキッドの誤嚥の事故も起きています。

致死量のニコチンを摂取してしまうと摂取から1時間以内で中毒症状に加えて昏睡や痙攣といったような重篤な症状が発生するため取り扱いの不注意が命取りになるのです。

特に幼児のいるご家庭などでは管理を徹底して、誤って口にするようなことが起きないように心掛けてください。

ニコチンの過剰な摂取を防ぐためには?

ニコチンの過剰摂取を防ぐためには

ニコチンを過剰に摂取することのリスクなどは分かりましたが、対策するためにはどのような方法が考えられるでしょうか。

様々な視点から、具体的な解決法をご紹介いたします!

過剰摂取を防ぐ方法①:事故によるニコチン摂取の可能性をなくす

まずは、致死量のニコチンを誤って摂取しないようなニコチンを管理する体制が必要です。

成人にとっては分かりきったことですが、幼児にとっては興味の対象になってしまうことも多く実際に事故も発生しています。

・タバコや灰皿は高所にしか置かない
・飲み終わったペットボトルなどに吸殻を入れない など

最近ではタバコのフレーバーの香りによって幼児が食べ物と誤認するケースも多く発生しているので、子どもの目の届かない場所で管理するのが重要です。

大人でも誤って口にするケースは0ではないため、吸殻を飲み終わったペットボトルや缶などには入れないようにしましょう。

過剰摂取を防ぐ方法②:禁煙を目指し禁煙補助薬を使用する

ニコチンの過剰な摂取を防ぐためには、禁煙なども視野に含めて吸うタバコの本数を抑えていくのも大切です。

そのためにここ数年で使用する方も増えた禁煙補助薬を使用するのも一つの手であり、経口摂取するガムや肌に貼るパッチタイプなどを薬局で購入することが出来ます。

日本では2006年から禁煙治療に健康保険の仕様が出来るようになり、以前に比べて費用面のハードルが下がりました。

完全な禁煙に成功すればその後ニコチンを摂取することもないため、もっとも効果のある過剰なニコチン摂取への対策といえます。

過剰摂取を防ぐ方法③:電子タバコに切り替える

その他に過剰なニコチン摂取を防ぐ方法として、電子タバコに切り替えることが挙げれらます。

電子タバコは少量でも満足できるものが多く、喫煙の回数や一度に吸う量を減らすことができれば、ニコチンの過剰摂取も抑えられるでしょう。

一方で、電子タバコは液体のニコチンを使用する場合が多いですがニコチンは劇薬でもあるため絶対に直接触れないようにすること、吸いやすいからと大量に吸ってしまうとニコチンを過剰摂取してしまうなど、別の注意点もあります。

紙巻きたばこでも電子タバコでも、節度を持って喫煙することが大切です。

電子タバコなら人気の「JUUL」

おすすめの電子タバコJUUL

電子タバコだからと言って安心して吸いすぎることはできませんが、紙巻きより電子タバコの方がニコチンの摂取量を調整しやすく、過剰摂取防止に役立ちます。

数ある電子タバコの中でも最もおすすめするのは「JUUL」という電子タバコ。

電子タバコを使用することのメリットとともに、JUULのおすすめポイントもご紹介します。

健康リスクを抑えてニコチンを楽しめる

電子タバコはリキッドと呼ばれる液体を加熱することで発生する水蒸気を楽しみます。

リキッドに含まれるニコチン量は種類によって違うため、ニコチン量の少ないものを選べば摂取量も抑えられます。

JUULではニコチン量3%と5%のリキッドが用意されており、好きな方を選ぶことができます。

ニコチンを抑えられるとともに電子タバコはタールを含まないため、健康面でも紙巻きたばこより安全です。

ニコチンソルト使用で高い満足感

JUULではニコチンソルトという、高濃度のニコチンを使用しています。

一度の喫煙で得られる満足感が高いため吸う頻度を減らしやすく、結果的にニコチンの過剰摂取を防ぐことにつながります。

のど越しがなめらかながら爆煙を楽しめ、しっかりとした吸い応えを味わうことができるでしょう。

消費量が少なく済むためお財布にも優しいですが、吸いすぎると過剰なニコチン摂取の原因になるため注意しましょう。

リキッドを自分で入れ替えなくていいから安全

電子タバコには自分でリキッドを入れ替えたり、カスタマイズして楽しむ種類のものもあります。

これらの電子タバコは作業を誤ったり、粗悪品を使用してしまうと過剰なニコチン摂取につながったり、ニコチンに直接触れてしまう可能性があるなど危険性が伴います。

JUULはPODとよばれるリキッドを本体に装着するだけで使用できるため、自分の不手際やメンテナンスでの危険性はほとんどありません

安心・安全に電子タバコを楽しみたいならJUULがおすすめです。

紙巻き・加熱式タバコにも負けない吸い心地

JUULで使用できるリキッドは強いこだわりの元で制作されており、従来のタバコとあまり変わらない強いキック感を感じることが出来ます。

実際に電子タバコへ移行したユーザの方の中には「しっかり満足できる!」とする声も多く、喫煙者の方にとって満足度の高い選択肢としておすすめです。

本来ニコチンを含んだリキッドは海外から個人輸入する必要がありますが、Beyond Vape Nic.で購入すれば個人輸入の手続きを任せつつ簡単に入手する事が可能です。

最短3日という圧倒的な早さでJUULが手に入るのは大きな魅力となっておりますので、ぜひご覧ください!

まとめ|ニコチンの過剰摂取を防ぐためには

今回はタバコに含まれるニコチンについて過剰に摂取をするとどうなるのか、またそれを防ぐための方法をご紹介しました。

ニコチンはリラックス効果等もある一方、過剰に摂取すると急性ニコチン中毒など様々な危険性のある物質です。

特に幼児は1本で致死量にも到達してしまうため管理には十分注意し、適切な量で調節しながらタバコを楽しむようにしましょう。

その手段としておすすめなのは電子タバコですが、紙巻きタバコとは違うリスクがある事、ニコチンを気にしなくていいわけではないことは忘れないようにしましょう。

安全性が高く、紙巻きタバコに負けない吸い心地ニコチンの過剰摂取を防止したいならぜひ一度JUULをお試しください!!

ニコチン入り電子タバコの購入はBeyond Vape Nic.オンラインストアから



おすすめトピック


今最も話題の電子タバコ
KIWI(キウイ)新発売です!!

電子タバコ KIWI

不定期で開催中!!
BIG SALEはこちらから

7daze egge

【PR】新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

BeyondNic 新規会員登録