「フレーバー付きの電子タバコを吸ってみたい」
「ニコチン入りのリキッドの興味がある」

と思いながらも、アメリカでのVAPE規制問題など受けて、VAPEに害があるのではないかと気になっている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、海外のVAPE問題をご紹介するとともに、害の有無などについてご紹介していきます。
VAPEは、安全に正しく使用すれば大きな被害はないものです。

過去の事件や問題についてもしっかりと把握したうえで楽しむようにしましょう。

報道されているVAPEの害について

海外では、VAPEによる健康被害などが問題視されており、アメリカではすでに規制が強化されているのをご存知でしょうか。

これからVAPEを始めてみようと考えていた方にとっては、「もしかしてVAPEって思ったより強い害があるの?」と不安に思うニュースだったと思います。

そこでまずはVAPE問題について理解を深めるために、どういったことが問題視されているのかポイントでまとめてみました。

ポイント①悪徳業者による粗悪なリキッドの販売

VAPEが問題視されるようになった原因の一つとして、正規ルートから販売されていない粗悪なリキッドの販売が多く、使用者が増えたことが挙げられます。

VAPE大国であるアメリカは、VAPEのリキッドを取り扱う多くの業者が存在しており、中には大麻成分であるTHC(テトラカンビノール)やビタミンEアセテートなど人間に害のある物質が含まれた違法リキッドを販売する悪徳業者も存在していました。

こうした違法リキッドの使用が健康被害の原因であり、VAPEそのものが人体に害を及ぼすわけではありません

ポイント②未成年者をターゲットにしたプロモーション

悪徳業者が粗悪なリキッドを販売していたことも大きな問題なのですが、そういった粗悪品が広まる原因になったのがSNSなどを活用した10代の若年層向けのプロモーションです。

粗悪なリキッドを販売する業者が動画共有SNSなどを使ってプロモーションを行い、未成年の利用者数を拡大させたことが社会問題へと発展させることにつながりました。

まだ発育途上にある若年層にとって有害物質を摂取することは、脳をはじめさまざまな部分に悪影響を及ぼす可能性があるため、FDA(食品医薬品局)が規制に乗り出すことになったのです。

ポイント③若年層のニコチン中毒を助長

実際にVAPEは、アメリカにおいて10代の若年層に絶大な人気を誇っていたのですが、その多くはアロマでリラックスしたいという理由で始める方がほとんどです。

しかしながら、はじめは気軽に始めたものの次第にエスカレートしていき、最終的にはニコチン含有量の多い製品を使い始めるようになる若者が増えるといった事案が多くなっていきました。

電子タバコの使用により、10代のニコチン摂取・ニコチン中毒を助長することになったのもVAPEが問題視されるようになった原因の一つです。

VAPEに害はある?それとも安全?

粗悪品じゃないVAPE(電子タバコ)であれば、紙巻タバコや加熱式タバコと比べて害がないと言われていますが本当にVAPEは害がないのでしょうか?

ここからは、「VAPEに害がない・安全」と言われている理由についてご紹介していきます。

日本で販売されているVAPEのリキッドには有害物質が含まれていない

紙巻タバコにはニコチンやタールをはじめ、一酸化炭素など人体に害のある物質が多く含まれており、吸う本人だけでなく周りにも健康被害をもたらす可能性があります。

その点、日本国内で販売されているVAPEのリキッドにはニコチンやタールなどの有害物質が含まれていないため、人体に大きな害を及ぼすものはありません。

紙巻きタバコや加熱式タバコに比べると有害物質の混入が少ないという点において、害が少ないと言われています。

日本で販売されているVAPEのリキッドに含まれる成分は食品にも使われる安全なもの

日本のVAPEリキッドに使われている成分は、さまざまな食品にも使われている安全性が保証されたもので、具体的にはプロピレングリコールや植物性グリセリン、香料といったいわゆる食品添加物と呼ばれる成分で構成されています。

意外にも日常的に口に入れることの多い成分で構成されているVAPEリキッドは安全性が高いと言えるでしょう。

ニコチンリキッドはニコチン特有の害があるので注意

日本で出回っているVAPEは、基本的に有害物質が含まれておらず安全性が高いものです。

しかし、日本でも個人輸入で購入できるニコチンが入ったリキッドには、もちろんニコチン特有の害があります。

加熱や燃すことが無いため、タールや一酸化炭素は発生しないとされていますが、ニコチン入りの製品を購入する際には意識して使用するようにしましょう。

被害に遭わないために!海外で購入する際は注意しよう

アメリカで高い人気を誇るVAPEですが、健康被害などの問題から規制が強化されており、日本にも影響があることが考えられます。

VAPEを購入するときは、リキッドのフレーバーだけでなく製造・販売業者や含有成分などもチェックするようにしましょう。

業者のVAPE製品の配送が禁止されたことで流通量が減少し、海外製のVAPEやリキッドなどの関連商品が手に入れづらくなるとも言われています。

ここでは、粗悪製品による被害に遭わないためのポイントについてご紹介していきます。

海外製品を購入するときは細心の注意を払おう

海外から取り寄せられそうな場合にも、その製品が本当に安全なものかどうか確認することが大切です。

不用意に購入して何らかの被害を被ってしまえば、そこから日本での規制も強まって余計にVAPEを楽しみづらい世の中になってしまうかもしれません。

海外のVAPEや関連製品を購入する場合は、その製品が正規のものかどうか、そして利用する通販サイト自体が安全かどうかなどしっかりと確認しましょう。

ニコチン入りリキッドが気になる方はBeyond Vape Nicで

JUULスターターキット
POD型電子タバコ『JUUL』の購入はこちら

ニコチン入りリキッドに興味があると考えている方の中には、連日のVAPE問題の報道が気になるという方もいると思います。

そういった方は、ぜひBeyond Vape Nicのブログや商品をチェックしてみてください。

Beyond Vape Nicは、アメリカやスウェーデン、日本に12店舗のVAPESHOPを構えるUS大手のVAPEブランド「BeyondVape」が展開する日本向けオンラインWEBサイトです。

ニコチンEリキッドやニコチンソルトEリキッドなど、ニコチン入りリキッドを日本の薬事法に則って安全にお届けする直送販売サイトとなっています。

紙巻タバコから電子タバコに切り替えたい方は、ぜひBeyondoVape Nicをご利用ください!

VAPEは人体に害があるのかどうか|まとめ

今回は、VAPE(電子タバコ)が人体に有害なのか安全なのか、また海外でVAPEが問題視されている件についてポイントでまとめてみました。

海外では、粗悪なVAPE製品が数多く出回っていたこと、そして10代の若年層の使用者数が拡大していたことが問題視され規制が強化されています。

海外からVAPE関連製品を購入する際は、その製品が安全なものかしっかりと確認したうえで購入することが大切です。

・海外からVAPE購入するときは、信頼のあるサイトや業者を使う
・思わぬ事故を防ぐために、ニコチンの有無はもちろん、他の成分も確認する
・国内での使用は個人の範囲内にとどめる
この3つをしっかり守って、ニコチンリキッドやVAPEを楽しみましょう!

もしニコチン入りリキッドが気になるという方は、個人輸入のBeyondoVape Nicの製品やブログをチェックしてみてくださいね!