最近では禁煙化の波が一層強まったことで、従来の紙巻きタバコから加熱式タバコに移行する方が増えてきました。

数ある加熱式タバコの中でも最大勢力であるアイコスを始め、グローとプルームテックを加えた3つが三大加熱式タバコとして知られています。

最近ではこの中でも「プルームテック」のニコチン量が低いと噂されることも多いようですが、その噂は本当なのでしょうか?

そこで今回は特徴的な要素を多く持ち合わせるプルームテックを中心として、加熱式タバコそれぞれのニコチン量を徹底比較しました!

また次世代の新しいタバコの楽しみ方もご紹介しているため、ぜひご覧ください!

そもそも加熱式タバコって何?紙巻きタバコとの違い

加熱式タバコ喫煙

まず始めに、加熱式タバコに関する基礎的な知識からご紹介します。

既にご存じの方も、ぜひ改めてご確認ください。

加熱式タバコの最大の特徴について

まず最初に挙げられる加熱式タバコの特徴としては、タバコ葉を燃焼させないためタールや一酸化炭素といった有害物質が発生しないという点です。

もちろん主流煙や吐き出されるベイパーにはニコチンが含まれているため健康リスクは少なからずあるのですが、ある程度低減されているというのは間違いありません。

また煙の量も少なくタールが含まれておらずお部屋の中でも吸えることから、最近のおうち時間の楽しみ方として注目を浴びています。

街中で吸える場所にも違いが

2020年4月から施行された健康増進法によって受動喫煙への締め付けが厳しくなったことで、現在紙巻きタバコを吸える飲食店はかなり少なくなっています。

ただここ数年で加熱式タバコのユーザーが急激に増加したことによって、「加熱式タバコのみ可」とする場所が増えているようです。

食事中の小休憩やコミュニケーションとして喫煙が必要という方は、紙巻きタバコではなく加熱式タバコが間違いなく最適でしょう。

加熱式タバコ3機種の違い

加熱式タバコの違い

日本で現在主流となっている加熱式タバコはプルームテック/アイコス/グローの機種に分けられますが、これらには様々な部分で違いがみられます。

それぞれのポイントを深掘りしていきますので、ぜひご覧ください。

加熱温度の違い

日本で販売されている加熱式タバコは大きく2種類に分けることができます。
アイコスやグローは高温加熱式タバコ、一方でプルームテックは低温加熱式タバコと呼ばれています。

呼び方のとおりこれらは加熱の仕方が異なるため、加熱の温度が大きく異なります。

また後に販売されたプルームテックプラスは、低温加熱式のタバコでプルームSは高温加熱式と、プルームシリーズからは両方のデバイスが販売されています。

低温加熱型と高温加熱型の温度の違い

アイコスやグローはタバコ葉を紙で巻いたものを電気熱で加熱し蒸気を発生させるため、250℃~350℃という高温で加熱します。
一方、プルームテックはタバコの葉が刻まれたカプセルに加熱気化させたリキッドを通するため、リキッドを加熱させるための80℃ほどしか加熱を行いません。

加熱方法と加熱温度の違いは吸いごたえやニコチン感・臭い関係するため、どちらにもメリットとデメリットがあります。

高温加熱型のメリットとデメリット

アイコスやグローと言った高温加熱型の加熱式タバコのメリットはなんといってもタバコらしいニコチン感でしょう。
中でもアイコスは加熱式タバコで一番ニコチン感を感じられるタバコ代替品と言われています。

その一方で挙げられるデメリットは、強烈になりがちな味と独特な臭いです。

加熱式タバコが苦手と感じる人の大半はこの味と独特な臭いから苦手意識を持つ人が多く、慣れるまで少々困難かもしれません。

【高温加熱型のメリット】
・喫味が強くなる
・タバコらしさを感じたければこれ

【高温加熱型のデメリット】
・独特のニオイがきつめ
・吸引・連続回数に制限も

この独特な臭いは電気熱でタバコ葉を温め紙が焦げる事によって発生する臭いで、掃除やメンテナンスを怠ることで臭いがキツいものになっていきます。

また、本体内に残ったススやカスは加熱を繰り返すことで不完全燃焼となってしまい本来発生するはずのない有害性物質が発生してしまう可能性も考えられるため、日々のメンテナンスが重要となっています。

低温加熱型のメリットとデメリット

低温加熱型の加熱式タバコは現行プルームテックと新型プルームテックであるプルームテックプラスでしか採用されていません。

電子タバコのようにリキッドを加熱気化しタバコ葉の詰まったタバコカプセルを通過することでニコチン成分を吸収することができるのですが、ニコチン成分を感じにくいというデメリットを持ち合わせています

しかし高温加熱型のようなメンテナンスを必要とせず、味や臭いに不快さが無いのがメリットとなっています。

【低温加熱型のメリット】
・メンテナンスが簡単なことが多い
・嫌なニオイも抑えることができる

【低温加熱型のデメリット】
・喫味は少し薄いかも
・ニコチンも軽め

プルームテックプラスではこのようなデメリットを踏まえ、水蒸気量を増やすことで吸いごたえをUPさせニコチン感を前よりも感じるように改良されています。

「程よいニコチン感で十分、将来的には完全にタバコを絶ちたい!」と考えている方にとっては、プルームテックはおすすめできる加熱式タバコと言えるでしょう。

加熱式タバコよりも優れたデバイスは『電子タバコ』

電子タバコJUUL

アイコスやグローは臭いや味を不満に、プルームテックは少ないニコチン感や吸い応えに不満を感じてしまう製品ですがそれらを全てカバーしたタバコの代替品が電子タバコです。

電子タバコも、加熱式タバコ同様に電気熱で加熱し発生したベイパーを吸引するタバコ代替品です。

米国電子タバコシェア数1位のJUUL加熱するリキッド内にニコチン成分が直接入っているため、アイコスやグローのような不快な臭いや味はせず、プルームテックのようにニコチン量が少ないなんてことも有りません。

ニコチン入りのJUULは個人輸入を行い海外から取り寄せる必要がありますが、当サイトBeyond Vape Nic.からのご注文なら最短3日で到着するため、通販感覚でこちらから気軽に購入することができます!
「どちらの加熱式タバコも自分には合わなかった…」という方はぜひお試しください!

新型プルームテックを含むそれぞれのニコチン量を比較

ニコチン量を比較

ここからは今回の本題であるプルームテックとアイコス・グローのニコチン量比較です!!

実は、アイコスやグロー、プルームテックと言った加熱式タバコにはニコチン量という定義が無い為それぞれの製造販売会社が定めた研究結果しかなく、またユーザーの吸い心地からの憶測でしかありません。

そのため明確な数字ではないことをご了承のうえ、比較対象として御覧ください。

プルームテック・アイコス・グローのニコチン量の違いについて

プルームシリーズは、プルームテックからプルームエス迄全てのニコチン量がJT公式から発表されています。

アイコスやグローに関しては第三者機関が調べた結果と、ユーザーからの体感での数値です。

またアイコス・グローに関しては、それぞれアイコスイルマ、グローハイパーを基準としています。

機種名 ニコチン量 計測基準
プルームテック 0.1mg~0.3mg 10パフ辺り
プルームテックプラス 0.1mg~0.3mg 10パフ辺り
プルームS 0.1mg~0.5mg 10パフ辺り
アイコス およそ1.32mg 1本(=約12パフ)
グロー(ネオスティック) 0.46mg 1本(=約10パフ)

それぞれのニコチン量を比較してみると、圧倒的にアイコスがニコチン量が強く、次にプルームエスやグロー、そしてプルームテックとプルームテックプラスが続く形になっています。

「プルームテックのニコチン量が少ない」というのは、ある程度事実に基づいた噂だったようです。

またニコチン量を比較してみると、アイコスが堂々の人気シェアを獲得しているのも納得ですね。

プルームテックの評判について

プルームシリーズ

出典: Ploom 公式サイト

実際にニコチン量が少ないことが判明したプルームテックですが、実際の使用感やユーザーからの評判はどうなっているのでしょうか。

インターネット上での声を拾い集めて分析してみました。

プルームテックの評判①:ニオイが付着しない

まず挙げられたのは、低温度で加熱するプルームテックならではのニオイの少なさです。

かなりニオイが特徴的なアイコスと比較して吸ったかわからないほどの発生量ですので、安心してお部屋や車内で吸うことが出来ます。

iQOSイルマ普通に臭いわ部屋ん中ちゃんと焦げたニオイがする
プルーム・テックだけやわバレない自信あるのは
引用:Twitter

「ニオイがきつすぎる!」という理由だけでわざわざプルームテックに乗り換える人もいるレベルですので、これはかなり大きなメリットと言えるでしょう。

プルームテックの評判②:いくらなんでも喫味が薄すぎる

低温加熱型の特徴でもありますが、やはり喫味が薄すぎるというのは大きなデメリットとなっているようです。

特に紙巻きタバコから乗り換えたユーザーは不満を感じることが多く、「吸っても満足できない…」というケースが見られます。

プルームテック、Amazonで1500くらいだったからまた買ったけど、辞めた理由思い出した
味が薄いんだわ。紙巻に比べて。臭いはつかんけども。
引用:Twitter

こればかりはどうしようもない弱点ではあるため、もしこの点に不満を感じているのであれば違うデバイスに乗り換えた方がいいかもしれません。

口コミを調査していると、これ以外にもプルームテックの弱点があるようです。

プルームテックの評判③:すぐに壊れる

また、プルームテックの故障率の多さについて言及している方もいました。

プルームテック、1ヶ月で壊れるとか何事!?
引用:Twitter

こちらの方のように「買ってから短いのに壊れた…」という旨の投稿も多く、商品の耐久度に疑問が残ることになりました。

せっかくタバコを楽しむなら、欠点が少ないデバイスを購入したいですよね?

ここからは紙巻きタバコと加熱式タバコに続く第三の選択肢として、電子タバコ『JUUL』をご紹介します!

加熱式タバコよりも電子タバコがおすすめ!

JUUL 電子タバコ

意外にもユーザーからの不満が多いことが判明したプルームテックですが、それらの弱点を完全に克服している電子タバコの存在をご存じでしょうか。

全米で75%のシェアを誇る電子タバコ『JUUL』は日本でも徐々に使う方が増えつつある電子タバコで、満足度も高くコスパも優れていることから人気急増中です!

ここからは、そのJUULの詳細をご紹介します!

加熱式タバコよりも電子タバコ『JUUL』!

電子タバコJUUL

喫煙者が加熱式タバコに以降する際に、ニコチン成分の多いアイコスが好まれやすいですが、アイコスはやはり臭いがキツいので慣れるまでに時間を要します。

臭いや味はプルームテックのようなものを使いたいけど、ニコチン量の強いタバコ代替品が欲しい!というならJUUL(ジュール)がおすすめです。

加熱式タバコよりも圧倒的な吸い心地

JUULはニコチン成分が入ったリキッドを加熱してその煙を楽しむというタイプのタバコで、VAPE(ベイプ)という名前が一般的かもしれません。

その最大の特徴は、タバコ葉ではなくニコチンソルトという物質を使用することによって紙巻きタバコと遜色ないキック感と満足感が感じられるという点です。

リキッドのニコチンソルトを初めて試したけど、これすげぇな。ホントに煙草吸った満足感あるな!
普通のリキッドどーするか?(一年以上普通のやつの消費に掛かってる)
引用:Twitter

ニコチンソルトは身体への吸収も早いため少量でも満足することができることから、減煙もしくは禁煙への第一歩としても効果があります!

健康上のリスク低下や快適性の向上

下記の記事でもご案内していますが加熱式タバコにはタール等は含まれていないものの、数々の発がん性物質などが含まれていることが確認されています。

紙巻きタバコに比べれば確かにリスクは軽減されているものの、電子タバコ『JUUL』であればもっと健康にタバコを楽しむことが可能です。

というのも電子タバコのリキッドには、ニコチン成分に加えて食品にも使用されるほどの安全な物質しか含まれていません。

健康へのリスクが軽減されるのはもちろん排出される煙もフレーバーの匂いが大半のため、服や部屋、車内でも場所や時間を気にせずに楽しむことが出来ます!

JUUL購入ならBeyond Vape Nic.がおすすめ

電子タバコJUUL

JUULのカートリッジはニコチン成分を含んでいるため、薬機法により日本国内での販売は禁止されています。

個人輸入を使わなければ手に入れることができませんが、40,000件を超える配送実績が自慢のBeyond Vape Nic.なら最短3日で配送完了!現地の日本人による100%日本語サービスで税関のトラブルも任せっきりで大丈夫です!

また定期的にお得なキャンペーンやお友達紹介の割引制度も存在するため、お得にJUULを手に入れられるかもしれません!!

プルームテックとアイコス・グローのニコチン量を比較まとめ

プルームテックのニコチン量とアイコス・グローのニコチン量を比較してみると、やはりプルームテックは比較的ニコチン量の少ないタバコ代替品と言えます。

ですがそれ故の弱点も多く、吸い心地や使用感で不満を感じている方も多くいらっしゃいました。

そんな「プルームテックだと物足りない…」という方には、今回ご紹介した電子タバコ『JUUL』がおすすめです!

ニコチン量にこだわりたいならぜひ、Beyond Vape Nic.でJUULをお試しください!

Beyond Vape Nic.公式サイトはコチラ