BeyondVapeNic ブログ ヘッダーバナー

これから紙タバコを吸いたいと考えている初心者や、喫煙に慣れてきた方のなかには、「より美味しく吸う方法を知りたい」という方もいるのではないでしょうか。

紙タバコの吸い方には大きく分けて肺に入れる吸い方とふかしタバコがあり、吸い方によって味の感じ方や楽しみ方が異なります。

そこでこの記事では紙タバコの美味しい吸い方や、肺に入れる吸い方とふかしタバコの違いなどについて解説していきます。


「タバコの変わりになる」愛用者急増中
電子タバコKIWI(キウイ)絶賛販売中です

電子タバコ KIWI

1個でタバコ10箱本の良コスパ
使い捨て電子タバコTiiny(タイニー)

Tiiny

新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

配送料無料

紙タバコの吸い方の基本とは?必要な道具や着火方法について

これから紙タバコを楽しむにあたって、初心者の方は「喫煙可能エリア以外で吸わない」「周囲に迷惑がかかる場所で吸わない」「吸い殻をポイ捨てしない」など、最低限のマナーを忘れないようにしましょう。

喫煙マナーを理解したうえでまずは、紙タバコ初心者に向けて喫煙に必要な道具や紙タバコの開封方法、着火方法など紙タバコの吸い方の基本について解説していきます。

紙タバコを吸う際に必要なアイテム

紙タバコを吸うにあたって基本的には、好きな銘柄の紙タバコとライターがあれば大丈夫です。
いずれも最寄りのコンビニエンスストアや、スーパーなどで手に入ります。

着火器具にはガスライター・オイルライター・マッチなどがありますが、着火器具によって喫煙した際の風味などが違って感じる方もいるため好みのものを選びましょう。

また屋外の喫煙可能エリアで吸う場合は、携帯灰皿などを持参しておくと灰や吸い殻の扱いに困らず安心です。

紙タバコの開封方法

紙タバコには大きく分けてボックスタイプとソフトタイプの2種類があり、タイプによって開封方法が若干異なります。

ボックスタイプの紙タバコの場合はフィルムを剥がして開封し、フタを開けたら銀紙を引っ張って取ると開封完了です。

ソフトタイプの場合は、フィルムを剥がして開封したら銀紙の片側のみを破って取ります
なお、ソフトタイプはフタが付いていないため保存状態によって味が変化する場合があります。

紙タバコに着火するときのコツ

いざ着火しようと火を当ててみても火がつかない…というのは紙タバコ初心者の方によくあることです。

紙タバコに着火するときはフィルター側を口に咥えて、軽く吸い込みながら先端に火を当てる必要があります。

また、火の当て方によっては紙タバコの片面しか燃えない場合もあるため、その際は燃えていない箇所に火を当てて再度着火するようにしましょう。

先端が赤く燃えて煙が出ていれば、問題なく吸うことが可能です。

紙タバコの吸い方とは?肺に入れる吸い方とふかしタバコの違い

紙タバコの吸い方には、大きく分けて「肺に入れる吸い方(肺喫煙)」と「ふかしタバコ(口腔喫煙)」の2パターンがあります。

ここではそれぞれの吸い方や特徴に加えて、どこまで吸えばいいのかという点や灰を落とすタイミングなどを確認していきましょう。

肺に入れる吸い方「肺喫煙」とは?

肺に入れる吸い方「肺喫煙」は口の中に溜めたタバコの煙を肺に入れる吸い方のことで、ほとんどの人はこの吸い方をしています。

肺に入れる吸い方をする際は、まず息を吸い込むようにゆっくりと煙を吸って口の中に溜め、1度タバコから口を離して深呼吸する要領で口内に溜めた煙を肺に入れてから吐き出すのがコツです。

初心者の場合は一気に肺に入れるとむせてしまう場合があるため、最初は少量をゆっくり吸い込むとよいでしょう。

また口内でゆっくり煙を溜めていると煙の温度が下がるため、タバコの煙を肺に入れやすくなります。

ふかしタバコ「口腔喫煙」とは?

ふかしタバコ「口腔喫煙」は、ゆっくりと煙を吸って口の中に煙を溜めるまでは肺喫煙と一緒ですが、その後に肺にいれずに口を開けて煙を吐き出すという吸い方です。

ふかしタバコの醍醐味はタバコ葉の風味を味わえる点であり、ゆっくり喫煙時間を楽しみたい方やタバコの風味をしっかり味わいたい方におすすめの吸い方となっています。

紙タバコはどこまで吸うのが理想的?

紙タバコをどこまで吸うかは個人差がありますが、目安としては火種とフィルターの距離が短くなり、えぐみや辛味を感じるようになったら吸い終わりのタイミングです。

人によってはフィルターのラインギリギリまで吸う人もいれば、フィルターから1cmほどまで吸ったらやめる人もいます。

実際に吸ってみて風味などを感じながら、好みのところで吸い終わるとよいでしょう。

紙タバコの灰を落とすタイミング

紙タバコは吸っていくほどに先端が灰になっていくため、そのままにしていると灰が落ちてしまいます。

落ちたばかりの灰はまだ高温で服などに誤って落としてしまうと、焦げることや穴が空くこともあるため注意が必要です。

紙タバコを吸うときは必ず灰皿の近くで吸うようにして、灰が溜まってきたら指先でフィルターあたりを軽く叩くなどして灰を落としましょう

紙タバコを美味しく嗜む吸い方・ポイントを紹介

紙タバコを1度に思い切り吸い込んだ場合や吸うスパンが短いと燃焼温度が高くなり、その結果えぐみや辛味を感じやすくなることやタバコ葉の風味が熱で飛んでしまうことがあります。

そのため美味しくタバコを吸いたい場合は、普段の呼吸よりも少し遅い程度のペースで吸い込んでゆったりと口の中に煙を溜めるようにしましょう。

ふかしタバコの場合はそのまま煙を吐き出し、肺に入れる場合は口内に溜めた煙を吸い込んでからゆっくりと煙を吐き出します。

紙タバコにはチョコレートやバニラなどさまざまなフレーバーがあるため、吸う速度や1度に吸い込む量を調節して風味を感じやすい吸い方を見つけると、嗜好品としての紙タバコの楽しみ方の幅が広がるでしょう。

紙タバコ初心者の方でニコチン・タールが少ないものを吸っている場合は風味を感じにくい場合があるため、そういったときはニコチン・タールが強いものを試してみるのもおすすめです。

美味しく喫煙を楽しみたいなら電子タバコもおすすめ

美味しく喫煙を楽しみたい場合は、紙タバコだけでなく電子タバコという選択肢を持っておくのもよいでしょう。

電子タバコの魅力は副流煙が出ずタール・一酸化炭素といった有害物質ゼロという点で、できるだけ健康面にも配慮したいという方におすすめです。

さらに灰や吸い殻が出ないため、今の時代に合ったサステナブルな喫煙の楽しみ方ができるのも電子タバコならではの魅力といえます。

初心者が電子タバコを吸うなら「JUUL」がおすすめ!

数ある電子タバコのなかで今回おすすめしたいのは、アメリカの電子タバコ市場で75%のシェアを獲得した人気デバイス「JUUL」です。

上記で紹介した電子タバコのメリットに加えて、JUULには以下のような魅力があります。

  • シンプルな操作性で誰にでも扱いやすい
  • スタイリッシュなデザインでオシャレ
  • 満足感を味わえるしっかりとした吸い応え
  • ローコストで続けられる

またJUULには紙巻きタバコを忠実に再現した「バージニアタバコ」や、初心者でも吸いやすい「メンソール」といったフレーバーが用意されています。

ほかにもJUUL対応のサードパーティ製カートリッジ「altpods」にはタバコ・メンソール・ミントのほか、モカ・ベリーズ・マンゴー・グレープフルーツ・パイナップルといった豊富なフレーバーが用意されており、美味しく喫煙を楽しむことが可能です。

紙タバコの美味しい吸い方や肺に入れるのとふかしタバコの違いまとめ

紙タバコの吸い方には肺に入れる吸い方とふかしタバコがあり、それぞれ「口に溜め込んだ煙を肺に入れるかどうか」という点が異なります。

基本的には肺に入れる吸い方をするケースがほとんどですが、タバコ葉の風味を味わいたい場合はふかしタバコをする方も少なくありません。

また紙タバコは1度に思い切り吸い込む・短いスパンで吸うとタバコのえぐみや辛味を感じやすくなるため、ゆっくりと煙を吸うことが美味しく楽しむコツです。

最後に、リラックス目的や趣味の一環として喫煙を楽しむのは良いですが、喫煙マナーを守って吸うことも忘れないようにしましょう。



おすすめトピック


今最も話題の電子タバコ
KIWI(キウイ)新発売です!!

電子タバコ KIWI

不定期で開催中!!
BIG SALEはこちらから

7daze egge

【PR】新規会員登録でお得に電子タバコ体験♪

BeyondNic 新規会員登録