ここ最近、幅広い世代から人気を集めているキャンプですが、タバコや電子タバコを吸う方の中にはキャンプ場での喫煙マナーについて気になる方もいるのではないでしょうか?

キャンプ場でタバコを吸いたい場合は、「キャンプ場での喫煙マナー」について事前確認しておくことが大切です。

そこでこの記事では、キャンプ場で喫煙する際のマナーや注意点、電子タバコならOKなのかといったことについてご紹介します。

キャンプ場でタバコを吸うのってどうなの?

キャンプ場電子タバコ

愛煙家の中にはキャンプをするときに、焚き火を眺めながら熱々のコーヒーを飲んでタバコを吸うというまったりとした時間が至高という方もいるのではないでしょうか。

しかしキャンプ場によっては禁煙のところもありますし、たとえ喫煙可のキャンプ場であっても必要最低限のタバコマナーというものを意識しなくてはなりません。

そこでまず、「キャンプ場でタバコを吸うことは一般的にありなのかなしなのか」ということを考えてみましょう。

キャンプ場は禁煙が良いというキャンパーは多い

雄大な自然の中で澄んだ空気を感じながらのんびり過ごすというのはキャンプの醍醐味の1つです

普段からタバコを吸わない方やタバコのニオイが嫌いな方にとっては、そんな気持ちの良い空気の中にタバコの煙が漂ってくると嫌な思いをすることでしょう。

せっかく気持ちの良い時間を過ごしていても、隣のキャンプサイトからタバコのニオイがすると雰囲気が台無しになるという理由で「キャンプ場は禁煙が良い」というキャンパーは多いです。

キャンプ場によっては分煙で対策しているところもある

キャンプ場によって喫煙に関するルールは様々です。中には喫煙可ではあるものの分煙などで対策しているところもあります。

例えば「コテージ内のみ喫煙可」としているところや「喫煙可能エリア」を設けているキャンプ場がありますので、気兼ねなく喫煙したい場合は分煙で対応しているキャンプ場を利用しましょう。

また、たとえ喫煙可のキャンプ場であっても吸い殻は各自で処分しないとダメだったり紙巻きタバコは禁止されていることもあるので、事前にしっかりとキャンプ場のルールを確認する必要があります。

喫煙可のキャンプ場でもルールやマナーはしっかり守ろう

喫煙可のキャンプ場を利用する場合は、周囲の迷惑とならないようにきちんとルールやマナーを守るようにしましょう。

時期によってはファミリー層が多いときもありますし、最近ではキャンプ女子も増えていますので周囲への気遣いが大切です。

またキャンパーの間では、「来たときよりも綺麗にして帰る」というのが暗黙のルールですので、吸い終わったタバコは火が消えているのをきちんと確認し責任を持って処分するようにしましょう。

ポイ捨てをするとキャンプ場や他のキャンパーの迷惑になるだけでなく、山火事などのリスクを高めることになるので絶対にしてはいけません。

電子タバコならキャンプ場で吸っても大丈夫?

キャンプ場 喫煙

喫煙者の中には、TPOに合わせて普通のタバコと電子タバコを使い分けている方も少なくありません。

電子タバコならタバコ特有の嫌なニオイがしないだけでなく、自分自身や周囲の人への健康被害を抑えることもできます。

こうした電子タバコであれば、キャンプ場で吸っても大丈夫なのではと考える方もいると思いますが実際のところはどうなのでしょうか?

キャンプ場によっては電子タバコも紙巻きタバコと同じ扱い

キャンプ場のホームページにある「よくある質問」などを確認してみると、「キャンプ場内は喫煙可能ですか?」といった項目をよく目にします。

キャンプ場によっては、「キャンプ場内は全面禁煙です。(電子タバコも含みます)」といった形で解答しているところが多いです。

このようにキャンプ場の中には、電子タバコも通常の紙巻タバコや加熱式タバコと同じ扱いとしているところがあるため「電子タバコならOK」とは一概に言えません。

上記のようにキャンプ場を予約する前にまず「よくある質問」などを確認し、もしホームページ内に記載がなければ電話で問い合わせて直接聞くようにしましょう。

禁煙じゃないキャンプ場であれば電子タバコを吸っても大丈夫

喫煙に関して制限を設けていないキャンプ場であれば、電子タバコを吸っても問題ありません。

ただし電子タバコを吸う場合でも周囲に迷惑がかからないように配慮することが大切ですし、禁煙エリアがある場合はエリア内で吸わないように気をつけましょう。

屋外で吸う場合は風向きによって煙が流れていく方向が変わりますので、風下に他のキャンパーがいないかなど確認しながら喫煙することが大切です。

キャンプ場で喫煙を楽しみたいなら電子タバコがおすすめ

キャンプタバコ

普段からタバコを吸っている方にとっては、キャンプ場という日常と異なるロケーションの中で喫煙することは楽しみの1つになると思います。

キャンプ場で周囲への配慮やルール・マナーを守ったうえで、喫煙を楽しみたいという方には電子タバコがおすすめです。

ここからは、キャンプ場での喫煙で電子タバコがおすすめの理由についてご紹介していきます。

火を使う紙巻きタバコよりも電子タバコのほうが安全

近頃のアウトドアブームによってキャンパー人口が増えたのは良いことですが、実は利用者が増加したことによってタバコのポイ捨てなどマナーを守れない人も増えました。

禁煙のキャンプ場が増えているのは、周囲への配慮だけでなくこうしたマナー違反をする人がいるという現実も理由の1つです。

十分に消火できていないタバコの吸い殻をそのあたりに捨ててしまうと山火事などの原因となる可能性もあるため、キャンプ場で喫煙するなら火を使わない電子タバコのほうが安全といえるでしょう。

電子タバコなら紙巻きタバコ特有の嫌なニオイがない

電子タバコはいろんなフレーバーが楽しめるという特徴があり、グレープフルーツやグリーンアップルといった「フルーツ系」、バニラやチョコレートといった「スイーツ系」などその種類はさまざまです。

気分や好みに合わせて好きな香りを楽しめるうえ、火を使わないため紙巻きタバコのようなタバコ特有の嫌なニオイを発することもありません。

もちろんニオイの好みや得意・不得意は人それぞれなので電子タバコを吸う場合も配慮が必要ですが、紙巻タバコや加熱式タバコよりは周囲に嫌な思いをさせる可能性が低いです。

吸い殻や灰など不要なゴミなどを出さなくて済む

電子タバコの良いところは、紙巻きタバコのように人体に有害な煙が出ないだけでなく吸い殻や灰が出ないところにもあります。

そのため不要なゴミを出すということがなくキャンプ場を汚さなくて済みますし、うっかり灰や吸い殻をそのへんに落としてしまうといったリスクをなくすことも可能です。

キャンプ場で喫煙するならニコチン入り電子タバコがおすすめ!

ニコチン入り電子タバコJUUL

電子タバコをおすすめする理由として、以下の3点についてご紹介しました。

  1. 火を使う紙巻きタバコよりも電子タバコのほうが安全
  2. 電子タバコなら紙巻きタバコ特有の嫌なニオイがない
  3. 吸い殻や灰など不要なゴミなどを出さなくて済む

自然が多くて周囲に他の利用者がいる可能性もあるキャンプ場では、たしかに通常のタバコと比べて電子タバコのほうが向いていますが「吸いごたえに満足できなさそう」と感じる方もいるのではないでしょうか。

そういった方にぜひおすすめしたいのが、ニコチン入りの電子タバコです。

ニコチン入りの電子タバコであれば満足のいく吸いごたえを体感できるだけでなく、上述したような電子タバコの利点もありますのでキャンプ場での喫煙にぴったりといえるでしょう。

中でも特におすすめしたいのがBeyond Vape Nic.でも取り扱いのある電子タバコ「JUUL」
タバコに変わる新たな嗜好品として世界中で利用されている電子タバコとなっています。

荷物が多くなりがちなキャンプでも邪魔にならないコンパクトなサイズ感ということに加えて、シンプルでスタイリッシュなデザインなのでアウトドアシーンにもマッチすること間違いなしです!

手軽に吸ってみたい方や電子タバコ初心者の方は、まずJUULのスターターキットをチェックしてみることをおすすめします。

電子タバコJUUL
JUULの購入はコチラ!

キャンプ場でタバコ・電子タバコを吸うときのマナーまとめ

今回は、キャンプ場でタバコを吸うのは一般的にどうなのか、またキャンプ場でのタバコや電子タバコを吸うときのマナーや注意点についてご紹介しました。

キャンプ場の多くは禁煙としているところが多いため、喫煙者の方は事前にしっかりとルールを確認しておくことが大切です。

また喫煙可のキャンプ場であっても、周囲への配慮やマナーを守ったうえで喫煙するようにしましょう。

キャンプ場で喫煙したい場合は、「嫌なニオイがしない」「吸い殻や灰が出ない」「火を使わない」といったメリットのある電子タバコがおすすめです。

実際にソロキャンプなどで、VAPEを楽しんでいる方も多くいらっしゃいます!

アウトドアシーンでもおしゃれで持ち運びにも便利な電子タバコをお探しの方は、ぜひBeyond Vape Nic.をご利用ください。