現在、加熱式タバコにはアイコスやグロー、プルームテック、リルハイブリッドなど様々なブランドから販売されており複数の種類があります。

加熱式タバコは紙タバコよりも匂いが少なく、タールが含まれないことなどから近年人気が高まっており、今もなお使用者を増やしつつあります。

紙タバコが禁止されている店舗やエリアでも、加熱式タバコであれば吸える事から移行を検討している方もいるでしょう。

この記事では、現在販売されている加熱式タバコの種類とその特徴を紹介します!



「この吸い応えは本物のタバコだね」
愛煙家を唸らせた、タバコに替わる
最新の電子タバコ KIWI(キウイ)絶賛販売中です!!
↓↓只今お試しキャンペーン中↓↓

配送料無料


新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

配送料無料

電子タバコも紙巻きタバコより健康的!

これから加熱式タバコを使っていこうと考えている方は、健康志向の方が多いでしょう。

確かに加熱式タバコは紙巻きタバコより害が少ないですが、一方で独特の匂いや吸いごたえのなさが気になります。

しかし電子タバコならあの独特な匂いは全くなく、気軽に使用することができます。

加熱式タバコを考える際には、あわせて電子タバコもご検討ください!

おすすめの電子タバコはJUUL

「電子タバコって吸いごたえないんでしょ?」
「電子タバコはニコチンが入ってないって聞いたけど……」

確かに日本国内で買える電子タバコにはニコチンは含まれておらず、紙巻きタバコのような吸いごたえは得られないものが多いでしょう。

しかしBeyond Vape Nic.では個人輸入という形でニコチン入りの電子タバコJUULを購入することができます

JUULはニコチンソルトというニコチンを使うことで抜群の吸いごたえを実現しつつ、加熱式タバコ特有の匂いもありません

電子タバコ以上の吸いごたえを求める方、加熱式タバコの匂いが好みじゃない方はJUULを試してみてはいかがでしょうか。

JUULに関する詳しい説明は→コチラ

加熱式タバコには2種類ある

加熱式タバコの種類

加熱式タバコとは、タバコ葉を電気熱で加熱することによって発生する煙を楽しむタバコ製品の一つです。

タバコ葉は火で燃やすことでタール等の有害物質が発生し、また不完全燃焼による一酸化炭素等によって健康被害を及ぼしますが、加熱式タバコであれば火を使用しないことから有害物質の発生を抑えられるとされています。

加熱式タバコには主に「高温加熱式タバコ」「低温加熱式タバコ」の2種類があり、加熱温度や方法が異なります。

まずは、加熱式タバコの種類についてみていきましょう。

高温加熱式タバコと低温加熱式タバコの違い

加熱式タバコのうち、200℃以上でタバコ葉を直接加熱するものを「高温加熱式タバコ」と呼びます。

一般的に高温加熱式タバコのタイプが多く採用されており、紙タバコに近い吸い応えとニコチン感を得やすいことに特徴がありますが、一方で独特の匂いがあることが欠点として挙げられます。

低温加熱式タバコは、40℃程度でリキッド(液体)を加熱し、気化したリキッドをタバコ葉にくぐらせることでニコチン成分を付着させ、その蒸気を楽しみます。

低温加熱式タバコは吸い応えが強くありませんが、高温加熱式タバコより匂いを抑えることができることが特徴的です。

高温加熱式タバコ 低温加熱式タバコ
●IQOS全種
●glo全種
●プルーム・エックス
●プルーム・テック・プラス・ウィズ
●プルーム・テック・プラス1.5
●プルーム・テック

電子タバコと加熱式タバコは全くの別物

加熱式タバコと電子タバコはよく混同されますが、両者は全く違うものになります。

加熱式タバコはタバコ葉を使用しており、タバコとして扱われます。

一方、日本国内で販売されている電子タバコにはニコチン成分すら含まれておらずタバコのような有害物質はほとんどないといわれています。

電子タバコでは、プロピレングリコール・植物性グリセリン・フレーバーで構成されたリキッドと呼ばれる液体を加熱して気化したものを吸引するだけですので、タバコと呼ばれているものの、そもそもタバコ製品としては認められていません。

ニコチン入りの電子タバコもある

日本国内ではニコチン入り電子タバコの購入・販売はできませんが、海外ではニコチン入りの電子タバコが一般的とされており、一部地域では禁煙の補助具としても認められています。

リキッドに、抽出されたニコチン成分を配合することで、ニコチン入りリキッドが完成し、後は通常通り電子タバコを吸えばニコチン成分を摂取することができるようになります。

日本ではニコチン成分の販売が禁止されていますが、海外からの個人輸入を行うことで入手することができます!
海外からの購入・また日本国内での使用自体は問題ありませんので、ニコチン入りの電子タバコを試してみたいという方はぜひ、個人輸入サイトを通して購入してみてください!

当サイトBeyond Vape Nic.でも海外で人気のニコチン入り電子タバコを取り扱っていますので、ご興味のある方はぜひオンラインストアをご覧ください。

アイコスの種類と特徴

アイコスを吸う女性

画像出典:IQOS公式HP

さて、ここからは実際に現在販売されている加熱式タバコについてご紹介していきます!

まずは、フィリップ・モリス・ジャパンが販売する加熱式タバコ「IQOS(アイコス)」
加熱式タバコといえばアイコスを思い浮かべる方も多いでしょう。

実際にアイコスのシェア数は非常に高く、国内の加熱式タバコ喫煙者の70%はアイコスであるといわれています。

アイコスは高温加熱式タバコであり、「アイコス臭」と呼ばれる独特の匂いが特徴でもありますが、喫味が強いことから紙巻きタバコからの移行もしやすく、世界でのアイコスユーザーはなんと1,900万人以上もいます

アイコスは現在「アイコスイルマ」「アイコスイルマ プライム」「アイコスイルマ ワン」の3種類が販売されています。

アイコスイルマ

アイコスイルマの画像

画像出典:IQOS公式HP

「アイコス イルマ」は現在販売されているアイコスシリーズの、最もベーシックなモデルです。

アイコスといえば臭いと既に述べましたが、「アイコスイルマ」シリーズはアイコス臭が減り、かなり抵抗は減ったと言えるでしょう。

スティックを挿すだけで自動的に加熱を行い、2本連続で使用できるため使い勝手も抜群です。

また、手入れも必要ないため、充電が必要な以外紙巻きタバコ同じような感覚で使用できます

料金 6,980円
カラー モスグリーン
ペブルベージュ
ペブルグレー
アズールブルー
サンセットレッド

アイコスイルマ プライム

アイコスイルマプライムの画像

画像出典:IQOS公式HP

「アイコスイルマ プライム」はアイコスイルマシリーズの、最上位モデルとして発売されています。

アイコスイルマとの違いは本体の重さやデザイン、材質などで、使い方や吸い方、スペックは同じです。

また、喫煙する際に使うホルダーは全く同じで、変化があるのはホルダーを充電するチャージャー部分です。
高級感のある外観は通常の「アイコスイルマ」よりも人気があり、見た目にこだわる方はプライムがおすすめです。

料金 9,980円
カラー ジェイドグリーン
ゴールドカーキ
オブシディアンブラック
ブロンズトープ

アイコスイルマ ワン

アイコスイルマワンの画像

画像出典:IQOS公式HP

「アイコスイルマ ワン」はアイコスイルマシリーズで、最も安い廉価モデルです。

デバイスはホルダーとチャージャーが一体になったことにより連続で20本吸うことが可能になり、充電時間も90分と短めです。(上記2つのデバイスは充電時間135分)

一方で「アイコスイルマ」「アイコスイルマ プライム」に搭載されているオートスタート機能やスマートジェスチャー機能といったいくつかの機能は搭載されていません。

とはいえ、吸い応えなどは他のモデルと全く変わらないため、値段を抑えたい方は「アイコスイルマ ワン」がおすすめです。

料金 3,980円
カラー モスグリーン
ペブルベージュ
ペブルグレー
アズールブルー
サンセットレッド

グローの種類と特徴

グローを吸う女性

画像出典:glo公式HP

「glo(グロー)」はブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンが販売する、高温加熱式タバコです。

グローはアイコスと比べて一度に吸える本数が多かったり、フレーバーが多いことが特徴的です。

また、小型モデルで販売されていたり、デザインやカラーバリエーションが豊富だったりと、デバイスを楽しみたい方にもおすすめです。

好みの銘柄があるかどうかでアイコスやグローのどちらにするか決めてもよさそうです。

比較的安くデバイスを購入することができるため、加熱式タバコを始めやすい製品とも言えるでしょう。

グロー・ハイパー・エックスツー

グローハイパーエックスツーの画像

画像出典:glo公式HP

「グロー・ハイパー・エックスツー」は2022年に発売された、グローの最も新しいモデルです。

グローの大きな特徴はブーストモードの搭載であり、使用すると喫煙時間が短くなる分吸いごたえが増し、加熱時間も短くなっています

シーンによって吸い応えを選びたい方は、グローがおすすめでしょう。

充電中でも使用できるなど、使い勝手も良くなっています。

料金 980円
カラー ミントブルー
メタルブラック
メタルオレンジ
ホワイトゴールド
ブラックレッド
メタルブルー
カーキオリーブ

グロー・ハイパー・プラス

グローハイパープラスの画像

画像出典:glo公式HP

「グロー・ハイパー・プラス」は「グロー・ハイパー・エックスツー」の1つ前のモデルです。

エックスツーに比べ9g重量が重く、ブーストモードのボタンが独立していない点以外の性能は全く同じです。

エックスツーに比べて安く購入できるため、コストを抑えたい方には「グロー・ハイパー・プラス」がおすすめです。

料金 480円
カラー ブラック
ブルー
ゴールド
ホワイト

グロー・プロ・スリム

グロープロスリムの画像

画像出典:glo公式HP

「グロー・プロ・スリム」はその名の通りスリムなデザインとなっており、グローで最も薄い製品です。

連続使用回数がやや少なくなりますがその分充電時間が短いなど、機能面もスリムになっています。

ブーストモードは搭載されており、グローの吸い応えは文句なしに楽しめます。

ただし、「グロー・ハイパー」シリーズと「グロー・プロ」シリーズは使用するスティックが違う点には注意が必要です。

料金 2,480円
カラー ブラック
ネイビー
ホワイト
イエロー

グロー・プロ

グロープロの画像

画像出典:glo公式HP

「グロー・プロ」はグローシリーズで初めてブーストモードが搭載された製品です。

基本的な機能はその他の製品と変わりませんが、充電時間は「グロー・ハイパー」シリーズの半分近くである点は注目です。

今からグローを始める方がわざわざ「グロー・プロ」を選ぶ必要はありませんが、今なおユーザーのいる逸品です。

料金 1,480円
カラー ブラック

プルームの種類と特徴

プルームを選ぶ人

画像出典:Ploom公式HP

「ploom(プルーム)」はJTが販売する加熱式タバコで、「プルーム・エックス」「プルーム・テック・プラス・ウィズ」「プルーム・テック・プラス1.5」「プルーム・テック」の4種類が展開されています。

「プルームエックス」は高温加熱式タバコですが、その他の3種類は低温加熱式タバコとなっています。

加熱式タバコのうち低温加熱式タバコを採用しているのは「プルーム・テック」シリーズのみであり、吸い応えは弱めですが匂いが少なく、廃棄物も少量で済むため、室内でも気軽に使用できます

どんなシーンでも気軽に使える加熱式タバコ、それがプルームです。

プルーム・エックス

プルームエックスの画像

画像出典:Ploom公式HP

「プルーム・エックス」は2021年に登場した高温加熱式タバコで、大きな評価ポイントは5分間吸い放題であることです。

他の加熱式タバコは時間が短かったり、吸える回数が決まっているため、プルーム・エックスは様々なユーザーのニーズに応えることができます。

洗練されたデザインやキック感が強いことも人気を後押しし、最近発売の製品ながら多くの方が愛用しています。

デザイン性と満足感、どちらも得られるのがプルーム・エックスと言えるでしょう。

料金 1,980円
カラー ストレートグレイ
シルバー

プルーム・テック・プラス・ウィズ

プルーム・テックプラスウィズの画像

画像出典:Ploom公式HP

「プルーム・テック・プラス・ウィズ」はプルーム・テックシリーズの一つで、低温加熱式タバコです。

片手に収まる可愛らしいデザインが特徴で、非常に軽いため小さなポーチにもすっぽりと収まります。

プルーム・テックシリーズはリキッドと呼ばれる液体を気化させ、水蒸気をタバコ葉のカプセルにくぐらせることでニコチン成分を摂取するため、吸い応えはかなり軽くなっています。

物足りないと感じる方もいる一方で、嫌な匂いなどはほとんどないため、気軽に使用することができるでしょう。

料金 2,980円
カラー ブラック
ホワイト

プルーム・テック・プラス1.5

プルーム・テックプラス1.5の画像

画像出典:Ploom公式HP

「プルーム・テック・プラス1.5」は2022年発売の「プルーム・テック」シリーズ最新モデルで、こちらも低温加熱式タバコです。

スタイリッシュなペン型で、カートリッジはウィズと同じものを使用できるため使い勝手がいいでしょう。

しかし「プルーム・テック・プラス1.5」本体がCLUB JTからしか購入できず、使いはじめの一歩はやや手間があります。

充電時間が短い、軽いなどのメリットもあるため、小回りが効く製品だといえます。

料金 2,980円
カラー モダンプラック
ピュアホワイト

プルーム・テック

プルーム・テックの画像

画像出典:Ploom公式HP

「プルーム・テック」は2016年発売のデバイスで、プルームシリーズでは最も古い製品です。

「プルーム・テック・プラス」シリーズとは別のカートリッジが必要となり、バッテリーも特殊であるなどやや使い勝手は悪いでしょう。

最新モデルの「プルーム・テック」シリーズの方が使い勝手や性能に優れているため、これから加熱式タバコをはじめたい方が「プルーム・テック」を選ぶ必要はありません。

過去には様々なカラーバリエーションやデザインの製品も販売されていましたが、現在はベーシックな2色のみとなっています。

料金 2,500円
カラー ブラック
ホワイト

リル ハイブリッドの特徴

リルハイブリッドの画像

画像出典:IQOS公式HP

最後にご紹介するのが、最新の加熱式タバコ「lil HYBRID(リル ハイブリット)」です。

リル ハイブリッドはアイコスと同じフィリップ・モリス・ジャパンが販売する加熱式タバコで、中温加熱式タバコと呼ばれる新たな加熱式タバコです。

大きな特徴はタバコスティックとリキッドを合わせた、ハイブリッドな使用方法です。

高温加熱式より嫌な匂いが少なく、低温加熱式より吸い応えがある、両者のいいとこ取りをしたような製品です。

スティックに加えリキッドも購入しなくてはならず、コスパはやや悪いですがユニークな製品が気になる方にはおすすめでしょう。

アイコス公式ストア・オンラインストアをはじめ、セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニでも販売されています。

料金 3,980円
カラー コバルト ブルー
マット ブラック
メタリック ブロンズ
プリズム ホワイト

加熱式タバコ全種まとめ!

有害物質の発生が少なく、臭いが少ないが、ニコチン成分を摂取できるタバコ製品として着々と人口を増やしている加熱式タバコ。

現在は、3つの会社から「IQOS(アイコス)」「glo(グロー)」「ploom(プルーム)」「lil HYBRID(リル ハイブリット)」の4つのブランドで展開されています。

それぞれのブランドから今もなお最新の製品が次々と登場しており、今まで気になっていた臭いが軽減されていたり、吸いごたえが増加していたりと今後もより良い製品が登場することが期待できます。

一方で、それでも加熱式タバコの独特な臭いが苦手、もっとニコチン成分を接種したいという方は、個人輸入を利用したニコチン入り電子タバコの使用も検討してみてはいかがでしょうか?
通販感覚で気軽に購入することができるのでぜひお試しください♪



おすすめトピック


今最も話題の電子タバコ
KIWI(キウイ)新発売です!!

電子タバコ KIWI

不定期で開催中!!
BIG SALEはこちらから

7daze egge

【PR】新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

BeyondNic 新規会員登録